No.754 キリストの御名に救あり 2016.6.26

キリストの御名に救あり

 (一九七八年九月二十四日(日)礼拝メッセージより)
 「主イエスの名に勝利あり」と、今歌いましたこの賛美は、勝利の歌、凱旋の歌であります。私等の人生は戦いの人生であり、そこに勝利があるのです。私等は小さいことで時に敗れることはあるかもしれませんが、最後の勝利は私等のものであります。時々失敗した時、罪責感におちいってはなりません。そんな弱々しい人生でなく、そのとがめを取り去って下さり、勝利の人生へと導いて下さるのが主の救いであります。
 よく、キリスト教の説教はむつかしいと言われますが、そのむつかしい原因は次の二つです。
 (1) 罪について語るからです。
 罪について語る時、これを聞く人は、恐ろしくて、聞きたくない心が働くのです。他の宗教では、人は生れながら善人であって、途中で色々と悪いくせがついたものである、だから、心を入れかえて良い事をすれば家庭が明るくなりますよ、と言いますと、みんな良くわかるわけですね。しかし、キリスト教ではこんな話はしませんから、非常にむつかしいと思うのです。
 (2) 次に、この罪を救うために、イエスが十字架にかかり、復活なさった、このイエスのみ名を信ずるだけで救われます、と言うと、「そんな簡単なことで」と言って今度は、やさしすぎてわからんと言うのです。
 もしこのことがわかって、私は罪人の頭であったと実感し、イエスの御名を信ずるのみで救われたと、わかってくれば、聖書の御言葉がみなわかってくるわけであります。
 信仰とは、イエスを主と呼ぶことです。このことは聖霊によらなければできません。それがわかれば、内に信仰を確立することができるのです。
 パウロもアナニヤによって、イエスの名をとなえて救われました。このことは、イエスの軍門に降ること、イエスの杯を受けてイエスの子分になることを意味します。このことによって、案外簡単に、この地上と縁を切ることができます。
 イエスは神のあらわれです。本尊です。仏教の言葉の本尊は、本になる尊いものの意味ですが、人は何かを作って拝みたいという本能があります。それがシャカであったり、マンダラであったりします。それを木に刻んで拝みます。マジメですが、愚かです。本物ではないからです。
 この地上の人類を救う為に、イエスは神の姿を表わして下さいました。このことは、本尊はイエスのみであることを示しています。内村鑑三は、仏教は月であり、キリスト教は太陽であると答えたそうですが、私等はこの太陽に目を向けることが大切であります。
 私は、戦時中に刑務所の中で極度の疲労の労役にあった時、イエスの名をとなえることのみで大変な御利益(?)にあずかった経験があります。イエスはそれ以上に今私等を救って下さることを信じます。
 「主の御名を呼び求める者は、すべて救われる」(ローマ人への手紙一〇・13)
 
 今日のメッセージの中心は簡単なことです。
 (1)聞いて下さるイエス(エレミヤ三三・2~3参照)
 「呼び求めよ、そうすれば、わたしはあなたに答える」と主は言われます。神には耳があります。そして答えて下さるのです。そして健康と、いやしと、豊かな繁栄を与えると約束して下さいました。
 (2)近くに居たまうイエス(エレミヤ二三・23参照)
 救い主でも遠くにいては私等の助けにはなりません。主は近くの神であり、すぐに答えて下さるのであります。
 (3)愛であるイエス
 もし、私の呼び声が聞け、近くに居ても、その人が怒りの人、憎しみの人であれば、その人は私を救ってはくれません。しかし神は愛の神であり、良き父でありますから、私を救って下さるのです。前科は問わずです。
 (4)全能のイエス
 終戦後、満州から親子が引き揚げようとしましたが、ソ連軍が入って来て、子供に乱暴しようとしましたが、これを親は助けることができませんでした。子供の助けを呼ぶ声は聞こえますし、近くにも居ました、又愛もありましたが、力がなかったのです。
 イエスは全能の力をもっております。ですから私等を救うことができるのです。このお方を呼び求めるのです。
 神は今、御聖霊として天と地に満ちているお方であります。聖霊は空気と同じ、いつもここにあります。生命があればそれを吸うことができます。吸えば生きます。名を呼べば、イエスは来て下さるのです。
 主の御名を呼ぶ者は救われる、「イエス様、イエス様、イエス様」のみでよいのです。
 すばらしい楽な信仰であります。これが私の人生のすべてを解決する秘訣であります。
 (1978.10.1週報「キリストの福音」より)



[PR]
by hioka-wahaha | 2016-06-30 23:00 | 日岡だより
<< No.755 今週の聖句3題/... No.753 今週の聖句4題(... >>