<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.247 「降伏論」について 2006.9.24

「降伏論」について

 先週の本欄の最後に「降伏論」のことを書いたが、余程の平和主義者でもギョッとして息を飲んだかもしれない。たぶん、この釘宮牧師のフアンでも「そこまで言わなくても」と思ったかもしれない。しかし、私は本当にそのとおりに思っているのである。
 大東亜戦争が終わりに近づき、その末期、広島、長崎に原爆が落ちてから、やっと降伏するような、あんな下手なことをせよと言っているのではない。
 最初のハル・ノートが来て、「日本は中国から全面撤退せよ、朝鮮も樺太も台湾も放棄せよ」などとアメリカから無理難題。そこで日本は、堪忍袋の緒を切って、真珠湾攻撃に踏み切る、というような馬鹿な事はやめよというのである。
 あの時点で、「おや、おや、ルーズベルト大統領、そんな無茶なことを……」と、のこのこ外務大臣がワシントンに出て行って、向こうさんの言うとおりになったとしても、昭和20年8月15日の時点よりは気がきいている。国民の家も焼けず、工場も残り、金も残っている。ただ、無為に負けたということから起こる国民精神の衰退が困るのであるが。
 とは言え、軍事国家の威勢良さからくる国民精神の昂揚というような安易なことではなくて、真の道徳力と高度な文化に保持されて高貴な国民精神が培われているとき、どんな敵性国家や攻撃的民族の侵略にも負けることはない。……こんな例もある。
 内村鑑三がよく言った。「中国は外敵から侵略されて勝ったことがない。いつも負けてきた。しかし、最後には侵略してきたはずの敵民族のほうが消えてしまう。そして中国の民衆が残るのである」。
 例えば清国。清国を作ったのは満州人であるが、満州人の清国は日本に負け、辛亥革命によって滅びる。その時、既に満州人は中国人に同化され、みんな中国人になってしまっていたと言うのです。《く》


老人に祝福あれ

 「ちから」という福音雑誌がありますが、この10月号に「98歳の現役牧師」と題して、神戸の大嶋常治先生の記事が載っていました。私も「84歳の現役牧師」ですから、ちょっとお株を奪われた感じでしたが、すごい方もおられるものですね。
 そう言えば、20年ほど前、大阪方面での聖会で、この方の開会ご挨拶をお聞きしたことがあります。少しは存じあげていたわけです。そんなことを思い出しましたが、そのころの大嶋先生は既に78歳の老令だったわけですから、挨拶のご用に駆り出されるのは理解できます。
 私も先年、アメリカの9・11同時テロの時でしたが、大阪で持たれた大きな集会があって、開会祈祷を要請されたことがありました。これも年配から来る役目だったでしょうが、田舎牧師として名誉なことに思いました。
 先週の月曜は世間でも「敬老の日」でしたから、町内会からお祝いの紅白まんじゅうを頂いたことです。前日の日曜日には礼拝のあとで、教会の敬老会でした。私も老人の一人として招かれます。会場は大分川のほとりのホテル内の料亭でした。
 招く主催役の相良姉も老令の人ですから愉快です。会する者、8名ほどでしたか、例によって土岐兄が美声(?)を張り上げて「夕焼け小焼けの赤とんぼ」を歌い始めます。これがないと、当教会の敬老会らしくありません。
 私は求められて、一声、「開会説教」のようなものを語りましたが、威勢がありません。最初からお客様気分で、説教らしきものの用意がなかったからです。用意がないからと言っても一応の説教らしき説教ができなくては牧師としては落第です、呵々。
             *
 「老人」についての聖書の教えや言葉が幾つかあります。まず、レビ記19:32です。
「あなたは白髪の人の前では、起立しなければならない。また、老人を敬い、あなたの神を恐れなければならない。わたしは主である」。
 私は幸いに髪がまあまあ白いほうだからよいけれど、髪の黒い元気な老人は、少々きまりが悪いかな。いやいや、白髪であるにしても、この言葉のように神様と同列に並べて「敬いなさい」と聖書に書かれていては、ちょっと落ち着けませんね。もったいないです。
 「起立」という言葉は戦前の男子生徒は、天皇さんのことを思い出します。運動場で朝礼に整列している時、配属将校あたりが「賢くも……」と言い始めたら、これは天皇陛下にかかわる枕言葉と分かっているから、私たちは一斉にパッと体をととのえ、かかとをそろえて起立の姿勢をとる。かかとを合わせる時のカツッという音は今でも私たちの耳に残っています。
 次は、第一テモテ5:1です。これは老人の耳には痛いような、恥ずかしいような、照れるような言葉です。言わく、
 「老人をとがめてはいけない」。
 とは言え、いやあ、とがめたくなるような老人も案外、多いのです。先に引用した「老人を敬いなさい」という言葉にふさわしくない老人も少なくないということか。これは老人として自戒すべき言葉でしょうね。
 私は最近、母を思い出して申し訳無く思うことが多い。「親孝行したい時に親はなし」という諺もあるが、この意味がだんだん分かって来た。年を取ってみると、時代や周辺の習慣にそぐわない愚かな行為や発言をしたりする自分を発見する。こうした時、家族の者から注意されたり、たしなめられたりする。そんな時、「あっ、こういうことを自分も母に言ったな。そして笑ったな。あざけったつもりはなかったけれど、あの時、母は嫌な感じを持ったことだろうなあ」などと思うのです。
             *
 次にあげたい聖書の言葉はテトス2:3です。パウロがテトスに「このように老人に教えよ」という言葉ですが、老人に直接語る用語に変えて以下に記します。
 「老人は自ら制し、謹厳で、謹み深くし、また、信仰と愛と忍 耐において健全であるように勧めます」。
 こういう言葉は、老人たる者にとっては過大な要求にも思えますから、ちょっと身を引きたくなります。しかし、先に若い人々に「老人を敬え」と言った勧めの言葉に相対する、老人への良い勧めです。つまり、「老人よ、自信を持て」ということです。
 「自ら制せよ」という言葉を「自分に言い聞かせよ」と言い替えましょうか。自分に対し良い意味で「自尊心」を持てと言いたいのです。英語でセルフ・レスペクトですが、自敬心と訳しましょうか。若者が老人を尊敬するよう、老人も自分自身で自分を尊敬するのです。そして尊敬するに足る自分になろうと、決意しなさい。そして自分自身に「しっかりやろう」と言い聞かせなさい。
 「自分に言い聞かせよ」という勧めはよく金田福一先生から聞きました。金田先生はマルティン・ルターの本で発見したそうです。信仰を強め、困難な事態を乗り越えようとする時、「自分に言い聞かせる」のは非常に便利で有効な方法です。放蕩息子が本心に立ち返って父親のところに帰ろうと決心したあと、自分に言い聞かせているイエス様の喩えをお読みください(ルカ15:17以下)。クリスチャンが地上に生きる時、特に「み言葉を言い聞かせ、また言い聞かせ続ける」のは信仰生活の秘訣です。
 最後に、次のみ言葉を上げましょう。使徒行伝2:17です。
「神がこう仰せになる。終わりの時には、わたしの霊をすべての人に注ごう。……、老人たちは夢を見るであろう」。
 老人が夢を見るとは、けっして呆けてしまって、ボンヤリとした夢を見ているというのではありません。クリスチャンが年を取ったらどういう夢を見るか。
             *
 まだ若い人、まだまだ中年の方々に言います。「将来、すばらしい老人になるんだ」と自分に言い聞かせなさい。「すばらしい老人」の夢を持ちなさい。パウロは言います。「主にあって、その偉大な力によって強くなりなさい」。この言葉のように、あなたの肉体はたとえ弱ってきても、あなたの魂は「主の偉大な力によって強くなる」ことができます。このお言葉を自分に言い聞かせなさい。こうしたお言葉があなたに夢を与えます。
 聖書は言います。神様は「老人に夢を与える」と。このお約束をしっかり握りましょう。神様が下さる夢が老人を変えます。
 かつて大正・昭和に活躍した作家・思想家に倉田百三という人がいました。この人が言った。「もし、あなたの頭にピストルの玉が撃ち込まれたとする。あなたの脳は思考力も記憶力も無くなってしまう。その時、あなたの信仰はどこへ行くのか」。これは若い時の私に対する挑戦でした。
 私はこういう風に解決しました。神様が聖霊をもって私に与えた下さった信仰は単なる思考力や記憶力の所産ではない。聖霊による記憶は、私の表面意識ではないのはもちろん、いわゆる潜在意識でもなければ、深層意識でも無い。私は神層意識と造語したが、この神層意識に培われる信仰の意識ではないか。これが倉田に対する私の答えでありました。
 昨年来、私の妻、釘宮トミは脳梗塞で倒れました。だんだんと脳の生理的活動が衰えてきました。最近は言語活動も殆どだめです。ところが驚くべきことを発見しました。ある日、妻が熱心にビデオの画面を見ているのです。それは中川健一先生の「ハーベストタイム」の画面でした。特に「サラ」というアブラハムの妻の名が出たときにはすすり泣いていました。長い、長い時間を見続けています。理知的にどの程度分かっているのか、そこは疑問ですが、その他、特に大川従道先生のビデオ、私の説教等も、飽くこと無く見ています。私は泣かされます。
 昔、預言者たちは霊夢を見ました。現代でも私たちはヨセフのように神よりの霊夢を見る可能性が十分あります。教会の老人たちよ、そのユメ(!)を見ましょう。これは老人の特権かも知れません。愛するクリスチャンの老人たちに、またすべての将来老人になるはずの若いクリスチャン諸君にこのご祝福を送ります。《く》

〔あとがき〕
第一頁の「降伏論について」で、ちょっと触れたことに関連するが、9月19日の夕刊で「日本政府が北朝鮮に対する金融制裁を発動する」とあった。太平洋戦争はABCD(アメリカ、イギリス、中国、オランダ)包囲陣と称した対日経済封鎖を受けた日本が、負けて元々という「一か八か」の自棄っぱちな発想で真珠湾攻撃を始めて起こったのです。うっかりと金融制裁などを始めて、北朝鮮側の幼稚な対応で、日本が核攻撃を受けないとも限らない。日本政府、慎重であれよと言いたい▼ホンマに薄い小冊子「喜んで(笑って)祈る、祈りの実践」という16頁の冊子を作りました。お求めに応じて無料でお送りします。「笑えば必ず幸福になる」の続編のようなものです。▼キリスト教の本ではありませんが、総合法令出版社発行、野口嘉則著「鏡の法則」、良い本です。お奨めできます。本屋でお求めください。たくさん、店頭に出ていました。《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2006-09-26 12:46 | 日岡だより

No.246 人生の評価 2006.9.17

人生の評価

 人間を評価するのに、現在何かをしでかした、大仕事をやったというようなことは小さい問題です。自分が願うことをまだ十分に成し遂げないまま、とうとう終わってしまう人生があります。しかし、神様はそういう人生の歩みも全て、次の世界においてお用いになる予定のはずです。ですから、現在の、この世だけの成功とか失敗だけを見て、人を評価してはいけないし、自分をさげすんでもなりません。人間の評価と神の評価は違うということです。
 自分の中にある大きな理想、夢、願望、それらが大きければ大きいほど言葉では説明できないし、世の人々には分かりません。人々が無視したところの全て、成し得なかったところの全て、これこそが神の前における価値である。
  (「生命の光」2006年9月645号より抜粋)
           *
 これはR・ブラウニングの詩に寄せた手島先生の解説的短文です。僭越ながら些少、私の手を加えましたが。
 私はこの手島先生の文章に異常なほどの感銘を覚えました。斯くの如き文章を書かしめたブラウニングは別として、世界にこんなことを言った人は、過去にも、現在にも一人もいないのではないか、と私は思うのです。
 しばらくして私は気づきました。臆面もなく言えば、私の「絶対非戦主義」や「日本列島を世界のカントリーに」等の論もほぼ、ここに手島先生がおっしゃる「世の人々に分かって貰えない理想だったんだな」と、思ったことです。しかし、
 ずいぶん以前のことですが、キリスト新聞に「降伏論」という社説(?)が出たことがあるのです。私の「絶対非戦主義」に比して「降伏論」というのは正に現実的であると思うのです。他国が攻め込んで来た時に処する最も平和的で効果的な対処法ですよ。
 現に日本は太平洋戦争にはっきり降伏宣言してけりをつけ、今のように繁栄して世界中からうらやましがられているではありあませんか。これこそ「降伏」のてきめんな効果です。
 多分これは、正に人々に分かって貰えない所論でしょう。しかし、戦争は降伏してでも上手に早めに終わらせることです。
 国土があり、優れた国主が居られ、教育に富む勤勉な忠実な国民が残っていさえすれば、国は立派にあとに残ります。《く》


「イエス様って凄い」

 この9月9日に有働憲二兄は天に召されました。一月ほど前、210号線沿いのW病院に見舞ったばかりでした。見舞いと言うよりも、熱も高いというので、そのお癒しの祈りのために行ったのです。そして、あとでその熱が下がったというご報告を聞いて喜んでいたのです。
 ところで、9月9日の未明、憲二兄が危篤であるということを聞いて、直ちにA病院に行きICU室のベッドに居る彼のために祈った事です。その時、相良姉が側で憲二兄の眼がパッと開いたのを見たそうです。一同それこそ、愁眉の眼を開いたものです。
 しかし、残念でした。その日の午前9時45分、憲二兄は主のもとに帰られたのです。覚悟していたこととは言え、奥さんの喜久代さん、2人のご子息、武士君、智義君の落胆と悲しみは察するに余りあります。
 長い病床でした。15年ほど前のこと、脳梗塞でした。その倒れられて後、約3ケ月ほどして、病床でバプテスマを受けられたのです。当時の教会週報に私はこんな記事を書いています。
          *
 有働憲二兄は脳外科の病棟に入って約3ケ月、相良姉や原兄がしばしば通って熱心に祈ってくれた。また有働兄弟は私の訪問を喜んでくれた。
 さて、その日は、脳を開いて血管を切ってつなぐというような厄介な手術の前日だったが、私はベッドのそばに行った。彼が、
 「先生、奇蹟を待っています。奇蹟を」
 と言って私を驚かせた。「奇跡がおこるのが当然だし、それが無ければ私はたまりません」という表情であった。その頃、たしかに本田兄弟の手の負傷が不思議にいやされるなど、そうした現象が続出している頃であった。
 手術を終わって何日目だったか、私が集中治療室に行ってみると有働兄が居ない。聞いてみると、もう6人部屋に戻ったという。私はあわてて6人部屋に駆けつけた。介護の奥さんが言う。
「先生、順調なんですよ。少なくとも7日間ははいっているはずの集中治療室を4日目で、出してくれました」
 ベッドの本人の顔をのぞくと、その時。あの名文句が出たのです。
 「先生、イエス様って凄い」
 と言う。私はびっくりしたが、彼はすでにはっきりイエス様の癒しの力を感じているらしい。私は病院を出ながらつぶやいた。「イエス様って凄い」と。
 1週間ほどして、私は彼を訪ねて言った。
「どうも、有働さん、あなたはもうイエス様を信じているようですね」
 これはまた、牧師としてなんという手遅れな質問であろう。さて、彼は「はい」とうなずいた。私はもう一つ、念をおした。
「有働さんの心の中には、もうイエス様が居られるのですね」
 彼は大きくうなずいた。あの厳しかった病状、また困難な手術を前にした時、彼は心の底からイエス様に助けを呼び求めたことであろう。そして、自らイエス・キリストを見出したのであろう。それに違いない。
 私は感動した。そして、「では、明日洗礼式をしましょう。水に浸るのは無理ですから、水を頭につけるだけの式にしましょう」、そう言って病院を辞し、そして翌日の病床洗礼となったのである。
 以上が当時の週報の記事抜粋である。それは1993年の年の瀬も近い、12月23日のことであった。今、思い出しても感激する。
 とは言え、それ以後の長い紆余曲折。転院を繰り返し、リハビリや、また自宅療養。そばに付き添う奥様も大変であったろう。奥様にとって大きな試練です。しかし、その試練は奥様を信仰に導く。ヨセフやヨブに似ている。そして奥様もバプテスマを受けられた。
          *
 実は、有働兄が召されて翌日に前夜祭、その翌日の9月11日、午前11時から当教会で葬儀を行った。ご遺族と70名ほどの多数の会葬者を前にして、私は葬儀説教の席に立った。私は会葬席前列の喜久代奥様のお顔を見た。突然、私の胸は詰まった。
 私的なことになるが、私の父も15年ほどの長い療養生活を送った。しばしば危篤状態に陥り兄弟親族者が集まったものだ。私の母は、ずっとその長い間、看護に努めた。吸入器や注射器を握った母の姿を私は心に刻み込むように覚えている。あの母の苦労の姿が、喜久代奥様のご苦労と重なりあって、私の肺腑をついた。私の内側にわっと涙が湧いた。私は奥様に詫びた。
 私は奥様のご苦労を些かも察せず、うかうかと過ごしてきた。有働兄弟の病床をも1ケ月前の訪問を除いて、長い間お訪ねもしていなかった。申し訳無かったと、私は悔いた。そして、有働兄弟自身、どんなにか侘しい人生の後半生を送ったことであろうか。残念であり悔しかったであろう。思い残すことも多かったであろう。
 その時、私は本紙の第一頁に書いた手島先生の文章を思い出したのです。私は亡骸の有働兄弟に、いや天上の有働兄弟に語りかけた。まず、手島先生の「人生の評価」を読んだあとで、
 「有働兄弟、人生はこの世だけではない。心に願い、理想を抱き、夢を描いたことの幾分の一も達成できなかったとしても、悔いる事はありません。神様の御許に行って神様の御恵みのもとに、偉大な夢を更に、更に拡大し、完成する時がくるのですよ。
 スイスの碩学、カール・ヒルティは『天国は豊かな学び、果敢な活動のあるところ』と言いましたよ。期待して昇って行ってください。英雄が故国に凱旋するように、あなたも確信をもって天国に凱旋してください。本日の葬儀の式を有働憲二兄弟の凱旋式といたしましょう」、こう言って葬儀を終えたことであります。《く》

〔あとがき〕
前述のご葬儀では、私のお勧めにより供花にはお供え下さった方々のお名前を上に掲げる事はご遠慮願い、また弔電の紹介もしませんでした。お届け下さった方々には失礼でしたが、お許し下さい。▼教会の信徒諸兄姉には、葬儀の前後、その間、行き届いた愛のご奉仕を頂き、ご遺族ともども感謝いたします。《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2006-09-18 13:30 | 日岡だより

No.245 動物園、水族館、教会 2006.9.10

動物園、水族館、教会

 北海道・旭川市の旭山動物園が評判である。この旭山動物園は、かつてその存続が危ぶまれていました。入場者がどんどん減り続けて、これ以上運営はむつかしいと思われていました。旭川市議会も「もう廃園しよう」と腹をきめかけていたそうです。
 こうした現状を打破しようと、飼育員たちは考え始めました。「動物園の使命は何か」と。そして、「そうだ、生きた動物たちを見せるのだ。彼らが楽しく生き生きと生きている姿を」。後に行動(生態)展示と言われる飼育法の発想でした。
 これはまさしく、現在の「うみたまご」、大分水族館を作り上げた哲学でなかったでしょうか。その発想者はかつての高崎山のサルの餌付けを始めた元大分市長の上田保氏です。ホラ貝とさつま芋でサルを一般市民の前に誘い出して見せたアイデア市長は、次はその高崎山の麓の海岸に水族館を作ろうというわけでした。
 上田さんは釣が好きで、魚の生態を知っていました。魚を釣るには瀬がいい。流れの無いところに魚は集まらない。額縁のような狭いガラスの奥に魚を閉じ込めているだけでは彼らは身動きもせず浮かんでいるだけ。見る側に魅力も無いし魚も可哀そう。
 そこで、厚いガラスを周辺に巡らした大回槽を作った。その中に水を貯めて流れを作ってやれば、魚は必ず大喜びで泳ぐだろう、それを見る入場者も喜ぶだろうと考えた。この上田案は大当たりだった。今、日本中の水族館がこれを真似をしている。
 さて私たちの教会はどうでしょう。信徒の皆さんが神妙な顔をしてベンチに座っている。賛美歌を美しく上品に歌っているのだが、どこか生気が無い。こういう教会が多いのではないか。聖霊の川の流れの中で、牧師も信徒も皆さんが喜々として元気である。そういう教会でありたいですね。《く》

 
目標を持とう
 
 先々週の福岡の神の愛教会の週報を拝見しました。見ると、報告の中で、前週の礼拝出席者数がありますが、それが50名になっていました。「やったあ…」と声をあげました。これまでも、ずうーっと神の愛教会の週報では「目標・礼拝出席50名」とあったからです。
 中山先生ご夫妻が、これまで飽かず、気落ちもせず(オットこれは失礼)、「礼拝出席50名」と目標を掲げてこられた、その信仰の達成です。
 先生ご夫妻の熱意ある目標設定と、またそれにふさわしいご努力もあったことでしょう。信徒のみなさんも、それに応えて伝道に、礼拝出席に努力してきたことでしょう。
 しかし、それに勝る神様のお力添えがあったに違いない。聖霊様が牧師先生以下、皆さんを励ましてくださったからでしょう。それらのことを思って、私は感激して涙が出ました。まさにこうして目標設定は達成されたのでした。
 目標設定と言うと、かつてのSMIの総師ポール・J・マイヤーの「人生成功の鍵は目標設定にある」を思い出す人は多いでしょう。たしかに目標設定という言葉はポール・J・マイヤーと表裏一体でした、そして又、松山福音センターの故・万代恒雄先生を思い出さざるを得ないことでしょう。
 さて長い間、中山先生が「礼拝出席50名」の目標を掲げてこられた様子を拝見しながら、「先生の目標、いつ達成するかなあ」と多少、私は傍観的に無責任に見ていたことを、今、お詫びせずには居られません。そして「先生、そして洋子先生、良かったですねえ」とお喜びせずにはおられないのです。
           *
 実はこうしたことが、無意識に私の心を動かしたらしいのです。私は先日、ふと「私のこの大分教会、10年先に千人になったら、すばらしいや」と心につぶやいていました。韓国や、それぞれの教会の大きい国の教会と違って、日本では教会は一体に小規模です。
 日本で一番大きい教会は大和カルバリー・チャーチでしょうか。牧師先生は大川従道先生です。私はこの大川先生のご説教を毎週拝聴して勉強しています。いわゆる潮干狩説教ですが、時にひょうきんで楽しい説教です。
 この大川先生の大和カルバリー・チャーチは信徒千人の日本には珍しい教会です。私は突然、この大和カルバリー・チャーチを思い出したのです。もっとも大川先生の教会の教会堂は見たことがありませんので、イメージとしては早速、手束先生の高砂教会の堂々たる教会ビルを思い出しました。私の思い浮かべるイメージとして拝借したのです。
 そして今、わずか30人そこそこしか会衆の集まらない私の教会、このキリストの福音大分教会のこれからの10年間の成長モデルを紙に書き始めたのです。これを書き出すだけでも苦労しました。
 そして、その表を恥ずかしげも無く、先日の祈祷会の席に持ち出して、「みなさん、私はこんな目標を仮に書いてみましたよ。神様に訴えたいのです」、と言いながら、ピリピ人への手紙3章13~15節を拝読したことです。
 「わたしは(中略)、ただこの一事を努めている。目標を目ざして走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる神の賞与を得ようと努めているのである」。
           *
 当教会の現在の会堂の献堂式を行ったのは1976年でした。その10日前に母が天に召されていました。私は母のとむらい合戦をいどむような気持ちでした。「これまでの無教会的な伝道をやめ、牧師意識に目覚めました」と言って某先生には生意気に見えたらしくもありました。ともあれ、私の意気や壮たるものはあったでしょう。
 そして1989年、献堂式の年より12年、この間、私は心筋梗塞で倒れ、妻も乳癌で入院手術などいろいろダメージを受けることはあったのですが、2人ともすぐ健康を取戻し、そして礼拝出席は遂に79名にも達したのです。この数字をみて、永井先生は言われました。
 「先生、凄いですね。しかし、これから100名になるには、相当エネルギーがいりますよ。」
 この言葉に私は別に、気が弛んだとも、緊張したとも、恐れをなしたとも思わないのですが、今、それ以降をしらべると、年々出席者数が減って来ているのですよ。これには驚きました。
 よく調べてみました。それまでは、格別信徒の皆さんに口に出して訴えたことはありませんが、毎週の週報には「今年度の礼拝出席目標○○名」と載せてあったのです。そして、1989年の翌年より、どういうわけか、「今年度の礼拝出席目標○○名」の記事が無くなっているのです。
 その時の理由や、私の気持ちは全然覚えていませんが、1989年の頃は、私の最も張りきっていた時のような気もしますし、教会の外においても活動的であったような気がします。しかし、その頃からなぜか、慢心したのかも知れませんね。多いと言っても79名、大した数でもありませんのにねえ。
 こうして今日に至っているのです。中山先生の神の愛教会の週報の数字を見てから、私の心は燃えました。もちろん、数だけを教会成長の目標にして、一種の牧師さん同志の競争意識にからませることは危険ですし、牧会の本旨に反します。しかし、「数はどうでもよい、大切なのは数ではない。質である」、という逃げ口上には堕すまいと私は肚を決めているのです。
 たしかに、私は青年時代、無教会の影響が強く、信徒さんの数に心をひかれることはありませんでした。とは言え、少い信徒数でも構わないとする思い替え意識はあったかと思います。ともあれ、今後の成長目標を照れず、臆せず、少なくとも週報には書き上げますから、信徒のみなさん、よろしく! 《く》

〔あとがき〕
巷では酸素カプセルのことが評判です。ベッカム選手や早実の斎藤佑樹選手などが使ったという。実は私のほうでは一歩早く酸素を使った、とは言えカプセルでも缶詰でもない。パキラという観葉植物に、ある電磁波の器械をつかって酸素を大量に放出する仕組みだが、妻の脳の回復によく効いている気がする。私のしろうとなりのアイデアだったのですが。《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2006-09-12 11:07 | 日岡だより

No.244 真の平和は神より来る 2006.9.3

真の平和は神より来る

 日本の憲法は偽装憲法であると、本紙前号に書いたばかりであるが、次期自民党総裁つまり次期首相の呼び声高い安倍晋三氏が、その正式の候補出馬表明で、それを傍証してくれた。
 つまり、その表明の中で「新憲法制定に全力、自衛軍明記など想定」(大分合同新聞見出し)などと言っているそうだ。その意図は、「21世紀の日本にふさわしい新憲法を作りたい」と言うことです。今までのあやふやな偽装憲法を止めて、すっきりした軍備志向憲法を作ろうではないかと言うことです。
 この安倍さんの考えを全面的に本気で賛成という人はさして多くはあるまいが、「国家のことだもの、理想論では、実際問題としては国を守れまい。仕方ないさ。しかし、軍需景気が又やって来るかな」などと、思う人は多いでしょう。
 平和論を人の心の問題として語る間は、だれも一応納得します。それでさえも厳密論で責めたてられると、不満顔で異議を唱える人は多いのです。例えば、「右の頬を打たれたなら、左の頬を向けてやれ」、などというイエス様のお言葉など、それは理想論だよ、実際出来たとしても、心の中では腹を立てているよ、それでは偽善じゃないか」という反論です。
 人間の道徳観は、その作る集団が大きくなれば大きくなるほど、水準が低くなって行きます。全体の安全と利益を守るためには、全体で手を組んで一致して外敵と戦わねばなりません。それは人類の有史以前よりの彼らの生存法則だっただろうと思います。それを乗り越えた人は、かつて歴史上いないのではないでしょうか。
 イエス様でさえも、厳密な平和主義を個人の戒めとしてはお語りになっていますが、国家論としてはどうでしょうか。イエス様はお語りになっていません。私がかつて絶対的非戦論の信念が崩壊したのはこの故でした。
 それは、1943年晩秋でした。大分の刑務所内の未決監にいました。私はふと考えました。一国が外敵から侵攻されようとしている。大軍である。この国の独立も国民の安全も危ない。そのような時、絶対非戦論者がその理想論を語るのは許されもしよう。それは善であると言い切ってもよい。しかし、この国の首長たる天皇や総理大臣はどうだろう。やはり、止むを得ず、抗戦を布告するのは当然でなかろうか。これは必要悪と言えまいか。
 ノアの洪水が終わって、神様はノア(人類)に他の生物を食物とすることを許された。それはアダム以降、人類は穀物や果物を食べることは許されていた。しかし動物や魚類等、生物たちはその許可の範囲外だった。しかし、ノアの洪水の以後、植物が減ったのだろうか、動物たちをたべることを許されたのである。これこそ神様の認めた必要悪であったのではないか。同様に戦争も国家、民族集団を預かるものにとっては許されるのではないか。
 私はそう考えた瞬間、今でもありありと覚えているが、私の絶対非戦論の信念は一瞬に消えたのである、私は呆然とした。私のあれほど強固だった信念が消えた。人間の信念など、なんとはかないものか、私は腰を抜かした。私はそれ以後、現在に至るまで、「信念」というものを信じていない。
 もっとも積極思考法などで、自己宣言等により一応の信念を作りあげてゆく、あの信念を私は矢張り認める。この世でいわゆる成功するための成功哲学である。クリスチャンと言えども活用するにしくはない。しかし、悪魔の強大な誘惑、攻撃の前には、しばしば人間の信念らしきものは壊れる。また叙上の私のような場合、極度の矛盾点で人間の信念では勝てないのだ。
 この要所で勝てるのは、神よりくる信仰だけである。私は以上の信念崩壊の時より、約1年して1944年の11月23日、聖霊による回心の結果、神様から信仰を頂いた。この時より、私は信念の力の薄弱さに悩むことはなくなった。信念の重要さに信頼することは前にもまさっている。信仰生活の上にも応用できるのである。
             *
 私は未決監に居ました。ということは、警察での取調べが終わって、検事局に送られ、検事局から即刻、未決監に送られ、そこで、裁判を待っていた時ということです。
 あの絶対非戦主義というものは思想的に当時の国家意識に真っ向から対峙する危険思想である。こういう思想を正面からぶちまけたら、いわゆる非国民意識、国家的犯罪である。とにかく法律の範囲内で最高の刑をつけるのは当然であるし、私はそれを覚悟した。一人残る母はどうなるだろう。そのことだけは気にかかったが。
 ところで困ったことが起こった。上記の信念崩壊のことだ。この結果によって多少とも国家意識を受容して必要悪論を口にすれば、判決も少し柔らぐことであろう。そう考えると、私がこの時になって戦争必要悪論を唱えることは卑怯な醜い態度に見えて仕方がない。これは私のサムライ流の美学に反する。……だからと言って、自分の本心に背いて、私の旧論を吐くことは、良心に背くことに思える。私はこれまで他者の思惑に左右されず、私の非戦論を口外してきた。しかるに、些かこの裁判を有利にするために、この場に及んで長年の絶対非戦論を妙な奇弁で修正して舌先三寸で言い逃れする。そんなはずかしいことはできないと、こういう2つの論点で私は悩むことになる。こうしたあげく、公判の日がきた。それは私の誕生日、1944年1月14日であった。
              *
 公判には実は弁護士として加藤虎之丞さんがついてくれた。当初、母が面会に来て、「加藤さんが弁護してくれると言っている」という。私は「弁護士なんかいらないよ」と言った。私のような国事犯で、確信犯に弁護士なんかつけようがあるものか、と思っていたのである。ところが面会室でそばにいた看守さんが「折角じゃないか、弁護士をつけてもらったら」という。仕方なく加藤さんの弁護を承知したのである。加藤虎之丞さんは伯父釘宮徳太郎の聖書研究会の常連で、伯父のよい相談相手、補助者であった。その関係で加藤さんが自ら弁護を買って来てくれたのである。
 その関係で、公判の席上で弁護士として立って、同じクリスチャンとして「聖書は単純な非戦主義に立つものではない」と、旧約聖書や日本の神武天皇東征記などを引用して聖戦論を交えて戦争必要悪論を述べまくり、そして「釘宮被告もこの意見賛成することと思う」などというと、その時の私だから、つい「ハイ、そうです」と口には言わないが、その表情を出してしまう。
 1週間たって、1月21日、その効果は裁判長の判決に歴然と出ていたと私は思った。判決は「懲役1年」。その軽い刑に驚きました。検事局はさぞ不満だろう思いました。
 「釘宮義人。お前は日本の国体変革や天皇制廃止を訴えた訳ではないんだね。ただ、聖書の信仰で戦争は反対だ、戦争に行く気持ちはないと言うんだね。これは日本国民として絶対にいけない。懲役1年に処す」。これが判決でした。もちろん、正確な言葉は覚えていませんが、私が国体変革など求めていないことと、聖書の信仰だけで戦争反対したのだね、という趣旨の裁判長の言葉には私は感動しました。そして直ちに「服罪します」と答えました。「うん」と裁判長はうなずいたことです。
 こうして公判は終わりました。しかし、懲役1年の刑はなかなか執行は始まりませんでした。私は公判の席ですぐ「服罪します」と言ったのは、すぐにでも執行されたかったからです。1日も早く執行を早め、1日も早く刑務所を出たい、そうした欲念からの一種のいさぎよさですが、検事局がいっかな承知しません。検事局は控訴猶予期間1週間を一杯、そのまま放っておいて私をいらいらさせました。だって、検事控訴されたら刑期は確実に少しでも延びる可能性が強いですから。しかし、ついに検事控訴はありませんでした。そして1月21日、刑の執行開始。と言っても、同じ監房で、今度は懲役ですから、軽い労働が始まります。
 1、2週間して他の囚人2、3人と一緒に手錠をはめられ、鎖につながれて大分駅から汽車で博多駅に向かいました。博多駅では自動車が迎えに来て福岡刑務所に向かいます。この福岡刑務所でその後、1945年1月21日まで過ごすことになります。
 初めの3月は一般工場に降ります。降りますというのは、夜間寝させてもらう雑居房という部屋から、労役の場所、決められた工場にゆくことを指します。雑居房には8人か10人ほどの囚人たちが一緒に居ます。掏摸の人や、ごく普通の窃盗犯や、当時特有の経済違反(統制経済でヤミをして捕まった人)や、暴力行為の人、いろいろ面白い体験談を聞きます。小説でも書くなら、ネタは一杯です。ひどい男がいた、大分経専の卒業生でしたが、この刑務所の中で同級生だった看守とグルになって詐欺をやります。こういう男は敬遠されます。北九州の造船所に回されて図書係をした。「楽だったあ」と出所後、会った時、言っていました。
 3か月して、「お前は一般工場は誤りだった。お前は国事犯じゃないか、独居房に行け」と、北3舎という棟に回されて、独居になるのです。ここに私は9か月過ごします。そこでは、夕刻になると、窓ぎわの桑の木に雀たちがチュンチュン鳴きながら帰って来ます。私は彼らのために窓の枠のところに御飯粒を少しおいて食べさせました。それが唯一の楽しみだったと言えます。
              *
 この部屋で私は回心します。相手が全然いない独房ですから何も罪も犯すはずは無いのですが、そこで私は徹底的な罪意識で苦しむのです。この汚い自我が心の罪を犯すのです。もう自我に死ぬ外はないと思いました。「この自我を殺して下さい」と、私はイエス様に向かって悲痛な叫びをあげます。
 11月23日(秋季皇霊祭、現在の勤労感謝の日)の夕刻、私は聖書の言葉を聞きました。「一人すべての人に代わりて死にたれば、すべての人すでに死にたるなり」(第二コリント5:14文語訳)、このお言葉が私の魂を打ち抜きました。魂の奥底、霊のど真中に打ち込んで来た感じです。そして「私は死んだ。私の古い人は死んだ。私の自我は死んだ。私は新しい人になった。私はイエス・キリストの人になった」と心に叫んだことです。
 私に一瞬に歌が生まれました、「愁い多き獄にしあれど主によりて生かさるる身の幸に我が酔う」、「イェス君の熱き血潮の今もなお、溢るる思い、わが身ぞすれ」、この二首です。その後、私は歌を一首か二首しか作っていない。私は文芸好みの青年ではあったが、短歌にはなじまなかった。
 当時、刑務所は囚人に月2冊の本を貸してくれていた。しかし、毎月聖書を希望しても戒護課の多分、課長命であろう、私には聖書を貸してくれなかった。それまで、よく「この聖書一巻あれば、後は何もいらぬ」と威張っていたが、こうして聖書の与えられない時があることを私は初めて思い知った。しかし、1回だけ、顔を知った同じ囚人仲間の図書係がニッと目配せしながら、聖書を持ってきてくれた。その聖書を、私は食い入るように読んだ。その聖書の中の一句が私の脳裏に残ったのか。それを聖霊様が使ってくださった。あの聖句は、まさに聖霊様の声でした。そのお声が私を救ったのです。私はこうして真の平和を得ました。しかり、平和は神より来る! 《く》

〔あとがき〕
最初、安倍晋三さんの候補出馬表明から、日本の憲法問題にテーマをすすめて、書き込んでゆくうちに、次第に文章が流れて、私の回心記事になってしまった。避けられない用事も起こって紙面ぎりぎりで、時間不足、土曜日の夜半ですから。やむなく、この辺で原稿を切り上げました。ご祝福を祈りつつ。《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2006-09-05 12:14 | 日岡だより