<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.529 二・二六事件を想う 2012.2.26

二・二六事件を想う   

 それは昭和11年2月26日、当時、皇道派と呼ばれた、過激派の青年将校たちが1400人の部隊を率いて政府の総理大臣を始め主要メンバーを襲って国家改造を求めた、いわゆる二・二六事件、今日はその76年目です。
 その翌日、2月27日に私の伯父釘宮徳太郎が急死したので(肺炎?でした)、東京の無教会メンバーは東京と同じように釘宮さんも大分の歩兵聯隊の青年将校たちから襲われたのかと色めきたったそうです。
 葬儀の席で、伯父の集会メンバーの一人で東京の情報に詳しい加藤虎之丞弁護士が、皇道派の青年将校たちの動きを説明したものです。私はまだ小学校5年生の少年でしたが、その加藤弁護士のお話を聞いているだけで身震いがして、抑えられないほどに昂奮し、また怯えました。この加藤弁護士が後に私が非戦論事件で捕縛された時、進んで私のために、その裁判の法廷で弁護に立って下さったのです。当時としては到底どなたも立って下さる筈は無いような勇気のいる弁護でした。
 殆どの評論家や、雑誌類が今もって語らないことですが、この二・二六事件の時から日本の政治情勢のみならず、一般の国民の風潮さえもが一挙に変ったのです。これは日本人の国民性のひ弱さ、右へ習えと途端に国内思想が一変する好事例です。
 どうかすると、民間情勢を誘導していた軍部や政府のトップ連の先を越して(!)、民間の一般民衆の意識の方が更に過激化するということが起ったのです。一億総決起、戦争邁進です。私はあの「一億一心、戦果拡大」の時代の真中に生きて居ましたから、よく覚えています。そして私の内心には「非戦主義」の思いが込み上げてくるのです。私には早くも日本という国家からの非国民たる私への殺気が感じられる、そういう恐怖の時代を感じ始めていました。
 二・二六事件で起訴されて死刑になった若者たちの遺骨が故郷に帰ったら、その家の周辺の人たちからは靖国神社にでも祀られたのかと戸惑うほどの尊ばれ方をされたものです。
 逆に言えば、軍部にしてみれば待ってましたとばかり、この風潮を歓迎したでしょうね。政府筋にしてみれば、いよいよ軍国主義か、やれやれ、ともかく、時の流れについて行かなくては、バスに乗り遅れるぞ、と思ったことでしょう。この「バスに乗り遅れるぞ」という言葉は当時、えらい流行したものです。
 日本は満州事変、上海事変以来、軍国主義的政策を取りつづけて来ましたが、この時から、軍事優先、東洋抑圧の政治論理がまかり通る時代に極度に屈折します。
 実は政府の宣伝に惑わされたと言ってもいいでしょうが、日本国民自身、「戦争に勝った、勝った」という気分に浮かれてしまったのです。こうした事に冷静な筈の朝日新聞でさえ「勝った、勝った」の連載です、国を上げての「好戦国」、だれもこれを阻止することが出来ません。
 あの頃は政府筋の検閲が厳しくて、ちょっとした小さい記事でも発禁を食って、発売禁止になったものです。特にキリスト教関係の出版には当局の目は光っていましたね。矢内原忠雄先生が反戦論的筆禍事件で東京大学を辞任したのも、この頃でした。
 こういうことは実は戦後ですらあって、私が鶴崎の伝道会場の前に書いた壁新聞に警察の取調べが来たものです。それが私の勤務先の学校に来たものですから、さあ、校長さんが怖じる、教育委員会の職員が恐れる。私は平気でしたが。私の壁新聞の主題は「日本を救うものはアメリカか、ソ連か」と書いてあったのです。当時は米ソの仲が最も険悪な時代でしたからね。《く》
 

〔聖書講義〕
我が内なる「福音」   
 
 ある人が、ヨーロッパに行って、中世の絵を見て肉だの骨だのすべて針の先でつついたように克明になまなましく、今にも血が流れ出、それを犬がなめるのではないかというように書いてあるのを見て「これがヨーロッパだな」と思ったそうです。
 日本ではちがう。特にあの水墨画!、墨一色で、しかも書かれない空間の白地が大きい、そこに多くのものが捨衆され、そして無の空間の中にホンモノがかいま見える、そういう日本の芸術と全く反対の絵があるのですね。
 
 西洋の教会に行くと、十字架上のキリストの絵がある。神経衰弱の男が頭をぶったたかれて白目をむいているようなイエス、その手、脚、胸に血が流れ、肉は裂けて実に血なまぐさい、そういう肉体の凄惨な死を克明に書いた絵を礼拝の場に持ち込むなどという事は、日本人には理解しにくい処でしょう。
 
 キリスト教が、そういうヨーロッパの風土に最初に行ったということは非常に意味のあることのように思えます。イエスの死が、神の贖罪愛の表現として、実にセンシティビティにドラマティックに人々の胸に焼きつけられたからです。
 
 極端に言えば毒々しいと言える程の原色版のシネラマで見せつけられるように、キリストの死がヨーロッパのキリスト教で語られる。(そういう風潮の中では、私のような所説は悪魔の言葉のようにいみきらわれるのでしょうね。)そのキリストの死の真の意味は、「永遠の岩」にみちみちている「生命・エネルギー」の解放なのだと思うのです。<つづく>
(1973.12「心に満つるより」No.3より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2012-02-28 15:55 | 日岡だより

No.528 永井先生、茨木伝道五十周年を祝す 2012.2.19

永井先生、茨木伝道五十周年を祝す   

 永井先生の茨木伝道が今年で五十周年だそうです。凄いなあ、と思います。
 先生ご夫妻の最初の開拓伝道は鹿児島伝道だったかと覚えていますが、これは失礼ながら失敗だったらしいですね。開拓第一歩の蹉跌は口惜しい。失望するでしょう。私だったらがっかりメロメロで立ち直れません。
 しかし、先生はそこから再起された。そして茨木に行かれ再出発されたのです。茨木開拓も最初は困難だったかもしれませんが、そこへ大阪万博が始まった。これを好機と捉えた先生はすばらしい。
 天下の万博だから、人はドンと集まるでしょうが、それをまだ小さな一教会で伝道しようと言うのは、ケタが違い過ぎる。ちょっと遠慮しますよ。しかし、先生は15日間にわたる大伝道集会をやりとげられ、その集会はその後の大きな発展へとつながります。
 
 私が先生を存じ上げるのは、ずっと後のこと、先生はどこで私に目をつけられたのでしょうか。先生は開拓伝道の適地としてJR日豊線沿線に着目したのですが、「大分は釘宮先生がおられる。そうだ宮崎に行こう」と決められたんだとお聞きしたことがあります。こんな会話楽しかったです。
 永井先生が現在の拡大宣教学院を立てられたのは素晴らしいですね。私はその当初の頃、興味深々現地に伺って広々とした用地に驚いたものです。私は早速、先生に乞われて、用地の土を手に握って「この土地を祝福し、永井先生のご計画を完成させて下さい」と祈ったことを覚えています。

 さて、私どもの当教会(といっても当時は会堂はありませんし、家庭集会といった風ですが)を大分市の中心市街地から現地に移転させたのは、1961年でして、ちょうど50年ほど前です。なんだか都落ちしたみたいで、いささか冷たい風評もあったらしいですが、その後、遠浅の寒々とした海岸を埋め立て、新日鉄の工場が来て、見る間に元気のよい土地になりました。
「釘宮さんは先見の明があるなあ」と土地の人に言われましたが、私は何も考えずに来たのですが、ちょうど良い所に落ち着きました。区画整理もあって、道もうまい具合に結びつき、教会堂の敷地にぴったりになりました。神様のお導きですね。
 なんだか、永井先生の茨木50年ではありませんが、私の大分都落ち伝説も50年がらみでなかなか面白いなと思います。私のご当地・日岡開拓物語もその内、浮かび上がりませんかねえ、いやいや滅相もない。

 私はよく今の私どもの教会を「小さい、小さい」と呼称するけれども、我が教会のメンバー諸兄姉には、決して遠慮することなく、この教会を誇ってください。主に選ばれ、主に支えられて、ここまでやって来ました。明るく楽しく、聖霊さまの愛に満たされ、今後とも、恐れることなく、大胆に皆さんと共どもこの教会を誇りに思ってくださいよ、と語っていることです。
 もっともっと拡大強化されて全国に名の響く大教会に成長する可能性も充分にあるとは思いますが、しかしそうした人の目を奪う評判はともかく、神様に喜ばれ愛されて、諸天使たちの御支えに預かれる教会であり続けたいと願っています。
 神癒というようなカリスマ的な恵みにおいても、誇り昂ぶりはしないけれど、遠慮もせず語ってきました。私どもの教会は、毎週毎週の礼拝においても初代教会と同じように奇蹟の連続する教会でありたいと願っています。
 勿論、イエス様の教会は単なる癒しのごとき奇蹟の評判だけでとどまってはなりません。信徒諸兄姉の人格の潔さ、愛の深さ、行動力の俊敏さ、神様の愛と力の出露する教会でなくてはならないと思います。二つのJ(イエス様とジャパン)を愛し、世界の平和と宇宙の完成を祈りましょう。《く》


〔聖書講義〕
我が内なる「福音」   
 
 神の宇宙創造は「ロゴス」によってなされたとヨハネ福音書は申します。今もこの宇宙をささえている「原理・力」、それがロゴスでしょう。それこそ「見えないキリスト」です。この「見えないキリスト」を「岩」というのです。「永遠の岩」です。
 
 「岩」というと、かたく、つめたく、不動のもののように聞こえます。しかし、この「永遠の岩」には血も涙もあり空気や水のごとく我らをやさしく取りかこみます。「ロゴス」は「原理・力」である以上に「人格」であるからであります。
 「人格」の本質は「意思」であり、神の「意思」は「愛」であります。つめたく、かたい筈の岩の「脇がさかれ血汐を水が流れる」とトプラディが歌うのは、そういう人格的愛を表現するからです。
 
 トプラディは十八世紀の人で、彼の信仰はいわゆる正統主義。内村式にいえば「古い古いパウロ・ルター流の十字架の福音信仰」でありましょう。彼にとっては、なまなましく裂かれた肉、溢れる血汐、その十字架上のイエスが重大であって「ちとせの岩」はその比喩にすぎなかったでしょう。しかし、今私はその本体と比喩体を逆転させて感じるのです。私にとっては、なまなましいイエスの死の方が比喩に思われ、「ちとせの岩」がホンモノに見える。<つづく>
(1973.12「心に満つるより」No.3より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2012-02-22 18:49 | 日岡だより

No.527 主の御名は堅固なやぐら 2012.2.12

主の御名は堅固なやぐら

 「太郎君!」と呼びますと、「ハイ」と返事をして、太郎君が来てくれますが、それと同じようにイエス様をお呼びする時にも、この法則です。
 「イエス様!」と、お呼びしてみましょう。その時、「ハイ」とお返事は聞こえなくても、イエス様は真実な方ですから、直ぐに来てくださいます。
 これが祈りのコツです。「イエス様!、イエス様!、イエス様!、イエス様!」と何度でもお呼びして下さい。そのうちに次第にイエス様の御臨在があなたの心にもハッリしてくるでしょう。
 私はB5の西洋紙に「イエス様、イエス様、イエス様、イエス様、イエス様、イエス様」と一杯書き込んだ用紙を持っていますが、それを昔の校長先生が教育勅語を読んだように声を張り上げて朗誦するんです。初めは形式的でなじめませんが、しばらくすると感情が乗り移って来ます。そして次第にイエス様の臨在を感じながら、「イエス様、イエス様、イエス様、イエス様」と涙ながらに。お呼びするのです。少々形式的自己観念操作みたいで恐縮ですが、真剣にやれば神様に叱られることは無いと思います。
 ちょっと具体的なことに触れますが、私の場合、やはり祈りは朝早い時が良いようです。私は大抵、早朝と言っても午前4時から6時の間ですが、起床して教会の礼拝室にこもります。どうかすると9時頃まで祈りを止められず、なかなか家に帰ってこないので朝食の用意をしている家人を困らせることもあります。
 もう一つの祈りのコツですが、祈りは絶えず日常生活のなかで祈ることができます。この習慣がつくと祈りはいつでも出来るということです。私はこの習慣は随分若い時、そうですね。聾学校の教員をしていた時ですから、20歳代です。その頃、既に聾学校は大分市大道町に来ていまして、私は春日町に住んでいましたが、歩いて小1時間ほどかかる道のりでした。毎朝祈りつつ学校に通うのは実に幸いでした。
 この習慣はついに何をしている時にも祈りを並行させる心の技術を身につけさせてくれました。遂には、学校に着いても朝の職員会議から聾児たちを相手に営む体の動きの多い授業ですが、その中でも祈りを続行するような意外なことも出来るようになりました。(これが「絶えず祈る」ということの秘訣です。何をしている時でも祈っておれるのです。だから理想的にいうと、四六時中常に祈っていることは可能なわけですね。
 さて、こういう事はご婦人方だったら、お炊事や洗濯、お掃除をしながらでも、家族や教会のため祈りを続けることが出来ることを体験なさっているでしょう。
 同様に、実は私などが原稿をワープロで打っているような時でも、主に向かって祈りを捧げているようなことも出来るのですね。そうかと言って、普段、それほど清められた日常生活をしている訳でもありませんので、ご了承下さい、呵々。
 最後に、聖書の御言葉を。「主の御名は堅固なやぐら、義人はその中に走りこんで救われる」(箴言18:10)《く》
 

〔聖書講義〕
我が内なる「福音」 (1973.11.11)                     

   〔参照〕 (1)聖書 テモテへの第二の手紙第二章(全)
         (2)讃美歌二六〇番(ちとせの岩よ)
 
  讃美歌二六〇番はトプラディの有名な名篇であります。私は特に第一節が好きです。
 「千歳の岩よ わが身をかこめ
  さかれし脇の 血しおと水に
  罪もけがれも 洗いきよめよ」
 
 パウロはキリストを信仰のいかりをおろすべき、又信仰の基礎をすえるべき「岩」として例えたことがあります。イエス御自身は又、山上の垂訓のあとで、これらの教えを聞いて行うものを「岩」の上に家を建てた人になぞらえたりしました。
 それはイエスの教えを聞いて、すぐ実行をする人を賞讃したのだというよりは、キリストという「岩」の上に信仰のいかりをおろさぬ限り、山上の垂訓のような尊く高度な倫理をいくら耳にしても、実際に行うことは不可能なのだということのように私には聞こえるのです。
 
 「山上の垂訓」のようなみごとな教えを聞いて、すぐ立っていってそのまま実行しようとしても(又、実行したとしても)、私たちの行動は砂の上に立てた家のごとく、人の嫉妬心や批判や自らの不安の洪水におそわれ一夜に流されてしまいます。もし基礎がしっかりしているならば、毎日毎日少しずつのレンガ積みや柱やかべの造作でも、いつかは家も建ちます。
 
 私どもの人生は「小さな善行」の積み重ねで立派な生涯と化すことができますが、それにはその積み重ねが徒労に終わらず、日毎の労働が風にも雨にも倒されず又流されぬという堅固な生涯建築でなくてはなりません。それには雨にも風にもこわされぬ永遠の基礎が必要です。
 その時こそ内村先生のいう「勇ましく高尚な生涯」―――後世への最大の記念碑が可能です。そういう人生の大基礎こそキリストであります。その基礎に立つ人こそ、まことの神の子であり死を蹴やぶって永遠の世界に突入する底の人であります。<つづく >
(1973.12「心に満つるより」No.3より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2012-02-14 14:30 | 日岡だより

No.526 イエス・キリストの信仰 2012.2.5

イエス・キリストの信仰   
 
 先週の本欄で、相良姉の証詞に続けて小生(釘宮)の付け加えた文章の最後に、私の回心の「丸写しの信仰」という言葉を載せました。少しコケおどしの言葉に見えやしなかったかなと思いますので、以下に補足文を書かせて下さい。
 それは、私の単純なキリスト体験とも言えます。私の初期の伝道は私自らのそのキリスト体験を語る外はなかったのですから。ですから、当時の私によってイエス様を信じる信仰に入った人たちは凡て私の入信の証しを聞いて信仰を持った人たちです。
 私がキリスト体験と称する信仰を与えられたのは1944年(昭和19年)11月23日です。その午後6時頃だったでしょうか。場所は福岡の刑務所で、その厳正独居房に私はいました。刑務所に入れられたのは、私が非戦論をしばしば集会などで語ったことと、実際に兵役の召集を受けてそれを拒否する姿勢を示したことにより警察に検挙されたからです。
 ともかく、そうした異例な罪名の囚人だったからでしょう。刑務所に行くと、実に有り難い経験をしたのです。独房にはいり、カトリックの厳密な修道僧そっくりな生活が始まります。
 私は日々、ただ独り、刑務所の規則通りに寝て起き、食事、排泄。衣服の着替え、お風呂は1週間に2回だったかな、一人一人個室のお風呂に入れられますので、有り難かったです。又、1ヶ月に1回、図書を2冊借りることが出来ます。聖書は申請してもなかなか貸してくれなかったけれども、結構昔のキリスト教の本などがあって、喜んで借りたものです。図書係の囚人さんも私を見て喜んでいました。
 ところで、昭和19年11月19日、日曜日です。刑務所では免業日と言って休業です。私は朝から独り坐ったまま、祈りました。そして翌日も座業の仕事はしますが、仕事をしながら、祈りました。
 私は己が魂の救いを求めて、得るところがありませんでした。絶望しました。悲惨でした。その悲惨さは11月23日まで続きました。食事なんか摂れませんでした。その夕刻になりました。私はイエス様を求めて、どこにも見出し得ませんでした。幾ら祈っても、確信が湧きませんでした。
 そして11月23日になりました。当時では秋季皇霊祭という祭日、作業は休みです。ですから、この日は朝からずっと祈り続けました。必死になって祈りました。信仰の確信が欲しかったのです。
 確信というのは、私の身代わりとして死んでくださったイエス様のお陰で、私は罪を許され、もう死んだら天国に行けるという信仰です。それはイエス様の贖いの死の故に、私の生まれながらの罪が全く許される。私はイエス様の死によって全く許され、天に座すことが出来る。
 その恵みの確信が11月23日の夕刻に突然私の上に舞い降りたのです。側に時計があったなら、その時刻も分かったのにと、長い間残念でたまりませんでしたが、とにかくそのように確実にしっかりと信仰が私の魂に湧いたのです。
 その時の御言葉は、よく私は語リますが、ガラテヤ書第2章20節です。当時は文語でしたから「われ最早生くるにあらず、キリストわが内にありて生くるなり」、この御言葉により、私の魂はでんぐり返ったのです。
 古い私は死んでしまいました。そして、私の内には新しい私が生まれていました。それは私にして私にあらず。新しき人、イエス・キリストです。この方が私の内に新生なさって居たのです。
 それは明確な体験でした。新しい人格が私の内に生まれていたのです。私はガラテヤ書第2章20節のお言葉を思わず告白していました。「最早われ生くるにあらず。キリストわが内にありて生くるなり」。
 愚かで汚れ果てし私を、その侭に見出だし、信じ、ご自身のものとして抱きとめてくださった。ああ、イエス様こそ私の救い主、私はイエス様を離れて何処に行きましょう。天上天下、イエス様の外に私を託すべきお方は外に無い。私は御前にひれ伏して、主を拝し、私の一切を主に託すのです。
 この時、はっきり分かったのは、私の生れながらの醜き罪の一切は、主イエス様が御自ら背負い、陰府の審きの火をくぐり給うて、負い給い私の罪の凡ては消えた、私の重荷は無くなった。私は全き身軽な清い者になっていた。この驚くべき変身は私を全き自由な者にして下さった。これはイエス様が私を救い給おうとして抱かれた信仰と、その献身の結果なのである。
 よく教会で「信仰、信仰」というけれども、私どもの信仰はイエス様に由来する。イエス様こそ信仰の主であられる。
 私たちは「イエス・キリストを信じる信仰に因って救われる」というのは信条的に言って正しいが、もっと真理に沿い、事実に沿い、真実を言えば、「イエス・キリストの信仰に因って私どもは救われる」のである。
 もっと分かりやすく言うと「主イエス様のお持ちになっておられたイエス様の信仰によって私どもは救われる」のである。《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2012-02-07 17:17 | 日岡だより