<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.745 大胆に語れ/まことの神を土台とせよ/時事雑感 2016.4.24

大胆に語れ 

大胆に語る、ということは
キリストの弟子たちの特徴であった
(使徒行伝四・13,31、ピリピ一・20)

実質のない大胆さは
カラ元気であって、いつか化けの皮が
はげる

誇るべき事実をもっていて
大胆に語らないのは
単なるおくびょうと言うよりは
偽証人であり、一つの罪である

あなたは神の子である
神のことばを語れ
大胆に語れ    (使徒行伝一八・10)
(1978.4.30週報「キリストの福音」より)
 

まことの神を土台とせよ

 私の家は、父の代に分家したのでありますが、その本家が大分市内の大道にあります。その家が先週金曜日の朝、大分市上水道配水池の溢流で寝耳に水の災害をうけたそうであります。さいわい人身事故は無くて不幸中のさいわいというものの、大変なことであったと思います。
 
 「人の子の現れるのも(キリストの再臨)、ちょうどノアの時のようであろう。すなわち、洪水の出る前、ノアが箱舟にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていた。そして洪水が襲ってきて、いっさいのものをさらって行くまで、彼らは気がつかなかった。人の子の現れるのも、そのようであろう。」(マタイ二四・37~39)
との御言葉を、早速思いおこしたことであります。
 
 こまは、まわる時芯棒を地にすえてまわります。
 フラフープやドーナツ型の円盤も、空にまわすと、目に見えない中心に、目には見えない芯をつくってまうわけです。
 
 世の中には「神はいない」と言う人がいます。聖書はそういう人を「おろかな人」と呼んでいます。
 おろかな人は「神はいない」と言います。しかし、たとえフラフープに芯はなくても見えない芯を中心に回転しますように、人間は自分のために、にせものの神様をつくって、それに仕えるのであります。
 金や名誉や事業や芸術や恋愛や息子や国やイデオロギーや集団活動や冒険や……、そういうものが、神様のかわりにその人の精神生活の中心にくるのです。
 
 そういう神ならぬものを神にしている人生には、いつか破綻がきます。
 突然おそってくる洪水をふせぐ力はありません。
 
 私たちの人生、私たちの家庭の土台に、唯一のまことの神をすえましょう。雨がふり、洪水がおしよせてきても、この家は倒れることがありません(マタイ七・25)。
(1978.4.30週報「キリストの福音」より)


時事雑感

日ソのサケマス交渉はどうやら片づいたようです。ソ連の出方について不満の人が多いようです。ソ連の交渉態度が不愉快なことは事実。しかし、この問題は根が深いのです。発端は明治にさかのぼります▲当時、日本はソ連領の漁場に入札で参加していました。ソ連側はそれを嫌って入札料を値上げして日本の業者を追い出しました。面白くはありませんが、向こうの当然の権利であります▲そこで日本人は母船方式による沖取り漁業で対抗しました。ソ連は歯ぎしりするが処置ありません。昭和八年のソ連の沿岸サケマス漁業は大打撃をうけ、当時のモスクワの新聞は「略奪漁業、海賊行為」と日本の非を訴えています。当時、二百海里領海説が出たらソ連は早速とびついていたでしょう▲サケマス沖取り漁は日本の努力開発した既得権で、それを今更ソ連に横取りされてたまるかという《愛国的発言》が日本では多いのですが、それは少々暴言です。他国の領土のそば近くまで行って漁をするのは水産国日本の発展と喜び、他国の漁船が房総半島沖にでも来ると目にカドを立てて怒るのは大国民のすることではありません。それと少しにています▲聖書の金言「自分にしてほしいことは人にもしてあげなさい」。孔子も言う「人にしてほしくないことは人にするなかれ」。外交交渉にも、多少とも聖書の精神をもって理解したいものであります。
(1978.4.23週報「キリストの福音」より)



[PR]
by hioka-wahaha | 2016-04-29 10:20 | 日岡だより

No.744 何も出来ないという人に/クリスチャンの成長/時事雑感 2016.4.17

何も出来ないという人に 

ある無力感と劣等感にさいなまれている男が来た。「私はもう何も出来ません。私はどうしたら自信をもって仕事が出来るでしょうか」

応急処置「私のさし上げる次の言葉を、くり返して言いなさい。寝る時、おきる前、洗顔のとき鏡の前で、そして仕事をはじめる前に。大きな声でしっかりと」

聖句「わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることが出来る」
(ピリピ四・一三)

根本治療「あなたの無力感や劣等感はどこから来ていますか。自分を責めないで冷静に反省しなさい。そして神の前に告白して悔い改め、神の許しをいただきなさい。」
(1978.4.23週報「キリストの福音」より)
 

クリスチャンの成長 

 クリスチャンの信仰の一生を大観すると、次のとおりになります。
 
1.生れる 「だれでも新しく生れなければ、神の国を見ることはできない」(ヨハネ三・三)
2.清められる(成長の時期である)
「神のみこころは、あなたがたが清くなることである」
 (第一テサロニケ四・三)
3.完成を目ざす(完全こそ主の教えです)
「……キリストの教の初歩をあとにして、完成を目ざして進もうではないか」
 (ヘブル六・一)
 
 今日の説教では、主もし許し給わば、右の三つの段階について語り、特に《3完成期》のために、主はどのような《かたい食物》を用意されているかを、語りたいのです。
 
 参照聖句 第二テモテ三・16~17、エペソ四・12~13、コロサイ一・28、第二テモテ四・2~4
 聖書の訓戒に忠実にしたがいなさい。
(1978.4.16週報「キリストの福音」より)


時事雑感

四月六日午後、大阪駅前の梅田地下街で出火。わずか数分のうちに地上九階、地下五階のビル全体が煙に包まれたそうだ。保安室に電話しようにも煙で話ができず、煙感知機もスプリンクラー(水まき機)も全く作動せず、「レジにカギをかけるのがやっとだった」との出火元の店員の話はいじましい▲ここ十数年、各都市で出来ている地下街はもとより、あの五十階、六十階のビルについてもあの中で火事でもおこればどうなるのか、その疑問を誰しも持つのであるが、疑問はブツブツ市民の間でささやかれるにおわり、具体的事実としてビルは建ち、地下街は出来上がる▲私は若い時、あのビルや地下鉄のセメントのにおいが好きで、あれが文明だと思っていた。しかし、あれこそ、現代の文明が「大そらごと、大たわけ」である事の見本であると、今は思う。人間の欲だけでかたまった「企業集団」はその独特な幻惑的演出で、人間の本来の真善美を愛する心を圧殺してゼニと能率主義を謳歌する▲最近ドイツで発掘されたBC二五〇〇年頃の二個の人体に現代医学と全く変わらぬ脳手術のあと、そしてその手術が成功している事例を発見したという。石器のメスと薬草の麻酔でそれが出来たのであろうか。石器時代の文明の方が現代の文明より正しいのではなかったか、とも言いたくなる▲現代は聖霊の指導と人類の悔い改めを必要としている。
(1978.4.9週報「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2016-04-21 21:40 | 日岡だより

No.743 神の国/牢獄で叫べ 2016.4.10

神の国

「神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ」(ルカ一七・21)

自己不信に陥ったり、劣等感にさいなまれるとき
「私には才能(あるいは、金、力、学歴等々)がないからだめだ」
と言ってあきらめてはいけない。

右の聖句を次のように捉えてみよう。
「神の国!
つまり神の智恵、神の力、神の豊かさ、神の平和、神の権威、
そのすべてが、私のただ中にある。
私には何一つ欠けたものはない」と。
 (ノーマン・V・ピール)
(1978.4.16週報「キリストの福音」より)
 

牢獄で叫べ

 病気をしてみると、この肉体は実に牢獄のようなものだと気付きます。熱心に神を信じる心も、弱い肉体にとじこめられて、自由に飛翔できないのです。
 聖書の見方にしたがえば、病気は悪霊のしわざだと言います。イエス様はすでに悪魔に対して勝利を得給うたのですから、私たちはただ主イエス様の名によって祈りさえすれば、病気はいやされる筈であります。
 ところが、実際はそれほど簡単にまいりません。私は先週、四二〇キロの自動車の運転をしましたら、その疲れもあってか、風邪をこじらせ、十年ぶりのぜんそくの発作でまる一週間元気になれませんでした。遂に最後の夜は、自分にも悪魔にも腹が立ってしまい、「悪霊よ、出てこい。キリストの名によって宣戦布告するぞ。勝負だ、出てこい」と、むきになってどなりつける有様ですが、彼はしぶとくも、なかなか出て来ません。やっかいな奴です。
 マルコ五・一~二〇を読むと、イエス様の前でレギオンという悪霊軍団は、あれこれと文句をならべて、なかなか出て行かなかったようであります。墓場で狂暴に叫びまわっていたその霊は、遂に行きがけの駄賃に豚二千匹を共連れにしてやっと出て行きました。その他、イエス様の命令に一気に出て行かぬ図太い霊どもを福音書に数多く見出します。(勿論、あまりに急激に追い出すと、その憑かれていた肉体の御本人の方が失神等で危険であるということで、イエス様の側の手やわらかさもあってのことでしょうが)。
 
 話題を大きくかえます。四月十七日の夜、NHKの月曜特集で、インド独立の秘話を見聞しました。それは、旧インド国民軍の三将校が反逆罪で訴えられるのですが、三人の愛国の熱情、軍事裁判の非合法を訴える弁論、死をとした毅然たる態度は、全インドの共感を呼び、遂にインド兵の反乱を誘発、イギリスはやむなくインドを手放したと解説していました。
 牢獄に捕えられて、三将校の身は不自由でした。明日の生命も分りませんでした。しかし、彼らの精神は燃えていました。石の壁も鉄条網も彼らの意気を阻喪せしめ得ませんでした。彼らの舌端は火をふきました。軍事法廷は顔色をなくし総督はあわてふためきました。遂に歴史はインドの側に展開していきました。
 
 私の心は、このNHKの放送に大変捉えられました。私の内面の魂は、この旧インド国民軍の三将校のようなものだと思いました。熱発と咳の肉体にとじこめられて、私は見るも哀れと見えます。然し私は意気阻喪しない、出て行くべきは彼らであります。私は病気にとじこめられている如く見えるが、勇気を出して大声で叱咤すべきであります。
 「私は病人ではない。病気の霊よ、出て行け」
 肉体をおさえられても魂は自由である。魂は弱りかけても内なる霊は自由である。霊が雄叫び、ついで魂が復活し、そして遂には肉体も生き返るであろう。
 事実、私はその翌日には元気に起き上がったのでありました。
(1978.4.23週報「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2016-04-14 08:59 | 日岡だより

No.742 心はおのれの鏡である/自殺は許されるか 2016.4.3

心はおのれの鏡である

 人は鏡を使ってしか、自分の顔を見ることは出来ません。人は鏡の前にいるとき、あまりおかしな格好はせぬようであります。(人が鏡の前でおかしな顔をするのは、子供のようにわざとふざけるときか、或は男性のヒゲをそる時のみであります)。
         *
 人がおこったり、泣いたり、すねたりしている時、その人の前に鏡をさし出したら、多分その人はプッとふき出すか、あるいは嫌がって鏡を払いのけるかでありましょう。
 もし、人がいつも鏡を前にしておれば、(又、そうしておれるようであれば)、その人は常に表情を正しくしておる事ができます。
         *
 聖書(ヤコブ一・23~24)は言います。
「おおよそ御言を聞くだけで行わない人は、ちょうど、自分の生れつきの顔を鏡に映して見る人のようである。彼は自分を映して見てそこから立ち去ると、そのとたんに、自分の姿がどんなであったかを忘れてしまう」。
         *
 ところで、人間は鉄やガラスにまさって、すぐれた鏡をもっているのであります。鉄器の鏡もない頃、人間は水の表を最も良い鏡とした事でしょう。箴言二七・19にいわく
 「水にうつせば顔に顔が答えるように
人の心は、その人をうつす」
         *
 人間の霊(人格の中心・実存・本当の私)は、あたかも人の顔のように自分を見ることができないのです。誰でもちょっと自分の内部をさぐれば分りますね。いろんな思いと記憶が浮び出ますが、「我」がどこにあるのか、まことにむつかしい。ヒトミがヒトミをさがすようなものであります。人は鏡で、その人の顔を見るように、人の霊は、心にうつる思いを見て、自分の実相をさとります。
         *
 故に、自分の心を見るという事がいかにも大事になります。むかし、これを「自観法」と呼びました。目を他人にむけず自分にむけるから最初の悔い改めがおこります。困難な時にも、悩みもだえている自分を見つめつつ主を仰ぐから、謙遜と勇気が同時に出ます。罪をおかしやすい自分と、救われている自分を、どちらも正直に見つめ、そこで落ちついて対処できます。あわてず一息入れて、主を呼ぶ事が出来ます。
(1978.4.9週報「キリストの福音」より)
 

自殺は許されるか 

 四十年程前、あるドイツ映画を見たことがある。(その頃のドイツは、名画を多く世界に送り出した)。ある少女がきれいな湖で自殺し、その葬儀を教会の司祭が拒絶した。私は、その律法主義のかたまりみたいな司祭をにくみ、少女の自殺を嘆美した。
 私はその後数年して、ある事由で自殺をくわだてて失敗した。私には自殺者の冷徹なまでのむなしい気持がよく分る。自殺した事のない人間が、自殺者の気持をいくらあれこれと批判してみても、矢張りよく分っていないのだ、と弁護したくなる。
 しかし、それでも自殺の罪は最大であると言いたい。主は「自分を愛するように、人を愛せよ」と言われた。人を愛する、という人はその前提に、おのれを愛する人でなくてはならない。おのれを殺す人は、人を殺す人であると言われても仕方ない。自殺は、最大の殺人行為である。
 心が最大限にきれいな人が、人生の最後の道に於て最悪の選択をした時、その人の「司祭」は、その葬儀に実に困る。あの映画の中の司祭のように、あっさり拒絶は出来ず、かと言って葬送の言葉がない。「その人は生れなかった方がよかったのに」と言うほかはないのであろうか。
 自殺者(他の悔い改めぬ罪人も含めて)の死にさいして、なぐさめの言葉は、聖書六十六巻中、本当に僅かしかない。
「こうして、彼(キリスト)は獄に捕われている霊どものところに下って行き、宣べ伝えることをされた」(第一ペテロ三・19)
「死人にさえ福音が宣べ伝えられたのは、彼らは肉においては人間としてさばきを受けるが、霊においては神に従って生きるようになるためである」(第一ペテロ四・6)
 実は、この霊どもとは、ノアの時代の人々(つまりまだキリストのあがないを知らない人々)の事であってキリストの救をうけられた人々の事ではない。「いったん、光を受けて天よりの賜物を味わい、聖霊にあずかる者」となった者が、御子をさらし者にして、再び悔い改めに立ち帰ることは不可能かもしれないのだ(ヘブル六・4~6)。
 ここに至っては、私達はもはや「死人の事は死人(真実の死者はキリストのみ)にまかせよう」(マタイ八・22)というほかはないのだ。
(1978.4.9週報「キリストの福音」より)



[PR]
by hioka-wahaha | 2016-04-07 13:31 | 日岡だより