No.737 みことばは力である/どちらを選びますか/落ちたからし種 2016.2.28

みことばは力である

みことばは
聖霊の剣である。

みことばには
力がある

思い切って、大胆に
神のことばを語れ(使徒四・29)

聖書の言葉(神のことば)を暗誦しなさい。
神のことばを、あなたの心にゆたかにたくわえなさい。

みことばはあなたの力である。
(1978.3.5週報「キリストの福音」より)
 

どちらを選びますか 

 きょう、あなたの前に「いのち」の道と、「死」の道と、この二つがおかれたら、あなたはどちらを選びますか。
 きょう、あなたの前に「祝福」の道と、「のろい」の道と、この二つがおかれたら、あなたはどちらを選びますか。
 きっと、「いのち」と「祝福」の道を取られることと思います。
 
 聖書は言います。(申命記三〇・19)
「私は、きょう、天と地とを呼んであなたがたに対する証人とする。
わたしは命と死および祝福とのろいをあなたの前に置いた
あなたは命を選ばなければならない」
 選ぶのは、あなたの決断であります。
(1978.3.5週報「キリストの福音」より)
 

落ちたからし種

 「これが聖書に書いてある、イエス様のお話に出るからし種ですよ」
 「見たい、見たい」
 みんなが集まりました。一人が手のひらにのせて顔を近づけました。その人は、その小さな種を見て感にたえぬように、フウとため息をしました。すると、その息で、からし種は手のひらからひらりと舞い落ちました。
 「たいへん、たいへん」
 床には上等なカーペットがはってありました。みんなで探しましたけれど、カーペットの毛の間に落ちたからし種はもう見つかりませんでした。
 「残念だなあ」
 みんながっかりしました。
 
 「探しなさい。そうしたら、見いだすでしょう」
 と聖書にはあります(マタイ七・7)が、いくら探しても見つかりません。こういう時には、神様は別の真理を教えて下さるものです。
 ある人が叫びました。
 「みなさん、もう一度、あのからし種の教えを開いてみましょう」
 みんなは、同意して聖書を開いてみました。
 「神の国を何に比べようか。また、どんな例で言いあらわそうか。 それは一粒のからし種のようなものである。地にまかれる時には、地上のどんな種よりも小さいが、まかれると、成長してどんな野菜よりも大きくなり……」(マルコ四・30~32)
 ちょっと言葉をきって、その人は言いました。
 「みなさん、カーペットに落ちた種は、もう見つからないのかもしれません。しかし、もし土にまかれればどうでしょう。しばらくは、その種は土にうもれて見つかりませんが、時期がくると」
 みんなは答えました。
 「目を出し、成長して、大きくなります。ですから勿論、その種を再び発見できるわけです」
 種はカーペットの上にまかれても芽を出しません。水分がないからです。うるおいある、良い畑にまかれると種は芽を出し、成長して三十倍六十倍の実をむすびます。(マタイ一三・1~23)
 種には、いのちがあるからです。
 
 もう一つ、イエス様の有名な例え話に「タラントの教え」があります。旅に出る主人から一タラント(約五十万円)の資本を預かってその運用をまかされた僕(しもべ)の話です。彼は主人の追求をおそれて、その一タラントを土の中にかくしておきました。そのタラントは倍に増えるどころか利子も生みませんでした。主人は大変叱って、その持っているものまでも取り上げてしまいました。(マタイ二五・14~30)
 タラントを、いくら長く土の中にうめておいても何も生まれません。ちょうど、からし種がカーペットの中では芽を出しませんように。
 タラントは商売や銀行の中でふえて行き、からし種は土の中で芽を出します。
 同様に信仰をもって、神の国(神のいのち、神のことば)を受け入れると、それは私達の心や、私達の生活、私達の教会の中で、おどろくべき拡大・増殖・成長を見せるでありましょう。
(1978.3.12週報「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2016-02-29 23:00 | 日岡だより
<< No.738 どうしたら確信を... No.736 山を海に移す信仰... >>