<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

No.672 キリスト復活の証言 2014.11.30

キリスト復活の証言
 
 この日曜日は、復活節であります。言うまでもなく、イエス・キリスト様の復活なさった日を記念する、キリスト教の祝日です。この日は、春分の日の後にくる満月の日の次の日曜日。毎年一定しないのです。本年は、つまりこの四月十八日です。
 キリスト教の祝日で最も知られているのは、クリスマスです。しかし、私はクリスマス以上にこの復活節が好きです。日本では、デパートやキャバレーなどの、客集め用の特定日になってしまって、
「へェ、キリスト教でもクリスマスをするんですかい」
 と聞かれたという、嘘のような本当の話もある。そうなると私はつくづく、クリスマスをにぎやかに祝うのがいやになります。その点、復活節は、日本では静かでいいのですね。
 
 イエス様が、紀元三〇年頃、ユダヤの過越の祭の晩、ピラトのもとで十字架刑の裁判をうけ、死んで墓におさめられ、三日目の日曜の朝、復活なさった。復活なさった現場を見た者は、誰もいません。ただし、主だった弟子たちや数人の婦人たちは、復活したイエス様に直接お会いしたという。ユダヤの祭司たちは、この知らせに大いにとまどう。そして彼らが、
「これは、イエスの弟子たちが、イエスの死体を盗みだしてどこかへかくし、彼が復活したと言いふらしているのだ」
 と金をつかって宣伝したと、聖書にあります。もっとも、祭司たちが躍起になって宣伝せずとも、そのように疑ってみるのが、一般市民の一応の常識でしょう。祭司たちは、そんな架空の宣伝に身をやつすより、どこかへかくされてあるに違いないイエスの死体を探し出して来さえすれば、弟子たちの虚報は、一ぺんに化けの皮がはげるわけですが、切歯扼腕してもそれができなかった所に、「イエスの墓の空虚」の重みが評論的には、ずしりとするわけですね。
 もう一つ大事な点は、イエスの処刑前後、あれ程ユダヤ人を恐れて逃げかくれしていた弟子たちに、イエスの死体を持ち出して宗教的一旗をあげようとするような大それた事をする、勇気も山ッ気もあった筈がないということです。(だから、多分、本当にイエスは復活したのであろうとする議論のすすめ方も出るわけです。)
 勿論、死人の復活などある筈はない、という常識的批判は、一般の間では優勢です。最近では、キリスト教界の中でさえ、復活を疑う人が出るしまつです。これは実は現代人ならずとも、二千年前の昔の人の間でもそうでした。教祖が復活したというような作り話で信者集めが出来ると思ったら大間違い、それは今も昔も変りありません。聖書の使徒行伝を開いてみても、イエスの復活のことに説教がふれると、そんなバカな話をきいておれるかと、人が去っていった様子が書いてあります。
 復活は、十字架におとらず、キリスト教のつまづきなのです。この二つさえなければ、聖書の教えは、信じやすいのですよ。
 
 パウロが、当初キリスト教を批判したのも、多分この点であったでしょう。パウロは過激なユダヤ派でしたから、熱心にキリスト教徒の迫害家を演じて、遂に他国にまで乗りだし、シリアのダマスコ市に入る寸前に、神秘経験をするわけです。突然、天からまばゆい光が彼をてらし、地に倒れた彼に「サウロ、サウロ(パウロの旧名)。なぜ私を迫害するのか。」という声がします。同行のものは、光は見えたが声は聞かなかったと言います。このような経験を経て、パウロはクリスチャンに急旋回するのです。
 
 この経験をパウロは、あとでこう述懐しています。「キリストは………、三日目によみがえられ………、その後、………使徒たち全部に現れ………、そして、最後に、………私にも現れてくださった。」(第一コリント一五・4~8)
 聖書に従うと、復活されたイエス様は四十日の間、弟子たちの間にあらわれたのち、オリーブ山より昇天なさったとあります。その昇天のあと、何か月か、何か年かたって、光の中でイエスの声をきいた、その時の衝撃体験を他の使徒たちの復活のイエス様との対面記と同等に扱っている所に、パウロの確信のつよさと、また復活の事実の神秘さが伺えます。
 多くの神学者が言うように、イエス様の復活のたしかさは、探偵風の現場検証的なものでは実証されず、あのしょげかえっていた弟子たちの異常な心機回復、いや、旧に倍した超自然的エネルギーの噴出という心理学的傍証によるのです。そして、それにつづくパウロの証言は、現代の私たちの入信体験記の大半に酷似しています。インドのサンダー・シングなど全く、パウロの体験そっくりの経過を経て、クリスチャンに一変するわけですが、私なども、多少なりとも、うなずける類似体験から入信しています。イエス・キリスト様の復活は決して昔話ではないのです。また、こういう奇跡譚のようなもので「ありがたや、ありがたや」と、信仰に入るような、おめでたい人は今も昔も、いやしません。イエス・キリスト様の復活が、今も各自の魂に、たしかに「証し」される事実が生起する―――、そこに現代の使徒行伝がはじまるわけです。
  (1976.4.18「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-11-30 23:00 | 日岡だより

No.671 変わらない沈黙(キリスト新聞への投稿) 2014.11.23

(キリスト新聞への投稿)

変わらない沈黙
 
      礼拝中の宮城遥拝
 
 最近、キリスト新聞紙上で、興味深い二つの投書を読みました。その一つは、桑田秀延氏の著作集に対する朝日新聞の書評に関連して、「太平洋戦争に対する著作が非常に少ない。日本の神学者にとって、太平洋戦争はさけて通れるものであったのか」と問うているものでした。もう一つは、教職者の礼儀や常識に関する警告で、沖縄のある集会で、聖餐式に沖縄の泡盛を用いたという一教職者の事例をあげ、その非常識を批判した一文でした。
 この二つを読んで、私は私自身に関する出来事を思い出しました。それは三十年ほど前の戦時中のことであります。
 当時、キリスト教会は一つに統合され、日本基督教団(今の日本キリスト教団がその流れですが)と称し、日本基督教団号という戦闘飛行機が献納されたりしていました。こういう御時世ですから、日曜礼拝のさなかに、「宮城遥拝」といって、東京の方に向かって最敬礼する儀式が侵入してくるのも、無理はなかったかも知れません。しかし、私は、この礼拝中の「宮城遥拝」に対し、心中もえあがる怒りに全身わなわなふるえたものです。すっくと立ちあがって、「牧師先生、これは間違っています。これは現代の非キリスト礼拝です」と叫びたい心で、胸がさける思いでした。
 しかし、私はそうはしませんでした。そうしたいのをこらえ、とにかく会衆が立ちあがり、東京に向かってふかぶかと頭をたれて最敬礼する白々しい儀式の中で、私一人は、身じろぎもせず、ベンチから腰をあげませんでした。それだけが、私のせいいっぱいの抵抗だったのです。
 
      真実を語らせない
 
 若い人々は理解しがたいことかもしれませんが、こういう私に向けられた教会の声は、おおよそ次のようなものでした。
 「君の純真な気持はよくわかる。しかし、君のそういう気持をストレートに表現した場合、どんなことになるだろうか。この教会は特高や憲兵ににらまれ、牧師は牢屋にひっぱられてしまいますよ。あなた一人、せまい了見で信仰を守ったおかげで、多くの兄弟姉妹が迷惑をこうむるのです。それを良くご存知なのに、あなたは平気で、自分一人の信仰的良心を守ろうとするのですか。それは個人主義というもので、もっと大きい愛の人になろうではありませんか。今は“闇の時”ですよ。忍耐しようではありませんか。終りまで耐え忍ぶものは救わるべし…」
 こういう理屈は、多分、教団ができ、教団号を献納し、宮城遥拝まで起こった当時のキリスト教界指導者の通念であったろうと思います。組織をもつ指導者として、その苦衷は一応思いやることにやぶさかではありません。同情もします。しかし、なお釈然としないものが残るのです。
 当時は、求道者をよそおって、私服刑事が教会にスパイとしてまぎれこむようなことも考慮しなければならないような情勢でした。「宮城遥拝」に腰をあげぬ私に、教会が迷惑そうな、おびえた様子を示したのももっともなことです。そこでやむなく教会出席を止めました。正式に脱会ということでもいいと牧師にも告げました。
 その後一年ほどして、私は兵役法違反、出版言論集会結社等臨時取締令違反で入獄しました。その獄中で、私は教会を脱出していて迷惑をかけずにすんでよかったという安堵感と、いや、今の教会には大迷惑をかけるべきではなかったかという疑問と、二つの思いが交錯し、悩んだものでした。
 私の入獄中、私の家族は母一人子一人でしたから、残されたのは母一人だったのですが、平素親しかった旧知の牧師すら、母を訪ねてはくれなかったということでした。「行きたいけれど物騒でね……」と、ある老牧師がもらしたと、それを憤慨して知らせてくれた信友もいました。その牧師さんは官憲がこわかったというよりは、教会員一人一人のことを思うと、うかつな行動はとれなかったと推察することもできます。どこにも悪人はいなかったのです。しかし皆ひとしく弱かったのでした。そして、弱い指導者が、より弱い信者たちをかばい、外の嵐から守ろうとする時、真実の言葉は吐けなかったというわけでした。
 
      沈黙は美徳なのか
 
 これは当時の異常な漆黒の精神管理の時代を知らない現代の若者が嘲笑するほど、簡単なことではありません。私は当時の神学者が十二分に発言しえなかったことについて、多分の同情を呈することにやぶさかではありません。
 当時、私は、矢内原忠雄氏の「余の尊敬する人物」や「イエス伝」に非常になぐさめられ、またはげまされました。「イエス伝」の中では、「いかなる時代がきても、私は諸君に恥をかかせるようなことはせぬ」と断言しています。これは、裏をかえせば、イザという時には、みんなも巻きぞえを食うかもしれぬぞということです。自分の弟子が自分の信仰や所説の巻きぞえをくらって、牢屋にぶちこまれることを恐れて言うべきことを言えないような恥ずかしいことはしないということです。
 人に迷惑をかけ、人様の気分をこわし、せっかくのプログラムをしらけさせてしまうということを恐れ、一言もいわず、がまんして黙っていたのがかつての宮城遥拝の時の私でした。そして、同じような事例を、私はさきに挙げた沖縄泡盛聖餐事件に感じたのです。
 「イスラエルのぶどう酒は沖縄における泡盛にひとしい」と考えて、独断で泡盛聖餐式を執行した一聖職者のユーモアをどう解するか、その可否は別に論じるとして、それに怒りを感じたこの投稿者が、その時何をしたかです。多分、戦時中の私同様、すんでのところで声をあげて、その執行を中止させたい衝動にかられ(預言者的気分というものです)、しかもそれをがまんして黙って見すごしたことでしょう。
 「せっかくの聖餐式をこわすまい。先輩の先生方もいられることだ。今日のところは黙っていよう。出しゃばりは止めよう」などと思って、こみあげる内側の声を、おし殺したことでしょう。
 それが忍耐というものでしょうか。それも美徳の一つでしょうか。こういう時こそ、ラディカルな怒りが言挙げされていいのではないでしょうか。
  (1976.4.11「キリストの福音」より)
  注※半年ほど前に投稿した文が、この頃に掲載されたようで、コピーをこの号の「キリストの福音」に載せていました。新聞の掲載月日は不明です。


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-11-26 20:34 | 日岡だより

No.670 神を喜ぼう 2014.11.16

神を喜ぼう
 
 私たち、群のなかまが、会ったり別れたりするときの、あいさつの言葉―――
 「イエスは主!
  イエスは勝利!
  世に勝つ勝利は、われらの信仰なり」
 というのが、先月の流行であった。
 四月四日の聖日礼拝の直後より、新しい叫び声にかわった。
 「望みて喜び
  患難をも喜び
  神を喜ぼう」
 というのである。これを、手を挙げて高らかに叫ぶ。(私どものあいさつ、また信仰告白である。なにも、こう言わねばならぬという、取りきめではない。約束でもない。同志の合言葉でもない。無理に、これをせねばならぬという事はない。しかし、こういう神さまより与えられた短い言葉で、ときの声のように、声をあげるのはいいですよ。ひとつ、やってみませんか。
 新約聖書ローマ人への手紙第五章1~11節に、三つの喜びが出てきます。
 (1)神の栄光にあずかる希望の上にある喜び
 (2)患難の中に生れ出る喜び
 (3)神の中に、神と共に喜ぶ喜び
 希望に胸のはずんでいる人間には、患難はものの数ではありません。希望は患難をのみこむのです。そして、患難の中にでも喜んでおれる自分のありがたさ、それは神さまの業(わざ)であることが分ってきます。「主を喜ぶことはあなたがたの力である」(ネヘミヤ八・10)。
 この喜びが分ったら、人生快進撃です。小事にも大事にもうろたえません。
  (1976.4.11「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-11-26 20:30

No.669 心の清き者は神を見ん 2014.11.9

心の清き者は神を見ん
 
 昔、お殿様が病気にかかると、早速ご典医が呼ばれる。ご典医は、じかにお殿様の体にさわるのは恐れ多いというので、手首に糸をつけて、その糸の端をもって脈を診(み)たという。これを糸脈という。まさか事実ではあるまいと思うが、そういう話が伝わっていますね。
 女の子によくある。体の具合がわるい。お医者に行く。お医者が診察しようと思って、胸をひらけという。さァ、いっかな下着をひらこうとしない。とはいうものの、痔だとか性器のあたりの病気になると、女の子ならずとも誰でも嫌だろう。あるいは又、むし歯。つつかれると痛いので、つい歯科医に行かぬ。やっと歯科の玄関をくぐる時は、もうどうしようもない時である。
 人間には、それぞれ人に見せたくないところがあるものですね。
 
 罪という字は、目の下に非と書きます。誰の目にも非と見えることです。しかし、それを誰の目にも見せまいと思って包(つつ)みかくす、その「つつむ」という言葉がつまって、「つみ」という日本語になったという人もいます。そんな気もしますね。
 罪は、心の内にかくせばかくす程くるしいものです。「人の心は病苦をも忍ぶ。しかし心の痛むときは、だれがそれに耐えようか」(箴言一八・14)という程でして、耐えがたいものです。
 
 盲腸が痛むとき辛抱して、命取りになるまで手術をこわがっている人もいる。しかし、常識ある人は、早々に外科に行って、思いきりよく切ってしまう。
 同じように人間も、心を痛ませる罪を思い出す時、それを思いきりよく、神様に告白して、その罪を許して頂き、早くサッパリすることです。
 
 「私が自分の罪を言いあらわさなかった時は、
  ひねもす苦しみうめいたので、
  わたしの骨はふるび衰えた。」
           (詩三二・3)
 「わたしは自分のとがをあなたに知らせ
  自分の不義を隠さなかった。
  わたしは言った、
  『私のとがを王に告白しよう』と。
  その時あなたはわたしの犯した罪をゆるされた。」      (詩三二・5)
 と、旧約聖書にあるとおりです。
 
 神の前に、また人の前に、自分の罪をさらす事は、痔のお医者に行くように恥ずかしく又、歯科医に行くように痛さがこわい、実にいやな事です。しかし、この関所を通りぬけると本当に神にゆるされる救の体験をします。そして又、救われてのち、クリスチャンと称している人も、この「罪の悔改め、告白、潔め」の毎日をすごしてごらんなさい、「心の清いものは神を見る」という御言が少しずつ分かってきますよ。
 
 罪は、クリスチャンにとって、根底的な、「原罪といわれる人間の基本的罪人としての立場」を許され神の子とされるという救いの教理に対応する罪と、救われてのち日々許され日々きよめられる日常的罪(といっても人間の肉の本性にむすびつく罪ですね)の二つの面が考えられるように思います。
 
 マルチン・ルターが、ピラトの階段で上り下りしている時、「義人は信仰によりて生くべし」との御言で回心した時の罪の救は前者です。その同じルターが、有名な「キリスト者の自由」の中で「クリスチャンの生涯は日々悔改めの生涯であるべきである」というのは、後者の罪の許しですね。
 
 人は、きよめられれば潔められる程、自分の罪が分かってきます。聖パウロは「私は罪人の頭である」と言いました。刑務所に入っている犯罪人はしばしば、こう言います。「私には罪はないんだ。まわりの者が私をひがませ、道をあやまらせ、こうしてしまったんだ」。
 
 自分の罪を多く感じる人は、多く許された人です。これまで多くの罪を告白し、多く許されているからです。そして多く許された人こそ、多く人を許し、多く人を愛する人です。多く罪を知り多く罪を許された人でなければ人を多く愛し得ません。(ルカ七・47)
  (1976.4.4「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-11-12 16:26 | 日岡だより

No.668 冒険の旅/静思 2014.11.2

冒険の旅
 
 先日、新聞で別府の関という青年がアラスカのユーコン川でのカヌーの川下りを計画しているという記事を読んだのです。私は思わず、ひざをたたいて喜び、関青年に激励の手紙を書いたのです。同君は今年二十六才の由、元気いっぱいの頃です。がんばってくれと、もろ手をあげて祝福してあげたいのです。
 二十六才というと、私は大分駅前で戦災浮浪児をあつめて、防空壕や待合室のベンチでいっしょに寝起きしていた頃です。米がなくなると、乞食のまねをして南大分から玖珠郡あたりまで、米をもらって歩いたものです。あれも又、一つの冒険でした。
 冒険という言葉は、ちょっと軽はずみな印象を与えることもあって、多くの人の眉をひそめさせます。しかし、人間は要するに人生の岐路に立つ時、右するか左するかと長々と考えこむひまもなく、重大決定してしまうものです。結婚とか、就職とか。人間は、状況に追いこまれると相当メチャクチャな選択と決心をするようですが、自分から進んで、未知の状況にとび込む冒険をしたがりません。
 然し、多くの人がどう理解しようと、実は人生は冒険であります。テレビで、何もしらぬお姫様が危機一髪の橋をわたる時、本人は気づかずにニコニコしている画面に、見ている方がヒヤヒヤしている、ああいう危険いっぱいの人生を多くの人がすごしている。
 さて、勇者は、自分で危険のフタをあけてみて、その行程を一応みきわめた上で、ゴールを信じて一歩をふみ出すのです。あなたは、あなたの人生の、聖なる行程と聖なるゴールへの冒険の旅を始めたくはないでしょうか。
  (1976.3.28「キリストの福音」より)
 
静思
 
 現代の人は、あまりに忙しくて、静かにものを思う時間がない。静かにものを思うとは、イライラしてあれに迷い、これに惑うのとはちがう。一つのことをじっくりと考えるのである。一番いいのは、聖書の御ことばがよい。ヨシュア記一・8、詩篇一・2を見てください。ここで、律法の書(おきて)を思うと訳されている言葉は又、口ずさむと訳してもいい言葉なのです。
 律法の書→今で言えば聖書ですね。御ことばを、じっと見つめ、思い、口ずさみしているうちに、やがて自発的に内からおこってくる自由の行為、これを自由の律法という。こういう行為は、いわゆるガラテヤ書流の律法的行為ではなくて、人間に祝福をあたえる信仰の行為なのです(ヤコブ一・25)。
 人は心に信じて義とせられ、口に言い表して救われる(ロマ一〇・10)ように、体に行為として表わして祝福されるのです。これが、真の繁栄の聖書的法則です。
  (1976.3.28「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-11-05 16:38 | 日岡だより