No.793 《聖書のことば》献身/聖句暗記のおすすめ(3)/私の信仰記(3)窮地に徹する 2017.03.26

《聖書のことば》聖書暗記コースA~3 
献身

キリストへの服従「兄弟たちよ。そういうわけで、神のあわれみによってあなたがたに勧める。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、生きた、聖なる供え物としてささげなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である」
(ローマ人への手紙一二・1)
 
 礼拝のプログラムに献金という時間がある。これは本当は、「献身」とすべき所ではないかと、よく思う。お金を献げさえすればそれで良い、というものではない。真の礼拝は、この生きた体を神に供えることにある。
 パウロの手紙、この文章の冒頭、原文ではパラカロー(勧告する)!、強い言葉です。信者になった者に対する、パウロの真剣なアッピール(英訳)なのであります。
(1980.4.20週報「キリストの福音」より)


聖句暗記のおすすめ(3)

 自信をもて
 記憶力が無いということに自信のつよい人が多い。案外、小学校時代に九九の掛算や漢字の学習に難渋したなどという経験が、そういう記憶不安を生み出している事が多いのです。記憶するには記憶するためのコツがあります。映像法や歌誦法はいい例です。映像法は今、ベテル聖研でやっていますね。歌誦法の好見本は掛算の九九(世界に類を見ない日本独得のもの?)や、鉄道唱歌の曲で歌う聖書名目づくし等です。
 筋肉を使うことにしろ(すべて技術は筋肉のわざである)、頭脳を使うことにしろ(すべての技術は脳のわざである)、そのコツは案外簡単だからして人づてに習得するのが得策です。しかし、その基本に最大に必要なのが自信です。聖書→「信ずる者には、すべてが可能である」(マルコ九・23英訳)。わたしたちは「わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることができる」(ピリピ四・13)。
 つけ加えたいのが攻撃精神です。天国でさえも激しく攻めるものが、これを奪うのです(マタイ一一・12)。さあ聖句暗唱に取りくみましょう。激しく熱心に取りくむと自信もまた、湧いてきます。
(1980.4.20週報「キリストの福音」より)


窮地に徹する
――私の信仰記(3)――
 釘宮義人 
 
 昭和一八年一二月の中頃、私は警察より大分刑務所の未決監に移されました。さっそく木綿の囚人服、いわゆる赤着物を着せられました。すぐに、母が面会に来ました。その翌日、母からの差し入れで、かすりの着物が届きました。ところが、その着物というのが、うすい肌着と、ひとえの着物と羽織です。母は多分あの赤着物の上に、かすりを重ねて着ればいい、と思ったのでしょう。しかし、看守はそうはさせてくれないのです。規則か意地悪か知らぬが、これまでの官のものは全部脱ぐのだと言います。母からの着物の差し入れで、やれ嬉しや、思ったのが、とんでもない。看守からせきたてられて、あわてて着かえて、監房でひとりホッとして座ったトタン、寒気に身ぶるいして、私は「大変なことになった」と気づいたのです。木綿の洗いさらしの官衣の方が余程あたたかかったのです。
 十二月の寒さ。空気抜けから雪のふりこむ監房に、勿論火の気はない。おまけに、私の体は長い留置場生活のおかげで衰えきっている。気をゆるめたら、いっぺんに風邪をひいてしまうでしょう。夜、寝ている間も、たとえ眠っていても一瞬も気をぬかれません。二十四時間、緊張をつづけて私は寒さと戦いました。二、三日して、母はこの事を知って驚き、あわてて下着や丹前などをもって来ました。そのあたたかい衣類にくるまって、極楽に行ったような気分になったことを、今でも忘れる事は出来ません。ガンバリズムのきく人には何でもない事かもしれませんが、生来体が弱く、おまけに母に甘やかされて育って、柔弱であった私には貴重な経験でした。
 同じ頃、奥歯の大臼歯がムシ歯で痛み出し、看守に訴えるけれども、
「非国民のくせに、何をぜいたく言っているんだ。第一ムシ歯ぐらいで、死にはせん」
 相手にしてくれません。ああ、これはもうあごの骨までくさってしまうまでは取りあってくれないな。それまでは二年でも三年でも歯の痛みはガマンするより仕方ないな。そう覚悟したら、その晩ぐっすり眠ってしまい、翌朝少しも痛みません。その歯は大きな穴をあけて、ついこの前まで私の口の中にありました。
 人間は逃げ場の無い所に押しつめられると、徹しきるほかありません。そして窮地に徹するということは信仰に入る手前の最も良い訓練の学校であります。
 少年時代、軟弱に育った私には、信仰の事は抜きにしても非常によい鍛錬の場所であった事はたしかです。
 (1980.4.20週報「キリストの福音」より)



[PR]
by hioka-wahaha | 2017-03-31 23:00 | 日岡だより
<< No.794 《聖書のことば》... No.792 《聖書のことば》... >>