<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.684 腐敗階級への警告/神と子供を信じよう/田中師「解放特伝」について 2015.2.22

腐敗階級への警告
 
 パウロは信仰の故に、何度か獄中の人となりました。カイザリアの獄にいた時のことです。総督ペリクスがやってきて、パウロを呼び出して引見しました。ペリクスには、パウロからわいろをもらいたいという下ごころがあったのだと聖書は説明しています。(使徒行伝二十二章)
 その時、ペリクスはパウロの気をひくように、わざわざ、「キリスト・イエスに対する信仰のこと」を聞いたのです。へたな伝道者でしたら、すぐに喜んで「神・罪・キリスト・救」とおきまりのテーマを持ち出す処ですが、パウロは違います。パウロはペリクスに、まず「正義」について語りました。それから、「節制」、つぎに「未来の審判」。
 ペリクスは、今で言えば政府高官。エルサレムの長老たちが、児玉誉志夫のような連中だと想定すると、役者は揃ってくる。そこでパウロはいびられる役にまわって、やんわり金ほしげに迫ってくる総督。この男にパウロが、まず言い聞かせるのは「正義」でありました。毅然としたものです。
 為政者、財界人、労働貴族、こういう連中が「正義」を忘れたら、もう落ちつく処はきまっています。今宵は赤坂、明日は銀座裏という風に、じだらくな生活が待っています。こういう連中に、「節制」を守るという美風が、(昔の日本でしたら儒教的生活態度とでもいおうか)生きていたら、少しは、「正義」に戻ってくる可能性もあります。しかし、その事がおこらないのは、彼らに「未来の審判(死後のさばき)」の恐怖が無いからです。
 パウロはずばりこの警告を発しました。今の日本にも、特に上流階級(と自認している人々)にこの警告が必要だと思います。
(1976.7.11「キリストの福音」より)


子供のしつけ方教室(6)
神と子供を信じよう
 
 今回は、少し無茶なことを書こうと思います。題をもう一つ考えれば、「しつけ無用論」とでも題しましょうか。
 もう亡くなりましたが、禅宗の坊さんに沢木興正という方がいました。この方は卑劣な養父にいじめられて育ち、幼い時からバクチの番をさせられ、泥棒も姦淫も日常の出来事という貧民街に成長しましたから、環境から言えば日本最悪でした。環境が悪ければ人間は悪く育つというのなら、おれはどんな悪人になっても当然だった、とよくこの老師は言っていました。しかし、この師匠は当代随一の豪快清貧の禅僧になりました。しつけという、外側からおさえつけるような訓練が無くても、人間の魂は内側から驚異的成長をする事ができるよい実例です。
 旧約聖書の中に、ヤコブという人物の物語りがでてきます。この人物は母に甘やかされて家の外よりは、家の内で育ったような男です。性質は人を押しのけ小ずるく立ちまわる利己的な、且つ小心もの。日本人の好みから見れば、最もイヤミな人間です。ただひとついい処は、忍耐心のつよい点でしょう。この男が、ユダヤ人の祖になるのですよ。
 ヤコブは、家庭で大してよいしつけはうけていなかったのであります。彼の人生は、苦労と心配と失敗の連続でもありました。しかし、彼は心の底のどこかで神を信頼し、いざという時には必ず神に助けられ、そして妻と子と財産に恵まれて祝福の中に死にました。
 最悪のしつけ、無教育の状態の中に於いてでも、人間の魂を呼びおこし、一流の人物に成長せしめる力が、親にはなくても神にはある。この確信がないと、実は世の親たるもの、おちついた安定感ある態度で子供を育て得ないのであります。いつもいつも、いらいら心配し、しつけ、しつけと言って子供を圧迫し、強度の神経症的人物に育て上げる危険があります。親の側に、その心の底にしっかりした神と魂への信頼が必要です。
(1976.7.11「キリストの福音」より)


田中師「解放特伝」について
 
 六月二十五日~二十七日の「人間解放特伝」は、大言壮語して大なる事を期待した私にとっては、数字的には少々あきたらなかった。これは事実であります。しかし、あれ以上未信の方々が来たら、会場内の霊的ヴォルト・アップに、われわれは焼き上がってしまうであろう、という事が実感されました。大衆伝道の霊的困難さが身にしみて分りました。反省としては、もっと事前の個人伝道の必要さを感じます。故に、今後は、個人伝道の秘訣を学ぶ訓練会をはじめたい。そうする事により、旧参の方々も、あらためて信仰の基礎をしっかり固める事ができるでしょう。
 第一日、田中先生のテーマは「孤独よりの解放」、最も現代的テーマです。準備する我々に、気分あわただしいものあり、せっかくの多数の来会者に浸透したか、どうか。
 第二日、「死の恐怖よりの解放」、この日は人数やや少なし。先生の個人体験の証しに、会衆ひとしく打たれる。
 第三日、朝の礼拝、「病いよりの解放」。基礎的説教に時間がかかり、いやしの座に招くに時間少々不足であった。しかし即座にいやしを身に覚えられた方は四名。他の方も、今後しだいにいやしを気づかれる事であろう。
 特別集会は、あとが大変です。何よりも、全員ががっくりして、決心した方々のフォロー・アップもおざなりになり、自身の霊性すら渇いてしまう、そういう例をよく聞きます。みなさん、よく祈って誘惑をしりぞける事です。
 (1976.7.11「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2015-02-27 09:12 | 日岡だより

No.683 虚無からの救い(三浦綾子)/十分に話させる/十分に聞いてやる/十分に申し上げよ 2015.2.15

虚無からの救い
              三 浦 綾 子
 
  夜半に帰りて着物も変えず寝る吾を
  この頃父母はとがめずなりぬ
 この私の歌は、虚無的な退廃的な生活の中において詠ったものであった。戦時中、私なりに熱心な教師のつもりだった。そして七年目に敗戦を迎えた。
 アメリカ軍が進駐して、私たち教師の心は揺らいだ。それは今まで、教えて来た教科書の相当部分を、進駐軍の要請により、墨で黒く塗りつぶさなければならなかったからである。
 自分が若い情熱を傾けて教えてきたことが、果たして、再び教えることを許されない誤謬に満ちたものなのだろうか。いったい、何がまことで、何が誤りなのか、こう思いつめた日から私の虚無は始まったのだ。
 翌年三月、私は退職し、そしてまもなく肺結核を発病。心身ともに空洞をいだく身となった。そして、数年間、かつては熱心な教師であった私が、人にヴァンプと言われるような、虚しい生活を重ねて行ったのであった。
 その私が昭和二十七年七月五日、イエス様を救い主と受け入れたのだ。いかなる過程を経て、キリストを信じたかは、わずか二枚の紙数では書くことができない。だが、この日から、私の生活は確かに変わった。
  真実を求め来てついに得たるもの
  十字架の上のキリストの姿
 私はこの日、こう詠った。私自身がいかに乱れた生活にあっても、神は手をのべて、私が神を仰ぐ日を待ち続けていて下さったのだ。
 そして、私が神を見上げて以来、今日まで神は私の唯一の大いなる光であり、いのちとなった。そのキリストの愛がどのように私に満ちあふれているかを、私は小説を通して書きつづけているのである。
 (筆者は「氷点」等名作の数々をうんだ作家)
(1976.7.4「キリストの福音」より)


子供のしつけ方教室(5)
十分に話させる
              佐 藤 瑞 彦
 
 まず母親は、子が話しかけてきたならば十分に聞いてあげねばなりません。自分の用にかまけて、せっかく意気込んで、話そうとする子供の心をそらしてはいけません。中途半端でなく、何をさておいても聞いてやることです。
 その点で、弁護士松井一彦氏夫人は、とてもよい母親です。長女容子さん(中一)、長男完太郎君(小二)、次男は幼稚園。
 実にこの三人の子供の話をよく聞く方です。こうなると、子供もどんなに“ありし事どもを母に語る”ことに張り合いを感じることでしょう。顔も心もいきいきしてきます。
 子供にフルに話させ、フルに聞くことは、母親が気ぜわしくていてはできません。どっしりと落ち着いて、ほんとうに聞くという態度をとることです。お座なりではだめです。共感できること、協調できること、拒否すべきこと、批判すること、ともに喜ぶべきこと、励ますこと、ほめるべきこと、文字どおりのヒューマン・タッチでいくことです。
 松井夫人は、母校が河井道子先生の「恵泉女学院」。その育ちの基底に、キリスト教信仰がすえられている人です。私はこの方を見て、つくづくいい母親だなあ、と思わせられるのです。
(1976.7.4「キリストの福音」より)
 
 
十分に聞いてやる
 
 一九四二年にC・R・ロジャーズの発表した「非指示的カウンセリング」と呼ばれる、助言学の新しい提唱は、実に思いきって「何でも聞いてやる」「十分に話させる」という方式でした。
 今度の田中師解放特伝で、Oさんの御一家が来ておられましたが、その夫人が実は昨年腎臓と、その他のノイローゼ風の恐怖・不眠症(でなかったかと思います。正確には忘れましたが)で、相談に見えられました。その時、私は右のロジャーズ式非指示的カウンセリングの勉強中でしたから、早速「うん、うん」・・・・「ふん、ふん」・・・・「そして、・・・・なるほど」と相づちを打ちつつ徹底的に聞いてあげたわけです。すると二時間ほどしている中に、うとうとしはじめ、遂にがまんしきれなくて、御主人の自動車で帰宅、その車中でも眠りつづけていた由ですが、そんなにして、家に帰ってからも眠りつづけ、翌日目がさめるとけろりと、病気はなおっていました。
 先日、伝道集会に来ている時、余りに顔がかわっているので、どなたかしばらく判らなかった程です。この実例は(聞き覚えですので正確でない処もあるかもしれませんが、大筋に違いはありません)、十分に話させるという事が、大人でもいかに大事か判ります。十分に話させる、これは伝道の上にも大切な要点です。私は牧師として、これが下手で、すぐ相手の話をさえぎって、きつい言葉や、早合点の返事をして失敗しています。
(1976.7.4「キリストの福音」より)

  
十分に申し上げよ
 
 祈りは、神様への対話です。祈りは対話だから、まず神様の声を聞けというすすめもあります。「しもべ聞く、主よ語り給え」―――これは大事な祈りの姿勢です。しかし、こうなる為には、やはり十分に胸に一物も残らぬほど祈りぬく事が必要です。
 胸のすくまで祈って祈りぬく、そこではじめて、神の声も聞こえてくる。実際体験上、これが通常の道であるらしくあります。
 それ故、祈りは汗と涙をもってする大労働である事が多いのです。そういう祈りが、神の側よりの確実な結果を招きます。(釘宮)
(1976.7.4「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2015-02-21 12:41 | 日岡だより

No.682 即座即祷/子供のしつけ方教室(4)勉強のしかた 2015.2.8

即座即祷
 
 祈りのコツは、まず「祈りたい」「祈らねばならぬ」と心が動いた時、すぐ祈ることです。私はこれを「即座即祷」と申します。今、人がいるから、あとで一人になって祈ろうとか、仕事の区切りがついてから祈ろうとか言っている中に、祈る機会を失ってしまいます。
 コツの第二は、言葉で祈ることであります。黙祷はムード祈祷になりやすいので注意を要します。黙祷のさいは、頭の中ではっきり言葉を用い、声ならぬ声が自分で聞えるぐらいになるとよいのです。(無思無想型の東洋風の瞑想もよいのですが、それは又別の場で述べましょう)。
 コツの第三は、具体的に祈ることです。日時、人の名、物の名、事柄の様相等、すべてできるだけ詳細に神様の前に申し述べて、願いや質問を発しなさい。
 コツの第四は、熱心に祈る事です。心をもやしなさい。今、この祈りが確実・直接・このままに神様の耳に届いていると信じなさい。そうすると、もっと語らねばならぬ、もっと聞いてほしい、と熱情がわきます。
 コツの第五は、神様の応答をうけとる事です。神秘的な声や、フト心におこる思いや、又強烈な信仰や、愛がわいてきます。具体的方法や日時、名前などを示された時は、自意識の勝手な妄想である事も多いので、その示しを再び祈りの主題にして、徹底的に吟味すべきです。この答えのないまま祈祷の座を去らぬ事です。
 コツの第六は、示されたお答えには必ずにすぐ従う事です。神の力は従順の霊に顕現いたします。
(1976.6.27「キリストの福音」より)



子供のしつけ方教室(4)
勉強のしかた
 
 「勉強しなさい。勉強しなさい」
 という親御さんは多いのですが、どういう風に勉強したらいいか、勉強のしかたを教える人は少ないのです。
 これは、学校で教えるべき事ですが、学校も、「学ばねばならぬ最後の結果」だけをつめこむ主義でして、習得していく過程を教えぬようです。
 子供に教えている時、「分りましたか」ときくのは愚の骨頂でして、分ったか分らぬは、見ていて分ります。分らぬ子に、分るようにするにはどうすればよいか、その分り方を伝授するのが、小さい時の教育です。
 算数の宿題がでる。子供が分らぬと、すぐ親が答を出してやる。ウンウンうなって、お父さんが問題を考え、子供はテレビを見ている。これはいけません。親御さんは、そういう時、「この問題は私も考え方が分りません。子供は、この辺のところで行きづまるようです」と先生に手紙をかくがよい。これは先生に対しても親切です。
 子供に対し、これはと思うどうかすれば解けそうな問題があったら、徹底して一時間でも二時間でも考えさせなさい。一度、問題を解く喜びを味わったら、子供の方が宿題の手助けを拒否して、自分でするというようになります。すぐ答を書いてやる親は、ご自分も自力で問題解決をした喜びの経験の無い人でしょうし、そして又、そういう次代の親を作っているわけです。
 暗記ものなら、まず音楽の歌唱を利用するとして、ある曲を一ぺんに歌詞全部覚えこませなさい。そして次々にレパートリーをふやさせなさい。頭のかたくなった成人者とちがい、子供は案外すぐ覚え込みます。そして、自分には暗記力があるのだという自信がつきます。記憶能力は、自信がつくと意外にのびます。
(1976.6.27「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2015-02-11 17:18 | 日岡だより

No.681 今、何をしていますか/リバイバル 2015.2.1

今、何をしていますか
 
 アメリカでもう古典的になっている寓話です。三人の煉瓦職人についての話―――
 「諸君は、ここで何をしているのだね?」
 と聞かれて、第一の職人は答えました。
 「煉瓦を積んでいるんだよ。分らんかね」
 第二の職人は、
 「楽じゃありませんよ。一時間三ドル三〇セントの手間賃ですがね」
 第三の職人は、
 「すばらしいじゃありませんか。世界第一の大聖堂を造っているんですぜ」
 この三人の男の将来は、絵にかいて見せる事ができるような気がします。第一、第二の男は、おそらく一生煉瓦職人でおわるでしょう。しかし、第三の男は決して煉瓦職人にとどまらぬでしょう。必ず職長か、請負業主か、建築技師か、ともあれ優位の職に登っていく事でしょう。
 
 あなたが今、「あなたは今何をしているのですか」と聞かれたら、どう答えますか。
 「息をしてんだよ。今メシを食ったとこだよ。今晩、何を食おうかと考えてんだよ」
 まさか、こういう答えじゃないでしょうね。これが第一の職人の型です。第二の職人の型はこうです。
 「人生、大変ですなァ。今、××に勤めています。月給十五万円。これで親子三人じゃきびしいですなァ」
 身につまされますね。第三の型は―――
 「大感激の人生ですよ。キリストの血にあがなわれた神の子としてやり甲斐のある人生ですよ。ハレルヤ!」
 こう答え得る人でありたいですね。
(1976.6.20「キリストの福音」より)


 
リバイバル
 
 リバイバルと言っても、流行歌のリバイバル・ソングの事ではない。リバイバルとは、キリスト教界では、歴史の古い言葉である。冷えて、死にかけていたその一帯の信仰が、聖霊によって、初代教会さながらに火のように燃えあがる信仰復興の事である。
 初代メソジストの時代、イギリスのフィレーという所で、あらゆる伝道が失敗し、最後にジョン・オクストビーがつかわされました。
 彼がその町に近いある丘を登ると、急にその町が見えてきました。そのとき彼の感情は激しく燃え上がったのです。そこで彼はいけがきの下にひざまずき、彼の使命が成し遂げられるように、泣きつつ祈り、苦闘しました。
 「神さま、あなたを頼る私に恥を与えないでください! あなたがこの地にリバイバルを起こされると語りました。だから、あなたはそうなさらねばなりません。もしそうでなかったら、わたしは二度と人々に顔を合わせることができません。私が失敗すれば、人々は祈りと信仰についてどう言うでしょうか。」
 彼は数時間祈り訴えました。その戦いは長く激しいものでした。彼は自分が全く無能であることを訴えました。ついに密雲は破れ、栄光は彼の魂に満ちました。彼は「主よ、できました。フィレーは占領されました」と叫びながら立ち上がったのです。まさしく逸れは占領されていたのです。すべてのものが御手のうちにありました。彼は新しくされて、町にはいって行きました。そして町を歩きながら賛美歌をうたいだしました。「主に立ち返りて救いを求めよ………。」屈強な体格の漁夫が群がり集まって耳を傾けました。ただならぬ力が彼の語りかけることばに加わりました。そしてがんこな罪人たちは泣き、力の強そうな人たちは震え、彼が祈っているうちに、十二人以上の人たちがひざまずいて、大声で神のあわれみを求めて叫びました。そして、神のあわれみが彼らに与えられたのです。
(1976.6.20「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2015-02-07 11:40 | 日岡だより