No.719 「この年に目標を与えよ」/全面的に住み給え/主よ、来たりませ/地べたに書く 2015.10.25

「この年に目標を与えよ」

◇一年の計は元旦にありと申します。目標のない人に生き甲斐がないように、目標のない一年は、働こうにも、努力しようにも、何の喜びもわかない一年になってしまいます。
◇手には手の、目には目の目標があり、それは体全体の目標につらなります。あなたに期待される今年一年の目標は何でしょうか。
 (1978.1.1週報「キリストの福音」より)

 
全面的に住み給え

 既に、クリスチャンである人々に申し上げます。
 あなたの心の中に、イエス様はいらっしゃいますか。いる筈だけれど、どうもその自覚が希薄であるという方はいませんか。さすれば、クリスマスを毎年祝わねばならぬように、あなたも又もう一度、あなたの心にイエス様が住み給うことを瞑想しましょう。瞑想するから、幻想のように主がそこにおられる気がするというのではない。主が、ここに現実におられるから瞑想するとテレビの走査線をあわせるように、主がはっきりしてくるのです。
 あなたの心の地図をひろげなさい。あなたの心の中の、さまざまな記憶、さまざまな考えと計画、さまざまな感情。つまり、勉強、ギター、恋人、お金、旅行、仕事、昨日よんだ小説、マンガ、冒険、生と死、にくしみ、シット心、逃避、あこがれ、等々いろいろな心の区画があり集落がある。この一つ一つにイエス様に来てもらいなさい。
 ガリラヤの村々を巡り歩いたイエス様に、今あなたの心の村々を巡り歩いてもらいなさい。
 イエス様について歩いたペテロやヨハネのように、あなたもイエス様に従ってあなたの心の巡礼をなさい。
 (1977.12.25週報「キリストの福音」より)

 
主よ、来たりませ

 イエス様は、私たちの(そしてあなたの)心の全領土と巡り歩かれ、これをすべて占領したいと願っておられます。
 あなたは、この言葉を聞くと、あなたの努力で、あなたの熱心で、あなたの心を駆りたてて、イエス様に「大政奉還」せねばならぬのだと考えはしないでしょうか。
 そうではないのです。ただ、イエス様を迎え入れなさい。彼ご自身が改革の光であって、私の心を闇より光にかえてくれます。私が、私の努力で光になるのではない。ろうそくは、人に光をつけられて、光をともすのである。自分で発火することはできません。人間も、自然発火はしません。
 イエス様は私たちの火であります。かつて、クリスマスの夜がありました。一人一人の歴史にも最初のクリスマスがあり、又くりかえし、クリスマスがあるべきであります。そして、あなたの全心全霊が主のものとなる日がくるでしょう。
 間もなく、主は再び来たり給います。そのさきがけとして、私たちの内に、日々クリスマスをむかえましょう。主よ、来たりたまえ、ハレルヤ。
 (1977.12.25週報「キリストの福音」より)

地べたに書く
今朝の新聞では今年の倒産自殺六十一名とか書いてあった。私の周囲にも不渡り手形を出して大阪方面に逃げ出して保証人たちに大迷惑をかけている御仁がいる。その中で、ある建築会社の青年社長は倒産して一介の大工になり、かつての部下と協力して裸一貫でやりなおしている人あり。言うはやすく、なかなか出来ないことである▲人間、その場にならぬと分らぬことがある。とび箱の前で脚から力がぬけて腰がなえてしまうように、ひとたび倒産となると日頃の処世訓もどこへやら、精神の脚がすくみ、腰の力がぬけるのである。そうならぬ為には、運動で言えば何度も練習が必要だが、人生に用立てる為には、祈る習慣、内在するイエスを確認する習慣をつけておかねばならぬ▲困難、患難、トッサの危険、不幸に見舞われた人の記事やドラマを見るとき、万一それが自分だったらどうするのかと、瞑目して祈り、主に委ね主に解決を求め、そして主より力を得て再起する想像の自分の姿、内にイエスを抱いて不死鳥の如く堪え、且つ飛びかける姿を心に描かねばならぬ。「汝ら世にありては悩みあり、されど雄々しかれ、われすでに世に勝てり。」
 (1978.1.1週報「キリストの福音」より)



[PR]
by hioka-wahaha | 2015-10-28 23:34 | 日岡だより
<< No.720 すべての人よ成人... No.718 クリスマスの瞑想... >>