<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.433 妻の面影(2) 2010.4.25

妻の面影(2)

 最愛の妻、釘宮トミが天に召されて約2ヶ月になります。行年86歳でした。最近は長命者も多いので、それほど長命だったとも言えないでしょうが、まずまず長い人生を終えました。
 私に取っては勿体ない妻でしたし、情緒的にもピッタリ仲の良い妻でしたから、長い病床生活で夫たる小生、もう覚悟もついておりそうなものですのに、さっぱりです、いや、だからこそでしょうか。がっかりです。
 結婚したのは昭和27年、当時私は大分市大手町に住んでいましたが、新婚旅行に出かけるなど余裕のある私たちではありませんでした。別府のラクテンチに行って、ちょっとお茶を濁しただけです。
 彼女の父親は営林署の署長で、転勤が多かったので、九州各地を移住したそうです。女学校は宮崎の高鍋高女、そして今で言えば準短大でしょうか、岩田高女の特別学級に行ったそうです。ともかく父母が早く死んで、弟妹の世話に追われ、やっと弟たちも高校を終えて、責任を解かれたという感じの時で、ちょうどその頃、私の伝道する鶴崎の西町の集会に集うようになったのです。
 しばらくして私との結婚に結ばれることになります。これは全く、神様の恩寵、私が30歳、妻が28歳でした。
           *
 私が神様の「鶴崎に行け」との御声を聞いて、鶴崎伝道に乗り出したのは昭和24年10月9日(多分)、近くの鶴崎小学校の運動会での子供たちの歓声が上っている日でした。集会場は不思議に導かれた林正貴兄弟のお宅で始まったのです。
 集会を正式に始めることになると、すぐに林さんと仲の良かった松村写真館の奥さんが来てくれましたし、又その連れで現・きなみスクールショップの木南さんのお母さんの木南真佐さん、それから後々神学校に行くことになる大石美栄子さん、また当時その鶴崎の仮偶に住んでいた私の旧知の萱島勝兄、等々が集まってくれるのです。
 そこへ松村さんの奨めでやって来たのが、後の我が妻になるトミさん、ということになります。後に幕屋に行ってしまう田部さんは家は大在の方で、ちょっと大分とは反対方向に離れていますが、そこからはるばるやって来ました。
 斯くして、日曜礼拝をすることが出来るようになって、私は毎週、国鉄(現JR)で大分駅から鶴崎駅まで通っていました。礼拝が終わって、大分市に帰る私を、トミさんがよく鶴崎駅まで送ってくれたものです。
 そのうちに、トミさんは大分市の私の自宅に時々訪ねてきていろいろ信仰上の、また伝道上の相談を持って来たものです。又、まだ私は大分県立聾学校に務めていましたので、一度か二度、学校までやってきて私の聾話教育の現場を見にきたこともありました。
 (私はわずか3、4年の経験でしたが、聾話教育の準ベテランになっていました。私はもともと吃音がひどく、だからその吃音の矯正手順として、話す時の口や舌や呼吸の使い方のコツがよく分かっていたのです。その経験が聾話教育にも応用が効く面があったのですね。聾児教育では、普通の学校の国語、数学なども教えますが、それと同時に聾児たちに「目で人が話している口の言葉を見分け、生まれつき語ったことも無い日本語を口で語れるように」指導する必要があったのです。これは難しい技術ですが、私は割合に上手にやれました。私に伝道の天職が無かったならば、この聾話教育は確かに魅力的職業でしたね。)
           *
 この鶴崎集会は次第に人数が増えて、十数名になりました。後に大分市に合併される小さな町ですから、十数名といえば、よく集まったほうです。
 その後、この鶴崎の伝道を撤退し、大分市のビルの一角を借りて、新開拓を始めることになります。鶴崎集会は、現大分教会の基礎だったのです。決して無駄な伝道ではありませんでした。特に、木南さん、わが妻トミさん、中野高代さん等、人材が生まれる恵みの町であったわけです。《く》


(以下は1969年10月発行「我ら兄弟」創刊号より)
【日記】6(1969年)

 預言はすたれ、律法は止み、規約も会則も消え失せる時が来る。その時、尚あるものは、聖霊にある交わりと愛だけではないか。ねェ、A君!
 二人して社長室で祈って別れる。祈りつつ故もなく、涙ぐむ。何だかだと、波風をおこしては、我らは集わせ、そして一致して主の前にひれ伏して祈らしめる主のおはからいを感謝する。
 
8月29日(金)
 朝祷にて、「今日もまた、神の創造の一日である、汝の主の創造のみわざに今日も従え」と訓えられる。
 会社の始業寸前まで、福島のK君に手紙を書く。これで第四信、原稿用紙でちょうど五十枚。よく書いたものだが、憑かれたようにして書いた。主がこれを善用したまわんことを。「それ、我らの福音の汝らに至りしは、言にのみ由らず、能力と聖霊と大いなる確信とに由れり(テサロニケ一書一の五)。」しかり、手紙の言葉と人間の熱心さとではどうにもならぬ。主の能力と聖霊の働きたまわんことを。
          ×
 夜、S君夫妻来訪くださる。昨日のA姉と同様、今度の「規約」の堅苦しさに、たまげたらしい。自在人クギミヤが急に戒律僧か、修道会の監督になったように思えたのであろう。特に「会員は牧師が面接の上、その入会の諾否を決定する」というようなことを書いてあるので(私は今これを記憶によって書いているので正確には覚えない)、ともかく先生の真意もたしかめたいし、審査も受けねばならぬかもしれぬと訪ねて来られるのであろう。
 「ホイ、これはしまった、あれはキット書きすぎですよ、あなた方は入会申込みを送ってくれさえすればよい、書類審査で、みんな入会を認めますよ」とあわてたことだが、ぼくのする事はたいがいこんなことだ。だから、どうぞ片言隻句で責めたてんでください、と思う。勝手な願いかな。
 会費千円というのも論議を呼ぶでしょうね。苦しい家計の人にとって、千円はきついでしょう。きつい人はきついと言ってください。何も、会費を集め金もうけするために集会しているんだと私のことを思っている人はないでしょう。金が無ければ金が無いでよい。「先生、会費は納めきれませんけれど、会員にはしてください」と言ってください。それが恥ずかしくて言えないというのは、その恥ずかしい思いをする程の値打ちを私の集会に認めていないということなのです。(つづく)
 (※以上は1969年の文章です。)
[PR]
by hioka-wahaha | 2010-04-27 11:18 | 日岡だより

No.432 とりなしの祈りを始めよう 2010.4.18

とりなしの祈りを始めよう

 1月24日の420号で「ハイチのために祈りましょう」を書きました。また1月31日の421号で「死人がよみがえる!」を書きました。この2篇の中にある共通項は「とりなしの祈り」です。「とりなし」は漢字で書くと「執り成し」です。両方の間に立って両方の関係がよくなるようにお世話することです。
 神様と人の間に立って祈りをもって、これを実現しようとする、牧師の牧会の務めは殆どこれです。私は牧師らしい務めを始めて、最初のうちは殆どこの事に気がつきませんでした。
 信仰生活がうまく出来ない信徒に向かって、教えたり、戒めたり、時には叱ったり、そして駄目な時は慰めたり、励ましたり、いろいろ手を尽くしました。うまく解決する時もあり、失敗することも多かったのですが、しまいには神様に訴えました。
 「なぜ私の信徒たちは、こうも愚かなのでしょうか」
 こうした祈りを繰り返している時にも、私は私の愚かさには気がつきませんでした。そして相変わらず信徒諸君の愚かさを、神様に訴えました。
 しかし、この訴えは姿を変えた「裁き」に過ぎないことが分かってきました。裁いている間は、少しも事態は変わって行かないことに気づきました。
 何時の間にか、私は信徒諸君の敵になっていて、彼らの弱点を裁いているだけで、彼らの様子は少しも好転しない。
 「そうだ、私は彼らの牧師じゃないか、彼らの味方なんだ。彼らの友なんだ。いや彼らの兄弟だ、親なんだよ」。このことに気づいた時、私の祈りは変わり始めました。
 彼らの置かれている状況や、彼ら自身の心や肉体の健康が、良い方に、幸福なほうに、正しい傾向に変化するように、祈りはじめたのです。
 正直に申し上げます。私はまだ、この祈りを始めたばかりです。どこからも「先生、どうしたんでしょう。この頃は良いことばかりが起こります」というような目出度い報告はまだ一つも来ていません。
 しかし、そのうちに、どんどんそうした信徒諸君からの報告が私の手許に舞い込んでくると信じています。
 皆さんも、私のこの祈りを応援してください。よろしくお願いします。
          *
 この執り成しの祈りの大親分はイエス様です。イエス様こそ、私たち人類と父なる神様の間に立って、執り成しの祈りをなさる私たちの友なる神様です。
 そして皆さん、この執り成し祈りをイエス様に支えられて私たちも応分の執り成し祈りをなすべきなんだということに目覚めてください。
 それが私たちキリストの教会が地上にある任務です。目的です。
 多くの方が気づいていない、大きな、そして単純な、誰でも気づくべき、大きな執り成し祈りの目標を上げてみましょう。
 皆さん、毎日の新聞を見てください。毎日の紙面に出るあらゆる記事が、私たちの執り成しの対象として目の前に大きく表れて来るのです。
 第一面の国際問題。戦争。地震。第二面の国内の経済、政治、教育、福祉。第三面の大衆一般の生活娯楽記事。破廉恥なタレントたちの恋愛記事、すべてこれらは祈りの課題として神様の前に持ち出したら恥ずかしいかは知れませんが、だんぜん必要なことです。祈って、こうした社会の風俗面を批判、攻撃しても改まりません。しかし弱々しいクリスチャンの祈りでは変わりそうでない。
 しかし、私たち目覚めたクリスチャンたちが結束して執り成しの祈り軍団を造りましょう。一致して断食祈りに挺身しましょう。社会が変わり、国が変わり、世界が変わります。少々、大ほらを吹いているみたいですが、頑張りましょう。《く》



(以下は1969年10月発行「我ら兄弟」創刊号より)
【日記】5(1969年)

 こよい話したキリストにある性愛論、信仰と性欲の問題は多分聞くお三方とも初めてのことであだったろう。私はかねがね霊的性愛論が教界に不毛であるのを嘆いている。多くの牧師さんや信者さん方が、実際の性生活において信仰実践を掴んでいないからであろう。
 11時過ぎて、I先生のお宅を辞去。峠の本家のそばを通って帰る。無教会伝道の雄者、ニックネーム・ガンジー、私の伯父釘宮徳太郎の旧家だ。感慨無量である。
 
8月28日(木)晴
 福島県のK君に第三信を、早朝おきて書き、速達で送る。
 銀行にて増資事務、大工さんと造作の打ち合わせ、司法書士、国民金融公庫、Y先生宅を訪問(H銀行PTAの件)等いそがしい。帰ってみれば、A姉を一時間も待たせていたらしく申し訳ない。
 今度の「集会規約」はA姉にとってショックであったらしい。自由自在を旨としてきた私(あの会費は無限大より零まで、会員はAからZまで、自ら会員と称する人はすべて同朋会員などという、組織論から言えばべ平連のそのまた上をゆく超組織AZ運動を十菱君とやっていた頃のことを思い出したまえ。あれは十年前の事だ。十菱君でも愛神さんでも、どうも10年20年早すぎるよ。)の集会が、いきなり、「会費ナンボ、会員はコレコレシカジカ、先生は牧師サンと自称し、かつ会員の審査除名キンシンを命じる事あるべし等々」―――この規約を読んで胸がつぶれるほどびっくり、駆けつけてきてくれたという。
 来てみれば、センセイは病気でまた倒れたと言う。それにまたびっくりしていると、そこに帰ってきた丸坊主の私は血色も良く元気一杯でまたびっくり、その私としみじみ話してみると、昔の儘でもあり、また毅然とした内なるあるもの、その変化もわかろう、彼女の魂は幸いにもそれがわかるのだ、それでいいではないか、彼女よ、名が変わろうと、組織が変わろうと、はなれようと、一緒になろうと、会員になろうと、非会員になろうと、あなたにかつて働きたまいし聖霊の恩寵を知り、その同じ御霊に生かされ、うながされ、活動させられているこの私、あなたを私は私の一生をかけて「姉妹」と呼ぶよ。(つづく)
 (※以上は1969年の文章です。)
[PR]
by hioka-wahaha | 2010-04-20 12:19 | 日岡だより

No.431 「われ更に汝を去らず、汝を捨てじ」 2010.4.11

「われ更に汝を去らず、汝を捨てじ」

 先週は、私の回心の体験を記しました。これは私の第一次聖霊体験です。続いて第二次体験を書きます。それは1948年(昭和23年)3月30日から4月3日にかけての5日間にかけてのことです。
 その頃、私は母と別居して、戦災孤児と同居生活をしていましたが、別に小さな家を家賃不要で貸してくれる人があり、共同生活に疲れた時、その家で休息することがありました。
 その時もその家で一夜を過ごしたのですが、イエス様が私の内に住まいしてくださる素晴らしい経験をしました。
 そして一夜眠った私は、翌朝目を醒ましますが、床から起き出て来る時、
 「や、イエス様はまだ居らっしゃるかな」
 とつぶやいたのです。すると、私の内側からカラカラと笑いの声が起こりました。そして、
 「なんだい。お前さんは一晩寝たら、私は居なくなっちゃうと思うのかい」という声がするのです。
 「えっ?」と後ろを振り返る私に、追いかける声がしました。
 「われ更に汝を去らず、汝を捨てじ」。
 私は呆然と立ちつくしました。この日以来、私の心からイエス様は去りません。このヘブル書13:6の御言は忘れられません。
 その家賃タダの小さな家は、私にとって掛け替えのない聖所になりました。
 それから間もなく、聖霊様の御声を聞いて鶴崎という町に行くのです。《く》


妻の面影(1)

 妻が召されて50日ほどになります。今でも、どうかすると、妻の介護ベッドを置いてあったあたりに行くと、「どうね、トミさん」などと声が出ます。
 先日まで、教会の講壇下に妻の写真を置いてありましたが、そこに行く度に、「トミさん」でした。
 こういう写真があったのか、と思うほどちょっと顔を空に向けて愛嬌のある顔です。今はその写真は彼女のベッドのあった所においてあります。当然、先に書いたとおり、そこで「トミさん」です。
 妻は鶴崎町、今でしたら大分市の鶴崎という区域ですが、そこに弟さんたちと一緒に住んでいました。私は当時、そうです、昭和20年代ですね、その鶴崎という昔ながらの町の中心ともいうべき場所で、持って来いのお宅がありました。林兄弟がかつてお豆腐屋さんをしていたお店のあとです。土間からちょいとお部屋に上がると、そのまま格好の集会所になる。そこで毎週日曜日の礼拝が出来たのです。林兄弟のお陰です。
 その集会で、2か月もすると、10人ほどは集まってくれる集会になりました。その中に、トミさんもいたわけです。
 トミさんは、8人きょうだいの上から2番目で、両親に早く死なれ、弟たちや妹は、一人は高校を卒業できる寸前のころ、その下は中学生の弟妹だったしょうか、トミさんは食糧事務所に勤めながら、その弟たちの世話もしていました。死んだ父親の恩給が少しあって、どうにか生活はできていた、ということです。
 ともあれ、両親を亡くして、恩給が少し有るとは言え、弟妹たちを扶養するのは大変だったでしょう。でも、トミさんは物事をとり仕切り、人と交わるのは余り苦にならないほうです。
 また勤めが食糧事務所だったとは、どういういきさつか知りませんが、食糧事情の困難だった時代、あまり世話してくれる人の無かった時代、よくも食糧事務所なんかに職を見つけたものです。食糧事務所だから食糧はたっぷり貰えるとは言えないでしょうが、それでもねえ、なんとかなったらしい。
 正直にいうと、この釘宮先生宅も少しお米を分けて貰ったことがあります。実はこの鶴崎という町は大分市の中では特殊な区域なのです。昔、肥後の加藤清正の子孫の肥後の領地の飛び地というわけで、お互い仲間意識が強い、しっかり手をつないで頑張るところがある。
 その上、トミさんの家は昔の士族の流れで気が強い。へこたれない。そこへ持ってきて、私はトミさんが集会に来始めたら、早速、2月28日の週報425号に書いたように彼女を訓練した。それに対して、よくついて来てくれました。《く》


(以下は1969年10月発行「我ら兄弟」創刊号より)
【日記】4(1969年)

 「愛すべからざるものを愛する愛、仇敵をも愛する愛」
 それは律法ではない。愛するフォームをとることではない。魂の底からわきでる真情なのだ。神の泉よりわきあがる聖霊の情なのだ。神が我ら土くれに似たる魂に再創造したもう神の愛なのだ。ゆるされ、あがなわれた我らにおこる、古き我らに対するキリストの勝利なのである。
          *
 日ごと、よく祈れることがうれしい、祈りたいなア、かたじけないなア、と人のいない時など、そっと合掌している。神々しい霊気がただよう。よく省みれば、あいかわらずの、弱く、おろかな肉のかたまりの私なのだが。
 福島のK君に第二信をかく。
 従妹のS君に一灯園の経験など話す。
 大分福音集会の発足挨拶状第二信を発送す。
          *
 昔の同僚のI先生より電話あり、夕食後なれど招かれて行く。I先生と奥さんと奥さんの友人M姉と歓談す。水を入れて、心づくしのウイスキーがおいしい。
 M姉は「エホバの証人」の信者さんとかで、こういう再臨派の人には熱狂的律法信者が多く心配していたのであるが、そういう人でなく、まじめで素直な人でありがたかった。
 もっとも私の形やぶりのキリスト教には口あんぐりで、返答に窮したのかもしれぬ。
 私の悪いくせで相手に物を言わせず、こちらの言いたい放題しゃべるのであるから、多分迷惑であったろう。しかし、再臨派の人々の言うことは大体分かっているので、それよりも珍しいこちらの話を聞かせてあげたかっただけ。
 再臨派のいいところは、伝道熱心、み言葉に忠実、悪いところはその裏目で、狂信(?)と、聖書のコチコチ解釈である。教師から言われたとおりのオウム返しの言葉は、形骸のみであって生きた福音とはそんなものではない。聖書の言葉が、今の日本に骨肉となり血と汗となって活きねばならぬ。(つづく)
     (※以上は1969年の文章です。)
[PR]
by hioka-wahaha | 2010-04-13 12:16 | 日岡だより

No.430 私のイースター体験 2010.4.4

私のイースター体験

 先週も書きましたが、私の伯父・釘宮徳太郎は伝道熱心で、生涯死ぬまで、主筆の雑誌を書き続けました。雑誌と言っても、今で言えばB5版の四頁立て、一枚新聞型の雑誌です。
 最初の雑誌「日々の糧」を出した頃は、伯父は大分市の公設市場の場長でして、伯父としては珍しく大分市の公務員だったわけです。公設市場の場長事務室で原稿作りから校正、発送をするのに「日々の糧」とは打ってつけの題名でした。
 公設市場に出店している小売店の店主を場長室に集めて、経営講義をするのですが、実は「神の愛をもってお客さんをもてなせ」式の名講義です。事実、伯父は商売の実践に強かったし、しかも信仰をもって商売をする秘訣を知っていたし、論理性も兼ねて備えていました。後に大分商工会議所の専務も務めたくらいですから。
          *
 伯父の雑誌のタイトルはそのうちに「日々の糧」から「十字架の光」と変わります。
 「日々の糧」、それは「み言葉」です。「聖書」です。そして、聖書によって、読む者の心が開かれるのです。
 最初は聖書の中の人生訓やイエス様の御生涯の美わしさに心を打たれますが、そのうちにその人の心に聖書の言葉が鋭い槍のように突き通してきます。ついには、「ああ、我れ悩める者なるかな、この死の体より我を救わんものは誰ぞ」と悲痛な声を上げざるを得なくなります。
 十字架の言葉が刃のごとく、人の魂に刺しこんでくる時、人は根底から「死」を体験します。人間の「知情意」の凡てが「死」のどん底に突き落される時、全くの絶望です。
 その「絶望」をこそ、イエス様は待って居られたのでしょうか。そうに違いないと思います。そこまで来なければ、人の魂は主イエス様の救いを求めないのです。その魂にこそ、光が差し込むのです。それが「十字架の光」です。
          *
 キリストの十字架の死に合わされて、と言うのは十字架上のイエス様にくっつけられてイエス様と一緒に死ぬということです。事実、ローマ時代のもっとも酷い死刑は十字架の死刑囚に結びつけて死んでいる死刑囚の腐敗菌に侵されて、その死刑囚と一緒に死んで行く、それが当時の最も酷い死刑だったと言われています。
 イエス様の十字架の死に私たちの魂が合わされる時、私たちの罪の魂が霊的に死んでしまうという事が起こるのです。これが私たちが十字架においてイエス様と一緒になると言うことです。イエス様と一緒に十字架につけられると表現しましょうか。
 主観的にはイエス様の死が、私の魂にズデーンと入り込んで来て、私は全く死んだという自覚が起こります。そうして、私の体験では、福岡の刑務所の独房で、全く絶望で死んだようになっていた、その3日目、イエス様の復活の命が私の魂に侵入して来たのです。
 イエス様は十字架で死んで、墓に葬られ、その3日目に墓から復活されました。私も勿体無いことに同じように3日目に主が私の魂にズデーンと入り込んでくださって、主の復活を主と共通体験させて頂いたわけです。
 これが私の昭和19年11月23日の回心です。これが私のイースター体験です。今日はイースター主日ですので、私のイースター体験を証しさせて頂きました。主に感謝、感謝、感謝! です。
 そして、最後の伯父の伝道雑誌の題名も、「復活」でありました。今日は教会に、この伯父の「復活」誌の残部を持ってきました。みなさん、見本に持ってお帰りください。《く》


(以下は1969年10月発行「我ら兄弟」創刊号より)
【日記】3(1969年)

 昔の白人宣教師のように、「あわれなる未開国の土人のたましいを救ってください。彼らには医者もなく、学校もなく、着物もなく、裸足で貧しい食物にさえ飢え、偶像を拝み、占い師に迷っています。あのあわれなニグロや黄色人種をお救いください」とは祈れない。あの貧者をあわれみ無学ものを見くだし、文明と信仰を同一視して宣教活動に狂奔したところに19世紀以降の白人宣教師の誤りがある。
 彼ら宣教師の熱情と真摯さと信仰をしのぶ時、それを言うは辛いが、しかしそれがたとえ小さな思い違いであろうと、受ける側の傷は大きいのだ。福音伝道の宣教師の活動が知らずして植民政策の一環を担うにいたるという悲劇はそこから生じた。
 白人も(その文明圏に仲間入りした我ら日本人も)、あわれである。医者も薬品も学校も通信も交通もビルも芸術も娯楽も、一切が豊か。その享受に狂奔し、そのサービス過剰に疲労し、そして我らの文明の前途にかすかに絶望と恐怖を覚えつつも、人に押されるからと、自分もやむなく前の人を押し込んでベルトコンベアに乗り、どこへ行くともしれぬ(それは多分文明の果て、人類の終末ではなかろうか)一蓮托生の社会軌道を走っている。彼らの信じる偶像は金であり、地位であり、数字であり、見栄であり、「現在の快楽」そのものである。このあわれなる白色文明よ、これこそかつての暗黒大陸の黒人たちの哀れさに泣いたリビングストンやシュバイツアー以上に泣かねばならぬ、我ら自身の状況ではないか。
 かく思って、私はネパール人のためにも、エスキモーのためにも、「おかわいそうに」と、その文明的低さ、医療と教育と貧窮さを魂の低劣さと思いあやまり、伝道精神じみた祈りで祈るのではない。我らは同朋なのだ。地球一族なのだ。ただひたすらなる兄弟の愛なのだ。
 ネパールには、既に岩村師も行き、今度は伊藤兄も医療活動に行くと言う。神の愛の代行者として、妻を栄養失調にし、子どもを日本の教育境遇より切り離して連れて行く、その愛に泣け。
 人一人をクリスチャンとして得、地の果てにまで改宗者を得ようとして行くパリサイ宣教師は、もう全世界がごめんなのだ。それよりも必要なのは、キリストの愛の宣明である、血の愛の代行である、兄弟としての抱擁である。親が子のために祈るような、愛の祷告である。
 今朝、私はすべての人を想い、そむきてゆきし人、去りゆきし人、性格的に愛しにくい人、この人だけはゴメンという人を想い、彼らすべてを真情をもって愛し祈った。その時、神は、私に愛を与えたもう、私の内に聖なる愛を創造したもう。
 「神は愛である」このみことばは、実に我らの内に肉体化し、血液化するかの如く真実である。かくて、この愛は遂には我が胸にあふれ、全世界の民、ヒマラヤのふもと、南海の果て、アマゾンの原始林の民にまで及んだのである。(つづく)
 (※以上は1969年の文章です。)
[PR]
by hioka-wahaha | 2010-04-06 16:20 | 日岡だより