No.771 意志を強くする秘訣 2016.10.23

意志を強くする秘訣

 たいていの人は、「自分は意志が弱い」と思っています。しかし、それは誤解です。人間は、意志が強固な存在です。ただ残念なことに、多くの場合、人々の意志はマイナスの方向に強烈に働くのです。
 最も強いのは「生への意志」です。次に「快楽への意志」です。ただしこれが、食うこと、飲むこと、バクチや身を飾ることなどにのみかたむく。そしてだれがとめても、止まらない、ということが多いのです。マイナス的方向に意志が強固なのですね。
 
 かって、私(釘宮)の家であったこと。ふと気がつくと子供たちはみんな、夜寝る前に歯をみがくという良い習慣がついていました。私は決して夜歯をみがいたことなどありませんのに。夜おそく、私が甘いものをほおばりながら、子供たちにすすめると
「歯をみがいたあとだから、もういらないよ」
 と言います。私ひとり、カッコわるくお菓子をたべているという、家庭の風景が一時ありました。
 これは大変有益な教訓でした。甘い食べものは、生の欲望と快楽の欲望のむすびついた大変強固な欲望のはずです。しかし一度歯みがきしてすがすがしくなった口からは、「見るにうるわしく食べるにおいしそうな」お菓子の誘惑にも乗ぜられない更に強い意志が働くようでした。(聖化論のよい材料ですよ)
 
 私はこの時、この良い習慣が気に入ったものですから、早速子供たちの真似をして歯みがきを始めました。時々、忘れる夜もありましたが、ともかく続けました。そして今ではすっかり私の習慣になっています。さて、この時大切なことは、一回でも歯みがきを忘れた時です。この時、
 「ああ、おれは意志の弱い男だ。とうとう歯みがきを忘れてしまった。恐れていたんだ、こうなるのを。いつも俺はこうなんだ。決心して、やり始めるが、失敗する。ああ、もうだめだ。やめた、やめた」
 と言う人はいないでしょうか。歯みがきくらいのことならそんな人はまさかいないでしょう。しかし、タバコをやめる、というような事になると、もうぼつぼつ頭をかく人がいはしませんか。まして、セールスに行って玄関で断られた。見合して破談になった。また職をしくじった。こうなるともう完全にさき程のせりふを心の中でつぶやいているような人が多いのではないでしょうか。
 ここで問題を要約します。
 第一、意志を転換(もしくは選択)すること。
 第二、その意志を持続しつづけること。たとい途中失敗があっても気落ちせずに維持することです。
 これが、意志を強くする秘訣です。
 
 〔附言〕
 人間の魂の根底にある罪の意志に気づき、これを転換させて神に対して従順な道を選択するとき、それを回心と言います。
 (神様の側から言えば、いろいろ手だてを講じ、衝撃的な神秘体験を与えて回心を迫ることもありますが、要するに必要な事は本人の意志の転換です)。
 この根底的な意志転換がないと、人間の罪に深く根ざした悪習や罪の生活からの脱却は不可能です。まして神に対する罪は許されません。
 この回心をもたらすもの、また極度に困難な意志の転換を要する時、私たちを助けてくれるもの、それはキリストです。
 キリスト自身、御自分の意志を父なる神の意志に従わせようとして、血の汗を流して祈ったことがあります。その祈りの最後は、「私の意志ではなく、あなたの御意志をなさってください」と言うのでした。死と恥辱と身代りの罰を受けなさることは、キリスト自身、血を流して祈るほどつらいことでした。
 このキリストの血を今、私たちの心にいただき、このキリストに頼るならば、どのような意志転換も可能です。(一九七八・一二・一〇礼拝メッセージより)
 (1979.7.1週報「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2016-10-29 14:43 | 日岡だより
<< No.772 《聖書のことば》... No.770 《聖書のことば》... >>