<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

No.650 キリスト教の不人気な言葉「罪」について 2014.6.29

キリスト教の不人気な言葉「罪」について 
 
 ある方より手紙を頂きました。以下はそのお手紙への返事の一部です―――。
 「生きるということは、罪を積み重ねていくということではないのか」と言われるのは、本当です。私事を申し上げますが正に、このことが青年時代の私の求道の第一歩でした。また、この一事が私の親友の死の原因でした。私の親友の一人が、この事にめざめました。人間が、生きるという事、一刻一刻生き延びるだけ、それだけ罪の積み重ねである、少しでも早くこの罪の生にピリオドを打とうと、自殺しました。彼はその死の寸前まで、哲学やドイツ語の勉強を怠ることなくつづけて、そて私にノートを一冊のこして死んでいきました。私はそのノートを胸に抱いて一夜泣き明かしました。二十才の頃です。
 その時より私は、文学やスポーツや娯楽を捨てて、宗教的求道の人になりました。罪について全くの救いの確信を得たのはそれから二年ほどして二十二才の秋です。
 あなたは罪という言葉を英語で表現する時、複数で言いあらわしますか、それとも単数で言いあらわしますか。誰でも習慣的にシンと単数で言うと思いますが、実際に脳裏に浮かぶイメージとしては複数としてのシンズ(数々の罪)ではないでしょうか。実は一本の地下茎に多数の竹が成長するように、一つの(単数の)大きな罪の基盤の上に、多くの数々の罪(複数)が生じるのですよ。
 端的に言い換えると、日毎罪をおかすから、罪人であるというのではなく、まず罪人であるので、日毎為す業が罪になってしまうのです。マムシが水を飲むと、毒に変じるといわれる古語のとおりです。
 キリスト教が世間に不人気なのは「罪!罪!」と言うからだと言う人もあります。そうかもしれません。しかし、罪の究明を外したら、人間の本当の建てなおしはできません。ゆがんだ家の再建は、基礎からやりなおすように。
   (1975.11.16「キリストの福音」より)
 
 
「救い」について 
 
 「罪というものがイエスを信じるというだけで救われるというのは、安易すぎて本当だろうかという気もする」と、言われますね。
 本当に私も安易すぎるとは思いますが、しかし他に方法はないのです。母親が乳をくれるというのに、赤ん坊が「それはお母さん勿体ないです。タダで、何もせぬ私に乳を下さるとはあんまりです。私に何かさせて下さい」と言いましょうか。赤ん坊は、何も言挙げせず、無邪気に、頼りきって乳を飲んでくれさえすれば母親は喜びます。乳を飲んでくれない乳児ほど母親にとり心配なことはありません。
 あなたは、霊の乳房の主であるキリストの心を喜ばせたいと思いますか、又は心配させたいと思いますか。
 尚、「イエスを信じる。そして自分の罪のゆるしが信じられる」というこの信仰は、
①まず知的におこります。牧師や信仰書に教えられて。これにさきだって「我、罪人なり」という知的な理解が心にわだかまっている筈です。
②人によっては、①の知的段階を通りこしてこの第二段階にいきなり来ますが、この救いの確信が情緒的にやってきます。涙をぽろぽろこぼすようにして、感動的にやってきます。理くつぬきに、キリストのあがない、私の救いがわかります。
③人によっては①も②も通りこして、いきなり、深い霊的場所(人格の最も深い処)で静かな革命がおこります。一瞬にきます。徹底的信仰となります。この段階の信仰となると決してゆらぐ事はありません。この段階で、神の前における罪ということが、本当に分ってきます。ここに来るまでの罪自覚は、理くつでいう罪意識であるし、又感情的にクヨクヨ、イライラする自己呵責にすぎません。
 右のような信仰の段階式説明は決して教界多数の承認を得ていない私見にすぎませんが、経験上こう言ってみても余り誤りはないと思います。この①②のときには信じているとは思っても、やはりこれでいいのだろうかと時に不安、疑いがおこります。又仰言るとおり、あまりに安易な解決ではないか、これは単なる人間の思い込みではないかと心配します。しかし、必ず、①→②→③と信仰は進みます。③の霊的確信に至れば微動だにしませんし、又決して「安易な事」どころではない深刻重大な神の世界の計画の一部であることが分りはじめてきます。
     (1975.11.16「キリストの福音」より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-06-30 12:00 | 日岡だより

No.649 大歓喜の人生 2014.6.22

先週の聖書講義(つづき)
大歓喜の人生 
  
 以上のようにして、エリサベツはのちにバプテスマのヨハネとなる男の子をみごもります。それから六カ月たってマリヤは天使の御告げを受けます。彼女は処女であるのに、聖霊によってみごもり、男の子をうむであろう。その子をイエスと名づけよ。彼は聖なるものであり、神の子ととなえられるだろう、というのです。平凡な田舎娘にとって、これは大変な事です。エリサベツが長い間不妊の女であったのは恥かしいことではありましたが、それ以上の汚名や生死にかかわることではありませんでした。しかし、今結婚もしていないマリヤがみごもるという事は社会的に、家名の為にも、又一身上にとっても石打ちの死刑に処せられるという大変な事でした。
 しかしマリヤは言いました。
「私は主の召使にすぎません。何もかも主のお言いつけどおりにいたします。どうぞ、いま言われたとおりになりますように。」(ルカ一・38リビングバイブル)
 これは、イエスさまがゲッセマネにおける最後の夜に
「ですが………、わたしの思いどおりにではなく、あなたのお心のままになさってください!」(ルカ二二・42リビングバイブル)
 と祈ったのと全く同じ祈りです。これは、信仰の極致を示す祈りです。
 道具が人に使われるとき、道具は自分勝手な動きをしません。全く主人にゆだねます。信仰の極致は「大死一番」、自分に死んで、神に全托することです。道具が完全に自分に死んで、その主人に全身をまかせる時、主人は自分の意志をこの道具をとおして外にあらわすのです。
 マリヤは従順に神の言葉にしたがいました。
 しかし、信仰、信仰と言っても、世間をはばかる身重の姿になるわけですから、マリヤの心は多分くらくなる事でしょう。それを見こしてか、天使はエリサベツの事をあらかじめマリヤに知らせています。マリヤは、親族でもあるエリサベツに会って一刻も早く、この聖霊による重大な事件を打ち明け、共になぐさめ励まし合いたかった事でしょう。
「マリヤのあいさつを聞くと、エリサベツの子供は、おなかの中でとびはねた。エリサベツは聖霊にみたされ声高く叫んだ。―――あなたが(主の母であるあなたが)入って来た時、子供は胎内で喜びおどりました」(ルカ一・41~44)
 神の子をその身に宿したマリヤがエリサベツを訪れたとき、エリサベツの胎内にある子は喜びおどったと言います。キリストの接近は、私どもの胎内にある新しい生命に、大いなる喜びを与えます。もし私たちが新生してクリスチャンになっているというなら、本当は大いに喜んでいる筈です。ところが、しばしば悲しみや不安に打ちしずんでいるクリスチャンにお目にかかることがあります。それは、キリストの接近が無いからではないでしょうか。
 つねにキリストの近くに、キリストと共に、キリストの内に住む―――、この経験がないと、せっかくの新しい生命が、内にしおれてしまい、喜びを失ってしまいます。
 
 人生は、つねに順風満帆ではありません。失望、挫折、離別、病気―――などと思わぬ苦難もやってきましょう。そのような時にも、確信と平和と喜びのある人生は、真の神より来る魂の平安からしか生れません。いかなる時にも、喜びおどるような大歓喜の人生を送るには、金や地位や物や家庭の満足ぐらいでは与えられません。本当の喜び、人生の充実は、キリストの臨在のみにあります。
         ×
 以上の二つの章にわたる文章は、去る十一月二日(日)の礼拝説教の一部をもとにして、あらためて書きおろしたものです。テキストはルカ福音書第一章を用いました。次の日曜(十一月九日)も、同じ聖書の箇所を用い、もう一度ザカリヤ夫婦とマリヤの信仰を学びたく思っています。(釘宮)
 (1975.11.9「キリストの福音」より)
 
富永徳麿先生の信仰 
 
 今から四十五年前、昭和五年ですが、私にとっては忘れられない人が三人天に召されています。一人は内村鑑三、これは有名な人物ですから、たいていの人は知っています。もう一人は釘宮太重、これは私の父で、全く無名の人ですから、ここにこの名をのせるのは息子の私の感傷か? 最後の一人は富永徳麿、大分市出身の余り世間に知られぬ人ですが、教界では知名の人、無類の学者で、且つすばらしき牧師―――、こう言っています。
「私はキリストの霊が今も、彼を信じる者の内に流れ入って、その思想と感情と意志とをつくりかえ、根本より新人格にすることに気づき、私は宗教に新天地を発見しました。この真実を経験して、私のキリスト教は全く以前とかわり他からは別宗教とも目されたかもしれません。これによって、自ら救われたるを感じ、またこれを信ずるものは誰でも救われるを見、またこれは今日も将来も、誰でも信じ得て、誰でも救われ、人がかわり、世界がかわると信じておおります。」
 漢文調の文章なので、少々私がいじったけれど大意は右のとおり。キリストの真実は昔も今もかわりません。人を救う力です。
(1975.11.9「キリストの福音」より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-06-25 12:00 | 日岡だより

No.648 日本に道徳的革命を 2014.6.15

日本に道徳的革命を 
 
「私は万軍の神、主から
全世界に下る決定的な全滅について聞いているのだ。」(イザヤ二八・22)
 核爆発の恐怖、地下資源の限界、空気と水と全食糧の汚染……、今地球上の人類は全滅に向かって突進している、こう思うのは決してオーバーな言い方ではありません。
 イエスが預言されたように、「人の心が冷やかになり、世界至るところに戦争、飢饉、地震がある……」、そういう終りの日に突入寸前のようすを、今世界は示しています。
 最も甚だしいのは、道徳的退廃です。政治家の金銭的堕落と芸能人たちの性生活の乱れは目をおおうものがあります。(例・大分県某町長の数千万円の背任横領。伊太利パゾリーニ映画監督の同性愛死亡事件)。
 国の政治がゆがみ、国民の道徳が低下する時、「国は亡び民は恥しめられる」(箴言一四・34)のです。かって暗黒のイギリスを道徳革命をもって救ったのは、ウェスレーのメソジスト運動や、ブース大将の救世軍運動ではなかったでしょうか。人間の魂を、速やかに大量に神のもとに収穫する大リバイバルなくしては、落下する滝にさしかかっている人類と祖国は救い得ないのです。(1975.11.9「キリストの福音」より)



先週の聖書講義
たとえ絶望したとしても 
 
 善い人には、善い報いがある。
 悪い人には、悪い報いがある。
 というふうに、世の中はなかなかうまく行かんものです。
 イエス・キリストのご降誕の露払い役となったバプテスマのヨハネの誕生にまつわる物語りの発端はこうです。
 ユダヤの祭司の一人、ザカリヤとその奥さんのエリザベツは、二人とも神さまの前にも行い正しく律法にそむかぬ信心ぶかい人たちでした。そんなに正しい善い人たちでしたが残念なことに子供がうまれません。今と違って家系を非常に重んじた時代のことです。一夫一婦制の時代でもないのです。金さえあれば、おめかけさんでも迎え入れて、家を継ぐ子供の生まれるのを待つのが当然の時代なのです。いいえ、そうした方が世間からほめられ、重んじられる時代なのです。ましてザカリヤの家はアロンの家柄で非常な名家です。ところが、このザカリヤ、おめかけさんももらわず、養子も迎えず、妻と二人だけで年をとってしまいました。当時の風習として、子供のうまれぬ妻は非常に恥かしい存在でした。その妻に恋々として、他に子供を得る手だてをせぬ夫も、めめしい無力な人間に見えたかもしれません。
 この人達は、正しい善い人たちでした。この世間では、律義で気がよくて正しくてやさしくて……、そんなだけではダメなのでしょうか。もっと融通がきいて、手だてがうまくて、上手に世間を渡れなくてはダメなのでしょうか。
 
 善人にあたたたかい日がのぼらず、渡る世間に神も仏も無いように見えることがあります。年老いて、子供の無い二人に、世間もあざ笑ったかもしれません。
 しかし、二人は不平を言いませんでした。神さまにつぶやきませんでした。ひたすら待っていました。祈っていました。
 しかし、待つ月日はあまりに長いのです。しだいに期待はうすれていきます。希望は線香の火のように小さくなって、絶望が闇のように彼らの人生にこめるのです。
 
 イギリスのある政治家が言っています。
「絶望するな。たとえ絶望したとしても、
その絶望の中で、前進しつづけよ」
 人の一生は、常に平和とは限りません。
 「なんで私だけこんな目に会うのか」
 天を仰いで不平を言いたくなるようなことが人生にはおこるものです。しかもその悪い状況に少しもよい目が出ない。辛抱しきれない程、長い暗夜がつづくのです。
 しかし、終りまで耐えしのんで、頼みつづけるなら(ルカ一一・8新改訳)、また失望せずに祈るなら(ルカ一八・1)、祈りは聞かれる(ルカ一・13)のです。
 当時のユダヤのエルサレムの神殿で、祭司が聖所に入って香をたくという役目にあずかるのは、幸運なことであったらしくあります。年老いたザカリヤはその幸運のくじにあたって聖所に入り、そこで思いもかけぬ天使の出現に出合いました。当時は多分、神の言葉はまれにしかなく、幻も示されなかった(サムエル上三・1)時代であったと思われます。ザカリヤの日頃の正しき信仰生活は、人は知らずとも神の世界ではあらわだったのでしょうか。ザカリヤは当時の人々の知らないすばらしい経験をしたのです。そしてその上、どんなに言い聞かされても、とうてい信ぜられないようなすばらしいことを聞いたのです(使徒一三・41)。
 「恐れるな、ザカリヤ、あなたの祈が聞き入れられたのだ。あなたの妻エリサベツは男の子を産むであろう。その子はヨハネと名づけなさい」
 最後まで信仰をもって待ち望む者に、神の業は必ず成就します。(ルカ一・20、37、45)(1975.11.9「キリストの福音」より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-06-24 17:40 | 日岡だより

No.647 神の国を求めよ 2014.6.8

神の国を求めよ
 
 ちょっと茶目っ気を出しました。ご覧のとおり、外側の頁にマンガを刷りこ
みました。でもまんざら、ふざけているばかりでもないのです。このマンガ、
いいせりふがたくさんでてきます。たとえば、本誌に刷りこんだ分では次のよ
うな具合。
 「―――いける!と思って出たんじゃ一呼吸おそい。―――どうだ!とばか
りに打った球はぜったいにきまらない。―――ああ打とうか、こう打とうかと
そんな意識をこえて、もっと高い域へはいること。」
 無意識に打ち返した球が、ピシリ相手の死角にはいる―――、沢庵禅師の不
動智神妙録をそのままマンガにしたような画面もでてきます。
 このマンガ、一昨年から今年にかけて、週刊マーガレットに連載された少女
むけの、いわばスポーツ根性ものです。いま全十巻発売されています(集英社)
が、多分貸本屋にあるでしょうから、借りてお読みになることをおすすめしま
す。私は十数年前、白土三平の劇画を見て以来、この世界(ジャンル)(に恐る
べき展開があろうと信じてきました。最近ずっと、この劇画(orマンガ)の世
界に、どうしてキリストの生命があらわれないのかと不満でたまりませんでし
た。このマンガ「エースをねらえ!」(山本鈴美香)には、何かそういう生命の
かおりがあります。少々、キリスト教の肌合いとちがい、仏教的、また禁欲努
力型の度のすぎる処もありますが、しかし一読する価値はあります。
 
 平凡な女子高校生岡ひろみが、鬼コーチ宗方の独特の眼力で発見される。抵
抗するひろみも、しだいにテニスの魅力に目ざめ、きびしい特訓にきたわれつ
つ、世界の桧舞台に上っていく。その時、宗方コーチは覚悟していた病に倒れ
ていく。―――というカンタンな筋だてです。
 「私はダメです。私には素質がありません。私はもうテニスをやめます」
 とひろみは、宗方に食いつきます。
 「素質が無いなどと二度というな。私がお前を信じているのだ。私がお前を
見出し、そして技をたたき込む。それを信じろ!」
 と宗方はいう。―――私は、神様が私を見出し、私を特訓し、私に弱音をは
くを許さず、次々と鍛錬の場を与え給うことを思います。私は何度か悲鳴をあ
げ、神様の手を逃れようと思いましたが、遂に逃れる事はできません。なぜで
しょう。神は、私の知らない私の能力・素質を私の内に発見して私を完成させ
ようとしている。鍛えられれば鍛えられる程、私の内に眠っているであろう私
の中にある未知の私の「宝」に、私は感動するのです。
 
 宗方コーチは、羽田をとび立つ愛弟子を心に描きつつ「岡、エースをねらえ!」
と最後の言葉をのこして死んでいきます。
 主イエスが、私どもに「神の国を求めよ」と生涯かかって教えて下さり、そ
して十字架上にお死になさった、その「死」から生じる生命の言葉が今わたし
どもにささやき、力づけるのです。
 私どもも、主の御選びを信じて「神の国」に飛び立とうじゃありませんか。
(1975.11.2「集会だより」より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-06-18 16:44 | 日岡だより

No.646 瓦と鏡 2014.6.1

瓦と鏡 
 
 ある仏弟子が熱心に坐禅をしていた。そこに、老師が近づいて言った。
「お前、何のために坐っているのか」
「ハイ、老師。仏になる為です」
 老師はそれをきくと、黙ってそのあたりから古瓦を拾ってきて、しきりに石の上でこすりはじめた。弟子はおどろいて、
「老師さま、どうなさったのですか」
「そうさな。この瓦をみがいて鏡にしようと思う―――」
「とても。瓦はいくら磨いても鏡にはなりません」
「そうじゃろか。そんなら、凡夫はいくら坐禅しても仏にはなれんぞ」
 これは中国より伝わる古い禅話です。
(1975.10.26「集会だより」より)

 
信仰と信念
 
 「信仰」というと、「信念」と同じもののように思われがちです。それは又、実際よく似ていますけれども、本当はちがいます。
 「信念」には、一種の意地を張るようなところがあります。「信仰」は意地を捨て、この私の始末を神に委ねることであります。
 先日、宇佐市の善光寺さんの御本尊が盗まれたそうです。ご住職があわてて警察に届け出ておられました。金や宝も盗まれる。家も焼ける。それは世の常ですが、もっと大切なものを盗まれることがあります。
 私は三十年前の戦争中、ある種の信念をもっていました。その信念を一瞬のうちに失ったことがあります。誰からも説得されず、また脅迫されたのでもなく、ただ自発的に心の内側で、ガラガラと音を立てるようにして、元の信念が崩れていくのです。
 この時、私は自分が信念のない、恥ずかしい、転向者になり下がったことに気づいて、口惜しさに泣いたことがあります。自分の心の中から「信念」という御本尊がぬすまれるのです。
 私の「信仰」は、こういう「信念」の崩壊によって自分に全く自信をなくした処から始まりました。(釘宮)
(1975.10.26「集会だより」より)

 
大死一番
 
 よく「大死一番、大死一番」というでしょう。「おのれに死ぬ」というでしょう。しかし、自ら死のうとしても、死ねないのが自我なのです。それが自我の本性というべきです。その自我に向って、「死ね」というのが、どだい無理なのです。いくら死のうとしても、死のうといきりたっているのが自我ですから、自我は最後までなくならないのです。
「キリストが万人の為に死んだ以上、万人つまりこの私も、すでに死んでいるのである。(第二コリント五・14)」
 キリストの死において、私の死も成就していると信じるのが、「キリストの福音」の第一歩です。この信じるというのがくせものでしてね、アタマで教理として承認することではありません。しかし、この背理的な信仰は、①聖書をよむこと②祈ること③教会(信徒の交わりと礼拝)の中で必ず与えられます。求めていると必ず与えられます。それは「聖霊の働き」としか言いようのない不思議な力で心に変化がおこります。ある人には激しく突然、ある人には静かにゆっくりと。
(1975.10.26「集会だより」より)
 
 
福音
 
 「福音」という言葉は、明治の頃、聖書を翻訳するとき、初めて使われました。多分、漢訳聖書を参考にして採用された熟語だと思いますが、もうすっかり日本語らしくなってしまいました。そのかわり、「奥様に福音、××洗剤!」というように、安っぽく使われはじめたのも事実。
 キリスト教でいう福音とは何でしょうか。それは神が人類の救いのために、イエス・キリストをつかわされたという事です。その「善き知らせ」(福音という言葉を平たく訳しなおせばこうなります)を受け入れて、キリストを信じる者は、キリストの死に合わせられて古き我に死に、キリストの復活に合わせられて新しき永遠の生命に生きるという事です。(ローマ人への手紙六・3~11)
(1975.10.26「集会だより」より)
 
 
更に大いなる福音
 
 キリストの福音は、前節までに述べたような「死と新生」にとどまりません。
「見よ、わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます」(マタイ二八20)
「もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受ける。聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます」(使徒一・5、8)
 などと聖書にあるように、キリストが常に共にいまし給うこと、聖霊による能力の賦与等、福音は私どもの人生を一変せしめる大革命路線なのであります。
(1975.10.26「集会だより」より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-06-06 15:11 | 日岡だより