No.192 民族の魂 2005.9.4

民族の魂

 この原稿は9月1日の夜に書いている。日本では1923年の関東大震災を心に銘じて「防災の日」と呼ぶ日だ。関東大震災は当時、世界の同情を買った。アメリカからも多くの援助物資が贈られた筈である。
 今回のアメリカのハリケーン被害の報道にビックリしている。今度こそ、日本からアメリカにお見舞の復興資金や物資を贈る時であろうか。どうも、こう書くとヘンな感じがするのもヘンであるが、私の正直な気持ちである。なぜか?
 世界一の金持ちで、文明国で、無いものは何も無いように見えるアメリカの国で、たかが風が吹いたくらいであんなに被害が起こるものなのか。同情してよいのか、同情などしては失礼なのか、挨拶に困る、と言った感情が起こるのだ。私のひねくれ根性だろうか。
 それにしても、あのキリスト教国家アメリカで、ああした混乱下に略奪が起こるとは何事か。日本の阪神大震災などで略奪どころか、コンビニなどで買物の客が整然として順番を待っていた、公衆電話では急ぐ人に順番を譲る人もあったという。当時、その記事を読んで、感激して涙ぐんだものだ。なんだかアメリカが憐れになってきた。
 産経新聞の紙面を見ると腰まで水に浸かって避難している集団は皆、黒人たちである。産経は何も解説していないけれど、南部アメリカの暗部をあばいているようにも見えた。
 ともあれ、この日には、もう一つひどい国際ニュースがあった。イラクのバグダットで数百人の民衆が橋から、チグリス河になだれ落ちて溺れ死んだという。宗派間の摩擦が原因だが、群衆がテロの噂におびえた結果であるという。このような騒動が起こるのもイスラムの信仰のせいか、民族の特別の問題なのか。《く》

 
福音魂を日本に

 戦争中の記憶であるが、無教会の矢内原忠雄先生が書いていた文章がある。「日本の台湾統治は成功である。これに比して朝鮮統治は全く悪い」。正確な文章は忘れたが、だいたいこんな意味だった。戦時であったから政府筋には睨まれて当然の文意であったがこういう時、矢内原先生には只ならぬ勇気があった。ちなみに矢内原先生は当時、東京帝国大学の教授、植民地政策の権威であった。
 最近、ある人が台湾を訪ねて、当地の台湾の知識人が「日本の政治は良かった。かつての日本人は私たちに日本魂を教えてくれた。今の日本人には日本魂が無いような気がする」と言うのを聞いたそうだ。「日本魂って何ですか」と聞くと、「それは教育勅語ですよ」と答えたそうだ。私は驚いた。
 明治天皇による「教育に関する勅語」は明治23年の発布だが、その記念式が当時の第一高等学校で行われた。時も時、そこで教授であった内村鑑三先生が正面に飾られた天皇のお写真(当時御真影と言った)に礼拝することをためらって、チョコッと頭を下げただけにした。それが天下に伝えられ、先生は「国賊」という訳で全国住む所にも窮するような事になった。
 その時、先生は「形式的に教育勅語をうやうやしく拝むとか、どうとかではない。教育勅語の精神を真心から実行出来るのか、ということではないか」と、当時の国純派の哲学者井上哲雄あたりに反論している。
 「教育勅語」は良いものである。いわば聖書でいう律法である(ローマ2:14参照)。戦前の台湾の人々が心から承服したという「教育勅語」は明治日本の遺産である。台湾の人さえ褒めてくれる。日本人たるもの、これは堂々と誇ってもよいことだと思う。
 しかし、実は日本魂だけでは物足らない。今、日本に必要なものは福音魂である。「律法のなし得なかったことを成就するのはキリストの血潮」(ローマ8:3参照)である。キリストの福音こそ「教育勅語」の律法を完成する。さあ、「キリストを日本に!」《く》
 

「国家の理想」

 折も折、伊豫土佐市の浅野忠志兄から、矢内原先生の「中央公論」昭和12年9月号に載った論文、「国家の理想」の複写が届いた。私は文献で読むだけで、実際に開いたことのなかった問題の論文を初めて拝見して感激した。その論文を紹介するだけの紙面がないのだが、武田清子氏の解説の一部を以下に載せる。
 「この論文で一番当局が忌避したのは、どの点であったか」という問いに対して先生はこう答えている。
 「国家の理想は正義と平和である。戦争という方法で、弱者をしいたげてはならないのです。国内においても、国際的にも、強者が弱者を支配するのに暴力を用いるならば、それは既に戦争政策です。
 如何なる国も『国家の理想』に従って歩むとき、立派な国となり、栄える国になるのである。そういう国家の理想に従って歩む国にならなければ、国は栄えない。一時、栄えるように見えても、理想のない国は滅びるものだと言った、これが問題になったのです」
 矢内原先生は藤井武先生の記念講演会でも語りました。「理想を失った日本の国は一度葬って、新たに出直さねばなりません、日本の理想を活かすために一先ずこの国を葬ってください」。この言葉が引き金になって、当時の東京帝国大学の教授の地位を追われたのです。戦後、先生は当東京帝国大学の総長に帰られたのはどなたも知っています。
 さて辞表を出された後、終講の辞を述べられた。
「私は身体を殺して魂を殺すことのできない者を恐れない。……身体ばかり太って魂の瘠せた人間を私は軽蔑する。諸君はそのような人間にならないように」。
 教室につめかけた満堂の学生たちは深い感動に襲われたという。先生は、別の聖書研究会の会員の前でこうも言っている。
 「どんなことがあっても、私は諸君に恥をかかせるようなことはしません」と。「私のせいで諸君が警察に捕まるようなことがあっても後悔せぬように」と言わんばかりであったそうです。《く》
 

神の道をわが道とせよ

 もう一つの「折も折」です。ちょうどこの日、キリスト聖書塾の藤岡弘之先生から「生命の光」今月号を恵送受けました。私は手島先生から叱られて、何を叱られているのか見当もつかず、打ちしおれて大分に逃げて帰ったものです。その後、先生は亡くなられてしまったし、不本意のまま本日まで過ごして来ました。
 ところで、その今日頂いた「生命の光」に懐かしい手島先生のブラウニングの「ベン・エズラ」の感想が載っていました。先生の「ベン・エズラ」は天下の圧巻です。言わく、

 「私たちは、一度すっかり自分の心に線を引くことが大事です。小さな心、目先だけの小さな理想しかもっていない小人ばら、すなわちこの世の神無き人たちとは、一線を画して歩こうと決心しないと、信仰が成長しません。私たちは、偉大な心の人々の心、グレート・マインドの持ち主でありたいものです。……人が何と言おうと、神の道をわが道として行こうとするのが、一番大事です。
 私たちは神に聴き、神の声を聴くべきです。神様に信頼し、神様に価値基準を置くのが一番良い。神様の目に尊く見えるものがよいのです。人間に基準を置いたら負けてしまいます。
 神様に信じて、自分の一生を、今からの未来に任せることが大事ですね。神は必ず導きたまいます。」《く》

〔あとがき〕
以上は、9月1日に書いたり、引用したりした拙文です。「福音魂を……」は元々私の原稿ですが、拡大の機関紙に載せた私のエッセイです。丁度その機関紙「マグニファイ」が9月1日に私の手元に着いて、この号に貰ってしまったのである。いまさら、書き直しもしたくないので、このまま印刷に廻すズルを決めたわけです。▼9月1日がこんな風なら、9月2日も又、新聞に振り回された。ミズーリ号艦上降伏文書調印の記事、関連して「山口判事、ヤミ米を食べないで餓死」、「特攻隊くずれの青年、戦災孤児と共に駅に寝る」、そういう記事が満杯である。▼「戦災孤児」!、私には想い出が山ほどある。防空壕跡に共に抱いて寝たY君。駅の切符売り窓口の棚の上に寝て転げ落ち接骨医に連れていってやったG君、その後どうしたろう。当時の事ゆえ、写真もない。時おり新聞社が写してくれた写真は捨ててしまった。▼当時、大分駅前から竹町にかけてのヤミ市の靴磨きのボスは私だった。私の許可が無いと靴磨きが出来なかった。その特権を利用してキリスト新聞を戦災孤児たちに駅構内で売らせた。売った金は彼らにやった。たしか、300部は売れたなあ。《く》
[PR]
# by hioka-wahaha | 2005-09-04 00:00 | 日岡だより

No.191 オズボーン師を迎えて 2005.8.28

オズボーン師を迎えて

 数年前、アメリカでのベニーヒン師の聖会のビデオを見ることがあった。そのステージにオズボーン師がゲストに招かれて上がって来たので、私はびっくりしたものだ。私はもうオズボーン師はとっくに天に召されているもの思っていたからである。なぜなら、
 オズボーン師は私より20歳は年上の方だろうと思っていたからである。私は今年83歳である。だから先生はもう生きているはずはないと思っていた。又オズボーン師の噂を聞くことが無かったのである。
 私が初めてオズボーン師を知ったのは、日本語訳の「キリストによる癒し」という本によってである。そのことは本紙の先週号で書いた。当時1955年、私は33歳であった。「キリストによる癒し」は多分その数年前には書いた本と思われた。事実、今、手もとの資料でしらべると、この本はオズボーン師の最初の著作で、その発行は1950年とある。まさに、オズボーン師がはりきって書いた最初の本である。
 南方の後進国(失礼!)諸国での奇蹟的伝道集会、そこで何万人という大人数を集めての神癒聖会の説教者である。大物だ。私にはどうしても40歳、50歳の先輩伝道者に見えた。私はこの本によって、神癒伝道者として神様に導かれたのであるし、だからオズボーン師は私の恩人である。この方の、その後の消息が私の耳や目には入らなかった。何故だろう。日本には全然来られなかったからである。
 だからもう、世界の伝道界からは消えた方だと思っていた。それは私の情報把握能力の脆弱さからも来るのだろうが、他にも理由がありそうな気がする。
            *
 あの「キリストによる癒し」を訳したのは松山福音センターの万代恒雄先生であった。また、かつての日本・京都における神癒聖会の通訳者も、この万代先生であった。当時の京都集会が如何に凄かったかは、今度、頂いたオズボーン伝道の書籍に載っている、あの時の京都集会の大群衆の写真を見ると、想像がつく。
 万代先生はその後、日本を代表すると言ってよい神癒の賜物を含めて、放送伝道や海外伝道の大型伝道者となった。当然、そこにはオズボーン師の強い影響も想像できる。この万代先生がオズボーン師を日本に招かないはずはないと思うのだが、なぜかその企てがない。やはりオズボーン師はもう地上にはおられないのかな、と私が思ったとしても、笑う人はいまい。
 昨年の暮れ近くになった頃だったかと思うが、今年の9月にオズボーン師が50年ぶりに再来日とのニュースをキリスト教関係の新聞で知った。私は驚いた、その突然の来日ニュースもさることながら、オズボーン師が83歳だと言うことが分かったからだ。
 「何だって、私と同じ年ではないか」。私は仰天した。そうすると、私を発奮させたあの本を書いた時は多分、28歳位の若さ。あの驚嘆すべきアフリカなどでの神癒伝道集会は20歳代の若さでやったのか。私は腰を抜かす思いだった。
            *
 今回、オズボーン師の新著「贖われた祝福」の書評を書いてくれというリバイバル新聞からの依頼があって、その本を送ってくれた。読んでみると、凄い。かつての「キリストによる癒し」が、キリスト教神癒をストレートに書いた基本的簡約テキストとするならば、今回の「贖われた祝福」は「癒しの教理と実際」を網羅するテキスト大全集である。
 人はなぜ罪を犯したのか。その罪から病気が生じる。悪魔とは何か。キリストは地上に何故うまれたか等々、キリスト教の教理の大略を落すこと無く掲げる。
 そして神癒の力の根本、如何にして癒しの力を頂けるか、失敗しやすい原因、そんなことをすべて丁寧に書いてくれているが、そこに神の御言葉に対する信頼や熱情、まだイエス様を知らない民族への宣教熱。そうしたオズボーン師の溢れるばかりの思いが、読む私たちに伝わってくる。
 この本を読むと、先生は20歳の時デイジー嬢と結婚し、23歳(太平洋戦争終結の年)の時インドに宣教師として行った。しかし失敗してアメリカに帰った。そんなことが分かる。こうして、イエス様を知らず、未回心の国に行って、福音を伝えることの困難さを身をもって体験した。これは先生夫妻にとって大変なショックで、大事な経験であったと思う。
 そして数年後、すばらしい先輩たちに会う。彼らの圧倒的癒しの伝道の現場にふれ、先生夫妻は覚醒する。聖書の奇蹟の真理を発見して、その後ジャマイカにおける宣教の後、本格的に世界宣教への活動を始めたのだそうです。それは1949年、先生は27歳の若さだったのです。私(釘宮)がちょうど大分市鶴崎で独立伝道を始めた年です。
 私は後に大分市中心部にもどって集会を始めていましたが、そこで初めてオズボーン師の「キリストによる癒し」にふれ、そして私の神癒伝道が始まります。それから、ちょうど50年たちました。そして昨年の終わりの頃だったか、オズボーン師再来日のニュースを知るのです。
            *
 さて、今回の「贖われた祝福」という先生の本ですが、小さい字で約500頁の大冊です。最初に「この本は真の人生のための7つの賜物、7つの祝福、7つの啓示を公表しています」と約束しています。
 このように数字を打って文章の区分をつけ、文章を分かりやすくするのも、先生の親切です。お陰でかなりむつかしそうな説明文も見やすくなります。こうして綿密に長文を書いておられるのも驚きです。
 時には驚くような提言を出します。「しばしば、貧乏でいなければ敬虔なクリスチャンになれないと心の底で思っている人も多いかも知れないが、それは間違いです。神様はご自身の子どもたちが富んでいるのを見るのは嬉しいはずです」、などと言います。
 また、「祈りについて、悲痛な声をあげて泣き叫ぶようにして祈らなければ神様は聞いてくれない、などと思うのは最大の誤解です。神様は愛の方です。祈らぬ前から私たちの必要を知って満たしてくださる方ではありませんか」、などと言ってくれます。
            *
 オズボーン師は、これまで一人としてイエス様の言葉を聞いたことの無いような未回心の国に伝道することを決めていたようです。「私は異邦人への伝道者」、また「人が行ったあとには私は行かない」などと言ったパウロに似ています。こうしたことが、これまで長い間先生が日本に来なかった理由かもしれません。
 あの頃、先生が日本の京都で伝道された時、日本の国が東南アジアや、アフリカ、南アメリカのような未伝国とは見えなかったのかも知れません。私の独り合点の判断ですが、先生の宣教上の信条の故に、既宣教国である日本へは行かなくても良い、あの国は万代先生に任せておこう、とでも思われたでしょうか。
 しかし、この度、日本に再来日されるのは何故でしょうか。私の立ち入るべき問題ではありませんが、先だってハーザー8月号で「日本にはリバイバルが起こる、リバイバルが起こると、もう耳にたこが出来るほどアメリカなどの高名な先生がたの預言を聞くが、一向に日本にリバイバルが来ない。これはどうした訳か」、という某先生のご意見が出ていた。まさに然り。
 日本は非キリスト教国でありながら、日本のクリスチャンや牧師、神学者たちの質がよい、もうすぐリバイバルが来て良さそうであるのに、それが起きない。
 これには霊的地政学と言うか、他国に例のない問題がありはしないか。この問題についてオズボーン師は何か期すものがあるのではないか。これは私の思い過ごしでしょうか。今回の川口市における先生のセミナーに期待することが大きいのも、この期待もあるからです。《く》

〔図書推薦〕
オズボーン師と娘さんのラドンナ師との共著「新しい奇蹟のいのち」、世界各地で行った癒しの伝道集会における驚天動地の奇蹟の証し集です。273頁。1680円。発行所はイルミナイター、発売は(株)星雲社。▼「贖いの祝福」も先週号に書いたとおりです。ぜひお求め下さい。教理的にも、しっかりしていますから。いずれもキリスト教書店でどうぞ。《く》
[PR]
# by hioka-wahaha | 2005-08-28 00:00 | 日岡だより

No.190 私の神癒伝道事始め 2005.8.21

私の神癒伝道事始め

 それは、1955年のことだったと思う。私はどこで手に入れたか覚えていないが、T・L・オズボーン著「キリストによる癒し」という雑誌型の本を手に入れた。「癒し」という言葉に魅力があった。私は読み始めた。その内容に魅せられた。私は熱中して毎週の礼拝でこの本の宣伝と講釈を始めた。
 「皆さん、確かにイエス様は私たちの病気を癒して
 くださる方です。この本を読んでください。聖書に
 書いてあるまんまです。ぜひ読んでください。」
 その頃、私は大分市の中心にあった町村会館というビルの一室を借りて毎週日曜日の礼拝をしていた。会衆は15名、時には30名ほど集まる程度でした。
 その「キリストによる癒し」を信徒諸君に勧めているうちに、ある日、Nという老人があたふたと私のもとにやってきた。
 「先生、奇蹟です。私のおなかの痛いのが治ったん
 です。」
 様子を聞くとこうだ。聞けば可笑しい、おなかが痛くなったので、ふと毎週先生の言う「キリストによる癒し」のことを思い出した。それで、やってみようと思って、あの本をおなかの上に置いて寝た。そして寝入ってしまったが、目がさめると腹痛が治っていた。と、こう言うのです。
 なんだか、偶像宗教の「おふだ」をお腹に貼っていたら病気が引いたという感じだから、吹き出しそうになった、しかし、ご当人が真剣だから笑うに笑えず、真面目な顔をして、他の信者さんたちに神癒のあらたかさを吹聴した。すると皆さんは真面目に聞いた。
           *
 ところで、次の週、その夜が祈祷会の日だった、皆さんが集まって祈祷会の準備中だった。そこへ、例のN老人の奥さんのオバアチャンが急きこんで部屋に入ってきた。私の家の6畳の間だった。
 「先生、先生、神経痛が治った。おったまげた。わ
 し、イエス様、信じます。」
 今までご主人のお腹の痛みが治ったのをせせら笑っていたオバアチャンが言うのである。
 郊外の田圃の畦道を歩いていたそうだ。突然、全身に痛みが走って倒れそうになった。神経痛だ。彼女は必死になって叫んだ。
 「釘宮先生の信じるイエス・キリストの神様。この
 神経痛を治してください。」
 すると、左か、右か、ともかく半身がずばりと治った、しかし、残る半分が痛い。彼女はもう一度、叫んだそうだ。
 「釘宮先生の信じるイエス・キリストの神様。半分
 だけでなく、全身をポーンと治してください。」
 そうすると、いっぺんに全身からスッキリ痛みがなくなったそうだ。
 「先生、わしゃもうジイチャンを笑いません。私も
 イエス様を信じます。」
 と、おいおい泣くのです。その夜の祈祷会はいっぺんに燃え上がったのです。
            *
 その後、しばらくしてある女性、30代の奥さんが来て、「先生、盲腸炎ですが、キリスト様の力で治るでしょうか。」と言う。私はドキッとしたが、無理に落ち着いて「大丈夫、なおりますよ」と言った。
 くわしく聞くと、下腹部に痛みが始まって病院に行くと、2人のお医者が3べん見て、「手術をせねばいかん」という。しかし、お金がありません。(当時はまだ国民健康保険の無い頃です。手術が怖いから神様のお癒しというのではない。入院費が無いから神様のお癒しがほしいという時代です。)
 私がそのご家庭に行って見ると、奥さんは布団をしいて寝ている。枕もとに化膿どめの薬がおいてある。お腹のほうには氷嚢をあてている。その奥さんのそばに行って家族の見守る中で、まず薬と氷嚢を棄てさせた。そして私は下手な祈りをした。私はそういう時の霊的処置というか、祈り方というか。全く知らなかった、祈りの大家の祈りの現場を見たことが無かった。
 私は祈り終わると、冷や汗をかいて、そそくさと逃げるように、その場を辞して我が家へ急いだ。あのままで大丈夫だろうか。あの奥さんが死んだら、私は多分、「偽牧師、患者を殺す」とでも新聞記事になって叩かれるだろうなあ、と不安で一杯だった。私は今でもその時、恐れつつ帰った道の様子を覚えている。
 それから3日して、日曜日がきた。いつもの町村会館で礼拝をしていると、あの奥さんが飛び込んできた。そして、叫んだ。
 「先生、盲腸炎が治った。一向に痛くありません。
 熱も無いです。日直のお医者に見てもらったら、盲
 腸炎は無くなっている! って言うんです。」
 さあ、礼拝の場は大騒動。私は驚喜して叫ぶ。
 「みなさん、どうです。神様のお力は凄い。皆さん、
 病人をどんどん教会に連れてきなさい。」
 さっそく次の日に、ある信者さんが乳癌の女性を連れて来た。未信者です。私はまた、顔色を無くした。
 「なんで、もっと軽い風邪か、腹痛の人でも連れて来
 ないんだい?」
 信仰のない牧師の私は慌てます。しかし、その乳癌の女性もまた、一週間で癒されます。私はますます上気しました。
           *
 ところが、今度は私の家族です。様子が違う。ちょうど年が変わって新年になりました。「今年は神癒の年だ」とはばからず、公言していたが、なんとその正月から妻や子どもが次々に猩紅熱とか、幼女の唇がただれて溶けて行くとか、難病、奇病の連続です。
 そして今度は、これらの病気が一気には治らない。信じて忍耐して、待っているだけです。そうしているうちに、しかし次第に治って行く。
 実はその頃、私は医師も医薬品も一切拒否。だから小さい傷にも、メンソレータム一つ塗らない。風を引いても売薬一包も飲まない。厳酷なものです。(今はそうではありません)。じっと待っているだけです。
 多分、自然治癒力でなおるのだろう、と理屈をつける批評家もいます。ともあれ、そういう我慢のなかで、病気は一切治って行く。そのうちに、私の家庭では病気というものは放っておけば、治るものだということになってしまいました。
 その後も、ある信者の方、足に出来たコブのために祈ると、見ている間にジュジュと音を立ててコブが消え、後に皮膚が皺になって残っていた。あるいは、ある未信者さんの家庭からは、「家出をしたお父さんを捜してくれないか」などと、占いの霊媒にでも持って行きそうな依頼が舞こんだことがある。でも、祈ってあげると、お父さんがその祈った時刻にちょうど北九州の駅に行っていて、そこで心が変わって家に帰ってきた。そんな例が続々と生まれてきました。
 こうして、次第に私の内に強い信仰が固まってきました。小さかった信仰、無邪気な可愛いい信仰が、積み重ねられていって、いつの間にか、しっかりした確かな信仰に固まってくるのです。小さい信仰でも気にせずに積み重ねてゆくうちに、強い、大きい信仰に成長していく。そこに信仰確立の法則があるようだと私は気づき始めました。
 ただ恐れるのは、そうした信仰を頂くと、傲慢になりやすいことです。働かれるのは主イエス様です。私たちは主の僕に過ぎません。私は特に小さい器です。諸先生がたの末尾に伏すものです。ただ、主様だけに栄光をささげます。《く》
 
〔あとがき〕
冒頭に書いたT・L・オズボーン師は来月の9月19日から25日まで、埼玉県川口市(川口駅前)のリリアにてセミナーと伝道会を開きます。まさに50年ぶりの来日です。ご紹介した「キリストによる癒し」は万代恒雄先生の翻訳でした。その本が私の神癒伝道に乗り出す原点になりました。そういう訳でオズボーン師は私の恩人です。▼この度、オズボーン師の新著「贖いの祝福」という本が出されています。リバイバル新聞からその書評を依頼されて目下原稿作成中ですが、凄い本です。皆さんのご購読をお勧めします。発売は(株)星雲社。定価は2600円。少々値は張りますが、がんばって買ってください。私は書評のために読み始めたのですが。文句なしにすばらしいというより、実はびっくりしています。信仰の持ち方や、祈りの姿勢について、私たちの多くの誤解を指摘し、そして具体的に本当の祈りについての新しい考え方、姿勢を教えてくれます。どうぞキリスト教書店に行って注文してください。▼今週のリバイバル新聞の「非戦論」の記事は注目です。団体や国や、ともかく組織が大きくなればなるほど倫理的水準は落下してゆくのです。《く》
[PR]
# by hioka-wahaha | 2005-08-21 00:00 | 日岡だより