No.786 《聖書のことば》4題(「内なる人、強くされよ」ほか) 2017.2.5

《聖書のことば》 
内なる人、強くされよ

「どうか父が、その栄光の富にしたがい、御霊により、力をもってあなたがたの内なる人を強くして下さるように」
(エペソへの手紙三・16)
 
 健康も富も大切なものであります。しかしそれよりも心の強さは更に大切であります。
 およそ、万人が万人と言ってよい程、多くの人が病気や貧しさで心くじけるのです。病気や貧しさは人の力でどうにもならない外からの力による事がありますが、心の力のある無しは、その人の責任です。
 と、言ってしまえば苛酷な精神主義になりそうです。そうであってはならない。父なる神より溢れくる霊的栄光の力によって、内なる人は強くされるのですから。
 (1980.2.3週報「キリストの福音」より)


《聖書のことば》 
サタンの霊縛を解け

「そこに十八年間も病気の霊につかれ、かがんだままで、からだを伸ばすことの全くできない女がいた。」
(ルカによる福音書一三・11)
「サタンに縛られていた、……この女」
(同・16)
 
 近代人にとっては信じにくいことだろうが、イエス様の言葉によれば、病気の仕掛人はサタンである。強盗が縄で人をしばるように、サタンは病気の霊で人をしばる、というのである。
 とすれば、この病気の霊の縄目をとくにはどうしたらよいか。御言の剣を用いるのである。エペソ六・14~17によると神の武具類の中で御言の剣はただ一つの攻撃的武器である。御言葉によっていやされよ(詩〇七・20)。地上で解くことは天でも解かれるのである。(マタイ一六・19)
 (1980.2.10週報「キリストの福音」より)


《聖書のことば》 
キリストに似る

「御子は、見えない神のかたちであって、すべての造られたものに先だって生れたかたである。」
(コロサイ人への手紙一・15)
 
 私はこれまで、見えない神のかたちを表わしたのは、あのパレスチナに生れ、パレスチナで生活されたナザレ人イエスである、とは信じてきた。しかし万物創造以前より今に至るまで、また後の世までも永遠に変らざるキリストが常に見えない神のかたちである、とはあまり考えてみたことはなかった。しかし、今、天界にいまし、又、私どもの中に生きて下さる主イエス・キリストこそは、実に形をとって神を表して下さる唯一のお方であると分った。その故に、彼を宿す私どもは人格的に個性的にキリストに似ざるを得ないのである。(釘宮)
 (1980.2.17週報「キリストの福音」より)


《聖書のことば》 
ノストラダムスの予言

「すべての霊を信じることはしないで、それらの霊が神から出たものであるかどうか、ためしなさい。多くのにせ預言者が世に出てきているからである。」
(ヨハネの第一の手紙四・1)
 
 又も、テレビでノストラダムスの予言の番組をやっていた。こういう好奇心や恐怖心しか生まない予言は、真の預言ではない。第一あのノストラダムスには、何とでも解釈できるあいまいな表現が、まだ別にいくらでもあると聞いている。より大切なことは、人類がいつ滅亡するかという事ではなくて、どうしたらその日から逃れ得るかという事だ。ノストラダムスには、かしこい五人の乙女の求める油はない。目をさまして主の日を待とう。
 (1980.2.24週報「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2017-02-11 17:40 | 日岡だより
<< No.787 信仰とはむつかし... No.785 私のうちに満ちみ... >>