カテゴリ:未分類( 5 )

No.706 〔イエス伝〕(6) 「何をしてほしいのか」 2015.7.26

〔イエス伝〕(6)
何をしてほしいのか

 マルコによる福音書第一〇章46~52節を読むと、バルテマイという盲人の乞食の目を、イエス様がいやしておられるところがあります。
 想像をたくましくすると、このバルテマイという男は相当名の売れた、よい家柄の息子だったのではないでしょうか。少なくとも、この男の父親は世間にしられた人であったでしょう。この父親の名は分っています。テマイというのです。なぜといって、この男の名がテマイの子(バル)というのですから。
 バルテマイというのは、ですから名前じゃないのです。テマイの子、大分弁で言うなら、「テマイん方(かた)ん子」という具合でしょう。本人にも、何か本名はああったでしょうが、誰も彼を本名で呼ぶものはありません。昔近在でも人に知られた裕福なテマイ家、その家は今は没落して、そこの盲人の息子が、今は乞食をしている。子供からさえも馬鹿にされて、はやされる。
 「バルテマイ、バルテマイ」
 
 彼は、イエスの一行の通り過ぎるのを聞いて、自分の救われる機会は今を外して無いと思ったようです。一世一代の大声を出して叫びました。
 「ダビデの子イエスよ、わたしをあわれんでください」
 この「あわれんでください」という言葉は一概に悪いとは言えません。他の人にとってはキリストの前における、くだかれた謙遜な心のあらわれであります。
 しかし、このバルテマイにとっては、毎日毎日つかっている、使いなれた乞食商売の常套語であります。
 
 乞食根性というのは、自分は何もしないで、ただあわれんでください、あわれんでください、と泣き言ばかり言っているのです。クリスチャンにもこういう人が多い、イエス・キリストの血によってあがなわれ、その罪を悔い、あわれみを乞い、そしてわずかにその日その日の糧を頂きつつ、豊かな他のクリスチャンを(何も物質的な事を言うのではない、霊的にも豊かに恵まれているクリスチャンを)うらやんで、あるいはもう及びもつかぬ事だとあきらめて見すごしている、そういうクリスチャンが多い。
 
 イエス様は、そういうクリスチャンが、さらに豊かになり、強くなる事を待っておられる。
 このバルテマイに接しておられるイエス様より、私共が信仰の乞食生活をつづける事を望み給わず、私達を助けて下さる、主の御方法を学びましょう。
 
(1)主は、まず私共のあわれな声に耳をとめ、立ち止まって下さる方だ。
(2)次に、主は私共を呼び給う。
私共は、ただすわっていないで、起ち上がって主のもとに行かねばならぬ。そのさい、古い乞食衣は捨てねばならぬ。
成功的人生の秘訣は、これまでの古い考え方をすてて、起ち上がる事です。
(3)主は言われる、「私に何をしてほしいのか」
バルテマイが、目をいやしてほしいのである事は、はた目にもわかります。しかし、本人の口よりはっきりと、「主よ、見えるようにしてください」という告白を、イエスは聞きたいのであります。
この点で、多くの神の子たちは誤っています。
「主よ、わたしをあわれんでください」
と乞食のように毎日泣くようにして求めていますが、しかし何を求めているのか、実は自分でも分かっていないのであります。
こういう人には最低のマナしか上げられません。
(4)「行け、あなたの信仰があなたを救った」
と主は言われる。
信仰を働かせることは、自力ではない。主に委ねます、主に委ねます、と言って、信仰を働かせない人がよくある。信仰が、あなたを現実に救うのです。
 (1977.8.14週報「キリストの福音」より)

※〔イエス伝(1)~(5)は?〕
1976年11月21日号の「キリストの福音」の後記に、今後は週報と、月刊の信徒向け冊子や伝道用冊子に分けて発行すると明記していますが、その後は週報のみ現存、さらに1977年4月より7月ごろの発行物は何も残っていません。当初は連絡事項だけだった週報にだんだんとメッセージを書いていくようになったのが4月までの状況でみてとれますが、はたして別冊子を発行したのかどうかはっきりしません。
ともかく1977年8月7日号の「週報『キリストの福音』」から、週報とメッセージ発行物が統合されたものが現存、このスタイルは後に週報の中ページを「日岡だより」として別紙で独立させるまで続きました。イエス伝(1)~(5)が掲載された印刷物は不明で、いずれにしても紛失しています。


[PR]
by hioka-wahaha | 2015-07-30 20:07

No.705 「イエス・キリストは本当に復活されたのである!」 2015.7.19

説教抄録
「イエス・キリストは本当に復活されたのである!」
(一九七七年四月十日イースター礼拝メッセージ)

(つづき)
★そうですね、さきほどの聖書から引用してうまく言い表して下さい。
会衆の一人「死人の復活も又ひとりの人イエス・キリスト様によってこなければならない。イエス・キリスト様にあってすべての人が生かされるのである。」
★アーメン、そうです。イエス様の復活がなければ、私たちの新生はありえません。イエス様にあって、私たちは生かされるのです。……ローマ書六・3~5を黙読して下さい。
会衆「…………………」
★ただいま黙読したローマ書六・3~5のところでパウロ先生は、私たちの受けるバプテスマを、いろいろにその機能を説明しています。何と書いてありますか、気のつく程に言って下さい。
会衆1「キリスト・イエスにあずかるバプテスマです。」
会衆2「イエス様の死にあずかるバプテスマです。」
会衆3「そのバプテスマによって彼と共にほうむられたのです。」
会衆4「そして又、新しい生命に生きるのです。」
会衆5「イエス様の復活の様にひとしくなるのです。」
★そうです。今日のすばらしい復活節の日にバプテスマ(洗礼)を受けるとは、何とすばらしい事でしょう。洗礼式とは、私達の十字架と復活の式なのですよ。
 バプテスマは、本当は水にドブーンと沈められるのです。この教会では洗礼漕がありませんから(略式にして)滴礼といって、水をちょっと頭につけるだけです。しかし、この洗礼を受ける時、洗礼を受ける人も、一緒に見守っている人も、神様の生命の水にドブーンをつけられて、古い生命が一度死に、そして新しい生命によみがえって水の上に顔を出すという光景を心に描いて下さい。
 みなさん、頭まで沈められると、息はどうなりますか。
会衆「息は止まります。」
★人間は息が止まると、死にますか、生きていますか。」
会衆「死んでしまいます。」
★本当に死んでしまった人は、もう一度水の上に顔を上げさせてもらったら息をしますか。」
会衆「息をしません。」
★なぜ息をしないのですか。
会衆「死んでしまっているから。」
★だれからか、新しい息をもらったら生き返るかねえ。
会衆「生き返ります。」
★ヨハネ三・5を読みましょう。
会衆「イエスは答えられた、よくよくあなたに言っておく。だれでも、水と霊とから生れなければ、神の国にはいることはできない。」
★霊という言葉はギリシャ語で何と言いますか。
会衆の一部「プニューマです。」
★そうですね、プニューマには他にどういう意味がありますか。
会衆の一部「はい、空気、風、息です。」
★よろしい。人は死んでも、イエス様から新しい生命の息をもらいますと生き返って、永遠の生命をもらいます。神の国にはいります。今日、神様を信じて、バプテスマを受ける人は、死んで生き返らぬ人になるのですか?
会衆「いいえ、ちがいます。」
★ちがいますね。今日バプテスマを受ける人は、新しく生れて、神の子供になります。神の国の民になります。今日、神の国の人口がふえます。それでは、今日バプテスマを受けられる方々は、前に出て下さい。
 (1977.4.17週報より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2015-07-23 08:47

No.670 神を喜ぼう 2014.11.16

神を喜ぼう
 
 私たち、群のなかまが、会ったり別れたりするときの、あいさつの言葉―――
 「イエスは主!
  イエスは勝利!
  世に勝つ勝利は、われらの信仰なり」
 というのが、先月の流行であった。
 四月四日の聖日礼拝の直後より、新しい叫び声にかわった。
 「望みて喜び
  患難をも喜び
  神を喜ぼう」
 というのである。これを、手を挙げて高らかに叫ぶ。(私どものあいさつ、また信仰告白である。なにも、こう言わねばならぬという、取りきめではない。約束でもない。同志の合言葉でもない。無理に、これをせねばならぬという事はない。しかし、こういう神さまより与えられた短い言葉で、ときの声のように、声をあげるのはいいですよ。ひとつ、やってみませんか。
 新約聖書ローマ人への手紙第五章1~11節に、三つの喜びが出てきます。
 (1)神の栄光にあずかる希望の上にある喜び
 (2)患難の中に生れ出る喜び
 (3)神の中に、神と共に喜ぶ喜び
 希望に胸のはずんでいる人間には、患難はものの数ではありません。希望は患難をのみこむのです。そして、患難の中にでも喜んでおれる自分のありがたさ、それは神さまの業(わざ)であることが分ってきます。「主を喜ぶことはあなたがたの力である」(ネヘミヤ八・10)。
 この喜びが分ったら、人生快進撃です。小事にも大事にもうろたえません。
  (1976.4.11「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-11-26 20:30

No.353 互いに励ましあいなさい 2008.10.5

互いに励ましあいなさい
          - 第二コリント13:11 -

 先日の、ある朝の目覚め前のことです。印象深い夢を見ました。日本列島から、ワッとクリスチャンの大衆が踊り出て来るのでした。そして、神様が彼らに呼びかけていました。
 「日本のクリスチャンたちよ、互いに励ましあいなさい」
 夢の印象としては、野球やサッカーの選手たちが、これから始まる試合に向かってダッグアウトから飛び出しかけている姿でした。
 お互いに声をかけあい、肩や背を叩きながら、興奮一杯の選手たちの姿でした。
 以下の文章をお読みください。今こそ、世界に向けて「キリストの平和」宣教の大好機であります。
           *
 先日、本紙の9月7日の349号で書きましたが、世界は今、平和です。本来的な意味で、人類の心から闘争心が無くなったとか、世界の各国から全く戦争準備機構が無くなったとかいうのではありませんし、世界の国際間に戦争への心配は全く無いとは言いません。しかし現時点、現地球上において、いわゆる戦争なるものが起こり得る可能性は殆ど無きに等しいと私は思っています。
 目下、戦争らしきものが只一つ、全く小規模で起こっていますが、西南アジアの一小共和国グルジアだけです。グルジアという国はソヴィエット連邦の一共和国ですが、面積は当大分県とどっこいどっこい、人口は大分県の四倍くらいですが、調べてゆくと、何か大分に親しみ深く感じる田舎らしい国です。
 ここだけで、戦争が行われていますが、概観すれば、今、地球には戦争はほぼ行われていません。《く》


キリスト教界に大キャッチフレーズが無い

 日本のキリスト教ジャーナリズムの筆頭はキリスト新聞だろうと思うが、その巻頭にある標題そのもの「キリスト新聞」の文字の両側に、アッピールの2行の文字がある。創刊者賀川豊彦先生の撰文だったはずだが、言わく、
 (一)平和憲法を護れ。(二)再軍備絶対反対、の2句である。
 なるほど、これしか無いだろうと思うが、又これしか書けないのだと察すると、同情に耐えない。
 (一)も(二)も、あまりに当たり前すぎて、圧力がない。つまり前号あたりで書いたように、今は全世界に平和が行き渡っていて、それを現状承認しただけの言葉に終わってしまうのである。戦前の「大政翼賛」に似ている。大政翼賛(この言葉の虚しさ、腹立たしさを覚えて居る人は今何人くらい日本にいるだろうか)式の言葉で、聞いても、読んでも、あくびが出そうである。(「大政翼賛」という言葉の意味がよく分からない方は、80歳以上の老人に聞いてください)。
 もっと刺激的な言葉で、いま日本の現状を突き上げることは出来ないものだろうか。例えば、こうだ。
  一、日本国憲法の前文を書き直せ。
  二、自衛隊をぶっつぶせ。
 一、で言いたいのは、日本国憲法の絶対平和主義を、その支えとして世界の友好国の理解援助を期待しているだけでは情けないということである。世界中から反対されても、この絶対平和主義を護るとは言えない、日本政府の気弱さ。この気弱な前文に気づかない国民の無関心。「平和憲法を護れ」などとは恥ずかしくて口に出して言えない。
 二、では「再軍備反対」とは何を今更、白々しいことを言う? すでに、自衛隊を持っていて海外派遣までしている国の国民の言えることではない。キリスト新聞としては、もっと極言してほしい。再軍備反対どころか、日本の絶対平和主義を貫くためには、現状の自衛隊を放棄して、今後絶対、偽装再軍備をしませんと言い抜くべきなのである。《く》


ぼつぼつ、本紙も休刊か

 本紙休刊の時期もぼつぼつ近づいたようです。問題は、主筆としての小生(釘宮)の能力低下にあります。先月でしたが、私がふと主日説教の中で言い始めたのです。
 「どこの牧師さんも、大抵75歳くらいで、定年引退なさるのが普通です。この教会はどこの組織にも属さず、釘宮一個の独立教会、牧師の定年も引退年限も規定がないので、私個人の思うがままということになるのですが、これでは拙いと思う。
 そこで私も、そこそこで引退したいと思い始めています。目下、すでに86歳です。少なくとも、あと10年、95歳ではもう絶対引退でしょうね。
 ついては、問題は後継者です。私はどこの組織にも属していないので、当然世話してもらえる、後任牧師が居ない。
 また、いけないことに私自身無責任にも、私の後を継いでくれるべき後任牧師を考えていない。
 このまま、私が老齢化すれば、あとを継ぐ人はいないのである。さあ、皆さん、どうしましょう。
 突然、こう言われても、信徒諸君どうしようもないでしょう。先日の礼拝説教の中での、この発言をしましたが、みなさん、呆然としたかも……。
           *
 私の言いたいことは、皆さんお一人、お一人が、その後任牧師の候補者だと言うことです。
 また重要なことは、私自身、今の教会をそのままで残して行く熱意はないということです。些かでも、その名残りが、例えば今ある会堂、その毎週の礼拝や祈祷会や諸集会等、形式的にも存続できれば、私個人の気分としては「良い気持ち」でしょう。しかし、そういうことは全く必要ありません。
 実は「日岡だより」9月21日、351号の最後に「みなさん、さようなら」と書きましたら、何やら意味ありげに見えたらしく、一部の先生がたや読者の皆さんにご心配かけました。極端に言えば、今生の別れのご挨拶に読めたらしく、それほどでなくても「引退ご挨拶」と、見えたかもしれません。
 私の思いもよらぬご心配をおかけしたわけですが。その前後、教会の内部では「引退、引退」と言っていた私としては、この言葉が何やら、神様から誘導された「告白」であったかも知れないと気づかざるを得ない微妙な発言でありました。
 でも、はっきり申し上げると、私の私的意図としては、ここ10年、牧師としての任務を自ら降りる気持ちは決してありません。しかし、加齢に応じて事実、体力、気力、知力、その他、多方面で弱って来ていることは疑うべくもありません。先々週あたり、「引退宣言」をほのめかしたのも、そのあたりに理由はあったわけですが、最後に言いたかった私の気持ちは、みなさんそれぞれに釘宮牧師の後継者としての覚悟を持って、今後のみなさんの信仰生活、教会生活を、巻頭第一頁の文章のように、互いに励ましあって、努力、健祷(!)、発展してくださいということです
 形式的には今のキリストの福音大分教会はつぶれても良いのです。皆さんは散って別れても結構。適当に気の合う信徒諸君は自由に集会形式を作っても結構です。
 かつて内村鑑三先生は召されると同時に遺言により内村聖書研究会は解散しました。そして、それぞれの高弟たちが、それぞれの聖書研究会を立てて日本の無教会陣営の堅実旺盛さを世に示したのでした。
 キリストの福音大分教会の今後は神様と諸兄姉にお任せするばかりです。神様が最善をなしたもう。しかし、また諸君、主に任せられた使命を充分に護り、主の栄光を現わしてください。天地に満ちる我らの主様に栄光を!《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2008-10-07 11:35

No.300 誰も行かないところへ 2007.9.30

誰も行かないところへ

 ミャンマーの今回の政変のあおりを受けて、軍事政権がわの兵士の銃撃で亡くなられた長井健司さん、フリーの報道写真家のようであるが、この方がかねて口ぐせのように言っていたという言葉が、毎日新聞に紹介されていた。
 言わく、「誰も行かないところにも誰かが行かねばならない」。
 この夏、久留米聖会に高森先生から招かれて、1時間ほどのメッセージをさせていただいた。その時の私の主題は、「さらに地の果てまで福音を宣べ伝えよ」というのでありました。
 まさに、「誰も行かないところにも誰かが行かねばならない」ということでありましょうか。何も、地の果てまでもと言っても、アフリカの南の果てとか、アラスカの北の孤島というのではない、案外皆さんのそばに「地の果て」がありはしないか、と言ったつもりでありました。
           *
 この7月のことだった。S姉が気にしていた、ある家庭を訪ねた。主人が顔色を無くして、ぼんやりうずくまっている。そばに奥さんや娘さんも居るのだが、為すすべもなく、これもぼんやり座りこんで居るだけ。
 S姉がせきたてて、主人を病院に行かせたのだが、命も危ない瀬戸際だった。一時は臨終覚悟の特別病室に移されたくらいだ。
 この人も豊かな日本の社会の一隅で、あたかも死角に置かれて誰も訪ねる人がいない。S姉と私が訪問した時が、最後の命綱であったであろう。
 「地の果て」は、あなたの、すぐ近くにもあるかもしれない。細心に周辺を見回し、神様に「地の果て」を発見させて頂くよう祈りましょう。《く》


「仕事より神様、家族が大事」

 クリスチャン新聞9月30日号を見ました。そのトップに、この前、日本ハムを退団されたヒルマン監督の講演の概要が載せられていました。その見出しの言葉が、標記のタイトルです。
 ヒルマン氏は、日本ハムの監督に就任5年にして、日本一の栄冠を得、今年になって障碍も多かったのに拘(かかわ)らず首位をキープしてきていた。そうしたさなか、折角の好調の球団を捨ててアメリカに帰るのはどういう訳か。多くの人は首をかしげた。
 ヒルマン氏はこの疑問に答えて言う。「私には2人の子どもがいる。ちょうど多感な時期で、そばに居てやりたい。私は父親としての責務を全うしたい。野球の監督であっても、家庭の父親であっても、それぞれのリーダーとしての責任がある。私は子どもの教育のこと、子どもの環境を考えて、今はアメリカに帰って一緒に暮らすことが最善で、それが優先順位第一だと信じたからである」と。
 格別にまだ、アメリカにおける仕事が決まっている様子でもない。ヒルマン氏の決意は堅い。彼は言う、「仕事は大切です、しかし、最も大事なことは神様の御旨、そして次は家族です。この2つをさしおいて仕事に従う事は出来ません。」
 以上は前記のクリスチャン新聞9月30日号から、私の気軽に写し取ったもので、正確ではありませんが、大きな誤りは無いと思います。
           *
 何事もまず信仰において決める。そして家族を大事にする。アメリカ人らしい、簡潔で分かりやすい氏の判断の「正直」な説明です。ヒルマン氏は聖句を引用してまで、「正直に語っている」ことを強調していました。
 私はこのヒルマン氏の語ることや、その態度に非常に好感を持ちました。そしてあらためて、問題を考えたのですが、日本人としてはちょっと気になるところがあるのに気づきました。それはヒルマン氏の問題ではなくて、我々日本人の問題としてです。
 たとえば、原則的には仕事の事は後回し、まず家族の事情を考える。最初、仕事を選ぶ時、その職種の内容や職場の位置が、わが家の信仰、思想と背反しないか。また、その所在地にわが家の位置は遠過ぎはしないか、こうした事を考えるのは当然でしょう。家族の事情は仕事以上に重大なのです。
 しかし、既に仕事が決まってしまったら、仕事の事のほうが、家族以上に重要になることが多いのです。これは日本的な問題かもしれません。
 たとえば、職場の就業時間内に家族のことにかまけて居られません。尤も、女性社員が、家庭の料理の材料を勤務中に近所のストアーに買いに行くことがあります。その程度は大目に見て貰えるようです。それでも、それが頻繁になりますと非難がおこるし、上司から注意されますね。こうなると、仕事のほうが家族よりも大事なのです。
           *
 教会ではよくこういうことが起こります。ある初信の信徒のかたが、牧師のところに来て言います。
 「先生、来週の日曜日は、子どものPTAがありますので、休みます。」
 実に堂々としておっしゃる。子どもの教育に関する事だから、これが優先順位第一ということですよね。日曜の教会は第二です。そのように、はっきり決めている訳ではないが、事実はそういう結論になっていることに気がつかないのです。
 だんだん、教会生活に慣れ、信仰がすすみますと、こういうことになる。
 「先生、来週の日曜日は子どものPTAなんです。恐れいりますが、PTAの懇談会だけには出たいので、教会の午後の奉仕を休ませてください。」
 もちろん、牧師は「いいですよ」と言うでしょう。ひょっとしたら、「姉妹、その懇談会でよいチャンスがあったら、み言葉をうまく挟んでくださると嬉しいね」などと言い添えるかも知れません。
 ヒルマンさんは、重要度を第一神様、第二家庭、第三仕事、とはっきり線引きしていますが、日本社会では第二と第三の関係にはやや困難な関係がある。そのことを前項に書いてみました。
 日本の男性社会においては、家のことは後回しにしてでも、会社の仕事を遅くまで残業したりする。優秀なサラリーマンほどそうです。それを奥さんのほうがメソメソ不平言っていると、奥さんのほうが非難されます。
 だからと言って、旦那さんの我が侭、勝手を無制限に許す社会風俗はさすがにもう日本には無くなりました。歓迎すべきことでしょう。こうした中で、日本男性クリスチャン、心して日本風俗というか、その社会慣習のなかで、精錬された良き風格を造ってください。
 しかし、こうした生活規範的なことを万事几帳面に厳密に行い済ませなさい、と言っているのではありません。下手をすると、律法主義に陥ります。勿論、こうした一般生活を含め、教会生活をキチンと守ることは良いことです。
 しかし、そうした行為的な面だけに注意力が廻って、暖かい信仰の心の面が失われやすい危険があります。自分の完全主義を誇り、行き届かない他の信徒たちを心の底で批判している。律法主義の欠陥です。「神を畏れて律法を完全に守ろう」という思想は、旧約聖書にはよく出てきます。
 この「畏れる」という言葉は「かしこむ」という意味でして、恐怖の「おそれる」ではないのですね。しかるに、神を恐れ、聖書の「……するなかれ」等の言葉に違反する事を恐れて戦々恐々と御言を守る。
 悪いこととではないのですが、しかし愛の神様の目からみると、いじらしいやら、可哀そうやらでしょうね。そしてもっと楽に私の膝に来て遊びなさいと、おじおじしている子どもたちにおっしゃるのではないでしょうか。《く》

〔あとがき〕
この「日岡だより」、遂に300号。毎号の記事を書いている私自身には、やはり感慨深いです。日本語の伝統から言うと三百という言葉は実は蔑称です。三百代言と言う言葉がありますが、明治時代、無資格の弁護士を指す言葉でした。無資格と言えば、私の前半の生涯は全く無資格時代でした。事務補佐官やら助教諭やら、しかし信仰はイエス様から完全な資格を頂戴です。《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2007-10-02 14:03