<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.546 初めに言があった 2012.6.24

初めに言があった  

 ヨハネによる福音書冒頭のみ言葉です。
 「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。この言に命があった。そしてこの命は人の光であった。光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった。」
 これは宇宙創造についての聖書の説明です。太陽系や銀河系宇宙を越えて、全宇宙、総宇宙の創造についての聖書による説明です。更にヨハネによる福音書は告げます。
 「すべての人を照すまことの光があって、世にきた。彼は世にいた。そして、世は彼によってできたのであるが、世は彼を知らずにいた。彼は自分のところにきたのに、自分の民は彼を受けいれなかった。しかし、彼を受けいれた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである。それらの人は、血すじによらず、肉の欲によらず、また、人の欲にもよらず、ただ神によって生れたのである。」
 この「すべての人を照らすまことの光」こそ、イエス・キリストです。イエス様の光によって凡ての人は救われるのです。《く》

【聖書講義】
死人の中より甦れ   

 <前号よりつづき>
 聖書のこの箇所を、このように解釈するのは、意図的誤解でありまして、こんなことでは、多分キリスト教界から村八分にされると思います。しかし、当時のパウロが深層意識において本当に言いたかったことは、この事だと思います。
 似たようなことで、「主は近し」と聖書がいう時、私は「時間や空間」に於いてでなく、私の内に全く近くに臨在する主を想います。「マラーナタ」という時、今すぐ私の内に来て下さる主を想います。こういう聖書の言葉の曲解(?)の仕方は、しばしば福音書記者やパウロのした処です。私の曲解が聖書によらず、私の意によるのではないかと、自分で恐れはしますが。
 
 なぜ、このように恐ろしいことができるのでしょうか。書いた本人のパウロ以上に、聖書の言葉を読み破り、読み抜くのは、たしかに恐ろしいことです。しかし、これこそ「我らの内に善きことを始め給いし方」が、私たちの内に御言葉を全うなさるからです。「今わが為すことを汝いまは知らず、後に悟るべし」とか、「聖霊は汝らに言いしことを思い出さしむべし」とかイエスは言われた。そういう聖書の真意(or深意)再発掘の力が働くのです。これがないと、「聖書の研究」は教条主義化して生命を失います。
 
 「御言葉打ちひらくれば光を放ちて、愚かなるものをさとからしむ」「霊のことをもって霊にあてる」――― この不可思議さの源泉はキリスト御自身にあります。ここに、ハウ・ツウものではないが、「人生の秘訣」があります。私どもが、この世に生きて、この世の子らに負けず、天下堂々を活き貫く英知と力は、私らの内に善きことをはじめ給いしキリストの、完成力にあるんです。
 
           二
 ピリピ書第一章8節をよみましょう。
 「我いかにキリスト・イエスの心をもて汝らすべてを恋したうか、その証を為すものは神なり」
 
 口語訳では「キリスト・イエスの熱愛をもて……」です。ここは口語訳もいい訳ですね。
 
 普通、愛というものは内発的、触発的、偶発的なものでして、愛がおこるのも、愛がひえるのも、思いのままになりません。結婚の第一条件を愛ということにすると、愛がおのずから冷えた時は、離婚せねばなりません。だから愛至上主義の倫理には限りがあります。愛以上のものを知らぬからです。
 
 だから「我汝を愛す」とはっきり言うのはテレる業です。「あなた、私を愛してるの」と細君に言われて、大抵の男性「バカなことを言うな」とテレてしまいます。テレずに、「アイ・ラブ・ユー」という西洋の旦那はウソつきだと思います。日本人は、人間の愛のはかなさをひそかに恐れていて、それを永遠のものの如く言うのをひかえているのかもしれません。
 
 人間は、自分の愛を自分で保証できない。いつ冷えるか分からないこの愛! ところが、パウロには自分では保証できないが、神が保証して下さる愛を自分の内に持っていました。それが「キリスト・イエスの熱愛」です。神が保証して下さる愛は、永遠につづく愛、キリスト・イエスの日までに完成する完全の愛である。なぜなら、それはパウロの作り出した愛でなくして、パウロの内にあるキリスト・イエスの心よりほとばしり出る熱愛だからです。
 
 ピリピの教会の人々の内にもキリストの臨在がある。パウロの内にもキリストの心がある。電気と電気がむすびつくように、愛がむすびつく。理の当然です。
 
 私の愛が、神に保証される愛であれば、私はテレずに、「我汝を愛す」と言える。
 私が三井銀行発行の小切手一億円をもっているとする。三井銀行頭取のハンコがピシャリとある限り、私は自信をもってこの小切手を使う。もしいつ破産するかも分からない三流会社の小切手だったら恐る恐る使いますね。そのように、私の愛は三流五流の小切手に似ているが、キリスト・イエスの愛は三井、日銀以上の小切手です。
 <つづく>
(1974.1「心に満つるより」No.4より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2012-06-26 16:24 | 日岡だより

No.545 いばらに薔薇が咲き満ちる 2012.6.17

いばらに薔薇が咲き満ちる   

 「いばらに薔薇(ばら)が咲き満ちる」、
 10年ほど前に日本で翻訳出版された本です。「神秘主義とキリスト教の将来」という副題がついている。読書家の私にしては珍しく、なかなか読み辛くて、これまで読んでいませんでした。皆さん、如何ですか、一度、手に取ってお読みになってみませんか。釘宮先生も、よう読めなかった本、挑戦しませんか、ハハハハハ。
 「いばらに薔薇(ばら)が咲き満ちる」という、この本の題も皮肉ながら面白いですね。「いばらに薔薇(ばら)……」、読み辛いながらも、なかなか読ませる本だということでしょうか。私はまだ読んでいないのですが、一応読書台に置いておきます。お読みになって下さい。
 そう言えば、聖書そのものも、正にそのように「読み辛いながらも、なかなか読ませる本だということ」になりましょうか。
 聖書は、旧約聖書を開くと「はじめに神は天と地とを創造された」と、何だか長々と続きそうな文章で始まります。そこで今度は、新約聖書を開くと「アブラハムの子、ダビデの子、イエス・キリストの系図……」とカタカナの名が長々と続くのです。慣れない人は、これで飽きてしまう。「もう、宗教はご免」と、言うわけ。
 よく個人伝道者が、ニコニコして親しげに寄り添って来るのとは違って、聖書そのものはどうも、ツッケンドンです。
 ところで、マタイ5章にはいると、ようやくお待ちかねの「心の貧しき者は幸いなり」と名句が出てくる、「山上の説教」です。やや、お待たせして期待のお言葉、ホッとするんですね。
 しかし、明治の文語訳聖書の時代では、一般の人には取っ付きにくい言葉だったでしょうね。私の父や母などもそうだったでしょうが、逆に言えば重々しくて有り難いお言葉に思えたかも知れません。あの明治訳の文語聖書は名訳だったと思います。《く》


【聖書講義】
死人の中より甦れ  ~一九七三・一二・二~
          
               一

 ピリピ書全巻より何ヵ処かを選んで学びます。私はピリピ書は文語訳が好きです。
 
 植物を鉱物にくらべると、際だった特長は生命現象です。動物を植物にくらべると、際だつのは運動と感覚です。人間は動物の仲間ではあるが、一般の動物と著しく異なります。どういう点かというと、それは精神現象です。人間にとり、「精神」は見捨てがたい人間の特長、または本質であります。
 それに似て、キリスト教の目をそむけることのできない、他との際だった特色、これが無ければキリスト教ではないと言えるようなもの。教会か? 否。では、なにか。それはキリストご自身であります。現在のキリスト教には、キリスト教めいたものと、キリストそのものとが混乱しています。キリスト教めいたものはどうでもよい。私は本当のキリストご自身を伝道できるようでありたいものです。
 
 まずピリピ書第一章6節を拝読します。
「我は汝らのうちに善き業を始めたまいし者の、キリスト・イエスの日までこれを全うしたもうべきことを確信す」(現代かな使い、当用漢字等に適当に訂正、以下同じ)
 
 パウロの当時の信条に従えば「キリスト・イエスの日」とはこの時代の終末、キリストの再臨の時をさします。(この頃、終末論が日本でさかんに叫ばれていますけれど、もともと終末とはキリスト用語です。)時間が過去から、現在、未来へと流れる。その果てに終末がある。その日、キリスト・イエスが再臨なさる。――― パウロも形式としてはそう信じていたでしょう。その教理が語る背後の真実は何か。
 現在ここにいる私が、終末のキリスト・イエスの日を先取りできる。意識的に、上手に誤訳しますとね、「キリスト・イエスの来たれる日のごときにまで汝を完成する」ということになります。キリスト・イエスの日とは先のことではない。今日ただ今のことです。
 
 信仰とは、私たちが何かをしたかとか、何を始めたかということではない。神が私たちの、それぞれの人間の中で何事かを始められたということだ。私どもの中における神の事業(エペソ一・11、ピリピ二・30)、――― それが信仰だ。それが私どもの中に始まる時、善き始まりは善き終り、キリストの日の完成が、早くも先取りされて、私どもの中に芽生える。それが聖化です。
 
 信仰とは、先の先のことではないのです。信仰とは現在のことです。今ここに、私の完成がある! 「まだ終末の時ではないのに、どうしてそんなことがおこりますか」とニコデモ流の間のぬけた質問を発してはいけません。キリスト・イエスの日とは今のことです。その事をなさしめるのは、我らの中に善き業をはじめたまいし方の力によります。私たちが、自分の能力で始めたのなら、私たちの能力の限界以上の業はできません。しかし、もし全能の神がなして下さるのなら、それは可能です。(ピリピ三・21)。キリスト教の信仰は、昔話でもなければ、未来話でもない。現時点のことです。現在の私にキリストの完全を先取りさせてくれる信仰でなくては話になりません。
 <つづく>
(1974.1「心に満つるより」No.4より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2012-06-19 15:53 | 日岡だより

No.544 主なる神は偉大なるおかた! 2012.6.10

主なる神は偉大なるおかた!   

 最近、よく昼となく夜となく、歌わせて頂いている賛美が、この歌である。

  主なる神は  偉大なるおかた
  大いなる力と のべたうでをもって
  天と地をつくり 力あるかた
  あなたには 不可能なことはない
  なにも不可能なことはない
  なにひとつない

 「主なる神よ、あなたには不可能なことは何ひとつない」。この歌詞には「ホントーだ、その通りだ、神様には不可能なことは何ひとつない。神様! その通りです」と思わず告白させてしまう力がある。
 繰り返して言うが、この賛美の歌を私はしょっちゅう歌っている。
 父なる神様には、イエス様には、聖霊様には、なにも不可能なことはない、何ひとつない。この偉大にして単純な真理に委ねてしまうのが、信仰です。《く》

 
 
日々新生   

十一月十一日(日) 日曜集会、「我らの内なる福音」について語る。思いっきり、自由に<御言葉>の取り次ぎができたような実感があった。(その筆記を本号に載せた。)
十一月十三日(火) Tデパートで書道展を見る。
十一月十四日(水) 賀川豊彦全集(2)配本される。「宇宙目的論」を読む。私の<宇宙好み>の源泉がここにあったことを悟る。私が小学生の頃、賀川先生の本を読んで<原子>だのアインシュタインだのを身近に感じたのであった。それはともかく、戦後賀川先生が再び時代の寵児になった時、私は回心後十年の代償論的贖罪信仰アツアツの時だったから、賀川流<贖罪愛>が浅薄に見えて、あの博学知識ぶりの講演もペダンチックそのもので、イヤーナ感じだった。実をいうと、当時も今も日本のキリスト教界のたいがいの先生がたは(オーソドックスな純な信仰を持っている人ほど)賀川流神学を腹の底で軽蔑しているのではあるまいか。当時、賀川伝道で決心した連中を教会が引きとめ得なかった理由はそこにあった。賀川流熱気にあてられて、「決心カード」を書いて(実はこの決心カードがやや強引で、しかも信仰的とは言えず<統計学>的(?)な面がつよく、反感を抱いたのを覚えているが)教会に行くと、教会はバルト流の牧師さん以下深刻な罪意識や、思弁的贖罪論か、純福音派の「タバコのむな酒のむな十一献金聖日厳守」の律法肌、賀川あてられ派が長くおれるはずはない。しかし今賀川先生のものを読む時、先生の信仰がホンモノだったことがわかる。余りにも向こうにつきぬけているのだ。私が私の<宇宙教>に自分で恐れをなして先輩、教友との絶交さえ覚悟してみた事、おかしくてたまらぬ。賀川先生の<宇宙教>、私の上前はねる出来ではないか。ここに私の宗教思想の源流があったのだ。
十一月十五日(水) 神を「天の神」と呼んだのは、聖書ではネヘミヤかエズラが最初ではなかったろうかと思う。彼らは、バビロン俘囚の中で、「天」という語を把握したのであろうか。コペルニクス以降、私どもは地動説的宇宙観に生きている。しかし、どうもこの地球も「天」の一部であることに、私どもは気づかぬようだ。「天」とは、お椀状に私どもをおおっている青空、星空のことではない、私どもを含めた宇宙全体の事だ。私も「天」の一部なのである。
<終わり>
(1973.12「心に満つるより」No.3より)
 

クリスマス所感    

 イエスが馬小屋にうまれたときいて、おどろくことはないのだ。王侯貴族にうまれようと、乞食の家にうまれようと、所詮地球という処じたいが馬小屋のようなものなのだ。馬のフンや、むれたかる蝿のたぐいでいたたまれないような馬小屋にうまれて、その環境から逃れ去ることなく、この地上の父ではなく天上の父のタネでうまれ、天上のかおりをもってそだっていく「人の子」がうまれるのだ。それがイエスのクリスマスである。
 私どもの肉なる真実者(キリスト)をよび奉ろう。世に染んだ私どもの心に来る不可思議なる無垢なる霊にかえろう。
 人生とは選択である。「汝らは善き方を選べり」と主のいわれる、善き方とは何か。それは生命の木である。善悪の木の実をすてて、生命の木にかえろう。この炎の剣こそ選択の剣である。これを避けては生命の木にかえれない。
 ケルビムは天使である。彼は、おどすものでなく、私たちをたすけ守る神秘な力である。これこそ生命の木に近づく私たちへのなぐさめの天使である。クリスマスの天使である。生命の木とはキリスト御自身である。
(一九七二・一二・二二旧稿)
(1974.1「心に満つるより」No.4より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2012-06-12 14:51 | 日岡だより

No.543 主のご再臨の日を期待しよう! 2012.6.3

主のご再臨の日を期待しよう!   

 主イエス様が、この地上にお出でになったことをご来臨と称します。かつて2千年前にイスラエルの地にご降臨くださったのを初臨と言い、再びこの地上にお出で下さる日のことをご再臨と申し上げる訳です。
 現代、世界中にイエス様の福音が言葉だけでは行き渡って、世界中どこででもキリスト教の教会があります。これは世界の歴史では初めてのことだと思います。
 ですからイエス様が今、この地上にお出で下さることは決して早過ぎではない、などと言うのは不敬虔でしょうから、主の御心にお委ねするほかありませんが、「マラナ・タ(われらの主よ、きたりませ)」(第一コリント16:22)とお願いすることはお差し止め無いと信じるのです。
 再臨待望の声が強過ぎてキリスト教世界で煙たがられた事もありました。妙に狂気じみて行き過ぎた感じもあったのです。しかし、現代では既にその時が来ていると思います。喜びと平安を持ってご再臨を待ち望みましょう。《く》


日々新生  

一九七三年十月二十七日(土) 外出して、郷土史家のU氏に逢う(「会う」にあらず)。「仏像の写真をとるのに、拝む心でとれと若い写真家に言っているんですよ」、然り然り。
十月二十八日(日) 日曜集会は最近、十時からにしている。以前は十時半からだったが、この頃の講義はたっぷり二時間かかる、そこで十時にくりあげたのだ。集会の順序は (1)讃美歌(斉唱)、(2)聖書(輪読)、(3)祈祷(多数)、(4)講話、(5)祈祷(多数)、(6)讃美歌(斉唱)、(7)祝祷、という簡素なものである。開会時刻は若い時ほど厳守しない。若い時は秒針を見つめるようにして開会した。この頃では、私自身の内心のハズミを見計らって始める。相撲の仕切りに似ている。今月になってから、講義が大声になって、遠慮会釈なく二時間会衆に言葉をあびせかける。この形になってから、知らせたわけでもないのに、なぜか来会者少なし。しびれが入るのを千里眼で見通しているみたいである、呵々。集会の人の多少にかかわらず、ぼつぼつ後半生に入りかけている私は、毎週遺言のつもりで語っている。今日の主題は「智恵、能力、自由を得るには。(テキストはヨハネ福音書21章)」
N君にさっそく「智恵・能力」開発実験として同道をうながし、三十キロさきの山林の土地さがし。行ったら、売れた直後。「目に入ったら、すぐ動く、動けば次の状況が展開する、そのたび新しい情報がはいって、こちらは利口になっていく。動いた分だけ知らず知らず能力がふえているんだ」と教える。
十月二十九日(月) 私は、一日の〔労働と学習〕の時間数とその密度において、日本人の平均値に比べ、相当高い方だと思う。(十数年前は一日中寝てくらしたといっていい程ブラブラしていたこともある。私はどちらも好きだし、また得意だ。)そういう忙しさの中で、神秘な静けさを味わえる事はうれしい。そして、敏感な触手のように小さな情報を捉えて、アミーバーのようにすばやく身がわりできる不思議さを思う。
舟木一夫、また自殺未遂。芸能人のあわれさ、こういう華やかな人気の泡の上で溺れかけている人々に、救いの手は届かないのだな。あわれだなァと、嘆息する。芸術家、政治家、ハイソサエティの人々みな然らん。
十月三十日(火) 「勁(つよ)く、剛(たけ)く、美しく、秘めやかに生きたい」、あらあらしく頑(かたく)ななのではない、キレイごとで、コソコソ生きるのではない、神経がこまやかで、そして悲境に処して不倒の雄々しさを持つ、そういう人生を望む。
十月三十一日(水) 紙が不足するという、それを伝える新聞のその用紙の消費量は、日本の全消費量の四分の一である、チトおかしい。石油がいよいよ配給制になるという噂、その矢先に航空会社は大分という田舎空港にエア・バスをまわそうという、音と排気ガスをまきちらすジェット機のガソリン消費量を考えると、顔をさかなでされているような感じがする。
いつも言うことだが、「文明」とか、「文化」とかいうことが消費の上にあぐらをかいている中は、文明も文化もコマーシャリズムの餌食になってしまう。(入場料○千円や、ステレオやVTRの鎖にからまれているようでは、ひっきょうカラヤンは言うに足りない男だ。)消費文化を追い出さなくては、人間は真に解放されない。本当の人民の文化は生れない。それかと言って、文化省に音頭をとってもらって「文化英雄をたたえる詩」てな文化これ奴隷文化ですな。
十一月三日(土) 文化の日である。昔でいえば、明治節or天長節。この日にふさわしく快晴。妻と二人、臼杵の白馬渓にいって紅葉と水と空を愛す。
十一月四日(日) キリストの福音について語る。特に「内に充満して、私どもに勝利を得しむる福音の力」を。旧来、新来の婦人方多く、少々たどたどしい講話であったが熱演(?)した。「人生の舞台で、<ふっ切れて>演じ得る名優でありたい。」と。
十一月五日(月) 夜、読書二冊、「平松実馬とその足跡」――― その聖と愛と伝道に熱狂する人生に打たれた。司馬遼太郎「人間の集団」――― この人のユニークで自由な洞察と表現(特に用語がおもしろい)に意表をつかれて快い驚きを覚える。
十一月六日(火) 本誌第二号印刷上がり。TVで蜜蜂の「内的時計機構の解説」を見る。人間の内なる「預言」機構を想う。
十一月九日(金) 歯科に行き、口腔内の大工事。歯科に行くのは二十年ぶり。その間、歯は荒れるにまかせていた。歯科の設備の進歩しているのにおどろいた。
十一月十日(土) 結晶体はこわしてもこわしても形状が同じだ。私どもは小さな小さな神の「結晶体」である。不純物があるなら、聖霊の火で一度溶解して神の「言」で再結晶して頂くことだ。
<つづく>
(1973.12「心に満つるより」No.3より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2012-06-05 17:07 | 日岡だより