人気ブログランキング | 話題のタグを見る

我こそ神を賛美せん

我こそ神を賛美せん

 「そのいつくしみはとこしえに絶えることがない」(詩篇第136篇各節後半)

 旧約聖書の詩篇第136篇を読むと、1節から36節まで、その各節とも最後に「そのいつくしみはとこしえに絶えることがない」という言葉がつくのです。これは多分、はやし言葉ではなかったかと思うのであります。
 ダビデというユダヤの有名な王様が、当時いなかにありました神の箱(神の十戒を納めた箱)を首都のエルサレムにかき上らせた事があります。それはちょうど、日本の神社のお祭りで、おみこしをかついで、参道を上ってくる姿に似ていはしなかったかと思うのです。さて、その時、ダビデ王は家臣や国民に命じて多くの楽器を打ちはやし、喜びの声をあげることを命じたとあります。
 「はやす」という言葉は、辞典によると「ほめそやす。称賛する」という意味であります。さて、川守田という日本人の学者がいましたが、彼の研究によると日本の民謡や音頭に出てくるはやし言葉は日本語でもなければ中国語でもない。あれはヘブル語(イエスの国の古代語)に違いないというのであります。
 「エンヤラヤー」というのは「我こそ神を賛美せん」、「ヨイヤナー」というのは「神は愛である」というのだそうであります。その他あらゆるはやし言葉をそのように説明しているのであります。それが本当か、どうかという事は別にして、大変興味ある学説であります。
 ひょっとしたら今の日本人は、それと知らずして、ヘブル語で「神を賛美しよう」とか「神は愛なり」とか言って、神を賛美(ほめそやし、称賛)しているのかもしれませんね(むかし、シルクロードを通って相当数のユダヤ人が日本にも来たかもしれません。伊勢神宮の燈ろうの紋章はユダヤ王朝の紋章、また現在のイスラエル共和国の国旗のデザインと同じなのも偶然の一致とは思えませんものね)。
 冒頭に引用した詩句は、一節うたうごとに、神様を賛美しました。ダビデ王は神の箱をかきのぼる時、6歩行くごとに神様をほめたたえたらしいのです。ヨシャパテという王様は戦争の最前線に軍楽隊をくり出して神様を賛美(はや)したとあります。
 川守田学説に従えば、ひょっとしたら、「エンヤラヤー」と叫んだのかもしれません。それはともかく、私たちの生活の一刻一刻、ふし目ふし目に、神様を賛美する事は勝利の生活の秘訣であると思うのであります。
 冗談でなく、今日から始めませんか。
 「我こそ神を賛美せん、エンヤラヤー!」と。(1980年10月27日「テレホン聖書」より)
【1980.11.30週報「キリストの福音」掲載】





# by hioka-wahaha | 2021-04-23 17:02 | 週報「キリストの福音」

《どう祈ったらよいか》具体的に、細分化して

《どう祈ったらよいか》四
具体的に、細分化して

 何を祈っていいか分らない、という原因の一つは、たぶん教会や公けの場で聞く牧師や先輩の祈りが、たいていきまって美辞麗句(そして抽象的)!、その真似をしようとすると上手な言葉も出ないし、上手な言葉を使えれば使えるで自分の身につかない空っぽの言葉なのでひとりで恥ずかしいやら、照れるやら、ということではないでしょうか。
 まずあなたが独りで祈る時、思い切って祈る主題を具体的に、かつ細分化するのです。感謝なら感謝、ざんげならざんげ、求めなら求め、その内容を小間物をひろげるようにひろげて、具体的に取り上げて祈るのです。
 「神様、私によい就職先を与えて下さい。私の求める職業は大分市にある技術系統の仕事、日曜は休める事、給料は15万円。社長の人柄は……、通勤の方法は……」というように細分化するのです。
 祈る主題を箇条書きにして、その一つ一つを指でさしながら、右のように祈っていくのです。
 目の前に神様がおり、実際にこの事をかなえて下さる方に、信頼して頼み込むつもりで、親しく神様に語りかけるのです。
【1980.11.30週報「キリストの福音」掲載】





# by hioka-wahaha | 2021-04-16 18:19 | 週報「キリストの福音」

《聖書のことば》スコップが泥をすくう時

《聖書のことば》聖句暗記コースC~11
スコップが泥をすくう時

神の助け「主ご自身、試錬を受けて苦しまれたからこそ、試練の中にある者たちを助けることができるのである」(ヘブル2:18)

 今週と来週の2回にわたって、「神の助け」という主題で、聖句を2つ選びます。①今週は主のなさること、②来週は私たちでできること、です。
 ある朝、町内の奉仕活動で道路の側溝の掃除をしていました。スコップで泥をすくい上げていました。スコップは泥の、更にその下に身をさしこまねばなりません。泥の上の方をなでていては泥をすくえません。
 イエス様が人間を救(すく)う時、イエス様は人間の更にその下に身をさし入れるのであります。
【1980.11.30週報「キリストの福音」掲載】






# by hioka-wahaha | 2021-04-16 18:09 | 週報「キリストの福音」