No.750 今週の聖句4題/義人は信仰によりて生きる 2016.5.29

《今週の聖句》  
クリスチャンの自己建築

 愛する人々よ。あなたがたは、
(1)自分の持っている最も聖い信仰の上に自分自身を築き上げ、
(2)聖霊によって祈り、
(3)神の愛のうちに自分自身を保ち、
(4)永遠のいのちに至らせる私たちの主イエス・キリストのあわれみを待ち望みなさい。
(ユダ書20、21節 新改訳)

 (1)がクリスチャンの完成の基礎である。(2)がその為の徒労ならざる努力の秘訣。(3)がその工事の設計監督者、(4)が目標と激励である。
 バベルの塔は失敗した。しかし、この建築工事(クリスチャン自身の築き上げ)は右のルールを守れば決して失敗しない。
 (1978.6.4週報「キリストの福音」より)



《今週の聖句》  
イエスのキリスト意識

 「そして見よ、天からの声があり、『これは私の子、私の愛する者、私の喜ぶ者である』と言った」(マタイ福音書第三章17節・詳訳聖書による)
 人間としてのイエス様が、はっきり神のひとり子キリストとしての自覚をお持ちになったのは、この時ではないかと思われる。洗礼者ヨハネよりバプテスマを受けられた直後、右のような神の声を聞いたのである。
 もし私たちが「キリスト・イエスの心を心とせよ」とのお言葉を受け入れるなら、それこそ右にのべた、神に喜ばれる者であるという「キリスト意識」を、私たちの心とすべきだ。これこそ、福音である。
 (1978.6.18週報「キリストの福音」より)


《今週の聖句》  
キリストの生命

「最早や我生くるにあらず、キリストわが内にありて生くるなり」(ガラテヤ二・20)
 自分で死のうとすると、自分が生きる。死のうとせぬことにすれば、全然、自分は死なぬ。どっちにしても、自分は死なぬ。したたかなヤツ。これが自分である。
 死ねば生きる、この宗教的真理、理くつでは分る。しかし、人間の心で、なかなかつかめぬ。
 自分で計らい、自分の力でりきんで、死のう死のうと努力するのではない。キリストにあってすでに死んでいる自分を発見するのだ。そして、自分の中に生きているキリストの、その全生命・全品性・全能力を信じるがよい。信じるとは、その真実性を理解し、めい想し、主張し、宣言し、その如く歩むことだ。
 (1978.6.25週報「キリストの福音」より)


《今週の聖句》  
決然たる意志と命令 

「われ意志す、清くなれ」(マタイ福音書八・三直訳)

 生硬な直訳で申しわけない。原文は非常に簡単明瞭。英訳すると〝I will, be clean〟と実に訳しやすいし、又よく語気がつたわって来る。これは「主よ、思召(おぼしめし)ならば、私も潔(きよ)くする事がお出来になります」(バルバロ訳)と訴えるらい病人に対するイエス様の応答である。
 「私はのぞむ」(同訳)というあきらかな断乎たる意志表明と、これにつづく「潔(きよ)くなれ」(同訳)という明確な断言命令。この二つがイエスの口より発せられる。
 何事であれ、信仰を適用し、霊的に生きるには、この意志表明と断言命令が必要である。
 (1978.7.9週報「キリストの福音」より)



義人は信仰によりて生きる

 みなさん、義人とは人のことではありません。あなたご自身のことです。イエス様の十字架のあがないを信じる人は皆義とされる。義人です。
 義人の食べ物は何でしょう、お金ですか、地位ですか、自分の能力ですか、奥さんですか、御主人ですか、子供ですか、いいえちがいます。
 神様の御言葉です(聖書)。神様のみことばに信頼することです。あなたが主に信頼すればする程、主もあなたを信頼されて、いろいろな持場(お金、地位、能力、奥さん、御主人、子供)を与えて下さいます。
 (1978.7.16週報「キリストの福音」より)



[PR]
by hioka-wahaha | 2016-05-31 23:00 | 日岡だより
<< No.751 信仰三つの焦点/... No.749 あなたがたは地の... >>