No.699 人生に対する神の計画/いのちいのちの人生 2015.6.7

人生に対する神の計画
 
 Q「私たちの人生の目標は何でしょうか」
 A「私たちは神の作品なのです。神様は私たちを、良い行いをして日をすごすようにと、備えて下さったのであります(エペソ二・10)」
 Q「そうでしょうか。生れながら盲人であるというような、悲惨な人生でも、神様の備えて下さった人生と言えるのでしょうか」
 A「今ではまだ分らないこともあります。しかしあとで必ず神様の御心は分ります(ヨハネ一三・7)。神様のご計画に従って召されているものには、すべての事が相働いて益となるのです(ロマ八・28)。私たちにおこり大小の事は一切、神の御わざがあらわれる為でありますから(ヨハネ九・3)」
 Q「神様の私に対するご計画とは一体どんな事ですか」
 A「あなたがたの内側に働きかけて、まず願いをおこさせます。そして、それを実現に至らせます。それは神様の良しとされる良い行いでありますから、あなた方は邪悪な時代のただ中にあって、傷なき神の子となり、いのちの言葉をかたく持って星のように輝くようになるのです(ピリピ二・13~15)」
 Q「そんな素晴らしいことが本当に、私たちの中に実現するものでしょうか」
 A「そうですとも。あなたがたの中に良いわざを始められたかた(神様)が、キリスト・イエス様の再びこの地上に来られる日までに必ず完成して下さるのですよ(ピリピ一・6)」
 (1976.11.7「キリストの福音」より)
 
 
 
いのちいのちの人生
 
 生れかわりたい。すばらしい人間になりたい、とは思いませんか。
 
 あなたの、こうなりたいという、ぜひお望みの御自分の姿は、どんな姿ですか。
 
 お金。けっこうですねえ。あるに越したことはありませんよ。
 ―――お金ができたら、次に何が要りますかなあ。
 
 女。なる程ねえ。奥さん以外に、ですか。それは絶対いけません。聖書では性的罪は他の罪と違って、その人自身の人格を破壊する極度な罪とみています。ほかに、もっと切実にほしいものがありませんか。
 
 健康。なる程、これは尤もですね。健康でなくては、ほかにどんなものが、かなえられても面白くありませんからねえ。
 健康といえば、もっと突っこんで言えば、生命という事になりませんか。
 
 え、生命と言うたかて、そうそう長生きせんでもよい。パッと威勢よく、面白く、派手にやればよい?
 そうですね。生命、生命というても、気息えんえん、貧乏たらしゅう長生きしても、あきまへんねえ。
 
 つまりこうではありませんか。短こうてもよい。生命がはりきっているような、いきいきした人生がよい。
 さんせいです。
 
 自分かってな言葉を使って悪いですけれど私はこれを「いのちいのちした人生」という風に言うのです。
 
 分るでしょう。
 同じ金でも、いのちいのちした金もうけがよいのです。ケチケチした、しみったれた、死に死にの金もうけは、嫌いなんです。
 そして、いのちいのちした金づかいがいいのです。
 御さんせい頂けますか。
 
 仕事でも、勉強でも、趣味でも、信仰(!)でも、いのちいのち、したのがよいですね。
 はっはっはっはははは。
 
 人生百般、仕事でも、家庭でも、あそびでも、労働運動でも、そして信仰でさえも、いのちいのちした人間でありたいですね、おたがい。
 イエス・キリストのいのちが、それです。
 イエス・キリストのいのちを迎え入れませんか。
 そうすると、あなたは生れかわります。すばらしいいのちいのちの人になります。
(1976.11.7「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2015-06-11 14:45 | 日岡だより
<< No.700 あなたのパンを水... No.698 キリストに似た人... >>