<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.511 主なる神は偉大なるお方 2011.10.23

[さんび]
主なる神は偉大なるお方   

  主なる神は、偉大なるお方。
  大いなる力と、伸べた腕をもって、
  天と地を造り、力ある方。
  あなたには、不可能なことは無い。
  何も不可能なことは無い。
  何一つ無い。


伝道の初期の頃   

 私が神癒の恵みについて目が開かれたのは1956年(昭和31年)、私が34歳の時であった。
 ちょうど、その頃、イムマヌエル教団での大阪聖会があり、この教団では大胆に神癒を公言していたので、私も大いに励まされていた。
 その頃、私は上欄に載せた「神には不可能なことは無い」という、やや狂信的な信仰を強行(?)中であったが、決して恐怖心が無い訳では無かった。恐怖心は充分あったのであるが、それを上廻る神様への忠誠心があった。そして「神には不可能なことは無い」という信仰が私を押し出したのである。
 私は教会の礼拝において信徒諸兄姉の前で、「信仰を持ちましょう。神様は私たちの全ての病気を癒される。皆さん、恐れないで、病気の人を連れて来なさい。私が祈って上げます。皆さんも私の祈りを助けて下さい。神様は必ず私ども祈りの答えて病人の病を癒して下さいますよ」と声高く語ったことである。
         *
 当時は、私は大分市の市街地にある住宅に住んでいた。随分古い家だったが100年ほど前、かなりの金持ちの3兄弟が建てた家だと聞いていた。三軒長屋の真中の家なのだが、長屋と言っても裏長屋の貧しい家ではない、堂々たる構えで、その3兄弟の中の長男さんが住んでいた家が、その真中の家。その両方に2人の弟たちが住んでいたという。その真中の家を、どういう経緯だったかは知らないが、私の父が買ったのだという。その家の物凄い大きな大黒柱や、2階の梁の横木の荒々しい様子などを私はうすうす記憶している。敷地も120坪はあって、裏には畑地もあり、野菜などを植えていた。
 その家の2階の広間でキリスト教の集会を開いたのであるが、道路からドアを開けて2階に直接上がれる階段を作った。後に熊本の辛島町の手島先生の集会場を訪ねたら、規模は私の方が全く小さいのだが、その道路から直接2階の集会場に上がる様子などよく似ていて、後に手島先生が来られて、これをご覧になり、「そっくりだねえ」と愉快そうに笑っておられた。なお、大したこともない私の蔵書だったが、それにも興味深くご覧になって褒めて下さったことを懐かしく思い出すのだが、さて……
 その2階の会場で、私が伝道と礼拝のための集会を始めたのが、1952年のクリスマス礼拝ではなかったかと思う。その前に鶴崎集会を閉じている。《く》


私の宗教問題   

         一

<日岡だよりNo.507よりつづき> 
 イエスはカトリックではイエズスと訳されて、その訳語の統一がむつかしいらしい。いっそのこと古めかしい侮蔑的な感じがするヤソはどうだろう。そのヤソの教!正しくその通りアーメンです。アーメン、ソーメン、ひやそうめんと、冷かされて育った私には、このアーメンがよい。この絶対肯定の言葉―――、これこそ宇宙の鍵語である。
 ヤソ教アーメン宗、こういう看板を出して、伝道をはじめたいなァ。
 
 ?以上のようなわけで、世間的には一向にキリスト教を捨てたということにならず、益々ヤソ教の牧師扱いされています。いつも「キリスト教の牧師です」と自己紹介をします。実はどこの教団の牧師免状も持たぬし、按手礼も受けていない。偽牧師です。偽牧師だけど、堂々たる偽牧師で、もぐり牧師じゃありません。逃げもかくれもしません。
 
         二

 前章の冒頭に、赤岩栄のことにふれたが、私は終戦直後の日本キリスト教団青年修養会で、同牧師の講演を聞いた。私は、自分の信仰経験から推して、我が身をつねって人の痛さを知るように、赤岩牧師の信仰体験が本物であることも分ったし、またある程度の処で主知的神学にとどまり、表現上手な話しぶりで自分で自分に参ってしまっているなと思った。
 しかし、ともかくこの人のおかげで、私は「共産主義」に対する誤解より解放された。以後、思想的には左、信仰的には保守派という私が出来上がる。保守派のくせに、聖書解釈については八木誠一や田川建一がお気に入りという、教界から見れば不可思議な人間が出来上がる。なに、不思議な事も何もあるものか。私はただ「真実」を求めるのみなのである。
      ×   ×
 私が「真実」という時、私は何か目に見えぬものが、目に見えるまでに至る寸前の、その何ものかを想う。たとえば「場」、たとえば、この「私」。「私」をそっとのけてみると、そこに私の「場」がある。この場がなければ私はない。この場は見えないけれども、また「仮想の眼」をもって見ると、場は見える。私がひょいとのいてみる。そこに私はあった。その場がなければ私はいなかった。同様に、私の場がなければ私は生まれ得なかった。万物しかり、その「場」がなければ「物」は生じない。この「場」こそ真実だ。<つづく>
(1973.11「心に満つるより」No.2より) 
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-10-25 12:30 | 日岡だより

No.510 「救われている」という実感! 2011.10.16

「救われている」という実感!   
 
 また、キリスト新聞の記事をお借りするが、最近の同紙のQ&A欄で「救われているという実感がありません」という読者からの質問がありました。これは率直で、良い質問です。よく、こういう質問を同紙が捉えて下さったと感謝する。これは、多分どこの教会でも信徒諸君の間で(つまり求道者のレベルではなく)、信徒の皆さんの間で潜在(!)する究極的質問ではなかろうか、と思うのです。わが教会での真相はどうでしょう。
 「潜在(!)する究極的質問」というのは、多分こういう質問は、教会の中では公(おおや)けにされにくい問題だからです。
 しかし、これは救の確かさについて、各教会における牧師と信徒間の共通認識でなくてはなりません。
 あなたの教会に「あなたは救われていますか」という問に対して、「はい、私は救われています」とはっきり答えられる信徒メンバーが何人いますか。
 また、この答えを大胆に発言したにしても、その本心は正にその通りの信仰であったかどうかは、疑問の余地がある場合もあります。牧師に指導されたままに大胆そうに答えたに過ぎないこともあります。
 なんでも疑ってみようと、こだわっているのではありませんが、正直に「はい、私は救われています」と答え得るクリスチャンを見ることができる時、それはなんという幸いなことでしょう。
 しかし又、そのようにある人が「はい、私は救われています」と答えてくれたとしても、正にその人が主の御十字架の御救いに預かっていますかどうか、その保証はでません。その保証は当人の霊性と、神様の側にのみあります。
 教会で、牧師が按手してくれて、「はい、あなたは救われました」と宣言してくれたとしても、そこに救の確かさは保証されますか。はい、牧師が如何にいい加減な人であったとしても大丈夫です。その按手を受けた人自身が、真実その按手を信仰をもって受けとめた時、その按手は正に正当です。聖霊様は彼の上に働いて下さいます。
 信仰とは当人の魂(心)と霊性の現実です。霊性とは何か。魂(心)の深み、本質とでも言いましょうか。人間の目は、自分自身を見ることが出来ないように、人間の魂(心)と霊性は自分自身自己確認はしますが、自分自身を他人に向かって即物的に証明できません。ここが歯痒いところです。
 しかし、自己確認できる自己の実存において、「私はイエス様を信じます」と言うのです。「私はイエス様を信じている」とはっきり言える私の実存に私自身すっかり安心して信仰を維持するのです。かかる信仰の維持は、人の内部において神秘であります。こういうことが平凡な一人格におこるということこそ、正に奇蹟です。
 私たちは、この私たちの内部における信仰発起とその維持、その奇蹟に驚嘆の眼を開きつつ、信仰生活を推移し、遂行するのです。そして、信仰の完成、天国への希望を達成するのです。
 これこそ、神様ご自身の天国成就の御業の遂行です。こうして神様のご意志が顕わにされ、イエス様の地球における尊き御業が完成し、人類に対する神様の愛が実現され、神様の栄光が表明されるのです。《く》
 
 
愛とは親切のこと   
 
 キリスト教は愛の宗教であると、よく言われる。それでは、愛とは何なのか。分かっているようで分からない。ところで、
 最近、「親切は驚くほど体にいい!」という本を読んだ。(飛鳥新社刊1300円)読んで目が醒める思いがした。
 キリスト教で「愛、愛、愛」と言うけれど、本当は「愛とは何なのか」、よく分かっていなかった。この本を読んで、初めて良く分かった。牧師でこんなことを言うのは恥ずかしいが、愛とは何なのか、初めて分かったのだ。そうだ、愛とは親切のことだった。
 僕の理解では「親切」とは「親しく深く接することである」。だから、親切は深切と書いても良い。(また親接とも深接とも書いてもよいかも)。
 愛という言葉を気分で察すると、なんとなく甘やかされ、抱きしめられ、愛撫されるような心地を味わう。しかし、愛という言葉を、それは何なのかと問い直してみると、なんとなく曖昧である。それを「親切な思いと、その行為である」と言ってみよう。そうすれば、意味がはっきりする。具体的な解釈になっている。
 神様はイエス・キリスト様という人格となってこの地上に生きて下さった。そして尊くも驚嘆すべき死と復活を遂げて下さった。そこには血を吐き、身を滅ぼす切実な思いと行為とがある。それこそ、正に「親切な思いと、その行為である」であると申し上げたい。人類を愛する「神の業」である。
 神の業の発端は宇宙の創造である。神はそのすべてを見て良しとされたと創世記にはある。しかし、その結果はアダムとエバの罪によって汚される。(ここで滅多にない聖書の記事だが、神は後悔されたなどと書いてある。そんなことが有り得るのだろうか。しかし事実、神は後悔された。アダムとエバは神様に重大な恥をかかせ給うたのである)。
 人類の始祖の罪の延流は六千年続き、全地球を覆い、多分その影響を全宇宙にまで及ぼしているであろう。それらの罪の結果を完全に贖い聖め尽くす御業もイエス様にしか為し得ないことである。
 神様ご自身であられ、また自ら人となられ、陰府に下って死を体験された復活されたイエス様こそ、人類の救い主、地球と宇宙の回復者なのであられる。
 我らは身を伏し双手を上げて、我らの主イエス様に賛美と栄光の御称えを捧げよう。この方以外に私たちの救はなく、崇むべきお方はない。ハレルヤ! アーメン! 《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-10-18 16:23 | 日岡だより

No.509 情熱としての説教 2011.10.9

情熱としての説教   
 
 キリスト新聞の最近号に「情熱としての説教」という講習会の広告が出ていた。その添えた言葉に「神の言葉は情熱をもって語られ、聴かれているだろうか」とあった。これは説教者に対する厳しい忠告であろうが、また聞く会集の諸兄姉に向けての大事な警告でもあろう。
 私の初期の鶴崎伝道、米屋町伝道の頃の聴衆者の中から輩出した勝れた諸兄姉のメンバーを思い出さずにはおられない。
 現在の私、あの頃の「情熱」を今も果たして維持して居るや否や、改めて心を立て直し、燃やし、主に従って前進しよう、いや猛進しよう、と思ったことである。
 また、ここに信徒諸兄姉に警告したい。あの頃の諸先輩のように、主に忠実に従い、信仰と伝道に奮起し、ますます聖書と祈りに専念しよう。
 特に、前記のキリスト新聞の広告の言葉だが、「神の言葉は情熱をもって語られ、聴かれているだろうか」の中で、信徒の皆さんに聴いて欲しい一句、「神の言葉は情熱をもって語られ、聴かれているだろうか」前者は牧師に対する忠告だが、後者は信徒の皆さんに向けられた言葉である。「神の言葉は情熱をもって……、聴かれているだろうか」。大正、昭和の初期、東京柏木で語られた内村先生の聖書講義ほど会衆の情熱をもって聴かれた神の言葉は無かったかも知れない。
 私の20歳代の鶴崎集会の頃の聖書講義もその内容においては兎も角、熱情の程は然かり。現在の私の比ではなかったであろう。今の会衆の皆さんに申し訳ないが(呵々)。大分市の大道町峠の上の隠棲で語ってくれていた叔父釘宮徳太郎の熱誠な聖書講義も又然かり。特にその時の叔父の訥々(?)たる熱祷には、今も思い出すだけで心が燃える。私も些かの情熱を持って説教を語りはするが、主よ、あなたの情熱の一端を私にお分けください。
 ところで、会衆の皆さん、私の拙い、霊性の乏しい説教ながら、寛容と愛をもって私の説教をお聴き願いたい。更に「熱情をもって」お聴き願いたい。「熱情をもって聴く」と下手な説教でも「御言があなたの心に浸透する」ものです。「熱情をもって聴く」とは、どういうことでしょうか。牧師を通して語られる神様の臨在を信じること、そして御言を語るあなたの牧師を愛し、信じることです。
 私たちの救い主は、ソクラテスでも、お釈迦さんでもない。イエス・キリスト様だけです。ソクラテスも、お釈迦さんも、人間であって神様ではない。神様とは、日本人の言わゆる我々の祖先なる神々のことではない。全宇宙を作られた唯一の父なる神である。イエス様を父なる神の御独り子と呼ぶのは何故か。天地万物の創造者たる神様が、その姿を地上に御体をもって現れ、息を吸い、パンを食べ、イエス様に於いて、具体的に生きて下さった、人類の歴史上唯一回限りのことだったからである。幻やお言葉だけによる顕現は聖書のなかで幾度も、その例があるが。(2011年10月4日)
 
 
信徒諸兄姉、勉強しよう   
 
 私はかつて、拡大宣教学院において講義の一端を受けもって、授業をさせて頂いたことがある。果たして充分に院長先生たる永井先生のお眼鏡に適うような講義が出来たのか、どうか自信はなかったのであるが、私も青年時代から及ばずながらも、些かの勉強はしてきたので、大恥はかかずにすんだのか、それとも永井先生以下諸先生のお目こぼしもあったのでしょうが、いずれにせよ些か小生の若い時の人知れずこっそり勉強してきた聖書や神学の学びが役立っていたことは事実であろう。
 当教会の信徒たる諸兄姉がたよ、おすすめする。神学校に進学しませんか。私たちには前述の確かなる拡大宣教学院もちゃんとあるのです。遠慮無く、東北の宮城県にある拡大宣教学院に進学しませんか。独身の人は勿論、家族のある人も勇気をもって進学の決心をされませんか。
 「とんでもない。私には家族もあり、子供さえいます。どうして、そんな大胆なことが出来ましょうか。それに釘宮先生自身、神学校にも行かず、一人で伝道を始めたのではありませんか? 私たちも神学校に行かずに、伝道してはいけませんか」
 「えっ、そうですね。それじゃあ……」
 私は皆さんを見回して言う。
 「じゃあ、あなた。そしてあなた、あなたも。明日から伝道に出ましょう」
 またもや「とんでもない」が出てきます。 「とんでもない。私には家族もあり、子供さえいます。どうして、そんな大胆なことが出来ましょうか。」

 私は人様にはそんな無謀なことを言った事はありませんが、自分自身にはそう言い続けて初期の伝道を始めたのです。自分の家で、自分の市内の会館の一室で、自分の隣の町の民家を借りて。
 第一回鶴崎集会を林正貴兄宅、それは当時は大分市の東の隣の町でした鶴崎市の中心街の真中にありました。これは私が私宅を出て市街地の真中で公開的集会を始めた最初のことです。
 その時、林さんのお宅の正面に出した壁新聞には「日本を救うものはアメリカか、ソ連か、果たして誰か、それはキリストだ」と書いたものです。真っ先に、顔を真っ青にして私のところに駈けつけたのは、県警察の公安の係官でした。まだアメリカやロシアとの関係の微妙な頃でしたから、無理も無いのです。私も恐縮しました。思い出せば、そういう時代でしたね。感慨無量です。昭和25年の頃です。(釘宮)
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-10-11 16:50 | 日岡だより

No.508 手島先生と私の信仰の相違 2011.10.2

手島先生と私の信仰の相違   
 
 手島郁郎先生が天に召されて、既に38年になる。先生は私の感覚によれば世界的人物であった。先生の信仰は独特だが、私は先生を心から尊敬する。崇拝と言っても良いくらいだ。(ある先生が「私の崇拝するのはイエス様お一人、他の先生方や歴史上の聖人クラスの方々でも尊敬はするが崇拝はしない」と言ったことがある。そういう意味では確かに崇拝ではないが、しかし矢張り、手島先生だけは崇拝と言ってもよいくらいの気持ちで先生を偲んで居る。)
 とは言え、私は先生のそばから意図的にはっきり逃げ出した人間で、だから先生からは公けに破門を食った人間なのである。変な言い方だが、私はこの「破門」を名誉のごとく有難く思っている。手島先生の許から逃げ出した人は山ほど居るだろうが、正式に破門を食った人は数える程しかいないだろう。これは私にとっては名誉の破門だとさえ思っている。(これを聞いたら先生は「困った奴だなあ」と、苦笑されていることでしょうね)
 手島先生から私が去ったのは、何も感情的な、あるいは誤解や、そういう事情ではない。先生と私の信仰との間に抜き差しならぬ相違点があったからである。勿論、表面的にはその年の新年聖会の会計に私の金銭処理に千代奥様が不審の念を抱かれたからであったが、私はその点において良心的には今でも疾しい点は一つもないが、会計簿記上の誤解されやすい欠点はあったと思っている。千代奥様が不審の念を抱かれたのも無理はないと後になって気がついた。しかし、その弁明をしようにも、もうその弁明する場がなくなってしまっていた。弁明すれば弁明するほど、互いの心理状態が誤解に誤解を重ね、もつれてしまうことは分かりきっていた。私はそれ以上弁明を試み、幕屋の組織に残ることを諦めたのである。
          * 
 しかし、私が手島先生のそばを離れたのは、もっと根本的な理由がある。それはいずれが良い、いずれが悪いという、そういうことではない。信仰上の問題点である。
 先生は私の信仰上の大事なテーマ、信仰義認について、理解して下さらないであろう、ということであった。先生の信仰の凄いのは、先生の信仰実存の確固たる聖霊体験である。そこから溢れ出る確信である。奇蹟的神癒や預言などの表出もある。正に天才的です。私は先生は言わば「天才だった」と言うのです。
 先生はよく、「自分は小学校の時から劣等生だった。皆に付いて行けなかった」と仰有っていた。察するに他の子供たちには付いて行けない一種の天才ぶりを、「僕は低能だったよ」と言って聞く者を笑わせていたが、その周囲の者に些かも理解して貰えない不幸さを幼い時から持っていたように思われる。そこに先生の不幸さもある。しかし、そこに先生に生れながらの天才的独自の生き様を植え付けられた神様の尊いご配慮もあったのだと拝察する。私にすれば、「手島先生は正に天才であった」と言う外はないのです。いいえ、「更に傑物であったですよ」とも言い添えたいのです。
 この先生の信仰の独自の確立性から、私が主から頂いていた「信仰義認」の信仰を受け付けないという不幸がおこったのです。先生にとっては「信仰義認」の信仰は、一種の合理的頭脳論理による知識の組立てでデッチ上げた理屈の信仰のように思えたらしいのです。いや、私は先生がこう仰有るのを確かに聞いたのです。「義認信仰というのは僕は分からんね」。
 「いや先生……」、私はさえぎって、私の「義認の信仰」を聞いて頂こうとしたのですが、「それは単なる理論的言葉の組立てに過ぎない」と、踏んだようです。私はこのように手島先生が「義認信仰」への理解が出来ないことに内心おびえたほどです。
 先生は「義認信仰」とは、単なる言葉の組立てによる、信仰の論理的積み上げであって、その人の実存的信仰になっていないと断じたのですね。
          * 
 私はしかし、22歳の11月23日の回心の体験があります。私にとっては、「義認の信仰」は徹底して私の霊の底において、ある日、ある時、その瞬間、現実的に起こった事実であります。私はその瞬間から、イエス・キリストの救に預かり、私はイエス・キリストの血と肉の死により生まれ変わって、神の子とさせて頂いた、この疑うことも隠すこともできない宇宙的出来事を我がものとできたという奇蹟の一瞬を私は誰に向かっても堂々と証言できる、この不思議さに我ながら驚嘆しつつ賛嘆せざるを得ない。この神様よりの恩寵を如何に称えたらよいでしょうか。その言葉を選ぶのに苦しみます。
 しかし、先生から見れば、「義認の信仰」というのはアタマで言葉をもてあそんで、自分は救われていることにしてしまう、たちの悪い偽信仰ということになるのでしょうか。
 この義認信仰の在り方が分からないという、手島先生はまさに幸福な方です。ご自分の信仰にしっかり自信が持てる大確信者です。「俺は神様を信じ、イエス・キリストを信じ、聖霊を信じ、この確信を握って、多くの信徒たちを驚嘆させる奇蹟的な業をも実践できる。神様からの多くの奇蹟を皆さんに見せて進ぜよう」、こういう信仰をもって私たちに語ってくれました、あの先生のご様子を今も思い出して、私は陶然とします。あのような先生が現実に生きておられたのだ、それを私たちは目の前で見聞きできた、また按手を受けてぶっ倒れた、あの感覚を未だにまざまざと覚えておられる方々も多いでしょう。
 こんな思い出を「テシマ崇拝」のグループ活動にしてしまうのは危険がありますが、しかしいつまでも大手島を懐かしんでいることは同様の体験を持つ人々にとっては止むを得ないことです。
 ともあれ、私のテシマ経験の一端を申し述べました。前述したように私は手島先生から離れ、先生からは大っぴらに破門されたわけですが、今に至るまで、私は先生の恩義を忘れませんし、千代奥様のご愛顧も忘れません。また先生から受けた信仰上の教え、頂いた霊的賜物、そして先生の情の厚いご恩顧を私は到底忘れることは出来ません。今は既に天におられる先生ご夫妻に心からの感謝、御礼を捧げたいのであります。(釘宮生)
 
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-10-04 16:13 | 日岡だより