<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.494 初めに神は天と地とを創造された 2011.6.26

初めに神は天と地とを創造された

 聖書は旧約聖書と新約聖書とを合わせて、約2千頁近くになりますが、その冒頭の第一句が今回の標題にしました「初めに神は天と地とを創造された」というお言葉であります。
 ここには聖書の宗教を語る5つの特徴ある語彙が表されます。並べて書きますと、
  一、初めに、
  二、神は、
  三、天と、
  四、地とを、
  五、創造された
であります。

 第一の「初めに」は、古い訳の聖書では「元始に」と訳して「はじめに」と仮名をふってあります。明治の先生がたの苦心の翻訳と言えましょう。
 つまり天も地もまだ出来ていない、この大宇宙が出来ていない時、この銀河系宇宙や、その他の諸宇宙もまだ出来ていない時、神様はまず天という大空間をお作りになり、そこに多くの無数の星や、我々のこの地球もお作りになったのですね。これは、想像するだけで目もくらみそうな天地創造の聖書の記事です。
 こんな記事は本来の人間には本当は到底書けません。しかし、神様から教えて頂いて聖書の記者はやっと書くことが出来たのです。
 聖書のすばらしさは、ここにあります。人間の知恵では本来、到底書けないことです。それが聖書です。聖書の本来の記者は聖霊様です。聖霊様に手を取ってもらって、聖書記者は聖書を書けたのです。こうして、聖書がここまで書いてくれますと、人間もどうにか真似をして、宇宙創造物語を書き綴ることもできるのです。

 第二は「神」ですが、こうして文字に上げるのも不謹慎な感じがして申し訳ないと思います。「初めに神は……」の語句の中では、主語が「神」ですが、正に神こそ凡ての言葉の中で主語です。
 日本人は多神教でして、神という言葉は本来複数でしたでしょうが、その日本人も明治、大正、昭和とキリスト教が浸透して来て以来、神と言う言葉を一神教的に思考する人は増えてきていると思います。
 現代の日本人が、「神様にお願いしているんだ」などという時、心に描く神様は複数の神でしょうか。単数の神でしょうか。昔の人と違って、今の人は「神様」と言うとき、ただ独りの神様、キリスト教的な神様を意志する人も多いのではないでしょうか。

 第三は「天」ですが、天は万物を蓋い尽くすものです。又、太陽と月と星を保ち、つねに人を覚え、守り、支配している、特に万人に対して平等に慈しむ力や姿をあらわに示します。神様が天を作り地を作られるのは、その神様の人類を支配し愛する力の象徴として天は格別な神様の御心を表す神の第一の創造物です。天は人にとり「空」でもあるけれど、何よりも天は宇宙そのもの、人類を蓋う、愛と力の表象です。人は寂しい時、辛い時、思わず天を見上げるのです。

 第四が地ですが、正に地は大いなる母です。幼子が母にかじりつくように、人類は食物を地から得、死ぬる時、地に帰ります。また、謙虚そのものに平伏する時、地に伏すのです。人は失敗と敗北を喫する時、母なる神のふところにむしゃぶりつく時、大いなる慰めと、回復の力と、命の水の源なる乳房の吸いつくすほかにないのです。

 第五は神は創造の神だと言うことです。創造とは何も無い所から、良きものを豊潤に生み出す力ある方。絶望しきった死人の如き敗北者を復活させ、立たせ、飛び上がらせ、走り出させ、価値あるものをドンドン生産させる方です。
 落魄より回復、再生、勝利。無より有を得しめ給う方、死より復活。これがキリストの福音、あなたも私も、勝利の祝杯を浴びよ。ハレルヤ! アーメン!(釘)


 
私にとっての禅  
         
         (一)
         
(先週よりのつづき)
 私は青年時代より(神学が好きであったにもかかわらず)、神学や教理をとびこえて体験的独習的求道生活を送り、「回心」や「神秘体験」をへてきたおかげで(そしてしかも最近一〇年いわゆる神秘学にヘキエキしてできるだけ自然、素朴、合理的信仰に生きようとしていたのが更によかったと思う)、禅的世界にはいり込むのは他の人にくらべ、割合にやさしかったのではないかと思う。つまり、今の私は「悟りたい、悟りたい」とサトリ欲にとらわれて猫が餌をねらうように虎視眈々、息をつめてねらっている―――そんな感じの坐禅でなく、相当おちついて只管打坐ができるのである。毎朝、毎晩、三十分か一時間何の利益も求めずただすわるだけ、その妙味が少しずつ分りかけてきているのである。(つづく)
(1973.11「心に満つるより」No.2より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-06-28 15:39 | 日岡だより

No.493 主の御名を呼び求めよ、さらば救われん 2011.6.19

主の御名を呼び求めよ、さらば救われん

 標題は使徒行伝第2章21節の御言葉です。昔軍隊で、上官から名前を呼ばれると、誰でも「ハイッ」と答えて隊列から前にパッと一歩踏み出したものです。そして次の命令を待っているのです。例えば、その命令が、
 「敵陣に向かって突進せよ」と言うのであれば、部下たるもの、その命令のままに命も惜しまず、駈け足で突っ込まねばなりません。
 ところで、この標題では、そんな難しいことを言っているのではありません。ただ、「主の御名を呼び求めなさい」と言っているのです。「そうすれば救われます」という大変な約束のお言葉です。「救われる」とは、罪人の立場から引き抜かれて、天国の身分を与えられるということです。
 聖書的に我々自身を顧みれば、やがて死ねば地獄に落ち込むべき死刑囚の身分です。それが、天国に行けるという、有り難いお言葉です。どうすれば天国に行けるのですか。ただ主イエス様のお名前を呼びさえすれば良いというのです。耳を疑いたくなるような有り難いお言葉です。《く》


神兵演歌

(一)おいらのイノチは神のイノチ
  神のイノチが躍動すれば
  ちっちゃな人生 ひっくりかえり
  悪魔けちらし再発進

  (補)なりはやくざにやつしてみても
    月よみてくれ血潮のにしき
    生れかわって天与の水に
    生きる男の晴れ姿
           (勘太郎月夜唄模作)

(二)人を愛せば生命をすてろ
  国を愛せば家をもすてろ
  金も名誉も友さえいらぬ
  神と一つに生きる道
 
(三)前進前進一歩もひくな
  神の兵卒くじけちゃならぬ
  御霊のほのほにやきつくされて
  宇宙完成なる日まで
 
 これは昭和四十五年の秋、宮崎旅行のさい作詞した演歌風讃美歌。私は旧来の讃美歌はあまり好きではないのである。少々ふざけた作品だが、唱うといいですよ。下手ですが私なりの曲もあるのだが、どなたかいい曲を。(くぎみや)
       (1973.11「心に満つるより」No.2より)

 
私にとっての禅   

         (一)
 今日(一九七三・九・二四)は小倉にいくので、N君に大分駅まで送ってもらって「ゆのか一号」に乗った。私はなるべく自動車は使わない、汽車(本当は今乗っているのはディーゼル車だが)に乗ってゆったりした気分でいくことを好む。それで、できることなら、グリーン車を選ぶ。少しぜいたくかとも思うが、私にとり、車中もまた精神的生産の場処であるので、それもよかろうと自らに許している。
 今年の五月か六月だったか、福岡まで行くのに、やはり同じようにしてグリーン車に乗っていった。例により客は少なく、私は明るい車窓に孤独をたのしんだ。若い時の私はこういう時、わずかの時間も惜しんで、読書をしたものであるが、最近は読書よりも黙想をたのしむ。その日は、私は黙想というよりも、もっときびしい坐禅風な瞑目を私に課した。中山香駅(大分駅より八つ目ぐらい)より、目をつぶって、数息観をはじめ、数を十でとめずにドンドン数えつづけた。おおよそ二時間半、五六四息で博多駅についた。当時坐禅のまねごとをしていた私にはこれは、非常によい体験になった。それ以後ずっとすわりやすくなったように思う。
 けいこごとなどがそうだと思うが、毎日少しの時間でよいから、うまずたゆまず練習をすることと、時折思いきって時間をかけて重量のある練習をすることとが、進歩するコツだと思う。毎日といえば、「当時坐禅のまねごとをしていた私」と書いたように、その頃五月十三日より独習で坐禅をはじめ、七月に入ってK君に相伴して大分市の万寿寺の僧堂で二週間ほどすわり、以後今日まで既に四ヵ月毎日三十分~二時間ずつ坐りつづけてきている。坐禅をしていると、たしかに微妙な変化がおこる。ただ私には、まだ禅宗でいう「見性」ということが分からない。私は既にキリスト教でいう直覚的回心をしているからか、禅宗でいう「見性」ということがある面でのみこめる。それがかえって、ややこしくなる原因かもしれない。
 八木誠一がドイツの汽車の中でカツ然と心境のひらける体験をして(私にいわせれば、それはまさしく回心である)、それを禅僧にいったら、それは禅宗でいう「見性」と同じであるというような返事があったという。それが本当なら、私はすでに見性しているということになるが、果たしてどうなのか。私は職業的宗教家のその内実に信用がおけず、そのまた信用できないという私の直観がしばしば正しかったというこれまでの経験から、私は宗教的大物に会うことに一種の怖れをもっている。そんなわけで、まだ老師級の人に会っていない。それだから、勿論、独参などという事もなく、私の回心体験を禅宗でいう大小の見性のどの辺に位置づけていいのやら、またまったく見性などになっていないのやら、よく分からないのである。以上のようなことで、私と禅の関係は、宗派的にいえば非常にあいまいなのであるが、「禅」と「禅宗」とを区別して、純粋禅として考えれば私は相当禅に深入りしてしまっており、一種言うべからざる「キリスト禅」とでもいうべき世界にのめり込んでしまっているのではないかと思う。(つづく)
      (1973.11「心に満つるより」No.2より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-06-21 15:33 | 日岡だより

No.492 豊かな恵み、ご聖霊様の恵み 2011.6.12

豊かな恵み、ご聖霊様の恵み   

 今日はペンテコステ記念日です。聖書は使徒行伝から3か所、み言葉を選ばせて戴きました。まず使徒行伝第1章1~8節、続いて第2章1~4節、次に同じく第2章17~21節です。
 ペンテコステとはギリシャ語で「第五十日」のこと、過越節の日から50日目に守られた五旬節と言われた祭の日です。イエス様がご復活の後、40日地上で過ごされて、オリブ山から昇天された。その昇天の日から10日たって、この日が来る。第五十日です。バプテスマのヨハネが予言した聖霊によるバプテスマの日です。
 使徒行伝第2章1~4節に、その日の模様が記されている。正にイエス様のお約束の実現でした。神学的には、この日がキリスト教会の始まった日であるとされます。
 私は「聖霊」と呼び捨てに申し上げたことは、ある時期から、絶対にありません。私にとって聖霊様は神学用語ではなくて、ある時から親しき私の友としての呼び名となりました。親し過ぎて尊敬の雰囲気を失する怖れもありますが、私は敢えて用います。聖霊様とは私の親しき友人としての呼びかけであります。しかし、親しいだけではない。最高の尊敬の念を取り残す訳には行かない。そこで「御」の字を加えて御聖霊様とお呼びすることも多いのです。
         *
 求道の過程において御聖霊様が働いて下さって、私どもの魂に信仰の心が湧き起こります。正に奇蹟です。信仰とは人間の意志決定ではありません。それに非常に似ていますが、人間の意志が神様の愛の前に屈服することであります。
 「ああ、私は死んだ。私の内にイエス様が生きておられる」。そのことが、私の魂に生起します。もう一度言います。これは正に奇蹟です。もう、私は生きていない。生きているのは私ではない。私の内にあって生きているのは、正にイエス様である。この事実に圧倒されます。
 こうして一人のクリスチャンが生まれます。はっきり言えば、その人の信仰ではない、信念でもない。「我もはや生くるにあらず。キリスト、わが内にありて生くるなり」というガラテヤ書2章20節のお言葉が、正にそのお言葉が、その人の魂に現実として起るのです。信じさせられたという感じです。
 ハレルヤ! 主が勝利されたのです。私に信仰させまいとするサタンの陰謀や妨害に主は勝利されたのです。私はそれまで、イエス様の救を信じたいと、どれほど願ったか知れません。しかし、どれほど願っても私の心は信仰に傾きませんでした。この奇妙に頑固な私の魂、イエス様の救を信じたい、信じたいと幾ら願っても信仰に傾かない我が魂を我は如何ほど呆れ、また憎んだことでしょう。
 この私の頑固な魂を砕く方は御聖霊様しか、いらっしゃいません。イエス様を信じたいと幾ら願っても信じることは出来ませんでしたが、その不可能を可能にして下さるのは、正に御聖霊様です。御聖霊様が私に臨む時、一切が解決しました。ハレルヤ! アーメン! 
         *
 使徒行伝第2章1~21節をお読み下さい。そこには初代教会の誕生日の記録が残されています。イエス様の昇天後、教会が力強く発展する状況が書かれています。
 彼らには金も、この世の権力者たちも、応援するものは何もなかった。しかし、信仰と、特にあらわに表われて世間の人々を驚かせ、クリスチャンたちを勇気づける聖霊様の働きがあった。当時のクリスチャンたちはカラ元気ではなかった。確かに聖霊様の具体的な確かな応援があった。
 日本のキリスト教会の総体的信者諸君の欠点はオトナシ過ぎることである。もっと勢いよく、暴れ廻る獅子のごとくあってほしい。伝道でも元気が良すぎて、何処にでも出かけて行く。牧師は心配で教会でオロオロしている、そのくらいで良いのです。《く》


所詮ことばにならないが…   

 イエスは神の独り子である。これが正統的キリスト教の信条である。神に独り子があり、それがイエスなら、他に子供は無い。一つの場所を二つのものが同時にふさぐことはできないという初歩的物理学の原則に似た、初級算数の理づめである。
 「この独り子イエスによる以外に救いは無い。わたしたちを救い得る名は、これを別にしては天下のだれにも与えられていない。」――――これが使徒行伝第四章十二節における聖ペテロの宣言である。これを言葉通りにとると、おシャカ様も、孔子サマも、道元サンも、日蓮サンも救われない。そんな馬鹿な事があるものか。人を救うのは、あのイエスという人物ではない。イエスをキリストたらしめた、そのメシアとしての実存である。それが神の独り子性だ。その神の独り子としての脱イエス的実存が、全世界、全宗教の救いであると、かねてより思っていた。その実存が、「一即多」として、万人共同体験できるし又、万人共同保有の筈のキリスト性であるとしたら、神の子は「独=全」という数式がなりたつ。
 これはいけない。これはいけない。こうして理づめで反キリスト教的な口吻をもらしてみても仕方ないことだ。
 「キリストの死が私の死、キリストの生が私の生」という、起死回生的一大事実を、我が体内に経験しなければ何もならない。 (1972.12.6「大分通信」より)
 (「こうすれば信仰がわかる」に収録)

〔あと書き〕
信仰には関係ないことですけれど、今大分市内の「芸術会館」で、豊墨会主催の書道展が行われています。今日一日ですから、お薦めするのも遅すぎましたけれども、時間があったら、お出でください。ここでは、絵もよく展示されるけれど、私は絵はよく分かりません。それに比べれば、字のほうは少しは分かるのです。佳い字と、そうでない字との区別はつくのです。これは大分商業学校在学中、そこで学んだ習字の先生が良かった。三雲鉄郎先生とおっしゃる。この先生に上手な字ではない、佳い字というものがある。それを教えて頂いたように思います。深く、深く、感謝している次第です。余計なことを書いてしまいましたが、あしからず。《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-06-14 13:48 | 日岡だより

No.491 もろもろの人よ、手をあげ御名を呼ぼう 2011.6.5

もろもろの人よ、手をあげ御名を呼ぼう

 詩篇第63篇を読みましょう。その第一節、
「神よ、あなたは私の神、
 私は切にあなたをたずね求め、
 わが魂はあなたをかわき望む」
 表題に「ユダの野にあったときによんだダビデの歌」とあります。
 ダビデはイスラエルの王でしたが、その三男アブシャロムの反逆を受け、城を去って、ユダの野に逃れたわけです。世は戦国時代です。親子の仲でも、この始末です。信じられるものは何一つ無い、そういう時代です。
 ダビデはどちらかと言うと、欠点の少ない人間です、それに人から愛され、人望もあります。滅多に人から背かれることはないと思われるのですが、それがなんと実の子から背かれる。人生、空しいなあと思わざるを得ません。
 ダビデは述懐します。「水なき、かわき衰えた地にあるように、わが肉体はあなたを慕いこがれる。」
 水一滴を慕いこがれる肉体にも似て、私の魂は神様を想い、恋こがれているというのです。神様を思う心は食に飢えて水に乾く肉体のように全身で悶え苦しむのです。
 4節に「わたしは生きながらえる間、あなたをほめ」と聖書にありますが、私は「生きながらえる間」と言うより、「命の限り」と訳してみたいと思う。そして「手をあげる」とは、水に溺れそうになっている人が「命の限り」と叫んで救を求める必死に伸ばしている手なんだと想像するのです。正に命がけの「手をあげている」姿です。そして声も枯れて叫んでいる憐れな男の姿が目に浮かびます。
 ここで重大な変化がこの男に起こります。あれほどに命も限りに叫び、手をあげ御名を呼んでいた男が(正に、絶望的だったでしょう)、今更のように「床の上であなた(神)を思いだし、夜のふけるままに深く思う時」が来たということ、これは何でしょう。
 信仰の過程の中で、「絶望の時」、その一瞬が来るということは主の恵みです。人間は真実の絶望を持ち得ない、罪の縄目をしっかり握って離し得ない、欲深い存在です。この罪と欲から到底離れることの出来ないサタンの捉われ人が遂に絶望の極地に立って、サタンから離れて主の福音の領土に立つ一瞬、絶望は歓喜の希望の峠に立つのです。
 「最早われ生くるにあらず」(ガラテヤ2:20)という窮地に立つ時、一瞬逆転して、「キリスト我が内に在りて生くるなり」(ガラテヤ2:20)という人生最高の基盤に立つことができるのである。この幸いをなんと表現したものか、あらゆる言葉を絶する。
         *
 この辺りのクリスチャンの最大の至福の転換期は、聖霊様のご干渉によって起こる。多くは「義認の信仰」であるけれど、もっと極端な事件が起こる。例えば使徒行伝第9章1節~2節に出て来るサウロ(後のパウロ)の回心事件である。
 私はこの尊い経験を昭和19年11月23日に頂いた。このことは何度もこうした紙上や公開の場で話させて頂くけれども、幾ら話しても飽くことはない。そうして正確に包み隠さず語ることは、どうしても不可能である。あらましを語るに過ぎない。しかし、それにしても、それを語らせて頂くことは何という幸せなことであろう。
 使徒行伝第9章1~9節のパウロの体験は、コリント第一の手紙15:8のように何度でも記されている。パウロは各教会や、その他の場所で自分のキリスト体験を詳しく語ったに相違ないと思われる。
 この「キリスト体験」という言葉を注意してほしい。キリスト信仰とは「キリスト体験」のことである、と言い切っても差し支えないと思う。
 諸兄姉の魂の内存に「キリスト体験」が確立されているか、どうか。それが曖昧でないことを期待します。しっかりとご自分で確認して下さい。それが曖昧だったと、そのことを今確認されるなれば、そのことを感謝しましょう。あなたの信仰を確立する機会が来たのです。《く》


智恵について   

 サタンの智恵は狡さから生まれる。神の智恵は愛から生まれる。
 愚かさは、熱きにもあらず、冷たきにもあらず、無感動の人の心である。
 記憶力や推理力は脳の生理的強弱によってきまるが、智恵は一種の洞察力であって、脳の力のいかんにかかわらず、それをうまく利用し、足らぬは足らぬ儘に、かしこい智恵をしめす。少年イエスが学者をおどろかした賢さはそういう智恵である。百卒長や異邦人の女の智恵もそうである。
 この世では、おろかな人よりは、サタン的智恵をもった人の方が、使い道があってほめられることがある。不義なる支配人がそれだ。そういう狡い智恵は族長ヤコブや、使徒パウロにも見られる。手島郁郎先生にもそれが見られた。
 聖ならざる智恵であるが、一時的難関を突破するにふさわしい。いずれ更に大きい神の手に操られるのである。矢張りなまぬるき愚かさよりは良いようである。  (1972.7.14「大分通信」より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-06-07 14:45 | 日岡だより