<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

No.619 自分を見くびるな(2) 2013.11.24

旅する手紙 第11号(1961.3.2)
 
自分を見くびるな(2)起筆 61年2月28日

 (前回からのつづき)
 四、五年前この町(私の住んでいる大分市)でも暴力団がはびこって、遂にある学生が何の関係も意味もなく街頭でメッタうちにされてグサリとやられるような事件がおこった。正確なことは忘れたが大体そんな事だった。そういう記事が出ると、マタゾロ私は心配する。もし私の目の前でそういう事件がおこったら私はどうしよう。暴力はとめたしグレン隊はこわし、私は良心と恐怖心の間に進退きわまるだろうと気にやむのである。暴力事件の新聞記事を見ながら、私は神経衰弱をおこしそうなのであった。
 ところが私は、一方ではこんな経験がある。(誰でも似たりよったり同じような経験を持っていようが)。終戦直後、私が駅前で浮浪児たちとあそんでいると、MPの兵隊が駅前の飲食店に入っていった。間もなくキャーッと女の悲鳴がする。あとで聞くとそのMPも悪気(?)ではなかったらしい。前々女の世話を頼むと交番の巡査に話してあった、その巡査がそこの飲食店に何かの用事でノレンをくぐる、ちょうど近くにいたMPに目があい、巡査は何ということもなく日本人らしい謎の微笑をする、そのすぐあとを縁もゆかりもない女性が店に入る。そこでMPは「我がインスタント・ワイフなり!」というわけで威勢よく入りこんで来たわけである。立ちすくんだのは気の毒なポリ公、当の女性はもちろん気の毒などころの話ではない。私はトタンにカーッとしてその店にとび込んで大男のMPのうしろから、下駄でポカポカと叩いた。何やらわめいてふりむくMPと二、三わたり合って、私は勝手知ったる裏口から迷路に逃げる。女も逃げる。うしろでピストルの音がする。あとで思い出してゾーッとした。
 次の日、警察に行って、昨日の駅前事件のことをきくと、
「フテイの日本人を追って、ピストルを撃った、たしかにタマが当たっているから傷をしている筈である。という事ですよ。」
「じゃぼくじゃないですね。ぼくはタマ傷を負っていない」
「あゝ大丈夫大丈夫」
 でな事だった。私は気は弱いし、体はキビンでなく喧嘩は不得手であるが、一瞬妙な時にはとんでもなく向う見ずになるという一例である。
 二、三年前集会している最中に私に反感を持った男が出刃包丁を持って乱入してくる事件があったが、私は別にあわてもしなかったように思う。私の妻もその男に日本刀をつきつけられておどされたことがあるのだが、別に恐れた様子はなく中々アッパレだったが、あとがいけない、あとで考えると恐くて身がすくむという。(つづく)
 
(「旅する手紙」・・・1961年2月から3月にかけて、回覧誌のような形で書いたもの。肉筆の複写版。原文縦書き)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-11-30 23:13 | 日岡だより

No.618 自分を見くびるな(1) 2013.11.17

旅する手紙 第11号(1961.3.2)
 
自分を見くびるな(1)起筆 61年2月28日

         ☆
 ぼくは人のセン気を気に病む方か知らんが妙な事を心配してドキンとすることがある。もう十年程前のことだったかな、大分駅で降りて駅前の広場に来ると、大きな防火用水(戦時中造られたものだろう)があって、そこから中年の男が溺れかけた男の子を救い上げてビショぬれにぬれて上って来るところだった。男の子は、つめかけているヤジ馬にびっくりしてそのままかけて消え去ってしまい、助け主の男はズブぬれの背広のまま気恥ずかしそうにこれまた逃げるように消え去っていく。ヤジ馬は(この私も)声かけるイトマもなく、そこにお巡りさんも新聞記者もいないことに腹立たしく思っているのみであった。
 それはさておき、その時の街の英雄の左手にピカリ光っていた腕時計が私の心を射たのである。
 「あゝオレだったら」と、こう私は思う。「子供が水に落ちたと知った瞬間、服を脱がにゃならん、腕時計を外さにゃならん、とぐずぐず思っている中に、子供を助けることはできんだろうな」と、自分のフガヒなさを苦にやむのである。その時私の持っている腕時計は質流れで買った二、三百円のもの、頃は秋の始めで私はまだシャツ一枚だったのから、これは噴飯ものではないか。
 ところがその時、私が安物の腕時計しか持っていなかったというのは、また背広を着ていなかったというのは、ソモソモ駅頭で知り合ったルンペンが更生するというので何のチューチョもなく服をぬぎ腕時計をやって、「これで金にかえろ」とヤクザの親分よろしく男気を出したおかげなのである、あとで「なんで君はその男を市の社会課に行かせなかったのか」と言われてナルホドとポカンと口をあけて感心した。今の時に至るもその男から礼状のハガキ一本来ない。
 ぼくはもう一人、服をやった男がいる、のちに捨子を拾ってケイサツに行って署長と話している時、署長室の窓からフト見ると、手錠をはめられて刑務所に(拘置所)に押送されて行く彼を発見した。
 「あれはどうしたんです」
 「さあ何ですかな。無銭飲食か何かでしょう」
 勿論私は彼の罪名をもう一つ追加しようとはしはしなかった。今度出たらまた訪ねて来いヨ、但しもう服は無いぞ!と言ってやりたかったが、署長の手前それもはばかった。私はただ目の合図で彼を送ったが、その後彼の消息を私は知らない。
 さて、つまらぬ事を書きすぎたが、私は実は人間というものが自分で卑下する程ケチでも臆病でもないという事を言いたかったのだ。
 (つづく)
 
(「旅する手紙」・・・1961年2月から3月にかけて、回覧誌のような形で書いたもの。肉筆の複写版。原文縦書き)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-11-30 23:11 | 日岡だより

No.617 自分で自分を苦しめる信仰はやめましょうや(3) 2013.11.10

旅する手紙 第3号(1961.3.20)
 
『自分で自分を苦しめる信仰はやめましょうや』くぎみや・よしと

 (つづき その2)
 イエスは生前、大酒のみの大飯食いと嘲笑されています。イエスの生活態度は現今のキリスト教会のと○○○○○○○(←原稿が切れて読めない)違います。
 沈痛な顔をして悪い事しやせぬか人をつまづかせはせぬかとオドオド生きている事は凡そイエスの考えた信仰生活とはまるで逆です。イエスは勇壮活発に堂々と生きられた。人の家のイチヂクの木を勝手に枯らせてすましていた。人の豚を海に二千匹も溺れさせておいてケロリとしていた。人のロバをただ乗りして平気だった。人の家の二階で宴会する事を相談もせずに一人ぎめしているイエスの図々しさ……このイエス像にびっくりしませんか。このくったくのない暢気なイエスを現代人は忘れています。
 神様の「よい子」になろうとするよりは神様に「可愛がられる子」になりなさい。
 神様の聖霊をうけなさい。あなたのうちにこの神の霊が下る時、一切が好転します。その事がおこる前に「ああすべきだ、こうすべきだ」と我と我が身をしばってみても、できる筈もないし、した処でそれは偽善で、更に悪い事です。あなたマジメな顔をしているよりバクチ打ちの方がスナオで朗らかで神様にほめられるかもしれませんよ。
 どうも少し字が荒れて来ましたね、ゴメンナサイ。
 もう大体申し上げたい事は申し上げてしまったらどうぞご遠慮なく。
 ただ、二、三、蛇足的に気づいた事をつけ加えます。
 クリスチャンには謙虚な人が多いのですが、これが多くの間違っています。イエスは謙遜なれといってケンソンの最もいい例に幼児を持ってきました。あの我がままなヤンチャな幼児をみて下さい。あれがケンソンなんです。どうですケンソンな信者さん方とは大分違います。多く人のケンソンとは無力感から来ています。キリストの能力が内に充実してくると一寸かわった事がおこります。多くの人は人の前で謙遜で、神の前に不遜です。まず神の前に謙虚である事です。すると対人関係は自然に判ってきます。
 またクリスチャンの多くの人が貧乏や病気で悩みます。それが十字架だといいます。そんな事あるもんですか。十字架とはもっと大きく重く、多くの人の知らない秘儀を持っています。チョッとした事件、苦悩をすぐ十字架などというのは思い上りも甚だしい事です。まず、我らの病気、貧乏、不安をぐいと救い上げてくれる実力あるキリストを体験して下さい。十字架などというのはそれから先の事です。(ヨハネ第三の手紙二節参照)
 キリストの十字架の教理については御存知の事と思うのでふれませんでした。ただこれを教理として承認するのではなく、事実として体験しなくてはダメ。以上。
 (終わり)
 
(「旅する手紙」・・・1961年2月から3月にかけて、回覧誌のような形で書いたもの。肉筆の複写版。原文縦書き)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-11-30 23:02 | 日岡だより

No.616 自分で自分を苦しめる信仰はやめましょうや(2) 2013.11.3

旅する手紙 第3号(1961.3.20)
 
『自分で自分を苦しめる信仰はやめましょうや』くぎみや・よしと

 (つづき)
 文章をもとにもどします。神様が「汝ら人間よ、我の他に神を呼ぶ勿れ」といいます。なかれという言葉は「命令形」でもありますが、又「当然・必然・可能」の言葉ですね。昔、東京でよく「このツツミ、登るべからず、警視庁」というのがありました。これを中国から来た留学生が見てびっくりしたそうです。「どうしてこれが登る事ができないんだ。こんな小さな土堤、誰でも登れるヨ」―――べしという言葉は彼にとって可能、不可能を示す言葉だったからです。この話はウソか本当かしりませんが、とにかく面白い。「汝××なるべし」と神が語るとき、それは必然・可能・約束の言葉です。ところが、それを人間は命令ときくのです。ここに悲劇がおこります。
 例えば、新約聖書のマタイ伝五章~七章を開くと山上の垂訓がでて来ます。
 「汝の仇をも愛すべし」その他いろいろ………、我々人間にできもしない事ばかりです。これを、至上命令をきいたらひとたまりもありません。まじめな人程フーフー息を上げ目をまわしてひっくり倒れてしまいます。これはイエスの約束です。こうなる!というのです。お前達は必ず仇をも愛せる人間になる、そうなれるだろう、なる筈だ、なる事を約束する、という事です。山上でこの言葉をきいた時は、まだ弟子たちはよく判りませんでした。だから相当に「命令形」として聞いていますよね。然し、キリストの復活→ペンテコステ以後、弟子達にはその事が、命令されずとも、力まなくても、意識せずとも自然にできるようになりました。これが使徒行伝の秘密です。使徒行伝の目で福音書をよまないと福音書が苦音書になってしまいます。
 日本のキリスト教において、「酒をのむな、煙草をのむな」は非常にいい歴史を持っていますし、尊敬すべき事ですけれど、右のような順序を忘れるとエライ事になります。
 キリストの能力があなたの内側に臨むと、あなたは自然に立派な人になります。(人が思う立派さと神の思う立派さは違いますけれど)キリストの能力が臨んでいないのに、立派な行動をしようとすると偽善=芝居になります。偽善でも何でもいい、立派な人間になればいい、行いすました聖人君子になればいいというのなら、修身教科書があればたります。(つづく)
 
 
(「旅する手紙」・・・1961年2月から3月にかけて、回覧誌のような形で書いたもの。肉筆の複写版。原文縦書き)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-11-30 23:01 | 日岡だより

No.615 自分で自分を苦しめる信仰はやめましょうや(1) 2013.10.27

旅する手紙 第3号(1961.3.20)
 
『自分で自分を苦しめる信仰はやめましょうや』
                           くぎみや・よしと
 
         (1)

 世間では信仰とはずい分苦しいキュークツなものと笑思われています。(ここで笑という字に書き損じたのは面白いじゃありませんか。実際キュークツな思いで信心信心といっているのは天界から見れば笑止な事でしょう。フロイドの「生活心理の錯誤」を参照)
 この手紙は多分キリスト教の人が多いと思うのでキリスト教風に書きます。
 現代神学の基礎になっているカールバルトの名著に「福音と律法」というのがあります。福音とは喜ばしい解放・勝利の音づれであり約束であります。神はまず人間に向かって福音を投げかける方です。ところが、人間がこれをきくと律法としてうけとめるのです。
 私の子供に今一人、なかなか絵の上手な子がいます。「お前、絵が上手だから絵かきにでもなれヨ。絵の先生とこに行けよ」と言ったとします。そうすると、「イヤだよ、絵じゃメシ食えんから」となかなか現実的なことを申します。これで我々親子の会話はたのしく終るわけですが、しかしもし、この私の言葉を子供がスナオにうけとめて「ウン父ちゃん、絵かきになるよ、美術学校にやってくれるかい」といったら「よしきた」と私は喜んで引きうけるのです。私の始めの言葉は子供に対する「才能開発の啓示」でもあるし、また「はげまし」「約束」でもあるわけです。ところがこの言葉を「命令」と聞いて、いやでも絵の勉強せにゃならん、嫌いだけれど絵の塾に行かにゃならん」と考え始めたらツライ事ですよね。
 世の中では勿論、子供に対し無理解で圧倒的な親も多く、泣く子を無理にヒッパタイテ親の好きな事をさせる人もいます。神様を「天のおとうさま」とよぶから、神様もそんな方と思いこむのは大きな誤解です。神様を天のおとうさまと呼ぶのは、「父」というものの原型が神様であるということです。神様が父のような方なのではなく、世にいう「父」が神様に些かでも似ているという事です。世の親の欠点をみて、それが神様にもあるんだと思うのは、これは誤解ですヨね。
 旧約聖書で、よく神様が「怒る」とか「報復する」とか「審(さば)く」とか言います。すると人間は(預言者たちさへもがしばしば)人間的なドウモウな怒り、残忍な報復、専制君主の身勝手な裁判を思いおこしてあんなものだと思うのです。しかし、神様の報復とは例えばどんなものか、旧約聖書のホセアは彼の背倫の妻を買い戻した時に彼の先輩の預言者たちとは全く相反した愛の報復に気づきました。
 旧約聖書で考えられている、古代王国の世界制覇の野望をたくましくしたようなメシアの来臨(神様がメシアの来臨を預言すると受取る方の人間の側は自分らの住んでいる世界の姿のままに翻訳して聞くわけです)を、イエスはスッカリ裏返しにして全然違った形でこれを成就しましたね。(つづく)
 
 
(「旅する手紙」・・・1961年2月から3月にかけて、回覧誌のような形で書いたもの。肉筆の複写版。)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-11-30 23:00 | 日岡だより