No.702 現在に生きる信仰/火よ、燃えよ!/信仰を築き成長させる十則 2015.6.28

現在に生きる信仰
 
 過去を感謝することはすばらしい事であります。
 過去の自分をあわれんで
 後悔したりグチを言ったり
 それは一文の価値もない。
 
 未来に希望をおく事はいい事です。
 男はその故に雄々しくなり
 女はそれで美しくなる。
 
 しかし現在を厭うて
 未来の空想に逃れるなら
 あなたは卑怯者です。
 
 信仰とは、現在の事です。
 現在、起って歩く事です。
 祈って、信じて、前進するのです。
 (1977.8.7週報「キリストの福音」より)
 
 
 
 
火よ、燃えよ!
 
 火を手中におさめて、人間は動物の中で王となったと、学者は言う。その当否はともかく、火とは不思議なものである。
 火は私たちをあたためる。寒さより守ってくれる。
 火は闇黒の中の道しるべである。目あてにもなる。
 火は物をてらす。失せたものを探してくれる。
 しかし、私のきたない手や顔をあらわにしてしまうのも火である。
 火は罪人をあたため、正しい道を示し、失せたる宝をさがし出す。しかし又、火は罪人の罪をえぐり出し、神の前に罪を指摘する。
 その罪を全く焼きつくし、肉を焼きつくすのも火である。聖霊の火よ、下りたまえ。
 (1977.8.7週報「キリストの福音」より)
 
 
 
信仰を築き成長させる十則
 
 一、主日礼拝に必ず出席する。その他、教会の定期的集会にも出来るだけ出席する。これが信仰を築く第一歩である。
 二、日々聖書を読む。神の御言葉は、あなたの足のともしび、また道の光です。
 三、日々祈ること、聖書を食事にたとえれば祈りは、呼吸にたとえられます。祈らぬクリスチャンは息をせぬ人間に似ています。絶えず祈る事は、聖書のすすめ。以上の三点が信仰生活を守る為の基礎です。
 四、肉体の人間も食べて寝ているだけでは、健康な体にはならない。信仰の健康の為には、伝道が大切です。伝道といっても大袈裟に、考えず、日常の生活の中で信仰を告白し、証しすることが伝道の手始めです。そして、教会の集会にさそいましょう。
 五、次に信仰成長のために、是非おすすめしたい事は什一献金(収入の十分の一)の励行です。什一献金は実行してみると分りますが、出来ない事はないが経済的に容易ではない額です。神様はなにも貧しい人をいじめるつもりではなく、持っている物を取り上げてしまうつもりでもありません。「什一献金で私を試してみなさい。私は天の窓をひらいて溢るる、恵みをその人にそそぐ」。と神は言っておられます。(マラキ三・10)。実に什一献金は、クリスチャンの経済的祝福の道であります。
 六、信仰の為の良い指導書や、キリスト教古典を読みましょう。図書の選択は牧師に相談すると良いでしょう。良い読書は、良い食物(聖書にたとえて)のためのよいビタミンであります。
 七、日々賛美を周囲に迷惑なければ、声高らかに歌いましょう。たとえ少人数でも信徒が集まった時は必ず賛美をしましょう。
 八、多くのクリスチャンが精神の強化を忘れているか、無視しています。あるいは律法的なガンバリズムに堕しています。霊の救に重点をおかずして精神強化を忘れるのは、信仰の故に肉体の健康を無視するのに似ています。聖書的精神強化法としての映像思念・御ことばコールを励行しましょう。
 九、教会の係、役目、仕事に奉仕下さい。教会の奉仕には、不思議な喜びがあるものです。そして、一人で黙々とやって人の分までしてしまうというより、少しでも人をさそい、人と共に奉仕し、そして係などの務めは後継者を早く見つけて下さい。
 一〇、互に集いましょう、電話しましょう、手紙をかわしましょう。信徒の交わりこそ信仰を冷さぬ大保温器です。
 (1977.4.10週報より)
 
 


[PR]
by hioka-wahaha | 2015-06-30 23:00 | 日岡だより
<< No.703 神の国をつくり出... No.701 聞く耳のある者は... >>