<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.663 生まれ出ずる悩み 2014.9.28

生まれ出ずる悩み 
 
 この日曜日は、私どもの教会の新会堂の献堂式でもあります。この小さな群(むれ)に、美しい、分にすぎた立派な会堂を与えて下さった神さまに、心から感謝しています。私どもの、小さな信仰と、ささやかな努力を、主はよみし給うて大いなる事をなして下さったと、感謝しています。
 
 主は、あらためて、私どもに新しい幻を与えて下さいました。
 礼拝出席者は、本年中に五十名になる。来年末には百名、三年目の一九七八年のクリスマスには二百名の出席者となる。正式会員は、その六〇%。二年目の秋頃には、会堂の拡張工事と、その次の新会堂の為の、敷地の選定を始めねばならない。
 伝道志願者の内より、三名の伝道者を得る。内一名は、釘宮牧師と共に東南アジアの宣教に出る。―――というわけで、目標を一つにしぼると、「東南アジアに宣教師を送ろう!」という事になる。
 
 右の幻は、あまりに大きすぎましょうか。
 私どもは、誇大妄想狂でしょうか。いいえ、決してそんな事はない。
 神はケチな方ではない。
 神は、その民がチッポケな期待しかたずさえて来ないのに、あきあきしていられる。
 神は、その子たちの大なる要求を待っていられる。
 神のために、大なる計画を建てよう。
 
 二月二日、私(釘宮)は高松市郊外の(大分市で言えば大在か判田のような処)田んぼの中に立つ、屋島教会の偉容を見て、これを計画した信仰の大きさに、目をみはりました。
 正直言って、私たちは、今度の新会堂で、やや満足していました。無理をしてつめこめば、百人くらいは収容できそうな会堂です。今、日本では、百人教会というのは、教会としては大きい方です。ですから、この位でよいではないか、この会堂で十年はつづけられよう、そんな考えでした。
 何と、我らの夢の小なりし事よ。その反省をもって、私は高松を去りました。
 
 二月十二日、私の母ツギが天に召されました。主の御祝福のもとに、すばらしい葬儀が営まれました。母は、私の肉的情愛の「表現」であったような気がします。母の聖化と私の聖化は、同時進行していた感があります。そして、彼女の死は又、私の死でありました。彼女の屍は、この新会堂の礎石の一つに組みこまれた感じがします。私は、肉的恩愛のきずなより解かれて自由にはばたく時が、やっと来たように思えます。
 何よりも驚くのは、私に牧師としての自覚がわいてきたことです。これまで、私は一求道者のつもりでした。信徒各位とは同行二人という考えでした。そういうカラがやぶれてしまいました。私はこれまで、牧師の卵で、そのカラの中に埋っていたのだと思います。今やっとカラがやぶれ、私は牧師のヒヨコとして、生れ出てきたような感じがします。
 
 
 二月十五日の日曜日には前の人吉バプテスト教会の福田広司先生を招いて、礼拝を守りました。その時、ミニ・リバイバルというか、リバイバルの前駆状況というか、ほとばしるような、御聖霊の臨在に全員が打たれました。
 主は、大いなる事をなされる。
 喜びと畏れとが、私どもの魂をおおいました。
 何よりも、聖霊の光は、その光を浴するものに、認罪と悔改めを与えます。そして、主の臨在と聖化をもたらします。
 こういう、リバイバル状況の中で、人は大いなる確信を与えられ、大胆不敵になります。私は、この原稿の初稿を昨夜(二月十六日)書きかけて、ペンが思わず走ったのです。それは、この大分とこの教会に対する大いなるヴィジョンでした。大分市は人口三十万人です。主よ、その一〇%の三万人をあなたの民として獲得して下さい。これは大きすぎる訴えでしょうか。私は、更に原稿をつづけました。主よ、その又一〇%の三千人を、この教会にあがなわれたる民として加えて下さい。
 三千人! 私は、このように書いてしまってびっくりしました。日本の最大の教会でも会員数一千五百人ぐらいでしょう。三千人などという事を考えるのは、高慢不遜というものでしょうか。気が狂ったのでしょうか。
 日本のキリスト教界の会員定数とでもいうべき「常識」が、私の頭脳に入り込み、私の魂は恐れと諦めでいっぱいになりました。
 勿論、これはまだ神様と約束した数ではありません。神様から示されぬ算術的計算を、真のヴィジョンとは言えません。しかし、この三千人という数が、私の魂の中でうめいています。生れようとして、生まれ得ない陣痛の苦しみを今、味わっています。
 友よ! 我らと友に祈って下さい。
 神の国の栄光の為に。
     (1976.2.22「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-09-30 23:00 | 日岡だより

No.662 五つ子でも、七つ子でも、生めよ、ふえよ、地にみちよ 2014.9.21

五つ子でも、七つ子でも、生めよ、ふえよ、地にみちよ
 
 子どもが生れる。非常に、うれしい事であります。旧約聖書の創世記を見ると、そこにアブラハムとサラという老夫婦の記事が出ています。アブラハムは百歳、サラは九十歳、こんなに年をとっていますのに、子どもがいません。二人には、子どもが一人も生れなかったのです。ですから、勿論、孫もいる筈もありません。老夫婦は二人だけの、本当にさびしい境涯です。
 この二人に、神様があらわれて下さった。そして、「サラに男の子が生れる。そして、その子孫は大きな民族になる」という、すばらしいお約束をお与えになる。はじめは、二人にはその事が信じられませんでした。サラには、すでに女性の月毎の事が止まっていたからです。当然です。もう九十歳の老人だったのですから。
 しかし、「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。アブラハムは、自分のからだが死んだも同然であることと、サラの胎の死んでいることとを認めても、その信仰は弱りませんでした。」(ローマ人への手紙四・18、19抄)
 
 女性の胎に、月毎に一つの卵子が排出されます。その卵子めがけて、おびただしい数の精子が殺到して、結婚の実をあげようとしますが、その実をむすぶのはたった一組のカップルであります。
 聖書(旧約聖書、新約聖書をあわせて)の中に、三万二千五百の神様のお約束があるそうです。そのおびただしい数のお約束のことばが、私の身の上に成就しないのは、なぜでしょうか。私の方に、「信仰」という卵子が無い。おびただしい数の神のおことばが、大軍勢のように私めがけて殺到してきても、精子をむかえる卵子のように、これをむかえる「信仰」が無ければ、私の身の上に神のお約束は成就しません。
 
 私は、青年時代(戦時中です)に、ある事で刑務所に入れられました。はじめ誤って、強制労働にまわされたのです。低カロリーのひどい食事のため、からだはどんどん衰弱する。立っているだけでも、やっとであるというような時、私は一瞬一瞬心の中で念じ、つぶやくように口にとなえました。
 「イエス・キリスト様、アーメン!」
 一週間すると、当初、非常に私をにくんでいた担当看守が私をたいへん可愛がりはじめました。食事を大きくし、衣服を新しくかえてくれ、はきものまで新品をくれました。そして十分に体調がととのった頃、突然、独房に移されました。独房生活でも、私はヨセフほどではないにしても、恵まれた方だったでしょう。この独房の中で、私は主イエス様にお会いして、本当にクリスチャンらしい、ほんもののクリスチャンになるのです。
 半年ほど前、あの強制労働の工場で、日夜あえぎあえぎ
 「イエス・キリスト様、アーメン!」
 と念じたあの祈り、あの口ずさんだ御ことばが、私の上に成就していくのです。
 私が退所する時、独房棟の担当看守は
 「あんたのような人は、見た事がない」
 と言いました。何一つ、かわった事をする筈もないし、出来もしない、たった一人の独房生活で、一人慎んでおれる聖なる力は、人の目にもわかったらしくあります。私の中に、イエス・キリスト様が住んでいたからであります。
 
 「いのちの言葉を、しっかり握れ!」(ピリピ人への手紙二・15より)
 
 アブラハムは、神様のお約束のことばを、しっかり握りました。このしっかり握るというのが信仰です。
 多くの人は「信じている」という気分を求めます。聖書は、神のことばを、しっかり握って、手から離すなと命じるのです。
 神のことばは、約束のことば、それはおびただしい数ですが、今のあなたに必要なことばは一つでよいのです。一つの信仰で、一つのみことばをとらえなさい。このみことばを胎内に育てなさい。必ず、信仰の実が与えられます。(信仰はからし種一つぶほどでよい。よい畑におろしなさい。よい畑とは、従順で持続する心です。)
 最近、鹿児島で五つ子が生れました。若夫婦は喜びもし、びっくりもしたでしょう。信仰の実もまた、ただの一つにとどまる必要はない。五つ子でも、七つ子でも生みましょう。生めよ、ふえよ、地にみちよ。
     (1976.2.15「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-09-30 22:00 | 日岡だより

No.661 古戦場屋島のすそ野の新戦場 2014.9.14

古戦場屋島のすそ野の新戦場
 
 私は今、この原稿を、四国の屋島教会の牧師館にいて、書いています。牧師先生は、三十年前に、大変お世話になった、野町良夫先生です。当時、先生は三十才台の壮年。小躯ながらも、その頃は珍しいあごひげをはやして、人を圧する力がありました。人を圧する力は、何もあごひげには関係ありません。信仰による大胆不敵さと、宣教への熱情からくる活動力から来ます。今も、別府の山手にひろい敷地をほこる福祉施設栄光園の創立は、当時の先生の御努力によるものです。
 当時、野町先生は、別府不老町教会の牧師でしたが、その後四国の高松教会に転任され、日本キリスト教団の四国教区長をつとめられ、名教区長ぶりをうたわれました。そして、高松教会という地方では最大の教会を七年間鋭意牧されて、会堂を新築されました。そこで、普通の人ならホッと一息というところです。しかるに先生は高松教会を辞して、高松郊外の屋島に開拓伝道に打って出られたわけです。その時、先生は五十三才の筈です。(今、私が五十四才ですから、これを考えると、感慨無量なのですよ。釘宮)。
 
 屋島教会の会堂を見ました。立派なものです。清楚で、堂々たる、コンクリート打ち放しの構造は、源平合戦で有名な、屋島の山の裾にひろがる住宅地帯に、威風をはらっています。そして、礼拝室には、世界一流のオルガニストが絶賛したという日本最高の質をほこるパイプオルガンが、すわっています。
 信徒一人いない処で、開拓伝道をはじめて十年そこそこ(今から四年前です)、五千万円の費用(今なら一億円をこすでしょう)で大会堂を建てる。これは並大抵な事ではありません。源平の弓矢の合戦ならぬ、信仰の新戦場として、この屋島の地に大いなる霊と祈りの戦いがなされた事は、想像するに難くありません。
 
 「うちの主人は、いつも金を何倍にも使えというのですよ。」
 と、先生の奥さんが、そばで言われる。
 普通なら、建築資金(あるいは土地購入資金でもよい)の全額に等しい額を、頭金に使ってしまって、主の為に大なる事を計画するのである。
 今の会堂も、旧敷地が国道用地に接収されて、その補償金額全額をはたいて、新しい敷地千坪を購入し、金は一円も無い時に、計画し入札し、建築をはじめられたという。気の小さい人間がきけば、肝のつぶれるような話です。
 建設会社もよくつき合ってくれたもの。教会の役員会も、よくなっとくしたものです。
 こういう、不敗の実行力は、思うにたじろがぬ信念と不思議な英知から来ます。
 
 土地の選定、人との交渉時におけるウィットと、事態を見ぬく鋭敏さ、日頃からの人との交わり(信頼を得る源泉)、そういう事にただ善人でありますという凡庸さではつとまらぬ英知がいります。そして、この世の成功者が、人を押しのけてでも、金をもうけ、地位をかく得する底の、ファイトとパワーが必要です。
 聖霊は、力と智恵の源泉です。
 普通、キリスト教は愛、愛といって、あわ雪みたいなフワリとした感触の、女性的人間像を世間に与えています。
 しかし、本当のキリスト教には、ダビデ王の戦闘力と、ソロモン王の智恵が備わっている筈です。
 その証明を、この屋島教会が、よく実証してくれています。
 
 今、私は、私どもの群の小さな教会堂(これも又、信仰の所産ですが)の献堂式の二旬前にあたり、この屋島教会の様子を見聞する事を許されたことは、すばらしい天の配慮であったと、確信しています。大なるアンビション(こころざし)をあたえられました。神よりの挑戦でもあります。大分市の東部に、必ず大なる教会が必要であります。そして、更にその将来にはまたそこを出ていって(散っていって、次の町に)、新しい教会を開拓すべき任務があります、この私たちには。
     (1976.2.8「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-09-30 21:00 | 日岡だより

No.660 現金と証書/おなかの中のあかちゃん/キリストの復活 2014.9.7

現金と証書 
 
 宗教というものは、神だとか、来世だとか、あてにならぬものを、勿体づけて、ありがたそうに言う。そんなことを言って脳のよわいものをたぶらかす。宗教は、アヘンである。そう、思っている人が、多いでしょう。
 しかし、聖書は、こう答えるのです。
 
 「見えるものは一時的であり、見えないものは、永遠につづくのである」(Ⅱコリント四・18)
 
 お金を手に持つ。たしかに、実感的です。このお金は、目に見えます。肌にさわれます。しかし、こういうお金は、すぐ手をはなれていきます。又、その額も知れています。
 お金を、銀行にあずける。お金は手をはなれて、一冊の通帳になる。あるいは、一枚の証書になる。このように、たしかな処に預けられた金は、一時姿を消しているようであるが、手の上にのって、目に見えているお金よりも、寿命が長い。又、その方が、しばしば大量の金であり得る。三百億円や一兆円の金を、手でもつことはできない。体でかかえることも不可能でしょう。しかし、銀行にあずけて、一枚の証書にするなら、いかなる大金も手で持つ事が可能です。
 人間の生命は、肉体にある間は、実感ですが、有限であります。しかし、もし「たしかな処」があって、そこに私どもの生命を預けられるとしたら、どうでしょうか。もっと、もっと豊かな生命、天に積む宝を、目に見えぬ処に獲得し得ないでしょうか(マタイ福音書六・20)
   (1976.2.1「キリストの福音」より)
  
  
おなかの中のあかちゃん
 
 母体の中で、赤ちゃんが足をけると、「私の赤ちゃんは、元気がいい」と言って、お母さんは喜びます。生れたら、おっぱいをうんと飲ませよう。赤ちゃん体操をさせよう。元気のよい、かしこい子供に育てよう。生れぬさきから、お母さんの胸は、期待でふくれています。
 赤ちゃんの前途には、すでに外界で、用意が万事ととのえられています。ベビー服とかベビーベッドとか、おむつとか。それのみでなく、もっと大切なものが、準備されています。太陽の光とか、空気とか。
 おなかの中の赤ちゃんは、既に手足は活発に動いて、お母さんのおなかをけっていますが、これは実は、物を掴み、大地を歩くためのものです。赤ちゃんの体には、既に肺も、目も耳も出来ていますが、これはまだ使用されていません。しかし、生れてきて外界にふれると、すぐ、オギャーと泣きますが、あれは肺臓の使いはじめです。それから、目や耳が、光を見、音をききはじめます。
 
 赤ちゃんにとり、手や足や目や耳が、貴重な肉体の道具であるように、大人の人間にとり、精神は心の道具であります。
 人が、永遠を想い、無限の世界を考究し、来世を想像し、芸術や人民英雄の永遠不朽を信じたくなるのは、ちょうど赤ちゃんがおなかの中で、手足を元気に動かしているのに似てないでしょうか。今の処、赤ちゃんは、おなかの中で、必要もない、手足を無我夢中で動かしていますが、それは私たちがこの世で、永遠の世界を思いめぐらしている精神の動きに似ていないでしょうか。
 
 「神はまた、人の心に永遠を思う思いを、さずけられた」(伝道の書三・11)
    (1976.2.1「キリストの福音」より)
 
  
 
キリストの復活
 
 キリストの復活が信じられないという、クリスチャン(?)が、今教会に多数いるらしい。そんなクリスチャンが、クリスチャンとしてまかりとおっている教会は、真にキリストの教会とは言えまい。どうして、そんなヘンなクリスチャンが生まれるのか、その理由を伊予三島真光教会の週報に金田福一牧師が書いてくださっているので、左に転載します。
△キリストの復活を信じられないというキリスト者。その理由は、一、キリストの臨在を知らない。生けるキリストに会ったことがない。従って、十字架も復活も分らない。
 二、神の前に立ったことがない。神の前に立った聖なる恐れに打たれたことがないのだ。
 三、自分の罪に気付いていない。自己追求そのものにしかすぎないおのれの存在を知らないのだ。
 四、従って、罪の赦しを得ていない。おのれの罪に戦けば、十字架が分るはずだ。罪の赦しを聞くはずだ。その臨在を示し、罪を示し、罪の赦しを宣言する生けるキリストは、復活したキリストである。教会にも神学校にも責任がある。
     (1976.2.1「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-09-11 09:26 | 日岡だより