No.711 雄々しい人生を送れ/おのれを尊べ 2015.8.30

雄々しい人生を送れ

 聖書の人物を見ると、勇気ある雄々しい人物の行列におどろくのであります。アブラハム、モーセ、ヨシュア、ギデオン、ダビデ、ダニエル、ステパノ、パウロ等々。
 勇気とは粗暴の別名ではありません。勇気とは失敗の懸念をさしおいて事をはじめ、不利な戦線にあっても自ら精神を鼓舞して敢闘する態度です。
 (1977.10.2週報「キリストの福音」より)
 

おのれを尊べ

 「へりくだりなさい」とか、「自分を捨てなさい」とかいう御教えを聞いて、自分で自身を卑下したり、痛めつけたり、自身を悪ざまにののしる事が美徳のように思っている人がいます。
 
 神様は人を十分に考えつくされ、全力をつくして、造られたのであります(詩一三九・13~15)。神様は人を造られた時、「これはすばらしい」と喜びなさったのであります(創一・31)。
 
 一面、神の前に、人はアダム以降の罪性に染んでいますから、「義人なし、一人だになし」(ローマ三・10)と言うのは真実であります。この罪の自覚は、聖霊の働きと律法の教えによって生じます。
 
 しかし、生まれながらの素朴な肉体人間は美わしいものであります。赤ん坊や、幼児の可愛らしさを思いなさい。誰が、この子供たちを責め得るでしょうか。
 この子供達も、イエスの血によって救われねばなりません。しかし、イエス様はこの子供達をお責めにはならず、祝福なさいました。
 
 「人間の霊はすばらしいが、肉体はけがれている。肉体をはなれてエクスタシーに入ってはじめて救を得る」という異端の信仰が、初代教会の頃にありました。
 肉の思いに、罪が残り、居すわり、悪魔の温床になりやすい事は事実ですが(ローマ七・17~23)、しかし、この肉の体がわるいのではありません。
 
 唯物論者に言わせれば、人間とはこの生理的肉体人間だけの事かもしれません。霊も心も疎外した片ちんばな意見ですが、かと言ってこの肉体は我にあらず、霊のみが我なりと言うのも、同様にせまい意見です。この私は、事実この肉体であります。この肉体をはなれて、この私はありません、今の処。
  
 人間は罪にそむと、「自分のからだを恥かしめる」(ローマ一・24)ようになるものです。性の罪は他人に対する盗みや暴力の罪ではなくて、おのれ自身の体に対する罪であります(第一コリント六・18)。この観点に立って、はじめて性的自淫行為が罪である事がわかります。又、だれに迷惑をかけなくても自殺が罪である事がわかります。
 故に、一つの文明が没落する時、同性愛、性不倫、自殺が流行するのであります。
 
 「各自、気をつけて自分のからだを清く尊く保ち」(第一テサロニケ四・4)と聖書にあります。自分の体を尊びなさい。自分の体の栄光に目をとめて、神様を賛美しなさい。
 
 神様は、くすしき御わざと、全知をもって私の体をつくられた。私の体には、神様の目的と設計がある。私の全生涯を通じて、この肉体で過ごすよう、神のプランがあった。この神様の御計画を受け入れなさい。
 
 その時、あなたの容貌があなたに気に入らないとすれば、あなたは神様の御計画が気に入らないという事です。あなたの生れつき弱い肉体に不満をもっているとすれば、あなたは神様のプランに対して不満であるという事です。
 
 自分自身をあわれみ、つまらない自分と呼び、顔もダメ、頭もわるい、気性もねじけている、私はだめな人間ですと、謙遜そうになげいているのは、実は神様に対する反抗であります。
 
 あやまった悲しみは悪魔のワナであって死に至り、神から来る正しい悲しみは救をもたらします(第二コリント七・10)。謙遜もへりくだりも、悪魔のワナである事があります。
 神を信じるものは、自己を信じます。神を尊ぶものは自己を尊びます。
 私たちは神の宮であります。これをこぼつ者は、神様がこれを滅ぼすであろう(第一コリント三・17)と聖書にあります。私達については神様という、すばらしい後ろ盾がある、自信をもって、この時代に立って出て行きましょう。
 (1977.9.25週報「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2015-08-31 23:00 | 日岡だより
<< No.712 聖書を読もう/砂... No.710 永遠の若さ/地べ... >>