<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

No.610 タイトルなし(1972.12.6「大分通信」No.9より) 2013.9.22

(1972.12.6「大分通信」No.9より)
(※この号の大分通信には、タイトルがありません、書けば「卓話寸言」だったと思いますが、短文の集まりで構成されています。)
 
 毎年、クリスマスを迎える季節になると、変に心は痛みます。世間のクリスマス狂いに憤然とし、教会のクリスマス感ちがいにもイヤな感じがします。クリスマスを何だか他人事のように祝っています。実は、まだ目ざめていない真自我の生みの苦しみと、到来していない世界の真の平和の為に泣くべきなのであります。地球がもだえてうめいているという、宇宙大の悲劇を悲しみましょう。
     *      *
 生活汚物と工場廃液が川や海をよごしています。
 同じように、人の吐く息や思いが宇宙をよごしているのですヨ。
 そして、歴史の深淵には全時代の人類の悲しみが堆積しているような気がします。
 本当の、魂のクリスマスを待ち望むのは、全人類の声でしょう。
     *      *
 昭和四十八年十二月三日夜、これを書いている。企業合併で、私の経営していた光研印刷(株)を事業閉鎖して、あたらしく大分県印刷センター協業組合をつくった。その新工場のオープンが十月一日で、私はその総務部長の席についた。今、オープン以来やっと二ヶ月たって、少々おちついて来た。長く休んでいたこの通信をぼつぼつ再開しようと思う。
     *      *
 私に新しい人生がめぐってきていることを感じる。十年間、チャチな企業であったが、一応経営者の真似事のようなことをしてきた。いい勉強であった。この間、私の信仰はキリスト教のわくをはみだして、東洋風な「一即多」の心境に達したように思う。物を持ち、金をもうけ、人を使う生涯には、ぼつぼつお別れの時が来ているように思う。それが今だ。
     *      *
 入れ物がない 両手で受ける   放 哉
 私は、旅行で小豆島の沖をとおる時、必ずこの句を思いだして涙を感じる。私は、放哉と同じように一燈園にとび込んで、しばらく紺木綿の筒袖姿になった事があるので、ひとしお感慨が深い。「入れ物が無い……」そういう人生がよい。そういう信仰がよい。総務部長、そういう入れ物になにがしの月給がはいる。キリスト教、そういう入れ物に、神学、信条、その他いろいろの思想がつまっている。
 私は、信仰の世界で一個の無政府主義者である。無国家主義者である。入れ物が無い……ということである。
 私の信仰は、主観的にはキリスト教を一寸たりともはみだしていると思っていないが、キリスト教界はこれを認めまい。私もまたそれを認めてもらおうとは思わない。私に共鳴し、私と信仰を共にする人は、決して多くは無かろうと思う。しかし、一個半個の人物が私のあとを継いでくだされば、私は幸甚である。その幸福を、今あらためて、主に祈りたいと思う。(つづく)
 
 
 (「こうすれば信仰がわかる」、2011年5月の日岡だよりにも収録されている内容をふくみます。)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-09-28 23:16 | 日岡だより

No.609 あとがき・ゲリラの言い分 2013.9.15

あとがき (1972.9.6「大分通信」No.8より)
 
 私事にわたって恐縮ですが、今月(九月)は俗用多忙で寧日ひまなしということになりそうです。
 この通信も、しばらく出せないかもしれません。
 尤も、ナポレオンですが、人にものをたのむ時は忙しい人にたのめと言っている。ひまのありそうな人にものを頼んでも案外何もしてくれず、してくれてもトカク仕事のつぼを外れているものです。
 ご遠慮なく、御相談あればお申しこし下さい。
 実は、私の幕屋造り(パウロにならって言えば)である光研印刷(株)の業務は、今月限りで止めます。
 来月より、合併して大分県印刷センターと呼び、その工場は東九州一になります。そこの総務部長に就任するつもりです。
 
 
 〔特別記事〕
ゲリラの言い分 (1972.9.6「大分通信」No.8より)
 
 長い間、そこには貧しいが愉快なA家が住んでいました。昔々、そこはF家の屋敷だったという言い伝えがあります。そして、長い間、F家の人々は町中のあちこちの家にドレイか居候のようにして分れ住んでいました。
 街中の有志の話合いで、もうこれ以上F家の人々を別れ別れにして各家に預かっているのは非人道的だという事になりました。それにそうでも言わねば何か不都合な事情があるのでしょう。彼らは急にA家のものを追い出してそこにF家の家を建ててやりました。
 F家の人々は長い間の辛惨な生活から解放され、勤勉にまじめに働いて、次々と家財を増やし、平和なホームをきづきました。
 それを見てくやしいのは、A家の子供たちです。彼らは街の乞食となって放浪し、遂に鉄砲や手投げ弾を用意して、平和なF家の庭園パーティーになぐり込みをかけました。何も知らぬF家の子供たちは可愛そうに無残な死をとげました。
 街ゆく人はA家の子供を、平和をみだす人非人と呼びました。A家の主人も、かくれたA家びいきの人も、この事件には頭をかかえてしまいました。
 A家の子供ゲリラは何人か死に三人は逃亡しました。逃亡したゲリラはこう言っているのではないでしょうか。
 「何が平和の家庭だ。それはぼくらの乞食生活を踏みつけ、ぼくらの涙を見て見ないふりして、平和ならざるに平和平和と言っているだけではないか。F家の子供がガーデン・パーティをたのしんでいるのは、ぼくらの犠牲の血に酔っているのと同じではないか。ぼくらのどこが悪い。
 自分の家をまもり、自分の生命をまもる為、人の国に出かけていって人殺しをするのはニクソンだってやっているじゃないか。」
 (オリンピック、ゲリラのニュースをききつつ)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-09-28 23:14 | 日岡だより

No.608 あるキリスト者の超宗派指向について② 2013.9.8

あるキリスト者の超宗派指向について②
        (1972.9.6「大分通信」No.8より)
 
 (つづき)
     *      *
 明石順三の灯台社については、その機関紙―――多分、今のものみの塔と同じ名のタブロイド版の新聞であったように覚えている―――を熱心な信者さんが売りに来たので覚えている。我が家の属している教会(日基教団)や、伯父の無教会とは大分ちがうなアと思ってそう言ったら
 「ヨシトさんは偉いね。この宗派はキリスト教じゃないんだよ。現に、ここの一番えらい人なんか、刑務所に行っているよ。」
 と、牧師がこたえてくれた。私はまだ十二、三才の頃だったと思う。私にしてみれば、キリスト教の故に刑務所に入れられたということだけで、そこの処がしばらしいなア―――そう思いながら、そんな事じゃキリスト教に入っていると危ないぞ、おっかないなアとも思った事である。
 私もその後、しだいにラジカルな平和論者になって、おずおず市井の片すみで生きながらも、「五人対一億」どころか、「一人対一億」の気分になって、一人で悲憤慷慨していた。キリスト教界の私の知れる限りの人に会って話しあっても、私の言うことを理解してくれる人はなく、(理解できるのだが、それが判るというだけでもこの日本に住めないと思いこむような雰囲気が当時の日本にはあった)
 前掲の牧師は、ものみの塔はキリスト教の外道のように言うけれど、よく接してみると異常な程に「聖書にべったり、一言一句べったり」の信仰であって、その純粋さには頭がさがる。しかし、純一な信仰の対象が聖書や信条という「見える真理」に向けられ、画一的に熱烈盲従ということになると、いつしか「見えない真理」に遠ざかるという逆現象がおこる。
 真人の転向も、順三の仏教受け入れも、その壁をのりこえようとしておこるのである。「見えない真理」に従おうとすると、自分が殉教しようとした筈のその信仰の教理や教団、教派に背くということがおこる。それが真にラジカルな人の行きつく処だと思う。
 戦後明石順三が積極的に宗教活動しなかったという事も、私にはよく判る。凡ての宗教、人生観、生きざま、イデオロギーに寛容になってくると、他宗を攻撃し、無理矢理人を教会に連れ込むヒステリックな伝道はできなくなる。良寛和尚が五谷庵にこもった時のようなアンバイになる。これまた東洋的なのだろうか。みな東洋的の土にかえるのだろうか。ちなみに私の兵役拒否事件も潮(九月号)にちょっとのっている。取材協力御礼といってトマトジュースを一函くれた。私はトマトジュースがきらいなので困ってしまい、今無理に塩をチョット入れてのんでいる。
             (終わり)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-09-28 23:11 | 日岡だより

No.607 あるキリスト者の超宗派指向について① 2013.9.1

あるキリスト者の超宗派指向について
        (1972.9.6「大分通信」No.8より)
 
 八月三十日朝日「思想史を歩く」に「明石順三と灯台社③」と題して鶴見俊輔の文章がのっている。鶴見氏はヤマギシの縁で何となく親しく感じている(会った事はない)人だから、念を入れてよむ。抜粋すると、
      *      *
 明石順三とその子真人とは、それぞれ遠くはなれた獄中にあったので、たがいに通信することはむずかしかった。
 獄中の思想犯は、自分の読みたいと思う本を読めるような状況にはいない。刑務所のそなえつけ図書中にあってたやすく読めるものは、国家主義のうらづけとなるような修養書、神道の系統にある古典、仏教の通俗書などであった。
 真人が古事記、日本書紀などから、天皇にたいする献身と天皇の名による日本国家の命令への服従とをまなびとったのに対して、順三は、古事記その他に人間の誠実さと助け合いの精神が聖書とおなじくあらわれていることを感じた。世俗の権力や富の支配をこえた人間共同の価値があらわれていると感じた。
 この直観の中には、キリスト教の聖書の中だけに神の教えがあらわれているというものみの塔米国総本部の教理とはちがう感じ方がある。だが、順三は神道の中にも、仏教の中にも、人間共通の理想を見た。
 戦後に明石順三の書きのこした大部の文章は、今日の日本につたえられた世界のさまざまの宗教的伝統がふくむ人類共通の宗教的価値についての彼の思想をのべたものである。
 いたるところで、聖書と仏典とを交錯させて論じ来たり論じ去る。空なるものにおける万物の一体性を体得するということを説く。空に徹するものにはおのずから慈悲の心が生れ、国家主義とは無縁となる。この立場に立つならば、国家権力が古事記を援用して軍国主義を説く時にも、戦後の占領軍司令部がキリスト教文明の名において反共主義を説く時にも、それをうのみにしない別の立場が、民衆ひとりひとりにひらける。それが、明石順三の考える宗教だった。
 こうした新しい境地に立った明石順三は、なぜ、敗戦後、獄中から出てきてから、積極的な宗教活動をすすめなかったのだろうか。 
             (つづく)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-09-11 12:16 | 日岡だより

No.606 卓話寸言(1972.9.6「大分通信」No.8より) 2013.8.25

卓話寸言(1972.9.6「大分通信」No.8より)
 
(つづき)
     *      *
 「聖句密着自主行動不能型殉教精神」というのがある。これがはた目には英雄に見える。たしかに英雄かもしれぬが、イエスの言う自由ではない。イエスの死はそういうコチコチの破滅的死刑希望型ではない。非常に自主的な死なので、それだけに並の人間ならかんたんに逃げを張れる死だったのだ。
     *      *
 八月二十七日の日曜集会には、同姓同信の釘宮保兄来たり、そのおかげだろう。すばらしい集会であった。
 それから一週の本日、九月三日の集会もありがたい集会であった。(私の母は今年八十二才で、ぼつぼつコーコツの人になりかけているが、その母が集会後、今日はよかったねエとほめてくれた位である。)
 私は、説教の中で、「私の話はかば焼のにおいをかがしてあげるだけで、本当のかば焼を食わせてあげ得ないけれども──────」と言ったら、あとでA姉いわく、「先生ちがいます。私は今かば焼を食べていますと言って手を上げたかったくらいです」と。こういって下されば、説教者もミョウリにつきる。いつ死んでもいい。私は今の私の説教が立派な説教だとは夢にも思わないが、私にとっては最高の説教であると思っている。私に与えられた神のめぐみがギリギリ一杯語られている。これ以上うまいことを言えばそれは偽善。これ以下を言えば不忠実。語られる内容を聞くのでなく、語らせるものと語らされているものとの間柄に気付いて主を崇めてほしい。
 最近の私の説教、これは私の遺言に等しい。(一九七二・九・三 夜)
              (終わり)
 
※(最後の2段落は「ギリギリ一杯」と題して「こうすれば信仰がわかる」 に収録、2011年5月1日号の「日岡だより」にも再録してあるが、元の形にしてみた。)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-09-04 10:52 | 日岡だより