No.782 《聖書のことば》3題(「さがせ!」ほか) 2017.1.8

《聖書のことば》 
さがせ!

「捜せ、そうすれば、見いだすであろう」
(マタイによる福音書七・7)
 
 信仰とは、何も努力しないで、棚からボタ餅式に、何かをもらえることとばかり思っている人もいる。しかし、人が、神様より与えられている能力や知識を十分に用いつくすことは、神の喜び給う処である。
 今日、東京に行こうと思って、早天祈祷で飛行機に三人の席があるよう祈った。あとで電話すると、東亜国内航空は本日は一つも空席なしという。一瞬まどう。そばで妻が全日空は?と言う。全日空は一日一便しかない。あきらめていたのだが、二女がすぐ電話する。―――ところが、あきらめかけた席が、そこにあったのだ。「捜せ・・・」(11/28朝)
 (1979.12.2週報「キリストの福音」より)


《聖書のことば》 
嘆きのとき、いかに祈るべきか

「あなたが豊かにわたしをあしらわれるので、正しい人々はわたしのまわりに集まるでしょう」
(詩篇一四二・7下)
 
 詩篇一四二篇は、嘆きの祈りです。メソメソなげくのではない。声をあげ、叫び呼ばわる豪傑の祈りです。自分の弱さ、孤独、悲惨の現状を包みかくさず訴える、これ祈りの秘訣の第一です。次に、自分の逃げ込み場処、助け手としての神様を信じ、私はあなたの息子です、あなたの豊かな所有はみな私のものです、と告白します。神信頼の言い表わし、これ祈りの秘訣の第二です。そして、遂には私のまわりに正義の人々が多数あつまって大集団、大家族になるでしょう、と大なる期待を言い表わす。これ秘訣の第三です。
 (1979.12.9週報「キリストの福音」より)
  
 
《聖書のことば》 
主イエスよ、きたりませ

「「しかり、わたしはすぐに来る」。アァメン、主イエスよ、きたりませ」
(ヨハネの黙示録二二・20)
 
 いよいよ、八〇年代に入る。
 一九八二年には太陽系において、九つの惑星のすべてが太陽の片側に寄ってしまい、しかも一直線に並ぶことが、天文学上の予測としてはっきり分っています。月の引力だけでも、潮の満干が地球におこります。まして、木星をはじめとするすべての惑星の片寄りです。科学者達は大地震、異常気象等地球上におこる不安な未来を予測しています。その時の惨状は石油不足などの比ではないかもしれません。今こそ、地球と人類の救主イエス・キリストを待ち望むべき時ではないでしょうか。
 (1979.12.30週報「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2017-01-17 10:38 | 日岡だより
<< No.783 キリストの光塵(... No.781 自分を愛するよう... >>