<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

No.637 死を考え生を考える(10)枯れ木に花が咲く 2014.3.30

死を考え生を考える(10)

枯れ木に花が咲く

 私は信仰による治療(つまり神癒)を信じている。私はその点、超保守派。聖書に書いてあるとおりに信じる。だからといって、この肉体人間が死ぬことはないなどとは言わない。万人すべて一度は死ぬと、聖書にもはっきり明記してある。死をまっとうに認めて、それを受けとめることこそ、古来の覚者たちの姿であった。
 良寛和尚はある人への手紙で言っている。「病気をするときは病気をするがよろしく、死ぬときは死ぬがよろしく候」。自然随順ということである。
 神さまの意志、あるいは天地の法則に逆らうことなく、花が咲いても雪が降っても、地震がおこっても台風がきても、人生に何が起ころうとあわてない。恐れない。あるがままに受けとめて最善をつくしつつ、死ぬときは死ぬ。こういう人物には運命も味方する。聖書では運命とは言わない。神様の摂理だと考える。神様の深淵(えん)な思慮と計画は人間の思惑を超えて不思議な運命を織りなしてくれるものである。
 この点では最近、芹沢光治良の「神の微笑」という本を読んで、たいへんおもしろかった。天地創造の目に見えない神様が、いかに実在的で総合的叡智(えいち)に富んでおられるか、それを実証的に名文をつづってくれるから楽しい。もっとも、まじめなキリスト教徒だったら腹を立てそうなアニミズム的なところもある。
 さて閑話休題。快にして老たけき作家、宇野千代さんのお父さんは、放蕩(とう)無頼、半狂人のような人。この人に千代さんは育てられた。無理、難題、残酷なこと、どんなことでも理屈なしに命令するお父さんに、千代さんは主君に伺候する侍のように忠実に従ったらしい。そんな経験が、宇野さんのその後の人生で、どんなことでも苦しいとは思わず、楽しいこと、愉快なことと思う習慣をつくったのだと、お千代さんは述懐している。いわば、いじめ尽くされた少女時代と言えるが、そう思わないで感謝しているところ、さすが彼女です。
 これはすばらしい教訓。あなたの人生にいかなる困難、無理難題がやってこようとも人をうらまず、あなたがもし神様を信ずるなら神様をもうらまず、この宇野千代さんのように「ハイ」と従えるなら、あなたは最大の幸福の秘訣(けつ)を握ったことになる。
 仏教的な方々におすすめする。こう考えるのも良い。あなたに不幸、不運、逆境がやってくる。それがなんの因果か、因縁からか分からぬが、とにかくこの病気、貧乏、不和、不運、すべてありのままお受けする。結果を徹底的に受けいれてしまうとき、原因の因縁はなくなってしまう。キリスト教では言わないことだが、「因縁切り、因縁切り」と、よく言う。木の臼に火をつければ、木と火という関係の因縁と因果で臼は燃えあがってしまって、因縁は切れる。そして灰が残る。その灰を枯れ木にまけば花が咲くという、新しいよい因縁が生じる。花咲か爺の物語である。花咲か爺こそ、日本の“積極思考”創始者である。
 聖書は言う。「生るるに時があり、死ぬるに時があり、…」(旧約聖書・伝道の書)。生死の時は神の手の中にある。私はそれに「ハイ」と言って、随順しよう。(終り)
(1988.10.6~19大分合同新聞で連載。全10回)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-03-30 23:09 | 日岡だより

No.636 死を考え生を考える(9)手厚い看護を 2013.3.23 

死を考え生を考える(9)

手厚い看護を 

 それがどれほど凶悪な犯罪者であったとしても、死刑囚にはちゃんと教かい師がいる。彼が求めさえすればいつでも教かい師はわざわざやって来て、一対一で相談にのってくれ、助言もしてくれる。最後の場に臨むときも、宮沢賢治の「雨にも負けず」の一節ではないが「心配するな」と言い、いわざ引導もしてくれる。
 ところが病人が死を恐れ、自分が死んだらどうなるのか、死後の家族や財産や会社や、そして自分自身の行方を案じているとき、だれも相手になってくれない。死刑囚に教かい師がいるのに、死が近い病人に相談相手がいない。こんな不幸なことがあろうか。
 ある病院で、もう余命もいくばくもあるまいと思われる一人の中小企業の社長さんが「業務の引き継ぎをしたい」という。息子さんが専務なので、「専務さんをここに呼んできて、ここで引き継ぎをしましょう」というと「いいや、会社がいい」という。主治医も困ったが、そのとき老練な婦長さんの進言を入れて、思いきってその患者さんを会社に帰らせた。
 その社長さんは早速、社長室に入って息子の専務ほか幹部の社員たちを集めた。そして幹部たちの前で、経営業務を息子さんに引き継ぐ“儀式”をすませ、社員一同に対する感謝と訓示をした。その時から、「社長が死んだらどうなるのか」と沈滞気味だった社内の空気は一変したという。
 さて彼は病院に帰って、「先生、無理を言ってすみませんでした。しかし最後の仕事ができて、思い残すことはありません」と言った。それからの彼の療養態度は急に明るくなり、付きそう奥さんまで明るくなったそうだ。
 病者が死に近づくとき、医師よりも看護婦さんの必要のほうが大きくなるように思う。看護婦さんは医師より一段低いアシスタントのように思っている人たちがいる。これは大いにあやまっているけれども、臨死の状態になったときはなおさらのことである。患者のふだんのようすや、家庭の事情などには、たいてい看護婦さんのほうがくわしい。患者の気分をやわらげ、なぐさめ、いざというとき親類はだれを呼ぶと患者が喜ぶのか、そんなことを知っているのも看護婦さんたちであることのほうが多い。
 ある人は言う。人が生まれるときには助産婦さんが介助する。それならどうして人が死ぬとき、彼を介助する助死婦さんはいないのか、と。
 死を近く感じる人はたいてい心がさびしい。見てくれる人、聞いてくれる人、さわってくれる人、話しかけてくれる人、分かってくれる人がほしい。ところが、腕には点滴の管、口には輸液の管、看護婦さんの手には冷たい医療機器。やむを得ないこととは思うけれど、患者の心は満たされないのである。
 ホスピタル(病院)という言葉の語源は「手厚いもてなし」という言葉からくる。病気をいやす治療ももちろん大事だが、それ以上に忘れてならぬのは手厚い看護である。心のこもった手厚い看護である。
(1988.10.6~19大分合同新聞で連載。全10回)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-03-27 10:02 | 日岡だより

No.635 死を考え生を考える(8)赦(ゆる)される必要 2014.3.16

死を考え生を考える(8)

赦(ゆる)される必要 

 ボケの医者で知られている(ご当人がボケているわけではない)早川一光さんが書いている。早川さんの診療エリアは京都の西陣だが、そこにずっと住みつづけている婆さんたちにはイケズが多い。そのイケズ婆さんの一人の臨終に居合わせたことがある。そのお婆さん、しきりにまくら元を手さぐりする。貯金通帳を握って死んでいくという例がよくある。だからまくらの下の貯金通帳でも捜すのかなと思ったが、そうでもないらしい。娘さんを捜しているのかと思って、その娘さんが手を出したら、イヤイヤをする。おや、と思ってその家の嫁さんがそっと手を出した。すると、しっかりと手を握って、「世話になったな。すまん」。
 あんなに仲の悪かったはずの嫁の手を握って、イケズな婆さんのその一言。お嫁さんは思わず、死にかけているお婆さんの肩を抱いて「お母さん」と言った。その声を聞いたとたん、「はっ」とそのお婆さん、こときれました、と早川さんは書いている。平素は「あんたの世話だけにはなりません」と言っていたこのお婆さん、実は「仲直りしたい。うらみっこなしで死んで行きたい。イケズだった自分を赦(ゆる)してほしい」と言外の言葉を発しているのです。
 死を間近にするとき病者の心は揺れる。その原因の一つは悔恨である。キリスト教的にいえば罪意識だ。忘れていた昔の悪事、不義理、過失。隠してきた不始末や恥辱、それらを次々と思い出しては自ら責める。そしてこの病気は、そうした罪、過失のバチなのではないかと惑う。そこで罪ほろぼしの寄付や献金をこころみるが、少しも心の重荷は晴れないということになる。
 こうした患者にすすめるのは、“赦し”の体験である。申しわけないと思う相手を招いてわびを言い、赦しを乞(こ)うのである。多少恥ずかしくて、先ほどの西陣の老婆のように遠まわしにわびを言う人もある、それもよい。そうすれば、平安をもって死を迎えられるであろう。問題のケースが異常で、あるいは相手の方がすでになくなっていて、わびを言えないことがある。そんな時は、「神様に向かっておわびしなさい」と、すすめている。
 また、甘い解決法のようだが、当人がたいへん強情なタイプで、どうしても悔恨の対象にわびを言えない時でさえ「神様にだけは、あやまりなさい」と、すすめるがよい。不十分だが、何もしないよりはずっとよい。(牧師として、もっと書きたいことがあるが、省略する。また、他宗教のかたがたにも、それ相応の似た対処があるだろう、とおもう)。
 人間はしばしば過去を背負って悔やみ、その悔恨で未来を不安におもう。未来は人間には見えないが、過去の罪意識や悔恨の対象について“赦された”という平安を得るとき、未来はけっして不安や恐怖にはならない。かえって希望をわかせてくれる。特に死という未来に対して。
(1988.10.6~19大分合同新聞で連載。全10回)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-03-19 21:58 | 日岡だより

No.634 死を考え生を考える(7)生命飛躍の好機 2014.3.9

死を考え生を考える(7)

生命飛躍の好機

 かつての悪名高き戸塚宏氏が「脳幹」を論じている。脳幹は人間の脳のなかで最も本能的な脳である。この脳幹をきたえて精神の基礎訓練をしなければダメな子に育つ。その基礎訓練としては肉体的に危機感を与えるのが一番よいというのが、もちろん“教育的適切さをもって”とつけ加えるだろうが、例のヨットスクールの指導概念らしいのだ。なるほど一理あると、私は思った。
 この八月、がん患者の人たち一行でモンブラン登山を決行した「生きがい療法」の皆さんのなかの一人、椚(くぬぎ)さんの書いたものを読んだ。それによると、同山上で天候は急変し猛吹雪や雷に遭い、厳寒のなかで大変だったようだ。最後にはクレバスに片足が腰まで落ちこむというアクシデントがおこって死の寸前までいった。そうした健康人も及ばぬきびしい登山をすませ、日本に帰ってきてから驚くほど元気になった。なによりも「がん」という言葉を聞いても全然動揺しなくなった。以前はがんと聞いただけで拒否反応がおこっていたのだが。などという記事を読んで、私は前述の戸塚氏の説を思い出さざるを得なかったのである。モンブラン山上で椚さんの脳幹は極度の刺激を受けたのに違いない。
 国立千葉病院の医師であった西川喜作氏は二年七カ月にわたるがんとに闘いの末、一九八一年に世を去った。この西川医師に関するものを読むとき宗教家として非常に深い関心を寄せることがある。同医師が自らの病状を同僚の医師より聞いて死の近いことを確認しつつ病院の玄関を出るとき、そこにある植木や花々が言いようもなく光り輝いて見えた、というくだりである。
 インドの詩人タゴールが宗教的回心をした時、遠くにつらなるヒマラヤの山々が光を放って見えたという。神秘体験の一つである。内村鑑三にこんな歌がある。「あるものの胸に宿りしその日より輝きわたる天地(あめつち)の色」、同じ経験である。私の父はそれをきたない納屋の中で体験した。その納屋が王宮のように黄金色に輝いたという。
 宗教体験の一つとして、こうした生命飛躍体験とも呼んでみたい境地があるものだ。他の例の一つ。禅僧白隠は越後高田の道で夕刻の鐘の音を聞いてこつ然と悟った。彼はいきなり荷物をほうり出し、欣喜雀躍(きんきじゃくやく)手の舞い足の踏む所を知らないという風であった。しかし白隠は光輝現象は見なかったようだ。
 さてモンブランの椚氏や西川医師は死を身近にひかえたとき、宗教とは一応関係なしに、このような一種の飛躍体験をした。これは異常心理学の問題であるのみでない、私たち宗教家から見れば、死というような極限状況において一般の人々もしばしば高度の存在感、充実感、価値感を味わい得たということに興味をいだくのである。
 ともあれ、死を間近にした末期的症状の方々には、このような信仰的人生最大の好機が訪れているのだということに関心を持っていただきたいのである。
(1988.10.6~19大分合同新聞で連載。全10回)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-03-13 01:18 | 日岡だより

No.633 死を考え生を考える(6)やごは死なない 2014.3.2

死を考え生を考える(6)

やごは死なない 

 死に直面したご本人のなまなましい文章が本になったのは東大教授の岸本英夫の「死を見つめる心」が初めてであったとおもう。今も、みずみずしく私たちに語りかけてくれる画期的な本である。その初版は昭和三十九年に出た。
 次に出た衝撃的な本はキュープラー・ロスの「死ぬ瞬間」である。日本における初版は昭和四十六年である。こうした良書は生まれるべくして生まれた時代の書でもあった。そうして、死を考えるまじめな風潮はしだいに日本にひろまってきたようにおもう。
 さてこのキュープラー・ロスだが、彼女はまだ若い時、あの悪名高きドイツのアウシュビッツの強制労働所を見学したそうである。そこで彼女は死んで行った子どもたちが壁に描き残したチョウの絵を見た。その時から彼女は死に行く人々に対して敬謙な興味を抱き始めたもののようである。
 彼女がそのことを確か昨年だった、NHKのテレビで語った。正確には忘れたが、大体こんなことだったと思う。彼女は言う。チョウの絵は子どもたちのメッセージである。チョウこそは、再生を願い、復活を信じ、来世に飛躍しようとする彼らの、私たちへのメッセージである、と。
 トンボもチョウに似ている。幼虫(やご)から成虫に脱皮する。やごが脱皮する現場に居合わせた人がいる。やごは脱皮しようとして全身を震わせ苦もんしている。あまりにかわいそうで、その人はそとの皮をナイフで切ってやった。しかしそれは誤った同情であった。やごはついに空中に飛び出すこともできず、死んでしまったという。
 やごは全身に力を込めて古い皮を破って出る。その際、羽のすみずみまで血液が行き渡って強い羽になり、空中に元気よく飛び出して行くのである。先ほどのように無知からくる誤った親切は、生まれかけたトンボの羽をグニャグニャにしたまま飛び立たせることができず、かえって殺してしまうのである。
 さて、やごは幼虫時代の殻を脱ぐとき彼自身は、ああもう死ぬんだと思うことであろう。しかし、あの苦もんのすえ、死んだとおもった瞬間、彼は新しい命に飛躍するのである。
 新しい次元の生命に飛躍すること、それこそが「死」の本当の意味ではないか。やごは脱ぎ捨てた殻に執着は残さない。青空に自由に歓喜して飛んでいる。しかし、時々なつかしげに、かつての棲(す)み処(か)、水辺に帰る。私たちの別れた人たち、死に行きし人々も、時おりこの地上をなつかしんで帰り来ることもあるであろうか。
(1988.10.6~19大分合同新聞で連載。全10回)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-03-05 15:26 | 日岡だより