カテゴリ:日岡だより( 618 )

No.181 北の教会の報告から―在原繁宣教師より― 2005.6.19

北の教会の報告から           ―在原繁宣教師より―

 先年、青島聖会でしたか、アルゼンチン宣教の在原先生のお話を覚えておられる方がいるでしょうか。このたび、在原先生が日本に帰って居られ、10月まで日本各地に宣教報告の旅を続けられるらしい。その北関東から福島県での日本巡回の報告を拝見したので以下に転載します。アルゼンチン宣教の報告ではなくて、北日本の地方教会活動の報告なんですよ。南日本も斯くあれ! 《く》
            *
 北関東と福島は神の川が強く流れ続け、主の約束されたリバイバルの時のために、主の群が立て上げられながら、諸教会は成熟を目指して前進中です。
 栃木県地方教会の巡回のために、拠点を提供して下さった烏山教会のM牧師は私の親友中の親友です。因習の強い村社会の町における教会は、午前4時半からの早天祈祷によって結実中です。
 那須塩原の山奥で開拓伝道に従事されるM牧師は50代前半の女性でした。
 この方も「ひざ」で戦いを進める祈りの器。交わりの中でお受けした霊的安息とキリストの香りは宣教師タイプです。アルゼンチンの女性リバイバリストに最も近いのは、このM師だと思いました。勝利確実。
 関根辰雄師は今年76歳。長年にわたり牧会されたI教会を辞職され、山奥の大沢町で開拓を始められたのが、70歳の時。美しい教会堂と質の良いクリスチャン方の姿は関根師の信仰の実です。大定年時代の言葉に縮む中年男性方よ、夢を受け取って立ちあがろう。
 茨城県の結城市の教会名はリバイバル・チャーチで、町と日本の大リバイバルを本気で信じ、老若男女の全員が輝いています。その証拠が毎日実行されている早天祈祷会で、驚くべきことに、この祈祷会に10歳の少女が参加しているのです。美しいガラス張りのこの教会の牧師も50歳代の女性で、霊的パワーは北関東ナンバーワンだと思いました。日本の男性クリスチャンはもっと燃やされて頑張りましょう、ですって、耳が痛いなあ。
 宇都宮市のM教会で開催された諸教会合同の宣教ナイトの集会。3か月に一度開かれているそうですが、宣教に燃える青年男女が多数おられました。栃木県の未来は明るい。
 福島県郡山市にある「キリスト愛の福音教会」に溢れる主の臨在とパワーは格別です。献身者15名を有するこの使徒行伝版教会は「日本」「リバイバル」「郡山」という召命ロゴスを主より受けて、超美しい。隣接する世界宣教センタービルも凄い!
 

絶えざる主との交わり

 「絶えず祈りなさい」(第一テサロニケ5:17)というみ言葉がある。これを正直に厳密に受け取ると、一日24四時間、一瞬も休まず祈りましょう、ということになる。そんなことは人間にできるだろうか。これは聖書のいわば天国的命令なんだ。人間には出来るはずもないよ、と自分で言い訳したくなります。
 ところがこの聖書の命令に完全に従えた人がいます。私が現に地上でその人の証しを聞いたことがある。それは韓国の世界最大の教会を起こされたチョウ・ヨンギ先生、さすがですね。あと、お二人おられまして、お一人は17世紀のフランスのブラザー・ローレンス。もうお一人は19世紀アメリカに生まれフィリッピンで伝道されたフランク・ラバックという宣教師の方です。
 もう一人の人物を紹介します。これは恥ずかしくて発表しにくいのですが、実はなんと、この私、釘宮です。「ヒェーッ?」という疑いの声が起こりそうですが本当です。しかし残念なことに、この経験は1、2年で終りました。その後、泣くようにして「夢よ、もう一度」と求めましたが、一向に掴めないでいます。ともあれ、まず、その私の経験を以下に書きましょう。

   それは突然やって来ました、私の経験

 私がまだ大分県立聾学校に在職中で、その末期の1955年、昭和30年の頃だったと思う。(私はその翌年退職し、独立伝道に踏み切ったのです)。前記の聾学校での午前中の授業を終わり、生徒と一緒に給食を終わって、保護者や寮の寮母さんへの毎日の連絡簿をつけていた時だった。ふと気がついた。その朝、家で起床して、今、学校で父兄連絡簿にペンを走らせている瞬間まで、ずっと私は神様を仰いで祈り続けていたという事実に。
 起床、朝食、自転車で通勤、職員会議、朝礼、午前中の授業、そして給食、こうした事の間、一瞬も絶え間なく神様を仰いで祈り続けていたという自分を顧みて私は驚嘆した。
 私はすでに聾学校教員のかたわら、六年間の無教会風の家庭集会を開いて伝道者として、多少の働きをしていた時期です。
 あのまま過ごしたら私はどんなに素晴らしい人物になっただろうと思うが、残念ながらこの経験は1年か、2年で終わった。
 その後なんとかして、この素晴らしい経験を回復しようと思って努力したけれども、こうした精神状態を自力で維持することは出来なかった。この努力をそのまま持続しようとすればするほど神経衰弱になる外はないと思って、諦めてしまったのです。
 その後、チョウ・ヨンギ先生の証しをお聞きしてビックリした。大阪での聖会だったか、先生は「いつも神様に祈りたいと思って努力した」という。そして、幾度も失敗したが、失敗するたびに、「神様、済みません。また、あなたにお祈りするのを忘れてしまいました」と、お詫びしたそうです。「これを何度も何度も繰り返している内に、やっと常に祈ることが出来はじめました」とおっしゃるのに、私は本当にびっくりしてしまいました。
 聖霊様によって与えられたとしか思えない私の恵みの経験は1、2年で消え失せ、自力の努力で獲得したとおっしゃるチョウ・ヨンギ先生の絶えざる祈りの経験のほうが永続きしているということに私は驚いた。また不審であった。神様に不足の一つも言いたかったのも正直な告白である。この問題は別の機会に研究したいです。チョウ・ヨンギ先生の話題もここまでで割愛します。

   修道士ブラザー・ローレンスのこと

 もう戦前のことですが、青木澄十郎という純福音の先生が居られた。この先生の本の中で、17世紀のフランスの修道士ブラザー・ローレンスという人のことを知ったのである。この人は教育のない、何をさせても不器用な人だったらしい。彼はある時、冬枯れの木の枝に芽が芽吹いているのを見て、そこに神様の御手を感じ、信仰を抱いたという。
 この方が修道院にはいっても修道僧にはなれない、料理方の下働きになって、日々神様をあがめる生活を始めたのである。如何なる時にも、瞬時も忘れることなく主を呼びまつる修練を自分に課した。料理を失敗すれば、「ああ、神様、あなたが居られなければもっとひどい失敗をしたでしょう。あなたが助けてくださってこの程度に終わりました。感謝します」という具合です。かまどで火を燃やす時には、「主よ、地獄の火を避けさせてくださる主よ、感謝します」と心に念じるのであった。
 次第に台所に入ると誰でも主の臨在を感じるようになった。上級の修道僧たちや修道院長さんなどが、彼のもとに来てその臨在経験を聞くようになった。また当時のルイ3世もこの修道院に行啓されて、彼に面会を求めたという。
 彼は料理方であったから、ある時、船に乗って地中海岸のぶどう酒産地にぶどう酒を購入に行ったことがある。その荷を積んで帰りの航路についたとき、海が荒れてぶどう酒の樽が甲板上を転げまわる。それを追って彼も転げまわる始末。彼はびっこであったので、なんとも滑稽な姿になる。それを水夫たちがあざけり笑っていたが、そういう時にも彼の心は非常に平安であったという。それはあたかもミサ(聖餐式)に列している時と些かも心の状態が変わらなかったと、彼は追憶している。
 この方の名は早くより私の記憶に残りました。そして、私もこのような恵みに浴したいものだと願っていました。あの聾学校時代の経験を恵まれた時、即座に私はこのブラザー・ローレンスを思い出して、「ああ、これだ」と神様に感謝したものです。
 このブラザー・ローレンスの文集がある。CLC発行の「敬虔の生涯」をお読みください。カトリックのドン・ボスコ社から出ているのは「主の現存の体験」という題です。著者名はラウレンシオとなっているはず。これはローレンスのフランス語読みでしょうか(実名はニコラス・ヘルマンです)。ドン・ボスコ社の本は削除もなく訳文も正確だと思えますが、カトリック用語が多くて私たちには読みにくいのが難点です。
 ブラザー・ローレンスは1614年に生まれ、1691年に平素と変わらぬ平安と静けさに満たされて召されたとの記録があります。「敬虔の生涯」から要所、要所を以下に抜粋します。原意を損なわない限り多少字句を変更をしました。お赦し乞う。 
             *
 私たちは何をするにも、すべてのことを主に相談する習慣を作らねばなりません。そのために、神と絶えず語り、自分の心を神に向ける努力をしなければなりません。これは、少し努力することにより、直ちに神の愛がうちに働いて、何の困難もなくその習慣が身についてきます。
 私は自分の仕事が失敗した時には、その過失を神に申し上げて、「私一人でこのことを為すならば失敗するほかはありません。私が失敗するのを防ぎ、よくない所を正して下さるのはあなたです」と申し上げて、以後はその失敗について思い煩いませんでした。
             *
  (ある人について書かれた書簡から、多分その人の夫人にあてた手紙の一部分ですが)。
 神が彼に与えた苦難が彼にとって良い薬となり、それによって彼が自分の内なる人に目を向けるようにと私は願っています。常に彼のそばにおられる方に、彼が全幅の信頼を寄せられるよう導かれる良い機会となるはずです。できるだけ彼が神を思うことができるように、そして危険な目に会った時こそ、彼が神を思う事が出来るようになって貰いたいものです。
             *
 神は私たちの魂の奥底にご自身を写し出しておられるのに、私たちはそのお姿を見ようとしないのです。私たちはくだらないことにかまけて神を忘れ、いつも私たちの内におられる王なる方との会話を続ける事を軽んじているのです。
 日頃、信仰によって神が自分の内に居られると、考えるだけでなく、目に写るもの、身の回りで起こる事柄のすべてに、神の存在を感じましょう。目に見える造られた物から目を離して、直ちにそれを造られ創造主に心を向けましょう。
          *
 神への愛のためには、一本のわらを拾いあげることでも充分です。神のみ心を愛する時、自分自身の意向に関する愛着が取って変えられるものです。心を高く上げて神を仰ぐことを妨げているのは、自己愛の名残りにしか過ぎません。
 ひどい事件を聞いた時、その非道さに呆れるよりは、罪人の犯し得る悪の限度を考えると、もっと悪いことにならなかったことに却って驚くのです。


〔あとがき〕
今週は中野渡先生が九州に見えています。当教会では6月21日午後7時半からの集会です。今日は午前は佐賀関教会、夜は別府のフルゴスペル教会でメッセージされます。23日は宮崎福音教会です。各教会の集会と先生の上に聖霊様の油注ぎを祈ります。▼妻トミはリハビリを受けるため湯布院厚生年金病院にて療養中、経過は順調ですが、意識はまだまだ完全に回復していませんのでお見舞頂いても反応がにぶいと思いますので、ご寛恕ください。この上ともご加祷お願いします。(釘宮生)
[PR]
by hioka-wahaha | 2005-06-19 00:00 | 日岡だより

No.180 我、日本の柱とならん 2005.6.12

我、日本の柱とならん

 創価学会が出している「大白蓮華」という雑誌がある、その雑誌の7月号の広告が新聞に出ていた。その中に池田大作さんの論文であろう、その題名があった。言わく、「我、日本の柱とならん」。
 いいなあ、と私はつぶやいた。もちろん、この言葉の出所は日蓮のはずだ。日蓮さんの言いそうな言葉である。背骨の太い人物の言葉である。こういう言葉はあまりキリスト教会では聞かれない。
 日蓮さんの有名な主張は「立正安国論」である。まず正義を立てるのだ、それが国を安んじる基本だぞ、と言うわけだ。
 私が戦争中、非戦論を唱えたのは、殺人が罪であるように、戦争で他国を侵すことは悪いことだと思ったからである。戦争は神様の前に罪である。自分の愛する国に罪を犯させたくない。これが私の非戦論だったのだ。ところが、
 今の日本には、「戦争なんか嫌だよ、戦争が始まったら国外に逃げるよ」などと、そんな事を言う無責任な愛国心欠如した若者たちが幾らもいると聞いて、私はいよいよ日本人に失望を禁じ得なかった。
 私の非戦論はそんなものではない。こうである。たとえ我が国を攻撃してきた外国に対し、非戦主義のゆえに武器を取って抵抗もせず私は戦死、むざむざ国を亡ぼしてしまったとしても、天国に帰ったら神様から「お前たちはよくやった。私の教えを守って戦争に負けてしまったが、あれは栄光の敗北である。お前たちの国を、そして天皇を、政府を誉めてやるぞ」とお褒めの言葉を頂けるのなら、これこそ最高の名誉、国家の幸福であると思ったのである。
 これはまあ、なんと夢みたいな世迷言を言う奴だと、当時の警察や世間の人や、いやキリスト教会の人まで思ったであろうと思うが、私は本気で真面目だった。自分の国をそのように敗戦に至らせたとしても、その非戦論者こそ本当の愛国者である、と私は思っていたのである。
           *
 国益のために政治を取りあつかう有能な政治家は多くいることだろう。しかし、正義のため、真理のため、神様のため、信念をもって政治に挺する人こそ、本当の政治家であると思う。
 もし真理のため、正義のため、信念をもって国際政治に手を染める時、時には国を危なくするかもしれない。しかし、そういう人が政治をし、それを賛成応援する国民や国会議員諸君を擁している国は、どれほど神様から愛されることであろうか。私は日本をそういう国にしたい。(中国に気を使って国益をあげつらう諸君よりは、個人的信念を標榜する小泉さんの方に、私は好意を感じます)。
 植村正久や内村鑑三、熊本の花岡山で血判して日本をキリストの福音で救おうと決意した明治のクリスチャンたちを、私は今憶う。《く》


神は我らの避け所 また力なり

 今、自分たちの住んでいるこの土地に地震が起こるのではないかと異常に心配している方がいます。心配しています。その心配が異常なほどなのです。その電話に私は答えました。
 「大丈夫です。地震なんか起こりませんよ」。私は自信ありげに言っても、その言葉は疑わしいらしく(無理もありません)、しばらくすると、また「地震が起こりませんかねえ」と電話がかかってきます。私は青年時代ひどい強迫観念だったので、その強迫観念風の心配の仕方も想像できるのです。
 昔、中国の杞の国の人が「天地が崩れ落ちる。天地が崩れ落ちる」と言って心配したそうです。こうした無用の心配を「杞憂」と言うと辞典には出ています。現代流に言えば、典型的心配症、強迫観念です。しかし、聖書に従うと、終末の時代が近づく時、「天地が崩れ落ちる」という心配は決して杞憂だとは言えません。
 イエス様は「世の終り」について、かなり精密な預言を残しておられます。くわしくはマタイの福音書第24章を読んで下さい。
 「偽キリストが表われます。戦争や飢饉や地震が頻発します。クリスチャンはイエス様の名のゆえに迫害に会います。多くの人の愛が冷えます。しかし、こうした中でもキリストの福音は全世界に宣べ伝えられます。きびしい艱難の後、太陽は暗くなり、月は光を落とし、星は空から落ち、天体は揺り動かされます。そうしてイエス様は天の雲に乗って来られる」と、言うのです。
 私は少年時代、このイエス様のお言葉を伯父から聞いて身震いしたものです。さて、最近の日本列島の地震があちこちに起っているのを見る時、かつての映画「日本沈没」も、あながち架空の物語ではないと思い始めた人も多いでしょう。
 先に書いた地震恐怖症の方のような心配も、一概に笑っておれないのです。無理もない心配かもしれません。いずれにせよ、一応の地震被害対策をしておくことは大切でしょう。しかしそれ以上に心配で夜も眠れないとあれば、病的と言ってもよいのです。
 しかし、こうした「恐怖症」の尤もな点は、心配していることは理屈から言うと合理的だということです。これを「取り越し苦労だ」と笑っているほうが、却って「阿呆で、間抜け」なのです。
 旧約聖書の預言者たちの王や国民の不信仰の罪に対する糾弾や日蓮聖人の鎌倉幕府に対する北禍来の予言や、私の戦時中の非戦主義など、すべて祖国を愛するあまりの宗教的過反応、小児病的過敏さと当時の世人は言ったでしょう。しかし、いずれが本当の愛国者であったかどうか、矢内原先生がその「日蓮論」の末尾で言ったとおりです。
              *
 もう一度、精神病的強迫観念の話に戻りますと、本当は心配する方が当然という病例がたくさんあります。たとえば「紙幣不潔恐怖症」です。紙幣は日銀から発行されて、また日銀に回収されるまで、どれほどの人の手に渡るのか知りませんが、昔は特にひどい、よれよれの紙幣がありましたね。
 こうした紙幣は立派な清潔な人の手にも渡ったでしょうが、またどんな汚い人の手に渡ったかもしれない、特に異常な不潔な人の手に渡って意図的に汚物に浸された紙幣が無いとも言えない。
 こういう紙幣を恐れて、自分の手に渡ってきた紙幣をすべて消毒して自分の部屋で乾かしていた人がいたそうです。誰かが偶然それを見て偽札造りかと思って警察に通報したという笑い話もあるくらいです。
 実は、この話は笑っておれません。よくよく考えれば、紙幣不潔恐怖症の人の方が理にかなっているので、紙幣の不潔さを恐れない人の方が鈍感なのですね。紙幣不潔恐怖はもともとあって然るべき恐怖心ですよ。(本当に人々に持ってほしい過敏症は自己の罪に対する過敏症です。この罪過敏症こそルターの陥った回心の前駆症状であったのでした)。
 先だっての尼崎脱線事故でも、あの事故が起こらなかった時には、JR西日本のダイヤ過密に批判があったとしても、一笑に付されたことでしょう。内部告発だったら不満分子、不穏分子として左遷されたことでありましょう。
 ですから、昨今の日本列島地震多発の状況を見て心配をするのが当たり前です。ある人は言った、「災害は忘れた頃にやってくる」。北新潟地震から最近の熊本の地震にいたるまで、これを異常な事態だと気にしない方が不思議、安閑しすぎているというべきかもしれません。
 しかも一向に、心配しない人が多い。政府も、学者も、新聞も心配していません。一体にこういう心配を「下世話」という。こういう下世話な報道は案外、週刊誌や、一部のタウン紙や、無責任ネットや、右翼の街宣車のほうが本音を吐く傾向があります。時々品のない週刊誌も拾い(電車などで?)読みすることです。
              *
 しかし、常識人はやはり言うでしょう。それは思い過し、心配する方が、神経の使い過ごし。精神衛生上よくないよ。起こった時は起こった時、その時は不運とあきらめるさ。
 しかし、クリスチャンの対応は違うのです。最近、雑誌「ハーザー」で泉パウロ先生も触れていたが、先にも書いた聖書的見地から、今後の世界に起こるべき大地震への関心は当然あってしかるべき、ますます福音の宣教に当たるべき時代に突入しているとの認識を持つべきだと思います。
 しかし、言いたい。「過敏な不安は捨てましょう」。単にノーテンキに安閑としておれ、と言うのではない。私たちは大能の神様を信じるからであります。聖書の詩篇第四六篇を開きましょう。
  「神はわれらの避け所また力である。
  ……、たとい地は変わり、
  山は海の真中に移るとも、われらは恐れない。
  たといその水は鳴りとどろき、あわだつとも、
  その騒ぎによって、山は震え動くとも、
  われらは恐れない。」
 本当に恐るべきものは、こうした自然災害よりも人間の狂気でなかろうか。みんな、心配しないことにしているけれども、北朝鮮の核武器など、いつ日本に襲ってくるかも分からない。
 あの金日正総書記さんが、国内にクーデターが起こったりしてヒステリーを起こし、一旦核ボタンを押しでもすれば、日本の五大都市くらいはいっぺんに崩壊です。政府の機能は停止し、日本全国行政は麻痺する。もちろん、北朝鮮もアメリカの核反撃で全土火だるまである。
 今、最大に要求されるのは、私たちクリスチャンの強力な信仰である。世界を聖霊の火だるまにする大リバイバルである。国民の精神も、教育も、経済も、産業や、政治も、大変革する、そういう国を上げての革命が起こるときが来るのである。それは我々クリスチャンの責任であり、使命である。《く》

〔あとがき〕
私事ですが、妻トミは一応治療を一段落し、今回リハビリのため湯布院厚生年金病院に転院しました。設備もスタッフも揃っていて安心していますが、それ以上に創造主なる神様の力と臨在を信じ、最高の癒しを信じて退院の日を期待しています。先生がた、信徒の皆さんのご加祷を切にお願いします。釘宮義人
[PR]
by hioka-wahaha | 2005-06-12 00:00 | 日岡だより

No.179 私は日本人に失望した 2005.6.5

私は日本人に失望した

 先日、中国の呉儀副首相が小泉首相との会議を突然断わりもなく中止して帰国した。当時、日本政府首脳部は不快感を表明していたが、中国側に言わせれば、せっかく日本を訪問して友好的会議を開きかけている最中に、小泉首相が靖国参拝継続の意向を明らかにした。我々に対する嫌がらせであるということでしょう。
 中国の言い分が分からないではないが、何よりもこの靖国問題をいくら繰り返し取り上げても、外交問題として中国のトクにはならないことを私は中国側に忠告したいのである。これは日本人民の普遍的宗教意識に関することだからである、と私は思ったのである。
 私はクリスチャンだから私自身が靖国神社に参詣することは絶対に無い。しかしこれは日本人としてはごく少数派であろう。とは言え、私は同胞の日本人の多くが靖国神社に参拝したい気持ちはよく分かっているつもりだ。
 もし小泉さんが、中国側の牽制に従って「ハイ、承知しました」と靖国参拝をとりやめたら、日本中の総スカンを食うに違いない。日本は中国と違って独裁国家ではない。日本人民の人気を気にしながら首相の座についている小泉さんだ。簡単に靖国問題で妥協はできないことを中国は冷静に認識すべきである。
 外交とは最終的には互いの国民の同意を取り付けておかなくては、いつかは逆転の結果を生むであろう。もしこの問題を中国が執拗に言いつのるのであれば、日本人民のほとんどが中国離れする。長い将来のためには、これは中国のためにならない、と私は思っている(本当は思っていた)のである。
            *
 ところでその後(数日前のことです)、某新聞の世論調査で「小泉首相靖国参拝中止を賛成する」が53%とか出ていた。昨日あたりの別の記事では30%余ともあったようだが、私にとっては30%でも吃驚仰天である。そして本日(6月4日)の新聞では、あの右派的に見える中曽根前首相まで「小泉さんは靖国参拝を中止したほうがよい」と言っているという。私は唖然とした。
 私はここで、現代の日本人をまったく誤解していたことを悟った。私は大正人間。クリスチャンらしい顔はしていても、マインドは旧日本人。現代人を理解していなかったことに気がついた。
 靖国神社は明治の初頭に明治政府が作り上げた天皇国家造形のための装置と言えようか。戦死者を一様に祀り、そこに天皇陛下も参拝なさり、そこに祀られた人々は神武天皇でも聖徳太子でも豊臣秀吉でも東郷元帥でも乃木大将でもない、一般市民の父親や兄貴や近所のオッサンたち、明治以来のいわばご先祖さんたち、戦争に倒れた国家の恩人である。こういう靖国神社だから、日露戦争以来のニッポン・バンザイで昂揚された気分と祖先崇拝の国民感情が合成されて、私は全国民いっせいに小泉靖国参拝賛成するかと思っていたのである。たとえ10名そこそこのA級戦犯が合祀されていようと、殆どの祭神たちは身近な、この百年以降の戦争で亡くなった国民先輩たちの祀りの場所ではないか。
 中国の人たちはあの靖国神社をA級戦犯たちだけの神社と思っているのではないか。たとえ日本人たち自身にうとまれている戦犯たちだったとしても、日本人は死んだ人をすべてホトケさんだと思う民衆だ。これはクリスチャンの私としては褒めるわけにはいかないが、これが平均的日本人。日本では凶悪な殺人事件の犯人であっても彼が死体となって発見されれば、警察の刑事さんたちはホトケさんと呼んで手を合わせて拝んでいる、こうした国民感情を考慮に入れて、靖国問題は慎重に扱いなさいよ。これが中国の政治家たちに私は言いたかったことです。
 ところが以上のような世論調査の結果です。私は日本人に失望したと言ってよい。もう日本人擁護論はやめようと思った。過激に言えば、こんな腰抜け日本人、クリスチャンに改宗させて叩きなおしてやりたい。いや待て待て、いくら叩き直しても日本人は骨太なクリスチャンにはなるまいなあ。「この国には失望した」とか、たしか内村先生だったか、藤井先生だったか、言ってたなあ、「先生、私も全く同感です。」とうなずいているのです。《く》


信仰の心理学(一)

 私は旧制の商業学校の卒業生。この出身学校を懐かしく思ったことなど一度も無い。当時の戦時色一色の画一教育で、しかもソロバンはじいて利息計算ばかりさせられた教育にはなじむはずもなかった。卒業と同時に戦時国民教育におさらば、一生独学者として終わったと言えば聞こえがよいが、所詮は、しろうとです。
 私は心理学者でも神学者でもない。公式の資格で言えば、伝道者ですらない。一時は「もぐり伝道者」と自称していたが、これは万代先生に「あんまりだ」と言って止められた。今は永井先生が「名誉牧師」の名称を下さった。これはたいへんな栄誉である。こうした言い方はもう今後、一切書かないつもりです。
 さて、信仰の心理学とは何か、しろうとなりに考えてみたい。まず入信の心理、回心の心理です。私の小冊子に「信仰の確かさ」という本がある。内村先生の弟子の石原兵永先生の「回心記」が一番よい参考本ですが、私の父のように、光を見たりする。ぶっ倒れたり、ペンテコステ派でいう異言を伴う事もあるが、単に心の内側だけで起こる鋭角的転換であることが普通だ。
 ともあれ確実なことは心が明確にグルリと回転する聖霊充満の経験である。私は若い伝道者の時代、この経験がなければ洗礼を承知しなかった。
 Y兄など、年末から正月にかけての5日間、私の作っていた印刷会社の工場のインクと油の匂いのこめる真中で座りづくめの特訓のなかで回心した。彼は私の家の玄関の踊り場に踊り上がって喜びの声を上げ、笑って、笑っていたものだ。
 これが本当の「悔い改め」だ、と一部の人は言う。もともと「悔い改め」という言葉はギリシャ語の「メタノイア」で、マルコ1:15のイエス様のお言葉です。直訳すると「心の転回」です。これはヘブル語の「シューブ」(立ち帰れ)のギリシャ語訳だとも言われる。「メタノイア」を「悔い改め」と訳したのは、誤訳と言ってもよい。めそめそと懺悔し悔い改めるのではない。心の底から転回する聖霊経験なのです。
 ところが、現実の伝道の現場では言葉で「悔い改める」だけで、信仰が起こることがある。次の項をお読み下さい。
             *
 前述した「心がグルリと回転する」経験、これはまさしく聖霊による内面の奇蹟です。心理学的にいうと(私のしろうと心理学だが)、潜在意識のその底にある深層意識、ユングの共通無意識といってもよい(私は更に深い神層意識などと言っていますが)、そこで「グルリと転回する」のです。だから人間の心の真の底から変えられるという感じです。(エペソ4:24の「心の深みまで新たにされ」は正確に訳すと「心の霊において新しくされ」です。深層意識の場を言い表わしているかと思います。このエペソの手紙の場合は、既に義認信仰を得ている人の、その後の信仰の成長、一段と高い信仰への形成は如何にして行われるか、それを語っているのだと私は思っています。)
 初歩的信仰から次第に霊的に成長する信仰の経過は、前項で書いた瞬間的鋭角的奇蹟的入信と違って、徐々に信仰が固まって行くタイプです。先に書いたとおり、こうした漸進的信仰を私はかつて信用しませんでした。ですから伝道用トラクトで言葉巧みに求道者を信仰に誘い込む方法を嫌いました。しかし、実績的に、その方法で信者さんがどんどん出来てゆくのを見て、私は驚いたのです。そこで、それこそ私は悔い改めて、その伝道法を取り入れました。その優秀な小道具がトラクトの「四つの法則」ですし、また西田国雄先生の「太陽と闇」です。
 ここからが、大事な文章です。よく読んで下さい。テキストはローマ10:9、10です。
 まず9節、「すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる」という言葉を学びましょう。
 まず「自分の口」で、信仰の言葉をはっきりと「告白する」ことが肝要です。この「告白する」という動詞は原語では、一回限りというか、きっぱりと、断固として、口を開いて言うという感じの言葉の文法で書かれています。その口ではっきり言った口の言葉のお蔭で、信仰が「心」の中で決然として(一回限りの生起文法)起こると、言うのです。口で言う(告白する)と、それが信仰に変わるという原則があるというのです。
 つまり信仰の言葉を口で決然と言い表しなさい、すると、心の中に信仰もピッタシ生まれるよと言っているのです。事実、前述の「四つの法則」や「太陽と闇」の伝道トラクトで初めての方をお導きするとき、最後の信仰を決心にする場で、しっかりと口で「はい、イエス様を信じます」と言ってもらう、そこがコツなのですね。
 次の10節は口と心の順が反対になります。「人は心に信じて義とされ、口に告白して救われる」とあります。これは初めに心で信じた人のことです。この人は「イエス様を信じます、イエス様を信じます」と何度も心の中で思うけれども、どうしても信仰が湧かない。こういう人も、諦めないで何度も、繰り返し「イエス様を信じる、イエス様を信じる」と繰り返し心の中で思い、あるいは、もっとくわしく「このキリスト教の信仰こそ正しい。この信仰を得たい」と期待して、少々の躊躇逡巡が起こっても、口で何度も「イエス様を信じます、神様はイエス様を死人の中からよみがえさせられた方です。この方のおかげで私の罪は赦されます」と繰り返し言うのです。そうすると、次第に心に信仰がはっきりしてくるのです。
 この個所での「信じる」という言葉は文法的に何度も繰り返す言葉です。同じく「告白する」という言葉も何度も何度も口で言い表わすという文法です。つまり、心の内で信仰をなんども繰り返しているうち、イエス様によって「義とされた」ということがしっかり悟れる、そして「義とされたという信仰」を更に口での告白を何度も繰り返していると、本当に人生の生活ぶりも完全に救われ、永遠の救いの信仰もしっかりしてきて、遂に救いが完成するのです。
 パウロ先生の「救い」という言葉には、(1)キリストの血潮によって神の前に義人と認められるという救いと、(2)天的な完全な救い、霊の完全な体を着せられて、天国人として栄光の体に化せられることを指す場合とあるのです(ローマ8:23参照)。
 心理的に言うと、(1)最初心の底から聖霊により回心させられる場合と、(2)初めは口で告白し続け、信仰が心のうちに発酵して、全き信仰に成長する場合と2つあるのです。(信仰を成長させる心理的過程を次回に書きたいと思います)。《く》

〔あとがき〕
先週のこの欄の終わりの個所で妻の病気の事を書きました。「釘宮トミ、少々脳梗塞を生じたらしく入院中です。障碍は軽微……」などと書きましたが、その後、梗塞の影響が広がったらしいので少々心配な兆候でした。今やっと落ちつきかけています。話しかけるとニッコリしたり、そばで賛美を歌うと手で拍子をとったりするようになりました。医師の意見では、「ぼつぼつリハビリの段階です。専門のリハビリ病院に転院しましょう」とのことで、今週10日、湯布院厚生年金病院に転院することになりました。言語意識はまだ微弱ですし、体も右半身不随ですが、全能の主を信じています。先生方、諸兄姉のご加祷をお願い致します。《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2005-06-05 23:00 | 日岡だより

No.178 国家の理想 2005.5.29

国家の理想

 「国家の理想」というタイトルは、もともと矢内原忠雄先生が昭和12年中央公論9月号に載せた論文である。この年の7月7日に蘆溝橋事件で支那事変が始まっていた。すでに先生は、前年1月に「真理と戦争」、その年の2月に「支那問題の所在」を同じ中央公論に発表している。
 このような時代、右翼の刃にかかる危険は充分の内容であった、先生も勇敢だが、中央公論社も勇敢であった。イノチがけである。この年の12月に矢内原先生は遂に東京大学を追われる。
          *
 さて、国家の理想とは、それは国民教育を普及させ、産業を繁栄させ、福祉を充実し、道徳国家としても頼もしい国となり、善良な宗教が栄え、軍備も適度に備わり、どの国からも軽んじられない、誇り高き国家になること。こう書けば百点であろうか。
 もちろん、日本が「平和憲法」を遵守しながら、こうした理想国家像を国民に語りかけることは、困難かもしれないが、言葉巧みな日本の政治家たちには出来ないことではなかろう、これは皮肉です。
 しかし、家庭で毎日喧嘩や争いの絶えないような家でも、玄関に「和」という額をかかげて、それなりの理想をかかげるのは、偽善だろうが、微笑ましくもある。皮肉そうに笑ってはいけない。
          *
 最後に私の「理想国家像」を。特に私たちの日本のために。私は日本を世界のカントリーにしたい。産業は水車小屋程度、教育は寺子屋、つまり教会学校。世界中の人が日本列島を故郷のごとく慕い、日本の家庭に宿泊して信仰を語り賛美を歌い、田畑を耕して帰ってゆく、そんな国になってほしい。《く》

 
しろうと経済論

 私はしろうとなので、ずいぶんと勇気がいるのだが、前頁の小論にしても、以下の文章も同様です。笑わないで読んでください。
 社会の構造や、経済制度を人為的に変えよう、と積極的に考えたのはマルクスが初めであったろうか、その前にもいたかもしれないが、まずしろうとの見るところです。
 マルクス主義は理論はとにかく、実地に試みてみて失敗であったことは現代史において明らかです。
 結局、マルクスの共産主義理論が倒れて、古びた資本主義が首をもたげざるを得ない。
 しかし、今、目の前に在る資本主義とは投げ出された動態であって、理想をかかげ計画を持ち達成に熱意を抱く人格ではない。それにくらぶればマルクス共産主義は一個の大きな人格であった。その当初はヨーロッパにうごめく怪物と称されたのである。
          *
 社会体制や、経済制度は自然に出来上がってゆくものである。それを人間が計画して、人間の一存で、それを作り上げて行く、あるいは作り変えて行こうとしたのは、はなはだ傲慢な向こう見ずな姿勢であったわい。それが現代の政治学者や経済学者の本音ではないでしょうか。
 アダム・スミスが言った「見えざる神の御手によって動く」経済の世界。金融の世界。賃金や価格の決定のメカニズム、インフレやデフレを生じさせる形態理論、バブルやバブルの崩壊、こうしたことは大国の政府閣僚も、蛮族のテロリズムの親玉も解決も手出しもできない。ただ時流に乗るだけです。
 この時流をうまく乗り切ったものが成功者、うまく渡れぬ不器用者が失敗者。
 「万事、金だよ。カネさえあれば何でも出来る」と言い切ったのはホリエモン氏であったが、まことに昔から世間でささやかれてきた俗流経済学の金言である。
 ところで前言をひっくり返す法則を提言したい。それは「カネのあるところに時流が集まる」ということである。最近、大手橋梁業者の談合が問題になっているが、談合のある所、大手業者がいる。小物の間では談合は起こらない。
 発注者が気づいても文句の言えないような大物がいるところ、談合が起こる。こうした状況のもとに日本の公共事業は順調に運んでいるといえば、現況肯定の度が過ぎると批判を浴びようが、これは儀悪的に言ってみただけです。
 実はこれこそ、驚くべし、イエス様の現実認識である。マタイ25:14~29のタラントの教えの個所を学んでみたい。
 ここにあるのは、多く資本を持って居るものは多く儲け、小さい資本の者は小さく儲ける。そして、持っている人は与えられていよいよ豊かになるが、持っていない者は持っているものまで取り上げられるという法則です。イエス様が資本主義の厳しい世界をズバリ見抜いています。イエス様は決して甘い評論家ではありません。
          *
 イエス様は「この世のことにかけては、光の子よりこの世の子らが賢い」(ルカ16:8参照)と断言します。しかし、「光の子らよ、おっとりしていて、この世の子らの知恵に負けてはなりませんぞ、この世の富に忠実でありなさい」、ともおっしゃるのであろうと思います。
 このルカ16:9以降は解釈の難しいところかもしれません。私はかつて、ここの個所を雑誌「ミーニング」の対話体小文で扱ったことがありますが、知恵をしぼりたいところです。
 ともあれ、マタイ25:20、21の「5タラント」は今の金で約3億円の大金です。その3億円をイエス様は「わずかなもの」と値踏みしています。そして、この僅かな世の富に忠実であれ、とも言われます。その金の出どころは「不正」であるとも見抜いておられる、このイエス様の経済観の微妙なところは、私にも難解ですが、クリスチャン経済学者の活躍してほしいところであります。
           *
 主は言われます。「あなたの宝を天にたくわえなさい、虫が食い、さびがつき、また盗人らが押し入って盗み出すような地上に、宝をたくわえてはならない」(マタイ6:19、20参照)」。
 また言われます。「神と富とに兼ね仕えることは出来ない」(マタイ6:24)。
 そこで、申し上げます。富に、つまりカネに仕えるのではない。言い替えれば、カネに仕えさせるのです。先に、カネのあるところに時流が集まってくると書きましたが、もう一度ひっくり返して新しい経済の法則を談じてみます。カネに仕えさせる人にカネが集まってくる。つまり時流を呼び起こす人物がいるものです。
 官庁の調達場所で、係官が他に低価格の見積書が手元にあるのに、某氏にわざわざ見積書を書き直させて、落札させた現場を見たことがあります。その業者はけっして談合ではない、ワイロをもって係官を籠絡したわけでもない、その係官は仕事の内容と、業者の作業能力と、人物の公正さを見抜いて、そのきわどい配慮をしているに過ぎません。こうしたことは、案外、実際の現場で起こっていることです。
 ともあれ、このように神様の御手の働きにより、不思議にこの世の競争社会でも勝利する道はあるものです。《く》

〔あとがき〕
先週主日、北條府中家の教会の礼拝で用いられて、み言葉にお仕え出来たことは感謝でした。神様の恵みと、その恵みを受け取る熱意と力ある祈りの秘訣を少しでもお分かちしたかと、感謝しています。▼5月26日の辻本友子姉のサロン・コンサートは凄かったです。「曲目ではショパンが凄い。友子姉の演奏が凄い。加えて同姉のメッセージが一段と凄い。凄い、凄いの三位一体」と私は絶賛しましたが。友子姉のメッセージは「最大の奇蹟はあなたが今、ここに存在することです」と。名言です。私の説教に頂きたい、と書き送りましたよ。▼永井先生のおすすめに従い、「ヨブ記説教集」を作りました。相変わらず小冊子ですが、ご希望のかたはお申込みください。▼妻の釘宮トミ、少々脳梗塞を生じたらしく入院中です。障碍は軽微といえども、祈りこそ、癒しの力です。ご加祷下さい。《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2005-05-29 22:00 | 日岡だより

No.177 祈りと恵み 2005.5.22

祈りと恵み

 本日は私は愛媛県北條市の府中集会に招かれて礼拝に奉仕させていただいています。数日前、礼拝司会の秋山姉から、「『祈りと恵み』について説教してほしい」と要望がありました。私はそのご要望を心にして、聖書個所と説教題をルカ11章1~13節により「聖霊を求めよ」と説教題をきめて、ご通知したことです。それは本紙の最後に書きました手束先生の新著から受けた感動からでもあったのです。
 この先生の新著では聖霊様を受けるには、切なる求めと、単純な信仰が秘訣であるとあります。つまり「祈りと恵み」です。
 祈りは信者の側からの努力です。恵みは神様からの一方的恩寵であります。理屈から言えば、矛盾します。しかし私は「信仰とは神と人との協力作用である」と言われた旧師の言葉を思い出すのです。
 当時、「信仰とは全く自力を排して、ひたすら神様の恩寵にすがることだ」とする絶対義認信仰に生きていた私には驚天動地の神学でした。
           *
 さて、たまたまノーマン・V・ピールの50年前の名著、「積極的考え方の力」を書棚の隅から引っ張り出して拾い読みしていました。そこにこんな言葉がありました。「力の出し惜しみをするな。多くの人は力を出し切っていない」というのです。
 力を出し切らないで失敗した時の誰でも味わう後悔の念は想像できますが、たとえ成功したとしても一種言うに言えない不快感、後味の悪さが残ります。これでは颯爽とした幸福な人生は望めません。
 さあ、自分を励まそう。「うん、力を出し切るまでやるぞ」。力を出し尽くした場合、たとえ失敗しても爽快な気分を保てます。力の限り祈ろう! 《く》

   
実行的信仰の秘訣

 ブラック・ボックスという言葉があります。たとえばビデオです。一方で入力すると一方から音や映像が出てきます。器械の中身がどうなっているのか、さっぱり分かりません。しかし、ビデオという器械を通して入れたものは何度でも再演されますね。この時このビデオをブラック・ボックスといいます。
 かつてわが家のビデオが故障しました。専門の技術屋さんが来て、中を開きました。そして、一個所の部品をそっくり取りかえました。それでもう修理は終りでした。
 さて人間の心もブラック・ボックスに似ています。一つの刺戟が入ると一つの反応が出て来ます。日本人の子供は大人から頭をなでられると喜びます。しかし頭をなでられると怒ったり、しょげたりする国の子供もいるでしょう。国民によって心のブラック・ボックスが違うのです。
 いや、厳密に言えば人によって違うのです。同じ音楽を聞いて、「やかましい」と顔をしかめる人がいますし、目をほそめて心安らぐ人もいるのです。
 同じように、苦難や痛みに会うと、「なぜ俺だけこんな目に会うのか、神様は不公平だ」と神様をうらむ人は多いでしょう。しかるに、「これは試煉だ、神様が私を強い人間にしようとして私を鍛えて下さっているのだ」、あるいは「これは明らかに私のかつての不誠実の結果だ。私を更に清める為に神様が懲らしめてくださっているのだ」と思う人もいるものです。人はさまざま、それぞれの心のブラック・ボックスが違うのです。
           *
 クリスチャンを分けて第一次、第二次、第三次のクリスチャンとしてみましょう。
 第一次のクリスチャンは「救い」の確かさを握っています。しかしその救いを実生活に活かしきれないでいます。生活面では非クリスチャンと殆ど変りません。
 もし、この第一次のクリスチャンが、実にすばらしい生活態度や能力を持っていたとしたら、それは信仰に直結した霊的賜物によるというよりは、儒教、修身教科書、教育勅語、親の家庭訓、偉人英雄の伝記類に啓発され習得した徳力なのであります。もちろんそれは大いに称賛されてよいことです。しかしそのように立派な人であるにもかかわらず、なおも第一次的クリスチャンにとどまっているということがよくあります。
 この点、信仰的偉人であって、もともと人間として傑出した長所や魅力を持っている人であって、信仰的な偉人と呼ばれている人々は後世の人をある意味で誤らせることが多いのです。
 例えば内村鑑三先生。先生は青年時代、生物学者としてもすでに優秀であつたとか。字をカイ書で丁寧に書いたとか。それは先生の信仰以前の能力や性質です。信仰によってそれらの特質が倍加増幅されたという事実はもちろんです、しかし生来の先生の特質の方が、のちの信仰体験よりもこのことに関しては大きい影響力を持っていたと思えるのです。
 似た話はインド伝道のウイリアム・ケーリーにもあります。少年時代から努力家であった、語学の大家であった、などというのです。私はかつてこの実話に腹立たしい思いを抱いたものです。本来のなまけもの、語学ダメ男、それが信仰のおかげで努力家、語学の大家になったという話なら、われわれ愚者、小物にとり福音です。
 信者がその人間的能力で努力して出世する、能力が倍増する、道徳的になる、もちろん、善いことです。しかしその人は相変らず第一次的クリスチャンにとどまっているということはよくあるのです。その証拠に成功したら、つい心の中で人を見くだす。能力の無いものをバカにする。不倫な人間を心で許せない。もちろんクリスチャンだから、そのような素振りは決して見せません。しかしそれは(!)、イエス様が最もお嫌いになった偽善者の姿ではありませんか。
 もっとも、この第一次的信仰にとどまりながら、その中で生きつづけて行く信仰の在りかたで割目すべき心境が一つあります。前述で言えば、この「偽善者」なる我をそのままに主の前に持って出て、主の許しを信じて、その許しの中で憩うのです。
 この信仰には一種の崇高さが伴い、多くの人の感動を呼びます。日本人には浄土真宗の下地があるから尚更よく、この信仰の境地が分かるのです。一種の自在感さえあります。プロテスタントの人は信仰的訓練ということを認めたくないので、この信仰路線を甚だ喜ぶのです。
 さて第一次的クリスチャンの問題点は、自分が身分的に神の国の国籍を持っているとは信じていますが、その民籍の権利を使徒パウロがローマ市民の権利を遠慮なく利用したように、この世で利用しようとしない処にあります。天国においての祝福を信じ、現在の個人的内面生活における祝福を体験してはいるが、しかし地上の実行生活において矛盾と無力を覚えるという人々です。
           *
 第一次のクリスチャンは霊においては救われ、第二次のクリスチャンは精神(心、魂)において救われ、第三次のクリスチャンは肉体においても救われている(ローマ8:23)……肉体のあがない、これがパウロの究極の願いでした。
 実は、もともと第二次の精神(心、魂)の救いのことについて書きたいのでした。これはローマ人への手紙第七章後半から第八章前半にかけての主要テーマです。多くの人が「心」をサタンに食い荒されています。霊は主にあって救われているのですが、心はサタンにあって呪縛され自由を失っているのです。この心の自由をサタンより奪還するのが聖霊の法則です。心の中で各部品がメタメタに故障しているのです。この心というブラック・ボックスの中の小部品を丹念に聖霊の法則によって入れかえていく、その過程を聖化というのです。冒頭の例でいうならビデオの修理です。器械の外側を開いて故障の症状に対応する故障箇所の部品を入れかえるように、われわれの汚れた態度、しぐさ、言葉、習慣、の心の部位に聖霊のメスを入れるのです。聖霊のメスとは神のみ言葉(ヘブル4:12)だ、とも言えます。み言葉には人の魂を救う力(ヤコブ1:21)があるのですから。
 人格改造の秘訣はここにあります。聖霊抜きでも、ある程度やれます。教育の必要な所以です。ローマのエピクテトス等の先達者、日本の吉田松蔭等の偉人、すべて尊敬すべき模範です。しかし聖霊はそれ以上のことをします。
 教育とは梅干を作るのに似ています。梅の実を塩とシソの葉っぱの中につけこむ。すると塩とシソの色素が梅の実にしみこんで梅干ができ上がります。聖霊は教育とは違う、聖霊は活きた土壌に似ています。この中に梅の実を埋めると、すると活きた梅の木となります。そして遂には何千倍の実を結ぶことになるのです。
 キリスト教の歴史を見よ。殆どは名も無き小さき愚かな男女の群像です。その人々の気高さと清さと歓喜とを見よ。その秘訣は聖霊による心の変革であります。
 心が変ると行動が変わります。霊的信仰だけで心の法則を手中に納めないと、実行ができません。実行の無い信仰は死んだものであります(ヤコブ2:26)。死んだ信仰とは活動力の無い信仰のことです。
 実行的信仰を求めていくら努力しても肉の力によるならば必ず失敗するでしょう。ご聖霊様を勧請しよう。ご聖霊様を歓迎しよう。ご聖霊様に聞こう。ご聖霊様に従おう。(1984年旧稿 《く》)

〔図書推薦〕
「聖霊の新しい時代の到来」手束先生の新著である。ちょうど、先週のペンテコステ主日の朝、早天のため、家を出ようとして玄関脇にポストを見ると宅配のメールが届いていた。手束先生からのご恵送である。ぱらりと開いて見た。▼86頁のルーマニアの自由の革命の発端の個所、民衆の「神は生きておられる」という叫び声が澎湃として起こり、銃を持った軍隊がたじたじとなって銃を捨てる場面である。私は感動した。▼早天祈祷と、朝食を終わり、礼拝を控えているけれども、心は手束先生のこの新著に取り付かれて離れない。急いであちこち頁を開いて読む。最も心を打たれるのは、クリスチャンの最初の信仰を与えられるのは信仰によるのだが、聖霊を受けるのも信仰によるのだというくだりである。▼信仰が強くなり、清くならなければ聖霊は下らないと思うのは誤解である、ただ信仰だけで聖霊はいただける。だから、求めなさい。熱心に求めなさい。というのが、今回の先生の骨太い主張、お読み下さい。▼〔付言〕この5月15日号のリバイバル新聞の第1頁にも全面、永井信義先生の論文が出ていた。大見出しは「聖霊よ、来てください」とある。まさに、今こそ、聖霊待望の時代。▼日本列島、JR脱線からグライダー墜落等、全島運輸関係事故だらけ。それのみか、各地地震頻発。世界はキナくさい報道、小国から核軍備の欲求の声も聞こえる。ご再臨近し! 《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2005-05-22 22:00 | 日岡だより

No.176 ペンテコステの力 2005.5.15

ペンテコステの力

 当教会の礼拝室の背後の棚に「祈祷テーマ・リスト」を置いてあります。その中の第2項に挙げてあるのが以下の文章です。
 「私は、父なる神、御子なるイエス・キリストと使徒たち、並びに天使たちとの交わりの中に(第一ヨハネ1:3下参照)私をも入れてくださるご恩寵を感謝します。これは又、聖霊様によって組織された聖なる神の軍団であると信じます。この軍団の力を信じます。この軍団の司令長官はイエス様であります。イエス様の御名によって敵なる悪魔に向かって勝利を宣言できる恵みを感謝します」。
 このことについて、先週の午後の聖会の最後の時、私は少し説明を加えました。この第一ヨハネ1:3下の聖句に注意なさるかたは少ないと思いますが、これは地上の教会が戦闘の教会として機能を果たすエネルギーはどこにあるかという秘密を書いてあると思います。
 ここで聖書は、「父なる神と御子イエス様と使徒たちの結束堅固なる軍団」に触れているのです。この一連の文章の中で隠れて現われない存在があります。それは聖霊様です。聖霊様こそ交わりのエネルギーです。ペンテコステは聖霊様降臨の日です。
 この日に教会が始まったと言われるのですが、その意味が、よく理解されない傾向があります。父と子と聖霊は三位一体と言われて、結束固き一体です。そこに主の弟子たちが加わって更に大きな一体となる。それが教会です。
 私たちは初代教会の使徒たちの群に伍(ご)して福音の戦線に参加します。この軍団こそキリストのからだなる教会です。その司令官は主イエス・キリスト。私たちは十字架の軍旗を押し立て、主に従ってサタンと戦って勝利するのです。《く》

 
祈りのコツ(一)

 ある方からの手紙に「祈りの仕方を教えてください」とあったので、私なりのご返事を書き始めたのがこれです。
 私の父は切羽つまって、初めて教会に行って「キリスト教の神さんに会わせてくれ」と言ったそうだ。初心者も初心者、まったくキリスト教を知らなかったのである。
 牧師は「あのう、釘宮さんとおっしゃるか。キリスト教では神主さんやお坊さんのように御祈祷料を頂いて、代わって祈ってあげる。そういうことは致しません。でも当のあなたが天と地を造られた真の神様に祈ることが出来るんですよ。さあ、こうして祈りましょう」と、まず父なる神様の名を呼んで、最後に「イエス様のお名前によって祈ります」という言葉まで教えて父を帰らせたそうだ。
 牧師も素朴で無知な必死な求めの父の願いに、さぞ困っただろうと思う。それにしても最善の答えをしたのであった。父は「へい、そうですかい。やってみますわ」と感心して、腕を組み組み家に帰ったことだろうと思う。父は家に帰ると、早速、納屋に這入って先ほど牧師に教えてもらったとおり祈り始めた。
 「天のお父さま。私は正直に、誠心誠意、一所懸命、家を捨てて放蕩している本家の兄貴のやり残した商売の始末を引き受けてやっていましたが、その兄貴が突然帰って来て、私のやってきた商売に難癖をつけ、私が財産を横領したかのようにふれまわり、私を泥棒猫のように、この町中に評判をたてています。私は恥ずかしくて、この町に歩けもしません。天道是か非か、神も仏もあるものか、と思います。キリスト教の神様は本物の神さんと聞きました。私はこの恥辱を払いのけたい。本当の神さんに会って疑いを取り払ってほしい。ついては、今夜、キリストの神さん、私に現われてください。私を安心させてください。そうでなければ、明日の一番列車に跳び込んで死にます」
 とゴミだらけの床を叩いて祈った。大分の町に日豊線がやっと届いて、町に汽笛の音を響かせていた時です。
 父は本気でした。今夜中にキリストの神さんに出て来てほしかった。繰り返し前記のように祈ってオラビ(叫び)あげた。30分もして突然、暗い納屋の中が火事になったかと思った。明るくなったのである。「オヤ」と思って辺りを見回すと、やはり暗い。しかし、祈りかけると明るくなる。「ヘエッ?」と首をかしげたとたん、体がギューッと締め付けられ、ガタガタ震え始め、何よりも「神様」が分かった。神様が来てくださった。恐ろしくなって「神さまーッ、すみまッせん」と、平伏してあやまった。見えない神様だが、そこに居られるという感じがしたからである。
 父に言わせると、清くて、おごそかで、温かい、神秘な方の臨在に囲まれてしまったのである。それっきり、父は謙遜でやさしく雄々しいクリスチャンになった。そういう父に何より驚いたのは、それまで父を迫害していた兄である。この兄が後に地方に名士として知られた無教会の豪の者、釘宮徳太郎である。私の伯父である。この伯父の影響で、私は非戦論者となり、戦時中、牢屋に繋がれることになるが、そのことは今回には関係ない。
 この父を見る時、祈りの「コツ」と言うのは軽すぎます。祈りの「秘訣」と言いましょうか、死をも賭した祈祷です。父はまさに命をかけて祈ったのでした。(この父の経験はインドのサンダー・シングそっくりですが、サンダー・シングについては、又別の機会にふれます)。
              *
 とは言え、上記の場合は特殊すぎます。一人ではなかなか、こういう熱心さでは祈れないものです。しかし、多数が思わず声を限りに叫び出し、涙をぼうだと流し、あるいは意味のない言葉や歌が飛び出す、集団の場があるものです。時にはその集団が去ったあとの会場に一人が遅れて来て、その部屋に首を突っ込んだとたん「ワッハッハハハ」と思わず笑い始めたという例もあります。
 そこには、はじけるような霊的磁場が出来ているのだ、と私は称していますが、なんと言うにしろ、それこそ初代教会で見られたペンテコステ現象ではないでしょうか。そういう場に入りさえすれば、誰でも熱狂的祈りに溶かされざるを得ない。ペンテコステ的集団祈祷のすばらしさです。
 ところで場合により一人で祈らざるを得ない場合も多いわけ、次回はそういう方々のために「神と共なる孤独」を守りつつ、爽快なる祈りに這入れるコツを述べることにしましょう。《く》

〔図書推薦〕
「父なる神に抱かれて」
            ジャック・フロスト著
 この本の著者ジャック・フロスト先生は長い間、自分は奥さんに対して良い夫だと思っていたそうです。しかし、本当は思いやりのない冷たい旦那だったと気がつく時がきました。
 フロスト先生の問題の所在の第一は幼い時に、先生のお父さんに厳しく育てられたことにあるようです。ともあれ、結婚した男性がしばしば一人合点で圧政的で、そのくせ自分は良い夫だと思っている例は、特に日本ではほとんどの家庭に見られます。
 私(釘宮)は妻を「トミさん」などとやさしく呼びますから、よほど愛妻家に見えましょうが、それでもどうしてどうして仲々そんなものではなかった。男性は自惚れの強いものです。妻が涙をこらえてそっと我慢していることに決して気づこうとしません。私もその一人でした。
 フロスト先生が変わったのは、ある聖会でこういう祈りを聞いた時からでした。ある牧師が祈りました。「父なる神様、父親から抱きしめられたことのないこの部屋の男性を、すべて受け入れてください。彼らをしっかりと抱きしめてください」。
 その時、熱湯のような愛がフロスト先生の心にそそぎこまれ、先生は赤ん坊のように泣きはじめたそうです。子どもの時から飢えていた父親の暖かい愛情が満たされたのです。そして奥さんをホンマの愛情で抱き締めることが出来はじめたのです。
            *
 愛されたことのある人だけが他を愛することができると言います。ところで、これまで愛されたことのなかった男も、女も、いま改めて愛されることを経験できる時がきました。どなたも神様の前に来ると良いのです。
 「皆さん、神様の愛を知っていますか」。こう質問すると、多くの方々が「ハイ、知っています」と答えます。「私はイエス様の十字架の血潮で罪を赦されました。イエス様による父なる神様のアガペーの愛で愛されました」と模範的回答が返ってきます。
 ところが、このフロスト先生の説明は違うのです。これには私も驚きました。神様の愛はアガペーだけではないというのです。
 フロスト先生が赤ん坊のように泣いたあの時、先生は神様のフィレオーの愛に抱き締められたと思う、その感動で一杯になった、それゆえ泣いたのだというのです。
 すこし説明しましょう。これまでの種々の本が見逃し勝ちだった神様の愛について、これまで聞いたことのなかった愛について語ってくれます。よく「父なる神」と言いますね。それなら「母なる神」とは言っていけないのでしょうか。「母なる神」と言うべき特質をも神様はお持ちのはずです。
 神様はご自身の形に似せて人を作りました。まずアダムです。それなら、なぜアダムからエバを作ったのでしょうか。神が持っておられる女性の性質が、アダムに欠けていたからに違いありません。神は私たちの父であり、母でもあります。その点を理解しないとイエス様の母マリヤを神様同様に崇拝しようとする衝動が起こるのは、無理もないことです。
 だから更に、この本では珍しい指摘をするわけです。神様が私たちを愛する愛は、アガペーの愛であるのはもちろん、先ほどふれたとおり、またフィレオーの愛でも愛するのです。フィレオーの愛は友情の愛です。又、神様はストロゲーの愛でも私たちを愛するというのです。ストロゲーの愛とは肉親の愛のことですが、こうしたことは滅多に聞かれない説です。私は驚きを隠せませんでした。この本をお奨めします。《く》 (「生ける水の川」発行、売価2000円)

〔あとがき〕
先週の5月8日は昔からよくやりました「母の聖会」でした。午前の主日礼拝では「信仰の土台」について。午後の特別集会では「父と御子と使徒たちとの交わりに入れ」と題して(本紙巻頭文参照)語らせて頂きました。この聖会の終結章、聖霊様の息吹きもかくやと、祈りの熱気あふれ、泣き崩れる人、あるいはハレルヤと叫んで大歓喜の人、霊的に磁場の沸騰点に達したかと思いました。本日は教会暦でペンテコステの日、先週の聖会に引き続き主の恵みの大驟雨来たらんことを。《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2005-05-15 22:00 | 日岡だより

No.175 この時代を問う 2005.5.8

この時代を問う

 4月25日の尼崎脱線の大事故より旬日、日本列島は交通事故だらけ。まず、あの事故より2、3日して、JR各所にオーバーランが発生した。バスが運転手のわき見運転で横転したという。「日本中浮足たっているのではないか」という新聞記事もあったが、私は運輸関係全般に「だらけ」の悪魔が働いているのでないかと思った。
 更に続いて、羽田空港。管制塔が閉鎖している滑走路のことを10数人の管制官全員がウッカリ忘れていたという。降下しようとする日航機の操縦士のほうが念を押しているのに「間違いなし」と答えたというから、度を越している。管制塔室内に例の悪霊がニタニタ笑っていたであろう。
 次は韓国釜山から博多に向かう連絡船が鯨にぶっつかって沈みかけたという。乗客の半分以上が日本人だった。もう一つ、これも海、五島列島の防波堤にフェリーが衝突したという。県警のヘリコプターが民家をかすめて墜落。もうホドホドにしてくれと言いたい、事故ラッシュだ。
           *
 私はイエス様のお言葉を思い出した。弟子たちがてんかん症状の少年の癒しに失敗した時のお言葉である。「ああ、なんという不信仰な、曲がった時代であろう」。日頃寛容なイエス様のお言葉としては、なんとも過剰反応に見える。
 しかし、イエス様は弟子たちの不手際を責めるよりも、その時代を責めている。イエス様は決して大げさなのではない。時代を憂えているのである。
 この1週間の運輸関係の異常な混乱を見る時、「ああ、なんという不信仰な、曲がった時代であろう」。私もイエス様の真似をして時代を問いたくなるのであった。《く》


 
小預言者とならざるを得ず

 先日、私の古い大学ノートの日記が出てきたので、ふと読んでいたら、こんな大時代な短歌が出て来た。
  「義を知りてこの世にあれば我もまた
   一小預言者とならざるを得ず」
 短歌というよりは、明治・大正の市井のおっさんの筆すさびの和歌のようなものだ。
 ずいぶん独り合点で、気負い込んだ青くさい歌だから、ここに拾いあげるのは恐縮なのだが、私としては感慨深い戦前の一首である。
 前頁に書いた、「ああ、なんという不信仰な、曲がった時代であろう」という気分が出ている。当時の大東亜戦争に躍起になっていた日本の趨勢に対して「蟷螂(とうろう)の斧に向かう」ような不敵な言葉であるが、結構、私は恐怖心を抱いていた。
 その頃、「日本を衝く」という小論を書いたことがあるが、その一文をA君に送った。ところが、その手紙が憲兵に見つかってA君が睨まれた。彼はやむなくスパイ教育を受けてフィリピンの山下将軍直轄の宣撫将校に送られる。終戦後、かの地で遂に行方不明死になってしまった。後悔しても、しきれない。剛毅だった彼を私は今も惜しむ。
 彼は私服を着て単身、軍用機に乗って板付空港から飛び立ったという。その時、福岡の刑務所に入れられていた私に面会に来たらしい。しかし、いくら軍人の威光を振り回してもそれは無理だった。私たちは遂に生きて会えなかった。
 ここで「預言者」というのは、予言者ではない。ただ神様の代理として国家社会を糾弾するタイプである。旧約聖書でいうとエレミヤである。奇蹟一つしない、時代を慨嘆する涙の預言者である。舞台を日本に移せば、日蓮か、内村鑑三か。
 でも私は内にこもって、一人悲憤慷慨していただけで、世間に向かって何も言えなかった。「家のなかで聞いたことを屋根の上で語れ」とイエス様はおっしゃるが、そんな勇気は私には無かった。
 戦時中の暗い時代に比べれば、今はなんと言ってもありがたい。日本が戦争して、負けたお陰であるというのは辛いが。
 今、日本は道徳的頽廃時代。少年や青年たち、大人たちの自制心が全然無い。向こう見ずな犯罪や、無軌道な殺人事件。かつてのオウム真理教や、最近のなんとキリスト教会の牧師の性犯罪、批判する言葉にも窮する。
 サタンの息吹が霧のように日本全土を覆うているのではないか。そうした不穏な息吹が先々週の交通事故に噴出しているのだと私は思ったのである。
 良い悪いは別として戦時中の日本人には一種の緊張感があった。終戦後の日本人にはなんとか生き抜きたいという必死の意気込みがあった。経済成長期、新幹線やオリンピックの頃、繁栄の夢で元気だった。石油ショックでちょっとはヒヤリとしたが、
 その後も、なんとかやって来た。しかし、明治のあとの大正のダダイズムではないが、次第に弛んで来たのか。国の外交も対米追従、土下座外交で、一向にキリッとしない。皇室だってピリッとしない。ケロリとした人に見えた雅子さんがどうも心が病んでいる模様。いたわしいが、残念である。
 今、日蓮やイザヤ、エレミヤ、内村鑑三のように「喝」を入れる人、この国に居ないのか! 《く》

 
ヱホバ嗤い給わん

 私は最近、「笑いの達人」とも綽名される。「ワッハッハ牧師」と言ってくださる方もある。日曜の礼拝説教では冒頭でかならず信徒諸君に「ワッハッハ」と笑いの練習をして貰う。「いつも練習をしていると、どんな時にも自然に笑い顔をみせる微笑の人になるよ」、と言うのです。
 ベルグソンをはじめ哲学者の諸説もあまり笑いを褒めないが、でも、私はもっと笑いを評価したいと思う。
 ところで、笑いにもいろいろあって、冷笑、蔑笑、皮肉の笑い、これはいけませんね。しかし実は、こうした笑いも時にはイエス様に見られるのです。
 イエス様はパリサイ人を「まむしの子」と呼び、ヘロデ王を「きつね」と呼んだ。その口元にはかすかな笑いが見えたであろうと思う。
 詩篇第2篇を開くと、神様が天から地上を見おろして、神にさからう王や大臣たちにむかって笑う場面がある。「天に座する者は笑い、主は彼らをあざけられるであろう」と。
 人間が持っている感情や性格で、神様の持っていないものは無いように私は思う。これは危険な神学かもしれないが、愛、喜び、勇気、悲しみ、加えて妬み、驚き、怒り、これらすべてを神様はお持ちである。
 それらを神様は一切聖別される。例えば、神は妬むほどに人を愛し給う、と聖書にある。イエス様は愛の方かと思えば,結構お怒りになる。又、イエス様は気丈な方かと思うと、時に涙を流される。
 十字架上では「わが神、わが神、どうして私を捨てられるのですか」と女々しい言葉も吐かれた。
 ともあれ、言いたいことはこれである。イエス様は今の日本を見下ろされて、慨嘆されるか。お怒りになるか、嗤いたもうか、どうだろう。
 私は祈る。「主よ、日本列島を覆い日本民族をたぶらかすサタンを、一喝し、嗤い、追い払ってください。この日本民族を全く救い給え」と。《く》
 
 〔あとがき〕
先週5月3日、チャペル延岡の開所式に参加しました。上木兄も一緒してくれました。午前、午後の2回の集会でしたが、驚いたこと、感動したことが、一杯ありました。まず、2回とも1時間以上、延々とフォーク調で賛美歌ではない語りぶしの歌を聞かされたことです。▼歌い手さんはノンクリスチャンの若者、中年、さまざまで、喜んでやっている。なるほど田崎先生から、そういう案内は受けていたが、これほどとは覚悟していなかったから驚いてしまった。▼なんと言っても新機軸、私はこうした音楽は分からない方で困ったが、でも、こうしてオープンするチャペル延岡、今後のキリスト教界を瞠目させる勢いになろう。期待したことです。▼さて、それでも説教は高森先生、すばらしい伝道説教で、牧師の私も心から感動しました。「みなさん、信仰とは喜びです」と先生はご自身の信仰を与えられた時の口に言うに言われないほどの大きな喜びについて語る。その又、先生のお話しを聞いて同じように大歓喜を受けて信徒の人々の証し。すばらしかったです。▼最後の特番、どういうことか私の畏友、傑僧、田口学法和尚が法衣のままやって来て、堂々と挨拶された。田崎先生とネット同士でお互いに私(釘宮センセ)との付き合いがあるということで結びついた仲と言う。和尚さんが法衣姿で祝辞のある教会なんて……、ほかにあるかなあ?《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2005-05-08 22:00 | 日岡だより

No.174 ヱホバ与え ヱホバ取り給ふ 2005.5.1

ヱホバ与え ヱホバ取り給ふ
 ヱホバという言葉は、明治の文語訳の聖書で神様のお名前のヤハウェの訳として用いられました。ヱホバというお名前は年配の方だったら、キリスト教の創造者なる唯一の神としての厳かなるお名前であると知っています。日本の神々の「神」とは違う、唯一の神のお名前であると知っています。
 「ヱホバ与えヱホバ取り給ふ」という言葉は旧約聖書のヨブ記1:21にある言葉です。サタンがヨブの繁栄を妬んでヱホバの神にヨブを試みることを提案した時、神様はどういう訳でしょう、サタンがヨブの子らの財産や家を襲って郎党たちを殺すことを許します。
 この時、ヨブは一族の災害を神様からのものと認め、「ヱホバ与えヱホバ取り給ふ。ヱホバの御名は讃むべきかな」と言って罪を犯さず、神に向かって愚かなことを言わなかったと聖書は語るのです。
 ところがサタンは更にヨブを苦しめるため、ヨブの体に試練を与えますが、彼は「我々は神より幸いを受けるのだから災禍を受けるべきである」と一言の罪をも犯さなかった、と聖書は語るのです。
 ちょっと理解しにくい聖書の言葉ですが、私の説明を加えますと、人に与えられる災害は神の許しのもとにサタンから来る。悪人に災害が与えられるのは罰として理解できるが、ヨブはその時代の最高の義人でした。義人が神より災害を受けるとは何か。
 ヨブの場合、それは彼のための訓練でした。彼が従順にこの艱難を受ける時、神様は以前に倍する繁栄をあたえ、子孫を増し加えるのです。「ヱホバ与えヱホバ取り給ふ」。今回の尼崎脱線事故は人智では正に理不尽な災害です。ご遺族の方々に神様のお慰めを、犠牲者の方々の為に御冥福を祈りつつ。《く》

 
繁栄の喪失と回復
     ―1988年1月13日主日礼拝説教―

 ヨブ記というのは、なんともむつかしい書です。またヘンテコな書です。私はなんべん読んでも「わからんなあ」とつぶやきます。
 英国の文豪カーライルは、「ヨブ記は世界最古にして最大の文学である」とか言ったそうです。あの文豪カーライルは本当にヨブ記を読んだのだろうかと、いぶかしく思うことがあります。あるいは英語では読みやすいのかもしれませんが、とにかく邦訳聖書ですとヨブ記は読むだけでも大変です。意味がよく分らなくなります。
 こんなことを書くのは牧師として恥でしょうか。たしかに恥だと思いますが、これはホントウの告白です。私にはヨブ記は大変に難解の書です。
 いわゆるヨブ記の一般評価というものがあって、おおかたの参考書が(高名な先生がたの本も含まれるので失礼千万になりますが)ヨブ記を文学的にも神学的にも一級品のごとくほめていますが、本当にそうなのでしょうか。
 ともあれ、ヨブ記はヤコブ5:11で言うような単なる「ヨブの忍耐称賛記」でないことは事実です。そして、もう少し読みを深めて「3人の教条主義的友人たちとヨブとの冗舌的対話、それに対する圧倒的な神様の応答の前にひれ伏すヨブの悔改めの物語り」とするとしても、それだけでは何か足らないように思えてならないのです。
 私は昨年の11月頃よりヨブ記を読み始めて、なんだかコツンと突きあたるものを感じました。その時から私は、この1988年になったら、しばらくヨブ記に取り組もうと思い定めていました。そんなわけで、今年になってから1日1回はヨブ記全篇を読み通すようにしているのです。(余分なことですが、聖書は出来ることなら部分読みをせず、1日に一書は全部読みとおすことです)。
           *
 ヨブ記の主張は「善人は最後には祝福を受けるものだ」ということです。その逆を言えば、ちょっと叱られそうですが、「善人が苦難を受けるのは神様の一時の気まぐれによる」のだということになります。つまり、新改訳聖書ヨブ2:3によると神様がヨブの受難を一時目こぼししたのは「サタンのそそのかしによる」のだと、はっきり書いてありますもの。神様がサタンのそそのかしに乗るなんてヘンです、これは新改訳聖書の訳がヘンなのでしょうか。
 神様の御前会議にサタンがのこのこ出て来るのも不思議です。こいつは全世界をあちらこちら行き巡るのが商売のようですね。多分天使たちのなかでも他の仲間のアラを探すのが好きな性分で、それが昂じて悪魔になったのに違いありません。みなさん、あちこち行き巡って人のうわさに日を過ごすのは品性上危険です(第二テサロニケ3:11、第一テモテ5:13)。
           *
 ヨブ記で一番誤解されている言葉は、次の言葉です。
  「主が与え、主が取られたのだ。
  主の御名はほむべきかな」(ヨブ1:21b)
 ヨブは、神様が自分の財産や子供を奪ったのだと言います。彼は天上での神様とサタンとのやりとりを知らないのだから無理もありませんが、天下の義人ヨブでありませんか、神様の愛と善意を信じるのなら、この逆境は神が与えたものなどとは言ってもならぬことです。逆境の時には慎んで考え深くあるべきです(伝道7:14参照)。
 すべて善きことを与えたもうのは神様ですが、悪しき事を与えるのは悪魔のはずです。この明白の理を一時の災難でヨブは逆上して忘れてしまっています。
 この点、創世記のヨセフは大したものです。いくら兄たちや、悪情けの主人の妻に災難を浴びせかけられても、自分は神様に愛されて幸運な者であると自覚していましたから。
 「善き者に善き報いがあり、悪しき者に悪しき報いがある」というのは聖書の主流の教えです(申命記30以下)。
           *
 善人が苦難に会うのは特別な場合です。
  サタンの攻撃(第二コリント12:7b)か、
  神様よりの一時の試錬(ヘブル11:11か、
  神様による使命(コロサイ1:24)の3つであります。
 神様はサタンの言い分を利用して、しばしの訓練をヨブに与えたのでしょうか。神様はヨブがこうも心が崩れて神を呪い友人の忠告にも耳を貸さない男であるとは予想外であったでしょう。
 しかしヨブの善い点は、とにかく最初、神様を賛美したことです。次に最後の神様の圧倒的無茶苦茶な神の力、権威の示威に平身低頭したことです。
 このヨブの最後のへりくだりと悔改めが、彼の愚かなそれまでの発言のすべてが取り消され彼を正しいとする神の義認を招いたのです。
 友人たちの言葉は旧約聖書の主流として決して誤りではありません。しかしエリフを除いて神様は彼らを不正と呼びます。これは多くの人にとって謎です。
 さて、その友人たちの為にヨブがとりなしの祈りをした時、ヨブの繁栄のすべてが回復したそうです。このハッピーエンドこそ、この書の大主題なのだと私は思うのです。(1988.1.17.週報より転載)

〔あとがき〕
昨年は私にとり初著「こうすれば信仰がわかる」を出版できて望外の喜びでした。なんと言っても古林三樹也先生のご尽力には感謝の言葉がありません。またこの出版をご慫慂くださった永井明先生のお励ましを忘れる事は出来ません。特に本書の推薦文で永井先生が10数年まえの私の週報掲載の「ヨブ記講解」をお褒め頂いている所があります。「はて、どんな文章だったかなあ」と戸惑っていましたが、その拙文がホンの3日前、古いフロッピの中に見つかりました。「おやおや、こんな所にあったかい」と懐しみました。ちょうど尼崎脱線事故があり、関連して巻頭第1頁に「ヨブ記」を用いましたから、「そうだ、続く頁にこの第一回説教を流用しよう」と、ずるい考えをおこし、ワープロに入れますと、ピシャリ枠内にはまり込みましたから、嬉しいのなんの、それが今回の「日岡だより」です、勘弁してお読み下さい。「ヨブ記講解」全文をいつか、小冊子にしたいと思います。《く》
[PR]
by hioka-wahaha | 2005-05-01 21:00 | 日岡だより