No.776 恐れるな 2016.11.27

恐れるな
   ――マルコ福音書第五章三六節――
 
 戦後、日本の山間僻地、津々浦々に、公民館なるものが出来ました。方々にある、あの小さな公民館は日本の社会史にある程度の評価を残すことでありましょう。ところで、二千年前のユダヤにあった会堂というのも、この部落公民館のように町々村々にあったらしくあります。この会堂によって、聖書をよみ説教を聞く、現在の教会礼拝の原型が出来上がっていたのであります。ただし、会堂には専属の聖職者はなく、その代りに会堂の管理人がいました。それはその地方に住む相当の名望家であったらしくあります。
 さてここにヤイロという会堂管理人がいました。彼の幼い娘が重病にかかって死にかけていました。そこでイエス様のところに来て、その足もとにひれ伏して切に願いました。「どうぞ、この子がなおって助かりますように、おいでになって、手をおいてやってください」。当時の上流階級の人々は大体において新進宗教家イエスに対して反感を示していましたので、このヤイロの態度は特筆してよいのであります。
 
 イエス様はこころよく承諾してヤイロの家に来てくれることになりました。ところが途中で、「十二年長血を病んだ女」の飛び入りがあって(マルコ五・25?34)、時間はどんどん経過し、ヤイロはいらいらした事でしょう。やっと長血の女の一件が落着して気を取り直して歩き始めた時、ヤイロの家より使いの者がきました。
 「ご主人様、お嬢さんはなくなりました。もう、先生に来て下さらなくてもよいのではないでしょうか。」
 その使いの者の言葉を聞き流して、イエス様は力強く言うのでした。
 「ヤイロよ、恐れるな。ただ信じるのみだ」
 
 このお言葉は、よく考えてみると、不思議なお言葉です。イエス様を信じ、イエス様にお願いし、イエス様にお供してここまで来た彼に、娘の死の知らせです。そのガクンときているに違いないヤイロに向って、
 「がっかりするな、絶望するな。信じ続けよ」
 と言うのなら分ります。ところが、なぜ「恐れるな」と言うのでしょうか。この時、イエス様はヤイロの深層心理に深く喰い込んで洞察しているのであります。ヤイロは、たしかに娘の死のしらせを聞いて、がっかりし、絶望もしました。しかし、その根にはもっと深い恐怖心があったのです。
 「おれの運命はいつもこうなのだ。
  おれの一生はいつも手おくれであった。
  又、例の悪運がめぐってきたのだ。
  おれの一家は悪霊にとりつかれているのだろうか。
  娘もついに死んだ。
  こんどは何がくるというのだ。
  ああ、たまらない、たまらない」
 
 悪い知らせを聞いたとたんに、心が凍りついてしまって、その事態の好転を予測したり、評価を転換したりすることがへたな人が多いのです。そして、いたずらに前途を悲観して、恐怖心で一杯になるのです。
 私が印刷会社を営んでいる時、ある営業員が大切な原稿を失ってしまいました。彼は顔をまっさおにして今にも鉄道自殺しかねない様子です。人様が一夜かかって書き上げたような書き原稿は他人ではどうにも償ないようのないもので、気の小さい営業員だったら本当に死にたくなるような事件なのです。しかし、私はこういう時こそ、お得意さんと腹を打ちわって話しあえる絶好の機会と知っているから、勇気百倍して出かけるわけです。こういう時に、しばしば心の友、生涯の友が出来るものです。絶望もくそもないのです。神を信じているものなら、恐れず大胆に、信仰一つをもって相手にぶつかっていくのです。そこに、解決のメドがつくものです。
 ヤイロは、イエス様について行きました。すでに娘は死んでいました。しかし、間もなくイエス様の一言によって娘は生きて起きあがり、奥さんは早速、娘のために食事の用意をせねばなりませんでした。
 「死」を聞いても「生」を信じ、「生」を期待しましょう。病気になっても、得意の原稿を失っても、商売が破産しかけても、「恐れるな!」。恐怖をすてると、良い智恵や、良い方法が見つかるものです。
 (一九七九・九・二二説教「最善を神に期待せよ」の一部を筆記)
 (1979.9.30週報「キリストの福音」より)



[PR]
by hioka-wahaha | 2016-11-30 23:00 | 日岡だより
<< No.777 牢獄の賛美 20... No.775 悪をなす者のゆえ... >>