No.763 聖書のことば4題(「サタンよ、退け」ほか) 2016.8.28

《聖書のことば》
「サタンよ、退け」(マタイ四・10))
   
 イエスが、「サタンよ、退け」と悪魔を叱りつけると、二つのことがおこりました。
 (1)悪魔は離れ去った。
 (2)そして天使たちが来て仕えた。
 悪魔とは人殺しであり、偽(いつわ)り者であります。こいつの声には、かくす事のできない本音のひびきがあるので(ヨハネ八・44)、イエス様にはすぐ分るのです。そして、人の生くるはサタンの言葉ではない、神の言葉の一つ一つに従うことにあるというのであります。
 悪魔の声がきたらどうするか、「御言(みことば)」を用いることと、「サタンよ、退れ」と撃退の意志をはっきり示すこと。そうすると、悪魔は離れ去り、天使たちが来て下さるのです。
 (1979.3.11週報「キリストの福音」より)
 


《聖書のことば》
セルフ・コントロール

「自制心のない人は、城壁がないので破壊しつくされた都市に似ている」(箴言二五・28)
 
 古代の都市は、城壁を失うと敵が侵入してきて、市中はめちゃくちゃに破壊され、機能と秩序を失う。同じように、自ら(セルフ)をコントロールする心を失う時、人間は人間としての能力とバランスを失う。
 さて、自制とは禁欲でもなければ、制限でもない。流れる水をとめてしまうと、水は溢流して大水害をおこす。適宜に流れを誘導して利水をはかれば大変な役に立つ。
 自制は、聖霊のわざである。自動車はたしかに自動するが、運転者がなければ暴走する。人間という車には聖霊という運転者が必要なのである(ガラテヤ五・23)。
 (1979.3.18週報「キリストの福音」より)



《聖書のことば》
しかし、神の賜物は……

「罪の支払う報酬は死である。しかし神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスにおける永遠のいのちである。」(ローマ人への手紙六・23)
 
 レックス・ハンバードのテレビを見ていましたら、「罪の報酬」という説教。「播いたものを刈り取る、これは自然界の法則であり、道徳界の法則である。豆をまけば豆を収穫、罪をまけば死を刈り取る」と言うのです。
 「さて、私は何を刈り取るのであろう」
 私のこれまでの失敗や罪が山のように続々と脳裏に浮かんできました。これらの報酬は正しく「死」なのでしょうか。然り!
 しかし、この法則とは別に、行いによらず道徳によらぬ、神の恵みの賜物がある。キリストにある復活永遠の生命です。然り(アーメン)。
 (1979.3.25週報「キリストの福音」より)



《聖書のことば》
光として来て下さるキリスト

「わたし(キリスト)は光としてこの世にきた。それは、わたしを信じる者が、やみのうちにとどまらないようになるためである。」(ヨハネによる福音書一二・46)
 
 長い間、空けていた家をもう一度使おうと思いました。入って、電気をつけてみると暗いのでした。よく見ると、管球にペンキをぬりつけたり、セロハンをはりつけたり、その上ほこりだらけで、光がよく通らないのです。
 そこで、その管球を外して、よく掃除してから、又つけてみると大変明るくなりました。
 しかし、電気が来なければ、どれほど掃除しても、管球は明るく輝きません。
 主よ、管球に電気が来て明るく光をともすように、私の内に来て下さい。
 (1979.4.1週報「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2016-08-31 23:00 | 日岡だより
<< No.764 クリスチャンの成... No.762 天国はあなたの中... >>