No.356 グルーバー先生提唱の歩行祈祷の恵み 2008.10.26

グルーバー先生提唱の歩行祈祷の恵み

 先週日曜日の夜は、ヘンリー・グルーバー先生を講師として迎え、特別聖会。永野先生や橋本先生の教会の信徒諸兄姉の応援もあって、礼拝室は満員でした、感謝!
 歩行祈祷の提唱者として世界を巡っておられる先生のメッセージには、懦夫(だふ・意味は辞典で調べて下さい)をして立たしむる力がある。
 録音テープがありますので、お聞きになりたい方、また当日出席された方でも、もう一度お聞きになりたい方、お申込みください。
 歩行祈祷には、祈祷者の行く道々の周辺に福音の霊的種を下ろす第一の使命があります。
 第二には、歩行祈祷者自身に恵みを与えます。これまで一片の思いも祈りもなくボンヤリ歩いてきた町々に対して神様からの愛を覚えます。
               *
 そして、歩くという単純な人間の行動が聖霊によって神様の手足となったという感銘を覚えます。こうして私たちが無自覚にやってきた様々の肉体的行為の中に聖霊様の充満を頂いて、霊と愛の意図をもって、いかなる小さい行為でも、これを主に献げ、主に用いられて聖化される幸福を悟ります。
 これは日常の様々な小間切れの動作や行為、思いを聖化するコツを覚えます。
 ブラザー・ローレンスが言う、日々生きる人生のさなかに神様の臨在を覚え、如何なる時にも神様から離れられない、いや神様に捉えられているという、恵みの生活です。
 これは決して、飛び抜けた聖人級の信仰ではありません。誰にも与えられる恩寵であります、秘訣はただ一つ、無邪気に求めることです。平凡なクリスチャンにも必ず与えられる神様の恵みです。《く》

 
九六位山より大分市の救いを祈る

 ヨハネの黙示録の解釈ともなると、小生は牧師と称してはいるけれども、まったくのしろうとに等しく、無力です。
 その17章にあげられる「大いなるバビロン」というのは、多分、当時のローマ帝国の首都ローマを差すのでしょうか。
 ローマの繁栄はローマの堕落の影です。首都ローマを囲んで、7つの山があったらしくあります。ヨハネの黙示録では、この7つの山を7人の王に例えて預言を語っています。
 都市の背後にあり、また都市を囲む山々には霊的な圧力が感じられます。
 エルサレムではシオンの山は神様の権威、保護の象徴です。「大いなる主、誉め称えるべき主」の賛美の最後、「北にそびゆるシオンの山は大王の都」とあって、シオンの山を誉め称えています。
           *
 先週の月曜日、橋本先生から提案があり、ヘンリー・グルーバー先生と一緒に九六位山に登ろうと仰有るのです。早速OKして、3人で落ち合いました。
 目指すは九六位山です。大分市の中心より、やや離れ、大野川の東、大在、坂の市の南、451メートルの低い山ですが、近くの人たちは何やら意味あり気に、この山の名を呼びます。
 グルーバー先生と一緒に登って(と言いましても実は頂上まで車で行けます。呵々)頂上に着きましたら、早速そこで見たのが、小さい掲示板があり、「この山の主は摩利支天である」と書いてありました。ショックを受けました。摩利支天とはインドの神様ですが、日本では昔、武士たちの摩利支天信仰が強かったと言われています。
 ともあれ、頂上に立つと大分市の中心が丸見えです。私は瞬間、思いました。ここ、九六位山は大分市を支配しようとする、悪魔軍団の一拠点だなということです、ここが九六位山が東の拠点であるなら、南の霊山(当地では「りょうぜん」と呼ぶ)もその一拠点、西の高崎山の裾にある柞原(いすはら)神社の森もその一拠点、この三方から悪魔軍団が大分を見張っているという感じです。
 先に書いたローマの7つの山の意味は、私にもよくは分かっていないのですが、以上に紹介した大分の3つの山々を思い出して、この3つの場所こそ私たちが悪魔軍団から取り返して、大分市を守る祈りの拠点とすべきだ、また悪魔追放の基地として、特に重視すべき所だと、感じたことです。諸兄姉よ、祈りの重要視点として記憶してください。《く》

〔祈って下さい〕恥ずかしくって、残念で、書きたくないのですが、今年はこのまま推移すると、受洗者が一人も無かった年になりそうです。
 先だって、私が「将来のことですが」と断わりを入れはしましたが、一種の引退宣言をやってしまってから(これは大失敗でした)、当教会に疲労感が湧いているような気がします。
 あの引退予告めいた私の言葉を忘れて下さい。私は死ぬまで、引退しません。伝道と牧会に専念します。もうすぐ、クリスマスです。クリスマス礼拝の時、バプテスマ式を執行したいです。皆さん、祈ってください。受洗希望者を牧師に紹介して下さい。この秋を正に収穫の秋としましょう。《く》

【お知らせ】TLオズボーン先生の「キリストの癒し」の再版が出来ました。神癒の実践的手引書としては最高です。私の神癒伝道もこの冊子から始まったのです。
 また私の著作「信仰の確かさ」も再版が出来ました、初心の方への指導書としてお勧めします。
[PR]
by hioka-wahaha | 2008-10-28 15:54 | 日岡だより
<< No.357 精神科学と全能の... No.355 ワッハッハハ秋の... >>