<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.468 もの忘れ症候群 2010.12.26

もの忘れ症候群

 最近、物忘れがひどくなりました。いわゆる頭がボケてきています。もの忘れ症候群です。
 忘れるはずのない長年の親しいかたのお名前でも、ヒョイと忘れていることがあります。
 「あなたのお名前、なんとおっしゃいますかね」などと、お聞きする訳にも行かず、困っています。「先生、私の名前を忘れたのですか?」と呆れられそうですが、そんな兆候が私に見られたら、遠慮せず
 「先生、私ですよ。××ですよ。分かりますか」と、おっしゃってくださいね。
          *
 先日の祈祷会でも、私のメッセージで同じ話題の繰り返しが多くて、皆さん気になったらしい。後で聞いて、恐縮しました。
 ところで、使徒ヨハネ先生も年をお取りになると、そういうことが多かったらしい。
 「主があなたがたを愛したようにあなたがたも互いに愛し合いなさい」と何度も語った。とうとうある信徒が「先生、そのお話は何度も伺いました」とご注意申しあげたら、
 「いやいや。このお言葉が一番大事なんだ。この主のお言葉以外に、言うことはないんだよ」と言ったそうです。
 私も主のお言葉のみを繰り返すものになりたいものです。《く》


【過去の週報より①】   (1971.2.14~1971.7.18)
       
■一九七一年七月一一日
神の光をのみ見上げて
 先日、私の年長の友であるK氏が訪ねてきた。最近、人の手形の保証をかぶって、経済的に相当行き詰まっていると聞いていたので、そのことの相談かと思ったら、そうではない。ごく些細なことがきっかけだけれど、自分がいかにも妻や子に対して申し訳ない人間か、何とも罪ふかい人間かと悩んでいるのである。
 「ああ、我悩める者なるかな、この死の体より我を救わんものは誰ぞ」とパウロが悲嘆の声をあげたローマ書第七章をひらいて、共に祈ったことでありました。
 人は誰でもはじめ「自分は正しい、人が間違っているんだ」と自分をかばい、人を責めるに急です。そういう生まれながらの肉的人間は、なかなか神の声を聞きません。素直に聞き入れません。そのような人物の心が急に一八〇度転回して「私が悪かった」と思うとき、急に神の声を聞き得る通風孔がひらきます。
 私たちがいくら声を大にして神の福音を語っても、人が聞いてくれないのは、私たちも悪いのだろうが、それ以上に世の人々の耳をふさぐサタンの手の働きによるのでして、私たちは余り気落ちする必要は無いのです。
 このK氏のように、急に目がさめて自分の罪に気づく時、魂は海綿が水を吸いこむように福音を受け入れます。
 病気なおしや、金もうけや、家庭円満、秀才児の育児法なら人はワンサときましょうが、人の心の罪のうずきに応答する宗教に世間の人気はないのです。キリスト教とはそういう宗教であります。キリストという名の有無にかかわらず、人類の真正の宗教はそういうものであります。
 ところで、このK氏のように自分の罪に目ざめたら、もう一度心を一八〇度転回させて「我汝を許す」と言いたもう神の光をのみ見上げて、二度とおのれをかえり見ぬことです。一八〇度転回し、また一八〇度転回して三六〇度くるりと廻るとき、元の処に帰るのでなく、ラセンの道をまわって一段上に昇る、信仰の昇華の道であります。
 
■一九七一年七月一八日
古い型の信仰
 私どもの信ずる信仰は、古い古い信仰である。
 二千年前パウロやヨハネが信じ、アウグスチヌスや、ルターの霊的血統に見られる、古い古い型の信仰である。
 しかし、その古い型と言うのは、ローソクをともしたり、ひざをかがめて祈ったりする外面上の形式ではない。
 心の型である。日本の芸道において、その道をきわめる道程を「守破離」と称して表現している。お茶がコンクリートビルの一室で椅子席で行われ、活花の材料に時代的変遷はあろうとも、その道程が師匠の技を見よう見まねで外面的技術において熟達していき、それが内面的に浸透するにつれ破れ果て、ついにその成果と評価より意識がはなれて天地一体の超意識にまで至る、そういう成長の型はかわらないのである。
 宗教において、成聖とは行いすました脱世間人になることではない。神秘的超人になることでもない。
 人の世の四苦八苦に目ざめ解決を求めて、シャカは出家して山に入ったが、再び世に戻った。
 イエスは人の世の罪を救わんと、一度はヨルダン川の流れに身をひそめたが、再び人のこみ合う街に帰ってこられた。
 我々は信仰を求めて一度は世間に背を向ける。俗っぽい自我愛、肉親愛、金銭愛、名誉愛に傷つき、破れて、真実なるものを求めははじめる。そういう心の「破れ」がパウロ、アウグスチヌス以降の霊的祖先たちの特長である。
 そういう「破れた心」が神の言葉により「復活」を体験する。それが信仰である。その復活体験のみなもとが、自分の中から出ず、自分の内的経験ではあるけれども神の側から出ているとひたすら感じるのが信仰である。
 親鸞は、私どもの信心は私たち自身のはからいでできたものではなく阿弥陀如来のおはからいによるものだと言っている。似たようなことを日蓮も言い道元も言う。
 しかし、そういう信仰の芽ばえの源泉を、神とか佛とか天地とか自然とか宇宙とか言わず、グサリ一刀を入れる如く「それはイエス・キリスト」であると言いきれる処に、ありがたい、すばらしい私の信仰がある。
 
※今年2月に妻を亡くしましたが、私は喪中とは思っていません。年賀状は喜んで受け取ります。ただし、こちらから出さないでお返事になってしまうのは例年のことなのでお許しを。(釘宮義人)

[PR]
by hioka-wahaha | 2010-12-28 12:59 | 日岡だより

No.467 われ聖なればなんじらも聖なるべし(二) 2010.12.19

われ聖なればなんじらも聖なるべし(二)

 「日岡だより」453号の文章に書き足しています。
 口語訳聖書では「わたしが聖なる者であるから、あなたがたも聖なる者になるべきである」とあるのですが、これはペテロの第一の手紙第1章16節にあるみ言葉です。
 しかし、標題にした「われ聖なれば、なんじらも聖なるべし」という文語訳の聖句は、「私たち年配の者の心には焼きついています」と書きました。口語訳のみ言葉は分かりやすい点は良いのですが、心に訴える強さでは文語訳にかないません。
 実は、この「なるべし」という日本語の訳の言葉は、原語の意味を離れて実に面白いと思うのですよ。
          *
 「……べし」という日本語の文語における接尾語は「命令形」でもありますが、また「当然性」を表す「明日は必ず晴なるべし」というような使用法もあります。もう一つは、想像を表す表現でして「彼女は彼の愛人なるべし」というような使用法です。
 もう一つは、強い意志を表します。「我が輩は今度の選挙で最高当選やるべし」なんて言い方です。可能性の表現でもあります。こういうふうに「べし」という言葉の意味は深いのですね。
 だから「われ聖なればなんじらも聖なるべし」という言葉を、私たちが如何に受け取るかということで、随分変化ある御言の解釈ができます。その点を私たちの信仰の成長のために上手く利用できます。
 第一番には、素直に命令形と受けとれば、「私(イエス様です)は聖なのだから、お前さんも聖なるものになりなさい」と言う意味です。「ハイッ、私は聖なる者にきっとなります」と命令服従系で受け止めます。
 第二番では、当然形に受け取れば、「私(イエス様です)は聖なのだから、お前さんも当然、聖なる者になりますよ」と恩恵的な言葉になります。「ハイッ、有り難うございます。私は当然、聖なる者になるのですね」と感謝してイエス様のお言葉を受けとめます。
 第三番では、可能性に受け取りますから、「私(イエス様です)は聖なのだから、お前さんも当然、聖なる者になることができるのですよ」と言う意味になります。「はい、私も聖なる人になれるんですね」と、将来に希望を抱きます。「私はきっとイエス様みたいになれるんだ」と有頂天になるでしょうか。
 このように、同じみ言葉でも受取り方が違うと、受け取るクリスチャンのがわの恵みの程度も違って来ます。「今、そのままで、お前さんは聖なるクリスチャンですよ」と正直に受け取ることができると、その人には、その言葉が実現します。その人はそのまま、聞いたまま信じられて、何の思いこみも、信念の努力も、不要である。あなたは聖なるクリスチャンになることが出来る。
 要するに、大切なことは信仰です。天地を造られた主なる神、イエス様が「私のようにお前さんも聖なる人になりますよ」と仰せられたお言葉を、ただ、ひたすら信じる。そこに奇蹟がおこる。即座に、あなたは聖なる人になっているのです。信じましょう。
 あなたが、完全にこのことを信じるなら、あなたはその言葉のとおり、全き聖い人になります。半分信じるなら、半分聖い人になります。
 この「われ聖なればなんじらも聖なるべし」というお言葉を如何に受けとめるか、私たちの信仰の「進歩、成長、強化、増殖、拡大、栄化」の前途を夢見ようではありませんか。
 この夢を真面目に心に抱き、持ち続けましょう。この信仰の継続が私たちを更に栄えさせてくれるでしょう。
 これらのことは、とても私たちには及びもつかないことのようでありますけれど、しかし天の神、主イエス様のように聖(きよ)くありたい。これは主を信じ、主を愛する私たちの当然の願いです。とても達し得る境地ではありそうもないけれど、しかし是非とも与えられたい。
 453号の最後の文章をもう一度書きます。
 イエス様、あなたの聖(きよ)さを、私どもにお与えください。お分かちください。
 切にお願いいたします。
 私の貧しい理解ですが、神様の愛と義が一つになるとき、それが聖なのだと思います。
 その聖の何百万分の一でも良いですから、神様に頂きたいです。神様、是非! 《く》


【過去の週報より①】 (1971.2.14~1971.7.18)
       
■一九七一年六月二七日
<エリ、エリ>
 先週の日曜は、久しぶりに“我が福音”である「主の御名を呼ぶ」という教えにひたりました。
 これは一つには金池小学校の田坂校長先生が貸してくださった「キリストの死んだ日」という本の中で、不思議にもイエスの「エリ、エリ、ラマ、サバクタニ」という有名な言葉が印象に残ったからです。
 「エリ、エリ」とは「神よ、神よ」ということです。その訴えのあとでイエスは何言か大声を発して息が絶えたと言います。その時それまでイエスを嘲笑していた百卒長が、「げに、この人は神の子なりき」と言ったのです。
 「我が神、我が神、なんぞ我をすてたまいし」とイエスが死のまぎわ見苦しくも取りみだして泣きべそをかいたのなら「げに、この人は神の子なりき」と百卒長ほか、そこに居た人々の胸を打つことは無かったでしょう。
 「エリ、エリ」と神を呼ぶ、そこにイエスの信仰の秘儀をかいま見る心地がいたします。
 「主の御名を呼ぶ」については、私の小冊子「事業を活かす信仰」の第三章をお読みください。
[PR]
by hioka-wahaha | 2010-12-21 10:27 | 日岡だより

No.466 吉報来たる! 2010.12.12

吉報来たる!

 クリスマスを前にして、嬉しい報告が来た。西宮市のMさんからである。「確信を与えられた」という証しである。
 内村先生は、当時のアメリカ英語だろうか、コンポルジョンと呼んでいたが、これがなければ本当の信仰じゃないという言い方をしていた。今、アメリカでは「コンバーション」と呼んでいるらしいが、あるアメリカの方が「コンバージョン」ではなくて「コンバーション」なんですよ、と教えてくださったが、私はともかく、昔ながらの「回心」と呼びたいのです。Mさんの証詞を以下に載せます。《く》
    *     *     *
 釘宮先生
 ハレルヤ!!!イエス様のお名前を褒め称えます。
 先生の日岡だよりを送っていただきはじめてから私は明確な救いの確かさに渇くようになりました。先生の「救いの確かさ」や「日岡だより」を毎日無我夢中で読んで導いて戴き本当に感謝です。
 これらの小冊子がなければ回心について一体私はどうしたらいいのかわからなかったと思います。
 その状況をお証しさせて戴きます。
 ヒタヒタと聖霊様の風がここ三週間くらい迫って来ていたのですがとうとう昨日、明確に救いを確信しました。
 三週間くらい前からと書きましたが「どうして私はもっと早く教会に行かなかったのだろう?」という疑問が生活している中で私に問いかけてきました。
 私はキリスト教主義の幼稚園に行ったので教会にとても惹かれていたのです。
 その問いかけはとても苦しくただただ「なぜだなぜだ」と迫って来るのです。
 昨日午後三時頃やはり日岡だよりを読んでいました時に電光石火のごとくその答えに気が付いたのです。
 「ああ、それは私が自己中心の問題を軽視して神様の処に行かなかったからだ!!」と。
 その時、私にその裁きによって私の心に(霊に?)刺さっている鋭い木の破片の幻をはっきり見たのです。すぐさまヨハネⅠ一章九節に従って「自己中心」と「神様の元へ帰らなかったこと」を告白いたしました。
 そうするとはっきりとイエス様の十字架と二人の犯罪人の三本の十字架が幻で示され、赦されたと分かり、心が温かくなり(ここは怖れ多くも釘宮先生に似ています。)、こんな私がイエス様のような罪のない方の義を戴いたことがはっきり自覚出来ました。木の破片も取り除かれて感謝です。
 感謝しつつご報告もうしあげます。(M)
           
 
【過去の週報より①】  (1971.2.14~1971.7.18)
       
■一九七一年六月六日
<たとえ出っ歯でも>
 あるバスガールをしている娘は、もともと歌手志望であった。不幸にして彼女の器量はよくなかった。口が大きすぎるし、そのうえ出っ歯であった。彼女がはじめてバスの中で歌ったとき、上唇で出っ歯をかくそうとした。彼女は上品で魅力的仕草をしてみせたつもりだったが、かえってコッケイになってしまった。彼女の行く手には失敗が待っていた。
 ところが、それを見ていた乗客の一人に有名な作曲家がいた。彼はその少女の才能を認めて、あとで呼びとめていった。
「ぼくは君のやることを見ていたが、君のかくそうとしているものはすぐ分ったヨ。歯が気になるのだろう」
 少女は顔を真赤にしてだまりこんだが、作曲家はかまわずに言葉をつづけた。
「それがどうしたというのだ。出っ歯は別に君の罪ではない。何もかくすことはない。思いきり口をあけてうたうんだヨ。みんなは君の少しも悪びれない様子を見てきっと可愛く思うよ。そして多分、君が今までかくそうとしていた出っ歯のおかげで、かえって運がひらけるかもしれん」
 彼女はそれ以後、出っ歯のことを気にしなくなった。そしていつも堂々と、力いっぱい、口を大きくあけてうたいまくった。そして当代一流の歌手になった。(キャス・ダーレエ)
 「あなたは、あなた以外のものでない」
    (「こうすれば信仰がわかる」に収録)

■一九七一年六月一三日
<いくら信仰、信仰と言っても>
 いくら、信仰、信仰といっても、自分をいつわって信仰しているつもりになっているのは、困るんです。
 本心では、少しおかしいなァと思いつつ、まあみんなも信仰しているのだから自分も信仰している格好をつけようとか、ご利益があるので信仰をつづけようとか、若いときに信仰に入って熱心にやってきたので今更この信仰をやめられるかと意地をはっている信仰とか、ホンモノでない信仰がいろいろあるんです。
 ホンモノの信仰とは、神さまの方から与えられて、いくら疑ってみても我が内に泉のようにわきでて、たたえられている信仰です。
     (「こうすれば信仰がわかる」に収録)

■一九七一年六月二七日
<ヨハネ第一書の講義>
 私は神様のお言葉をできる限り、ナマで語りたいのです。それほど面白い話ではないでしょうが、私の経験に裏打ちされた、掛け値のない話であります。
 スーパーマーケットの大安売りのように、水増しして誰にも喜ばれる修養談ができないのです。私の語るところは、取っつきは悪いし、むつかしいし、聞くのが大変かもしれません。私は皆さんの感覚に訴えるようなことは言わないからです。
 私はこの日より、ヨハネ第一書の講義に入ります。これは私の生涯において、一つの分岐点になる聖書講義になるであろうと予感しています。生命をかけて、この一書を読み通したいと思っています。ご参集を乞う。
[PR]
by hioka-wahaha | 2010-12-14 15:07 | 日岡だより

No.465 愛が最高の徳 2010.12.5

愛が最高の徳

 また、山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい。たといまた、わたしが自分の全財産を人に施しても、また、自分のからだを焼かれるために渡しても、もし愛がなければ、いっさいは無益である。(コリント人への第一の手紙13:2下、3)
         *
 使徒パウロ先生の有名な「愛の章」の序言みたいな部分である。
 今回の標題は、本日の礼拝メッセージの題でもあり、教会前の路傍に立てる看板のためにN兄に昨日書いてもらった一句である。後で考えて、「愛は完徳の礎」とすればよかった、と後悔したのであったが。
 「完徳」という言葉は、かなりカトリック教会的表現かもしれないが、遠慮しないで求めるべき境地であると思う。そんなことを言うとこんな答が返ってきそうだ。
 「めっそうもありません。私は駄目な者です。なかなか信仰も進みません。深まりません。いつまでも弱い信仰です。心がいつも汚れています。もっと聖められたいのです。どうしたら良いのでしょう。当然、もっと祈るべきだと思いますが、なかなか祈れません。聖書ももっと勉強したいのですが、聖書日課を一日一章読むのが精一杯です。時々、五章も十章もまとめて読みますが、めったにしません。
 伝道など、とうていできません。よほど親しい人に遠慮しいしい、教会に誘ってみますが、私の普段の生活を見てさほど感心してくれないのでしょう、一向に来てくれません。
 せんじ詰めれば、私の心に確信がないのです。イエス様にあがなわれ、救われているという信仰は一応持っていますが、それが確信と言えるかどうか、はなはだ疑問です。洗礼を既に受けておりますが、それもイエス様を信じていることにしているだけだと言えば言えそうな感じがします。」
 これはなかなか正直な告白です。多くのクリスチャンの方々が同様の返事をなさるかもしれません。
         *
 信仰とはイエス様による恵み、即ち愛による頂きものです。
 あなたが決心して、あなたの意志力でイエス様をあなたの救い主として信じる、ということではないのです。
 多くの方々は「信仰とはイエス様を信じること」だと思っています。それは、そうに違いありませんが、正確に言うと、
 「イエス様の所有されるイエス様の信仰をそのまま頂戴すること」
 なのです。
 日岡だより461号にも書きましたが、ピリピ人への手紙第3章9節によると、邦訳では「キリストを信じる信仰による義」とありますが、この部分を私なりに直訳すると、「キリストの所有される信仰に基づいて与えられる義」となります。
 私たちの信仰ではなくて、「イエス様が所有されている信仰」によって与えられる義なんです。つまり、私たちが救われるのは、私たちの持っている信仰ではなくて、キリストが持っておられる信仰により救われるということです。
 では、どうすればいいのでしょうか。それは、イエス・キリスト様の愛による信仰にわたしのすべてを委ねることです。そこに私たちの救いのすべてがあるのです。私たち人間の愛ではなく、イエス様が抱かれておられる愛です。《く》


【過去の週報より①】   (1971.2.14~1971.7.18)
       
■一九七一年五月三〇日
<主のめぐみかたるは楽し>
 一、主のめぐみかたるはたのし
    主はまことの友なれば
   主は我をまたく変えたり
    そはだれも為しあたわじ
  〈おりかえし〉
    エスのごとき愛なく
     やさしき友はなし
    罪とやみを取り去りたもう
      ゆたけき愛よ
 二、わが人生、罪にみちて
    なやみくるしみ迫れど
   エスはつよき愛の手のべ
    行くべき道に引きたもう
 三、主は日々証しもて来たり
    みむねあきらかならしむ
   されど遂にさとるを得じ
    主の我をえらびし理由
      (いのちのことば社勝利の歌より)
   
 最近、毎日マヘリア・ジャクソンの聖歌を聞いてすばらしいなと思う。先週NHKの「世界の音楽」に出たのを見なかったのは、かえすがえすも残念である。技巧的のことは学ぶべくもないが、信仰の限り、心の限り、力の限り唱うあの熱情と誠実のこもった歌唱法は学ぶべきだ。(日本人の歌手としてはアイ・ジョージを思い出す。)
 さて、今回の練習聖歌は、C・F・ウィーグルという人の、”No one ever cared for me like Jesus”という歌。私が少し流布本の和訳を改訳した。たとえば三節第一行 
”Everyday he comes to me with new assurance”
直訳は「日々主は新しい保証(確信)をもって我に来たる」。流布本では「主は日々確信をあたえ」と訳してある。私は「主は日々証しもて来たり」と訳す。この訳の差異はAssuranceという英語の実感の仕方いかんによる。こういう時、適訳は辞典をいくら引いても分からない。内村鑑三のいう「実験」がいるのである。
 右の一句、もっとよく意訳すれば
 「主は日々新しき臨在もて」
 というところであろう。(K)
   ――――――――――――
 私はどう考えても、善い先生になれそうにない。私は永遠に求道者なのです。共に学ぶ、共に祈る、共にはげむ、そういう人しか私にがまんできないでしょう。(K)
[PR]
by hioka-wahaha | 2010-12-07 13:49 | 日岡だより