No.780 《聖書のことば》4題(「心の深みまで新しくされよ」ほか)

《聖書のことば》 
心の深みまで新しくされよ

「あなたがたが心の霊において新しくされ……」
(エペソ四・23)
 右の聖句は日本聖書刊行会の新改訳。日本聖書協会の口語訳によると「心の深みまで新たにされ」。傍点の「深みまで」は意訳であるがなかなかの名訳。しかし、やはり直訳の方が間違いがない。
 心は、いわゆる表面意識である。霊は心の源であって、人間の実存そのものである。そこは無意識界とも言える。意識が大きすぎて片々たる人の心に捉えにくいのだとも言えよう。その霊が罪を負っている、死んでいる、自由を失っている、と言うのが聖書。
 その心の源よりして救われ、新しくされ、清くされる事、それが福音だ。
 (1979.10.21週報「キリストの福音」より)


《聖書のことば》 
祈る人

「彼はいま祈っている」
(使徒行伝九・11)
 
 使徒パウロは、もともと行動的な人であった。また、よく物事を考える人であった。その後、神の光に照らされてより、よく祈る人に変った。「見よ、彼は今祈っている」とはパウロについてのキリストの証言である。
 動くだけで考えない人は、頭のカラッポな人間である。考えるだけで行動のない人は、ノイローゼになるだろう。よく考え、よく行動する人は、この世で成功する。しかし、愛のない、不遜な、狭い、暴力的な人間になりやすい。
 祈る、考える、行動する、この三拍子がそろった時、クリスチャンとしての人間像は完成する。
 (一九七九・一〇・二五原家集会にて)
 (1979.10.28週報「キリストの福音」より)


《聖書のことば》 
喜びのあまり

「一行は喜びのあまり、木の枝を振りかざし、神様の前で、竪琴、琴、タンバリン、カスタネット、シンバルなど、ありとあらゆる楽器を鳴らして、思いっきり踊りました。」
(サムエル下六・5リビングバイブルによる)
 
 これはダビデ王の一行が、神の箱をエルサレムに運ぼうとしたときの、彼らの喜びの様の描写です。ここには敬虔な宗教的雰囲気はありません。あるのは、日本のお祭りのおみこしかつぎのようなにぎやかさです。
 これも又、信仰生活の表われの一面です。神の子らが、幼児のように神の臨在を喜ぶ時、かくあるのも当然でしょう。
 隠者のような瞑想的静かさも、又必ずあるべきであるのも勿論です。
 (1979.11.4週報「キリストの福音」より)


《聖書のことば》 
キリストに接木せよ

「根がきよければ、その枝もきよい」
(ローマ人への手紙一一・16)
 
 良い木には良い実がなり、悪い木には悪い実がなる。なすに瓜はならず、オリーブにいちじくはできぬ。―――そこで、人間はうまい手を発見した。しぶ柿には甘柿の若木を接木し、西瓜はかぼちゃの根につなぐ。根からの養分を吸って、接木したおのおのは自分の果をそれぞれ産む。
 ところで、神様のなさる接木は植物栽培のそれとまったく反対、その結果がちがう。罪人をキリストという根に接木し、枝である罪人は自分の実をむすばず、根であるキリストの実をむすぶようになる。
 「聖霊の実」をむすべ。(ガラテヤ五・22参照)
 (1979.11.11週報「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2016-12-30 16:48 | 日岡だより
<< No.781 自分を愛するよう... No.779 ただ、この儘で…... >>