No.724 実行/伯父・徳太郎/地べたに書く 2015.11.29

実行

 いい事だと思ったら、実行しなさい。
 気がついたことは、すぐ実行しなさい。
 上の人に命じられたら、すなおに服従しなさい。
 神様に御旨を示されたら、喜んで服従しなさい。
 
 実行の四態―――
 (1)即座に実行する。
  (日時が別にきめられれば、その予定の日時に必ず実行する)
 (2)具体的に行動する。
 (3)信じて実行する。
 (4)喜んで実行する。
 
 やりかけてみて、悪い事だと気がついたら、すぐにやめなさい。上の人の命令が、神の御旨にそむくと分ったら、智恵と礼儀をもって他の方法を進言しなさい。
(1978.1.22週報「キリストの福音」より)


我と我が家は主に仕えん(十)
伯父・徳太郎 

 私の父・釘宮太重は祖父・正喜の三男で、上に二人の兄がいました(姉が四人、全部で七人)。一番上の兄は釘宮徳太郎といいます。この人は、父・正喜に寵愛されて、東京の大学まで行き、大分県特産の畳表を日本橋の西川甚五郎商店に送ってあるのをいい事に、金がなくなると、同店に行って金を引き出し、ぜいたくにくらしたらしくあります。卒業して、家にかえっても地味な商売に長つづきせず、朝鮮にわたって、「海賊」まがいの商売をしたらしい。そのあげく帰ってきて、留守の商売をしていた末弟・太重の経理に疑惑の目を光らせ、泥棒猫の如く言いたてて家を追い出し、彼を泣かせたのであります。
 前回まで、大分父をほめあげましたが、実は若い頃は不平不満の悲観屋でもあったらしく、それが兄弟不和の原因であったかもしれません。この長兄・徳太郎が、回心後の太重の変身ぶりにびっくりして、クリスチャンになり、他の弟・妹もクリスチャンにしてしまいました。こうしたクリスチャン一族の中に、私は生れたのでありました。
 今、大道町六丁目、旧水源地の前に、この徳太郎の墓があります。自然石の墓石に
 「仰ぎ見る十字架」と大きい字が人の目を射ます。
(1978.1.22週報「キリストの福音」より)


地べたに書く
伊豆の地震は大変であった。地震といい、台風といい、日本列島もなかなかな処。この上にすんでいる人民諸君、ご苦労さん、と言いたい▲静岡県では余震情報のデマでパニック。その後の市民の反応が至って良識的なのに感銘した。いわく「あの情報の手ぎわはよくなかった。でも、あれで勉強になった。あれにめげず、今後も正直な情報を流してほしい」と。地震がこわいと言っても他国に逃げられはせぬ。死の危険と生活の板ばさみの中での、庶民の良識が感ぜられる▲先日の新聞で、大分の港湾は全部不合格。万一石油事故がおこれば別府湾は火の海。大分市海岸沿いは一キロm以内は灼熱の地獄。と、某東京都公害高官の御託宣。これに対し、その後一語の評価も説明もせぬ県や新聞をおかしいと思う▲聖書は人類の時代の終りを告げている。キリストの再臨、さばき。それに先立つ戦争とききんと。人間の益々つのる不義と、死と。これらは聖書にはっきり予告されておる。それをあまり語りたがらぬ牧師やクリスチャンもいる。少々の行きすぎはあっても、矢張りタイコをたたいて言わねばならぬ。
 (1978.1.22週報「キリストの福音」より)



[PR]
by hioka-wahaha | 2015-11-30 23:00 | 日岡だより
<< No.725 神人合一をめざし... No.723 冬は根がはる時だ... >>