<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.641 喜びおどれ 2014.4.27

喜びおどれ
 【先週の聖書講義】(一九七五・九・七)

◇この日の礼拝は、讃美歌七番のあと、すぐ献金。――そこで献金についての学び。マラキ書三・10。ルカ二一・4。ローマ一二・1。そしてヘブル一三・15。礼拝は、まず「ささげる」事にはじまる。与えられることのみを願って礼拝に出ても、得る処は少い。
◇この日のみことば
 マタイ五・10~13、Ⅰコリント一・10~二・5、Ⅱコリント一・9、10、ガラテヤ二・19~三・3
◇南洋の孤島でハンセン氏病者たちの為に殉じたダミエン。ああいう人々の聖なる生涯。それはおのが生命を消費して燃えさかり、燃えつきた勇ましい人生である。
◇大統領暗殺未遂、あるいは神奈川や東宮御所の爆破事件等の犯人たちの激しい生きざまにまなべ。御言葉の弾丸をもって要人をおそえ。要所要所に御霊の爆弾を装置せよ。ぼくらは福音ゲバルト、福音ゲリラたれ。
◇義のため、主のために責められる人は、喜びおどれ。かくイエスが仰せられる時、そのように義のため主のために責められる弟子らには即座に(責められるそれ自体の中に)喜び喜ぶ報いがある事を示している。ここでいう報いとは、遠い将来に与えられる退職金や報賞金でなく、日々支払われる日当式賃金の意味がつよい。
◇キリスト者の生は、この世では十字架の生である。宮本武蔵がほめたという細川家のある家来のごとく、つねに死の座にすわっている体の生である。
◇パウロはエペソ伝道で、心の中で死を覚悟し、自分をたのみとせず、神をのみたのみとするに至った。これはコリント伝道の初期に十字架のキリストのみを思いつづけたというのと同じ心境であろう。
◇パウロが苦しく恐れ戦ったコリント伝道初期において、キリストの十字架のみを思ったのは、起死回生のキリストの生命を信じたのであるし、又、彼自身キリストの十字架に投げ身して死ぬ覚悟でいたという事でもある。
◇パウロは伝道にあたり(特に初心の人々に対する時)十字架のキリスト以外は語らなかったという。智恵の言葉を用いず十字架の言葉を用いたという。「十字架の言葉」という時、二つないし三つの意味が重なっているように思う。
◇それは十字架についての言葉であるが、又十字架されたる言葉でもある。神の言(キリスト)は、人間言語としての福音の中に埋没され、且つ人の思いにより十字架され、無力にされている。神の霊火によってあがないだされるまでは、全くかくされている。
◇この言葉を智恵をもって語っても人には愚かなものとして到底受け入れられない。しかし、思いがけぬ時に、思いがけぬ人に、神によって人の心にサク烈する。ゆえに、われわれは「宣教の愚」というラディカルな福音の時限爆弾の犯行(?)に帰るのである。
◇キリストの十字架には、ある同時性、即一性がある。二千年前のキリストの十字架は、現在の私の十字架であり、私の死である。又、私が主を信じて「自分の」十字架を負う時、それはキリストの十字架であって、私を「救う」。
◇キリストこそ私の死の燭台である。私の光の燭台である。私のイノチを消耗し、燃焼し、燃えさかり、まことに喜びおどるごとく燃えさかって主の栄光を謳歌する、それが、主にあがなわれたものの生ではないか。
◇札幌オリンピックで活躍したジャネット・リンさんの「愛と平和を」というよい本が出ています。若い人達のために是非買ってあげて下さい。あの全世界の見守る中で、彼女が突然リンク上に転倒して尻もちついた。しかし彼女は実に平安の中にニコリとして立ち上がってすべりつづけた。彼女はあの転倒のおかげで成績は三等になってしまったけれど、人気は第一位。そして多分創造的芸術性という点では誰しも第一位であると認めた事であろう。人の栄誉と神の栄誉とはことなるという事をこれ程示した事件もない。正しく失敗と栄誉失墜の中に、真の勝利と喜びはあるのである。
    (1975.9.14「集会だより」より)
※1975.9.14~10.26の間、「集会だより」というタイトルの週報が発行されています。
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-04-30 23:33 | 日岡だより

No.640 只恩寵 (3) ―― 七五夏 別府聖会の記 ―― 2014.4.20

只恩寵 (3)
  ―― 七五夏 別府聖会の記 ――

 こうなると、説教者の“説教”という言語活動はすべて、ほとんど無価値でして、その背後に働く、神の力のみが活躍いたします。会衆の一人一人が、魂ひらかれ、心境を突破し、新しいことを教えられるのはすべてあの喧騒な祈祷の時、神とのプライベイトな交わりの中で与えられるのであります。
 祈れない、祈れないと苦しんでいた人が、四十分祈り通してもまだ祈り足らないのでした。涙を滂沱と流して祈るさまは実に神々しい程です。気の弱い婦人が明るくたのしい声に大変化して、いかに自然の風光がきれいに目に写りはじめたかを語ってくれました。信仰の弱さをなげいていた人が、その弱さのままで主を信じることの秘訣をつかみました。二人の女声の霊唱は特にきれいでしたが、残念ながらマイクの関係でテープには余りよく入っていません。(しかし、このたびの聖会ではすべての人が、喉を笛のごとく、ラッパのごとくなして自由放唱する喜びを体験された事と信じます。これにコトバが加わり、“霊吟”するようにこれより進歩されることでしょう。)
 私はかねがね、ビリー・グラハム流の決断信仰をきらうものですから、二女のせつこは大変困っていまして、伝道集会などで音楽の伴奏でもあっておごそかに又うましく招きの声がよせられると思わず立って恵みの座に進み出たい。私もそばからちょっとでも肩をつつけば、ツッーと前に出て行くだろうと思いつつも、そういう人為的入信経路を排して、何とかして主ご自身のご手配による回心を待っていたのでした。本人にしてみれば、「人間の決断じゃダメだ。神さまの促しを待っていろ」と言われた処で、一生待っても与えられるかどうか分らぬ、「恩寵待機の信仰」はじりじりいらいらする訳のわからぬ目標でしょうね。実はここの処、人間の決断と神の恩寵が一つとなる処に秘密があるので、人間の決断は全く不要というのも言い過ぎです。この辺のこと、「信仰を得る為、何かせねばならぬのか、あるいは何もせぬでもいいのかと迷ってきたが、そんな迷いはどうでもよくなった。ただイエス様に委ねるという気持になった」とせつこは言っています。そして十七日の礼拝の時、泣いても泣いてもとまらぬ「聖なる感動」をうけるわけです。(イグナチウス・ロヨラの日記によく「祈って涙す」とありますが、ロヨラはこの嬉し涙にも悲しい涙にもあらず、聖なる涙にしばしば泣いたらしくあります。)
 私自身も、全く不調と弱さのどん底で、主にのみより頼んで、人間の力によらず、主の臨在によって栄光を拝すという、“只恩寵”という秘儀を学ばせられたことでした。(一九七五・八・二〇)
                                                  釘 宮
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-04-23 23:13 | 日岡だより

No.639 只恩寵 (2)―― 七五夏 別府聖会の記 ――  2014.4.13

只恩寵 (2)
  ―― 七五夏 別府聖会の記 ――
 
 午後しばし皆さんの感話。体が疲れたという人や、祈れずに困るという人や、哀れな発表もあって、私は内心主に切に祈る。「誰かつまづきて我燃えざらんや!」。
 午後三時より五時まで、最終講義。「イエスは主なり」―――ペテロのキリスト告白、トマスのキリスト告白、そしてパウロの言う聖霊によるキリスト告白のこの三段階を考える。そして、このキリスト信仰なくば凡ては無であると語る。しかし、肝要な事はこの言葉による講義なのではない。そのあと四十分にわたる祈祷の中に、主は最後の爆発的干渉を為したもうたのです。それはあたかも、それまで満を持して待っていたダムの水がセキをきって溢れ出たみたいでした。とうとうたる生命の水の流れにみんな溺れ酔いしれたのです。
 午後五時閉会、一同そろって食事して散会。その時中野兄の言葉を借りれば、恰も山上の変容のイエスの許にあったペテロ、ヨハネ、ヤコブたちが、山より平地に下ってくる時の気持がかくあったろうという。ツァラトゥストラが山を下る時、彼の歩みは舞踏者のようであったとニーチェは書くが、そのような此の世ならぬ心の状況だったのでした。高崎山の森の美しさに、絵心があれば絵にかきたい程だとある人は言ったが、そういうウブな感情がめばえていたのです。
 
 さて、一応全プログラムを録音しましたが、
1、 口と体による讃美礼拝
2、 アモス書講義「終戦記念日によせて」
3、 くつろぎ心法(瞑想入門の為の自己暗示)
4、 最終講義「イエスは主なり」
 右四本のみテープを保存します。ご希望の方はお申し込みください。(貸出し無料。お入用の方には実費でお頒ちします。)
 
 尚、(4)最終講義「イエスは主なり」のテープを、あるグループに送りましたが、その時に添付した手紙を左記にかかげます。
 
 主の御名を讃美いたします。
 このたびに別府聖会の最終講義のテープを送ります。帰ってからすぐお送りしてもよかったのですが、このテープこの儘送っていいかしらと、ちょっと迷ったのです。それで四、五日手許にしまい込んでいたわけです。
 複製する際、モニター・スピーカーで聞いてみますと、右の私の迷いは決して杞憂ではないと思いました。特に前半六〇分、私の講義には無駄な話が多く、肉の耳で聞くのでしたら聞くに耐えぬ長談義かもしれません。しかし、今回の聖会について誰かが言ったように、しらけて、だらけて、苦しくてたまらなかった第一日も、素晴らしかった第二日も、みんな主の御手の中にあるのであって“凡ては善かった”のだというように、この前半六十分がなければ後半六十分もないのでしょう。霊的雰囲気はなかなかテープのような器械的メカニズムの中には収まりきれませんので、特に後半四十分の祈祷と霊唱の素晴らしさは、耳だけで聞けば単に喧騒そのものとしか受け取れぬのではないかと案じています。にもかかわらず、批評心ではなく、愛と祈りをもって聞いて下されば必ず、あるものがつかめるだろう、そう思ってこのテープの公開にふみ切ることにしました。(つづく)
 
 ※次回まで続きます。
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-04-17 09:49 | 日岡だより

No.638 只恩寵(1)―― 七五夏 別府聖会の記 ―― 2014.4.6

只恩寵(1)
  ―― 七五夏 別府聖会の記 ――
 
 「主は恵みふかく
  そのいつくしみはとこしえに絶える
  ことがない。」(歴代志下七・三)
 
 ソロモンの神殿に、主の栄光が下ったとき、イスラエルの人々はみな地にひれ伏して拝し、右のように主に感謝したのであります。このたびの、<一九七五年夏季別府聖会>についても、往時のソロモンやイスラエルの人々に負けず劣らず、主に感謝し且つその御名を讃美したく存じます。
 聖会は八月十四、十五の両日を利用しました。お盆のさなかでありますから、家庭の事情で参加できない方も多く、少ない人数はいやが上にも少なくなっていくわけです。これは押し迫って、急に計画を打ち出した私にも責任があります。しかし、このプランを私の胸中に示された<元おこし>は神様でありますから、私は最初から安んじていました。けれども、サタンは巧妙です。この私の平安をうち崩そうと、やっきとなって働くのでした。この聖会のもよおされる週、つまり月曜日の十一日から、一切の雑事を放棄し、断食祈祷して準備にあたる予定でした。処が、当日になってみると、実にイヤになるほど俗用が降ったり湧いたりして十三日の午前中まで心身ともに落ちつけませんでした。そして、やっと集会室にとじこもって準備にとりかかろうとしたトタン、頭痛と悪寒におそわれました。夕食も食べる気分せず、とうとう夜もウトウトしたまま、何も出来ずにすごしました。明けて十四日は、聖会当日です。会場に出発しようと思って、下着をきかえようとする時、下半身の股のあたりに腫物のできているのが分りました。すっかり膿んでいて、淋巴腺も痛みます。悪寒の元兇はこれだったかもしれません。
 会場に来て、いざとなってみると、いかにも人数の少ないのだということが、実感をもって迫ってきました。しかも、非常に霊的空気の密度が稀薄で、これはどうなる事かと心配しました。
 出席は、吉田兄、中野兄、原兄、釘宮(え)兄(14日夕より)、木南姉、釘宮(ト)姉(15日午前より)、石橋姉(15日午前)、中野(高)姉、原姉(14日午後)、阿部姉、川上姉(14日夕より)、釘宮(せ)姉。
 第一日目は、開会説教、感話、さんび(唱)、夜は七時より十一時まで四時間ぶっ通しでしたから、みんなグロッキーだったようです。その頃になると、私はもうすっかり体調は回復していました。
 第二日、早天祈祷会は、私のメッセージが長すぎて、祈祷会にならぬまま、朝食。九時より<口と体でする讃美礼拝>―――分かりやすく言えば、歌と踊りでする祈りという事になろうか。しかも、その歌と踊りは全くの内発的自由表現なのです。喉を一個のラッパか笛の如くなして自在に神をさんびする霊唱に殆ど全員がとけ込めていたようです。その後、<くつろぎ心法>の練習。つづいて、終戦記念日の為の説教、アモス書による内村鑑三風愛国説教(!)です。(つづく)
 
 日岡だよりNo.459(2010.10.24)からNo.473(2011.1.30)まで、「過去の週報より」という連載で、1971年から1975年にかけての文章を載せました。その後、戦前より始まりいろいろな時代の小冊子形式の文章を順不同で掲載してきました。
 実は、週報のような定期的な発行物は1972年頃に途切れていて、その後「大分通信」や「神の息よ吹け」などの不定期な冊子が出されていました。
 1975年の夏の別府聖会を境に、「週報」が再開され、後の「キリストの福音」に近くなります。
 「日岡だより」では、まず、1975年「別府聖会の記」を掲載したあと、「過去の週報より」の連載に戻ることにし、1975年より時系列にしたがって釘宮義人牧師の文章を掲載していきます。(S)

[PR]
by hioka-wahaha | 2014-04-09 21:57 | 日岡だより