No.715 泣く者と共に泣く/地べたに書く 2015.9.27

〔イエス伝(7)〕
泣く者と共に泣く

 ナインという町は、イエスの育ったナザレより南東に向って九キロ、当時はかなりの大きい町であったらしい。町の東に、今も岩にきりこんだ墓のあとがある。町の周囲には賊をふせぐ石壁がつらなり、東より来る道に町の門がひらかれている。その道をイエスの一行が来たり、それを迎えるように町の中より一隊の行列が出て来た――――
 「ちょっ、えんぎでもない」
 日本なら、弟子の一人でもこう言うところだ。その一隊は葬儀の列であったのである。
 
 聞いてみると、ある未亡人の、そのひとり息子が死んだというのだ。見れば、ひつぎのそばで一人の婦人が喪服を身につけて、目を泣きはらしている。ひつぎは今から岩に切り込んだあの墓に向うのである。イエスの一行は道のわきに退き、ひつぎの一行がイエスの前を通りすぎようとする。
 子供を亡くした親の悲しみは特別である。しかも親は未亡人で、そのひとり息子の死である。その女の悲しみは格別であった。
 「なぜ、神は罪なき者に不幸をもたらすか」
 このヨブ記の悲しみが、今又、この一人のあわれな婦人の魂をおそっている。しかし女は(特に早くより未亡人となり世間に耐えてきたこの女は)、あくまで神の御手に従順に従おうとして今イエスの前を歩いているのである。
 それを見ていて、イエスの心臓も又、共につぶれそうになったであろう、彼は「泣く者と共に泣」かずにおれないからである。涙がイエスの目に溢れる。ヨハネ福音書の記者であれば、ここでも「彼は泣いた」と書いたかもしれない。
 
 イエスは、つつッと前に出られた。そして、女に声をかけられた。
 「お母さん、泣かないでいなさい」
 その声に、あまりな「深い同情」が満ちていたので、その女はおどろいた。しかも、それは弱々しい同情でなくて力強い、井戸におちた体を引っぱり上げてくれるような雄々しい腕の力を感じさせる声であった。びっくりして顔をあげると、そこには若いラビ(宗教上の師匠)が立っていた。そして、そのラビがひつぎに近づかれるのでとっさに引き止めようとした。ラビはひつぎにさわって、汚さるべきではなかったからである。しかし、そのラビは一向に気にする風はない。然り、このラビは死人に近づいているのではない、この方こそ生命の与え主なのであるから。ラビはひつぎに手をかけた。そして言う。
 「若者よ、さあ、おきあがれ」
 命令である。若者の霊はイエスの御命令に従った。天にても、地にても、魂をとき、魂をしばりつける権威をもち給う方の命令に。
 
 この時、この若者が、死より甦らされた、このおどろくべき救の理由は、ひとえにこの母親に対するイエスの同情であった。
 この母親にも、まわりの者たちにも「信仰」があったようには見えない。又、この青年自身に対してイエスの格別の愛着があったようにも見えない(この点、ヤイロの娘やラザロの場合と違う)。ただひたすらな、この母親の深い悲しみに対するイエスの同情、全く一方的な、何の見返りも要求せぬイエスの同情がこの救をもたらしたのである。
 (1977.10.16週報「キリストの福音」より)
 
 
 
地べたに書く
「母ちゃん、あの子がにくらしい。殺してちょうだい」と、四才位の女の子が母に言うのをある人が聞いたという。これはもう正しくテレビの影響である。今の子供は、幼児時代に殺人場面のテレビを二万回は見るだろうという。そして大きくなって、ハイジャックする▲現代の悪魔はテレビや週刊誌を使って日夜休みなく、サタンの教えを説教する。教会は週に一、二度一時間ずつのメッセージ。これでは、現代人の魂はどっちに向くか、凡そきまっている。マスコミによるくりかえしの飽く事なき宣伝はかのヒットラーの常套手段であった。この手で今もサタンは民衆をたぶらかしにかかる。「俗悪なむだ話と偽りの知識による反対論をさけなさい」(第一テモテ書六・20)
 (1977.10.9週報「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2015-09-30 23:00 | 日岡だより
<< No.716 あなたは種まく農... No.714 生活に勝利せよ/... >>