<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.632 死を考え生を考える(5)死後の意識 2014.2.23

死を考え生を考える(5)

死後の意識

 数年前、大分市の明野のカトリック教会にヨキエルという神父さんがいらっした。その方から聞いたことだが、ヨキエル神父のお国はポーランドである。さてそのポーランドの田舎での話だが、今でも多分そうだろうと思う、だれかが死ぬと、教区の神父さんがそのベッドのそばに行く。そして死者の耳を両手で開いて、その耳もとで大きな声でどなるのだそうだ。
 「おおい、お前さん、天国に行くんだぞォ」
 これをバカバカしいと笑ってはいけない。死んでいるはずの、その信者さんがチャンと神父さんの声を聞いている可能性は十分にあるのである。
 医師の所見ではすでに意識を失い何の反応もなくなったという患者(いや死人)のしばで、その人の遺産をめぐって兄弟たちが口ぎたなく争い始めた。その口論をみんな聞いていた当の死人が、後で意識を持ち直してプンプン怒って兄弟たちを寄せつけなくなった、などという実例がよくあるらしい(立花隆氏「脳死」参照)。
 死にひんした時、聴力が一番最後まで残る。聞こえているという反応は示し得ないときにも、しばしば聞いているものだという。まして心霊学上の実例になると山ほどある。自分の死体のそばに立っていて遺族たちが悲しんだり、看護婦さんたちが死体処理をしているのをみんな見ていた、などという。
 こういう死んだ人に向かって、初めに紹介したポーランドの神父さんのように、「おおい、天国に行くんだぞォ」と道案内するのは宗教家として、大いに推奨していいことだと思う。仏教には「引導」という言葉さえあるが、「なるほど、引いて導くのか」と私は気がついて、ここ数年来、死に行く人々への「天国行き」の伝道を始めたのである。
 私たち牧師から見れば異教であるので立場上問題は十分あるのであるが、私は実はこの間の実技を「チベットの死者の書」に学んだのである。その本を読んだのはもう三十年も前のことであったが、その記憶がよみがえって来て、ポーランドの田舎の神父さんのなさったことと結びついたのである。
 だから、宗教家でない一般の方々であっても、患者の意識がすでに無い、医師は「ご臨終でございます」といったあとからでも、その患者(もしくは死者)のためにやさしく愛と平和の言葉、見送りの言葉、再会を期待する言葉を話しかけてはいかがなものだろう。ただただ号泣するだけでは、死んだ人は不愉快ではないにしても、実は当惑しているのではないかと思うのである。自分が一度も行ったことのない死の道をよくも大胆に教えられますね、と疑問に思う人もあろう。その答えはまた別の機会に申し上げたい。
(1988.10.6~19大分合同新聞で連載。全10回)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-02-26 15:19 | 日岡だより

No.631 死を考え生を考える(4)死の受容 2014.2.16

死を考え生を考える(4)

死の受容

 せんだって、日本キリスト教団大分教会がその創立百周年記念を祝して聖路加看護大学学長の日野原重明先生を招いて講習会を開いてくださった。
 そのとき、日野原先生は私たちに慰め深いことを語ってくれた。それは人は死ぬとき、それほど苦しいものではない、というのである。先生は千人以上の臨終を看(み)取った方である。その観察の結果、そうおっしゃるのだから、ホッとする。多分、はた目には悲惨なほど苦しく見える病状であっても、本人の意識にはそれほどのものではないのであろう。
 私は数年前、日曜の礼拝で説教を終わった直後、心筋梗塞(こうそく)に見舞われた。礼拝室は全員が熱心な祈祷(きとう)中の事とて私のことには全然気づかない。私は這(は)って講壇の背後の和室に入り、そこに倒れ込んでいたのである。症状はくわしくは忘れているが胸や首や背など丸太で打たれたように痛んだ。心筋梗塞だな、と自分でも分かった。
 そして、その時、肉体の痛さと死への恐怖は全く別のものだと分かった。肉体の痛さはたしかにきついのだが、そのときの私には死の恐怖少しも湧(わ)かなかった。そうしたことはある程度、ふだんから予期はしてはいたが、実際その事態に直面してみてなるほどと思った。心臓の病気の特質だろうか、意識は平常よりかえって冷静で敏感なくらいである。それだけに死について思いめぐらす精神機能も敏感なはずと思うのだが、一向にうろたえないでいる。このまま天に召されても感謝という心が泉のように湧いたものである。
 これは私が誇るために書いているのではない。いや、前々回の「永遠の生命」のタイトルで書いたような熱情的信仰があれば、死の関門を迎えて欣喜雀躍(きんきじゃくやく)、喜び勇んで、「イエス様バンザイ」と叫んでもいいはずだが、それほどではなかった。この世にこれでお別れかと思うとしみじみ寂しかったのを覚えている。恥ずかしくも正直な告白である。
 このような宗教的平静さや、あるいは歓喜をもってでなくても、実際に死に直面するとき案外人は死を受け入れる力があるものである、ということを実際、他のさまざまな記録が実証している。(牧師としては残念な言い草だが、単に平静に死を迎えるためだけなら信仰がなくても可能である。私が臨死の病者の所に行ってキリスト教の話をせずに、平安に死を迎えるようカウンセリングすることは往々のことである)。
 もっとも、そのためには少々時間が欲しい。先日十月二日、大分カトリック教会にて記念講演された上智大学のデーケン教授の提唱する「死の教育」の必要なゆえんである。特別な人を除いて愛をもってやさしくゆっくり導いて行くなら、それぞれその人なりに自分の死を迎えることができるものである。そのためにも、死の近い病者の方に対しては、よく準備され思慮に満ちた「告知」が必要であると痛感する。
(1988.10.6~19大分合同新聞で連載。全10回)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-02-19 15:51 | 日岡だより

No.630 死を考え生を考える(3)死後の生 2014.2.9

死を考え生を考える(3)

死後の生

 私が四、五歳のころだったとおもう。お寺の庭で遊んでいて、石段を踏みはずしてころんだ。顔に擦り傷を作って泣いた。その時、おもった。これから先、ずっと生きて、大人になってもずっと生きるわけだが、こんな痛い目になんべん遭うのだろう。ああ、イヤーだな。死んだほうがいいな、と。
 次の瞬間、別の思いが幼い私の脳裏をよぎった。一ぺん死んでも、きっとまた生まれ変わってくるに違いない。あちこちで生まれてくる赤ちゃんはみんなそのようにして死んだ人が、また生まれてきているに違いないんだ、きっと。だから今、死んでももう一ぺん今までの分を繰り返すだけ損だ、死ぬのはやめとこう。こう考えたのである。
 私の両親だちはクリスチャンで、生まれ変わりの輪廻(りんね)思想は持っていなかったと思うので、こうした考えがどこからきたのかいまだに不思議に思っている。私が宗教的に異常に早熟なのか、だれでもこうあるのか、だれかに聞いてみたいと思うことがある。聖書にも生まれ変わりの思想が一、二、おぼろげに出ていないとは言えない。(幼い時に自分はだれそれの生まれ変わりであると自覚している人が時々いる、という。多くは否定されて忘れてしまい、あるいは精神病扱いされて一生をだいなしにしてしまう、ということである)
 大楠(だいなん)公、などと言っても今の人は分かるのだろうか。南朝に従った楠木正成のことだ。この方が足利尊氏との戦いに臨んで死を覚悟したとき、七度生まれかわって朝廷に忠節尽くすと言った。「七生報告」のいわれだが、これを戦前の小学校で先生が教えた。「なぁ、大楠公の精神は明治維新の時や、今度の大戦で、日本人のみんなに生きかえっているんじゃ」。……しかし、これは意味のすり替えである。
 楠木正成は本当に自分は生き返ると信じていたに違いない。吉田松蔭は死罪で首をはねられる時、「身はたとい武蔵の野辺に朽つるとも留めおかまし大和魂」と歌った。彼も死後の生を言葉どおりに信じていた、と私は思う。
 実はほとんどすべての人が死後の生を信じている。知性(アタマ)で否定するけれども、意識の奥底では信じている。「私が死んだら写真はあれをかざってくれ」など老婆が若い時の写真をもちだす。政治家や作家などはあきらかに死後の名誉を考えて履歴などを取りつくろって用意したりする。「死んだらゴミになる」と言った人がいる。この方も十分に死後のことを考えて仕事のけじめや生活の調整をつけ、りっぱな遺稿を書いて死んだ。死後、恥ずかしい思いをしたくない。こう思っている人が、ほとんどだと思う。みんな、心の最深部で死後の生(意識)を信じているのだ。
(1988.10.6~19大分合同新聞で連載。全10回)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-02-19 15:08 | 日岡だより

No.629 死を考え生を考える(2)永遠の生命 2014.2.2

死を考え生を考える(2)

永遠の生命 

 私は生まれた時、「このお子さんは命はむつかしいですね。一万人に一人もたすかりません」と医師に宣告されたそうだ。その難病が熱心な信仰家の父の断食徹夜の祈りで癒され、命が助かったのだと聞かされていた。
 だから私は若い時、今ある自分の人生をオマケのように思い、いつ死んでもよいと思い込んでいるところがあった。
 それと、二十歳前の多感な時に親友のA君が藤村操(年配の人は覚えておられるだろうか。人生不可解なり、と華厳の滝投身自殺した)的な厭(えん)世哲学のすえ、自ら死を選ぶという事件が起こった。これに私は大変な衝撃を受けた。
 私はよく次の小節を口ずさんだ。ペルシャの古い詩編ルバイヤットの一節、「人生、最大の幸福は生まれなかったことである。次に幸福なことは少しでも早く死ぬことである」と。
 二十一歳の時、私は他の事情で自殺をはかる。この事はまた述べる時があろう。その自殺志向の根底にある幾つかの原因のひとつに、こうした当時の私の心情があったと思う。
 しかし、私には二十二歳の秋、転機が来た。その時、瞬時にして永遠の生命が私の中に流れ込んでくるという体験をした。イエスの命が私の中に脈々と生きているという実感である。その時、私が思わず歌った歌、「イエス君の熱き血汐(しお)の今もなお溢るる思い我が身にぞすれ」。
 永遠というのは、時間をヒモにたとえれば、しっぽの無い地平線のかなたまで続くヒモみたいなものを想像しやすい。それもある。しかし宗教感覚でいうと、もっと充実した栄光に満ちた実在感である。生命感に満ち満ちているから、先が気にならない。赤ん坊と同じである。死ぬことなんか、一向に心配せぬ神経である。
 もちろん、赤ん坊でなく大人であるから、理性においては現実を認識している。だから生命保険くらいはかけているだろうし、遺言状も書いて置く。そんなことは普通の人よりしっかりしているかもしれない。死後の献体やアイバンクの登録くらいもしてあるだろう。
 イエス・キリストが「わたしを信じるものは、たとい死んでも生きる。また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない」というのはその事であろう。不死の生命を実感するということが、無知や狂気や自己欺瞞(ぎまん)でなく、事実として起こる。この宗教感覚を特に死に臨んでいる人々に伝えたいと思わざるを得ない。
 
(1988.10.6~19大分合同新聞で連載。全10回)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-02-05 15:17 | 日岡だより