No.741 復活の生命/喜び、喜べ/捨て身になって 2016.3.27

復活の生命

枯れ果てたような木に
芽がふき、花が咲く。
特に日本列島には、
四季の移り変わりも鮮やか、
輪廻の思想の根づくのも無理はない。

春がくる、ひばりが上る、
生命の象徴である。
死人でも生きる、本当の生命は、
復活の生命である。

今、打ちしおれている者、
なげき悲しんでいる者、不安な者に、
復活の生命よ、あれ。
(1978.3.26週報「キリストの福音」より)
   

喜び、喜べ

 イエス様は私たちに、迫害を受ける時は喜びおどれとさえ言われた。ヤコブの手紙では、試練にあったとき、それを非常に喜ばしいことと思え、とある。「いつも喜んでいなさい――、これが聖書の教えです。
        ×
 しかし、苦痛のある時、誰がそうカンタンに喜べましょうか。
1.この苦痛には、神も認めて下さる大切な意義があるのだ、と知っていること。
2.この苦痛に打ち勝つ時、更に良きことが備えられているのだ、と希望を抱いていること。
3.この苦痛に堪える力を神が与えて下さる、と信じていること。
 少なくともこの三つの条件がそろわぬと、苦痛は喜べない。赤ちゃんを産もうとする母親は、この三条件をたいてい持っているようであります。その故に不安と苦痛の中にも、大いに喜んでおれるのであります。
         ×
 格別にこれという苦労もなく、家の内外ともに平和であるのに、喜びのない人がある。感激のない人、退くつしている人である。食って寝て〝生存〟はしているが、心が躍動して張りきって地球せましと〝活き〟ている実感がない人である。
 こういう人は、生きる目的の分らない人である。人の為に血や汗を流した事のない人である。人の苦悩を分ろうとしない人である。人生に感動しない人である。こういう人に喜びはない。
         ×
 又、もっと多数の人に、喜びのないのは、罪の故である。忘れ、あるいは考えない事にしているが、人の心の内にひそむ〝罪〟がある。聖書にいう罪は、物を盗んだとか、人をだましたとかいう箇々の罪ではなく、神と真理にそむく心の傾向である。道におとしたアメ玉のよごれは水で洗えば落ちるが、製造の途中で混入した毒物はいくら洗っても削っても落ちない。要するに、このアメ玉は捨ててしまって新しく作るより他に方法はない。この罪の性質のある限りアメはにがいのです。
         ×
 次にイエス様を信じて、罪を許されて、一時あれ程喜んだのに、いつの間にか喜びがうすれて淋しい味気ない顔をしている人がある。御霊の果を得ていないからです。聖霊に満たされて、いかなる時でも喜べる、〝喜びの果〟を与えられなさい。更にもう一つ、御霊の果である伝道の成果を得なさい。新しく神の子を友として得るくらい、喜びの源泉はないのです。
(1978.4.2週報「キリストの福音」より)
 

捨て身になって

エベレストをスキーでおりた
生命がけの男、三浦雄一郎の本をよんだ。
要約して言えば
「捨て身になって、自己の限界ギリギリ
をこえよ」と。

禅語にも言う「百尺竿頭、一歩を進めよ」
イエスは言う「おのれを捨て、我に従え」

青春とは何か、何ものかに自分を捨て得る時代である。
あなたは何に捨てる?
恋か、冒険か、芸術か、事業か、名声か。

否、最大の自分の捨て場はキリストである。
(1978.4.2週報「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2016-03-31 10:30 | 日岡だより
<< No.742 心はおのれの鏡で... No.740 イエスはなぜ死ん... >>