No.733 愛をもって人を戒(いまし)めよ 2016.1.31

愛をもって人を戒(いまし)めよ

一、前号に書きました「御霊の果」と対照的なのは、「肉の働き」です。(ガラテヤ五・19,21)

この肉の働きは心より出るのであります。一番底に、悪い思いがこもっていて、それがしだいに働き=行いとなってふき上げてくるようすを、イエスは目に見えるように語っておられます。(マルコ七・21,22)
その表を次に書きますが、一番底の悪い思いとは何でしょうか。
d0065232_11422586.jpg

 売淫 盗み 殺人
  ↑
 姦通 貪欲 邪悪 悪だくみ
  ↑
 淫奔 ねたみ 中傷
  ↑
 高慢 愚かさ

思いが、くせとなり、たくらみとなり、具体的悪行に発展していきます。

二、人の心に愚かな思いを見出し、人のわざに罪を見るとき、指導者はこれを正さねばなりません。
(1)おろかな思いをこらしめよ。(箴言二二・15)
(2)悪人をいましめるとき、その責任を気がついていて戒めぬ人に問う。(エゼキエル三・16~21)
(3)罪人を迷いの道より引きもどすのは、多くの罪をおおうことである。(ヤコブ五・19,20)

三、ただし「兄弟の目にあるチリを取りのぞくためには、自分の目にある梁を取りのけるべき」であります。(マタイ五・1~5)
そのためには、自分も同様な誘惑におちいりはせぬか反省しなさい。(ガラテヤ六・1)
人に対して高慢、おのれに対して愚かさの心を取り去ると、反省はやさしいのであります。

四、もう一つの、ただし書き。
死に至る罪、許されざる罪に対しては、二の(2)の項にしたがい、きびしくいましめなさい。
しかし、許される罪について、一々罪を問うて心を閉ざさせるよりも、時にはだまって、祈りそえている方がよいこともある。(第一ヨハネ五・16~17)

五、人をいましめるには
(1)人をいましめるとき、あなたは既に肉の人ではなく、霊の人でなくてはならない。(霊の人でなくては、自分の目にある梁を取りのけることはできない) (ガラテヤ六・1~5、(3)まで参照)
(2)柔和な心で……((4)も参照)
(3)互に重荷を負いなさい。
その人の個人的問題を自分のこととして当たれ
(4)ねんごろに……英訳でwith your neighbor 隣り人の心で(レビ一九・17 (5)も)
(5)いさめる……英訳でreason理をつくして説得する。
(6)できるだけ、人目をさけて。(マタイ一八・15)

六、人をいましめるには(再説)
「やさしい舌は命の木である。らんぼうな言葉は魂を傷つける。」(箴言一五・4)
「忍耐をもって説けば君も言葉を入れる」(同二五・15)
やさしい舌以上に、やさしい態度が必要です。レビ一九・17の「ねんごろに」の英訳は、なんとよい言葉でしょう。真正面から、むかいあってお説教するのではなく、そのとなりに並んですわって、兄弟のように、忍耐と理をつくして説得するのであります。
(1978.2.20「牧会通信」第九号より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2016-01-31 23:00 | 日岡だより
<< No.734 悩みの日に主をた... No.732 御霊(みたま)の... >>