No.689 わびしさ・むなしさ/ゆるがぬ信仰/にせもの 2015.3.29

わびしさ・むなしさ
 
 「彼女らが金メダルを取って得たものは、わびしさとむなしさだけだ」
 今日(八月十二日)の新聞は、山田監督の言葉をこう伝えています。先日のモントリオール・オリンピックで金メダルを取った女子バレーの選手たちのうち、六人が今度引退するという記事の中においてです。
 今の日本におけるスポーツ行政への不満もあっての発言らしいのですが、要するに「世界一」というあの勝負と栄誉の頂点にたどりついた上での「わびしい、むなしい」という言葉ですから、衝撃をうけます。
 十余年前、大松監督が「今の苦労を後のよい思い出とせよ」といってハード・トレイニングを敢行した頃の精神主義だけでは、もう選手が可哀そうだという事でしょうか。日の丸をあげた時の一時の感激だけではメシは食えぬ、これ以上まごまごしていれば、婚期もおくれる、そういう事でしょうか。
 新聞やテレビがいかに賞賛しようと、たかが金メダルの栄誉ぐらいでは、人生のむなしさは救えぬ、人生のわびしさはあがなえぬということでしょうか。
 人を押しのけて勝ちすすみ、人に先んじて課長になり、家を建て、会社を拡張し、総理大臣になる、あるいはミス・ナントカ、人気歌手、それが成功だと多くの人が思っています。成功のための積極的自己啓発の心理学・行動学・宗教がさかんです。それらが与える人生の果実はすべてニセモノです。外は見るに美しい、食べるにおいしい果実ですが、むなしい幻影です。ほんものは、別の処にあります。
(1976.8.15「キリストの福音」より)


ゆるがぬ信仰
 
 先週のこの頁に書いたのでありますが、「一切他に条件なしという救いの絶対性」、それは徹底して完璧なものであるとの神への傾倒、それが信仰ですね。
 そういう無比な信仰は自分からは出ないものなのでして、神の光に照らされて私の魂で反射するという具合に、神のかたよりもよおされ、神の側より賜わって光るという信仰であります。
 そういう、上より賜わった恩寵としての信仰でなければ、信仰に自信がもてませんよ。
 「われ信ず。信仰なき我を助け給え」という悪霊つきの少年の父親の信仰告白ぐらい、私のありがたく思う信仰告白はありません。ここには、どんな不信仰なものでもくぐり入るすき間のある信仰の門があります。そして、絶対にゆらぐことなき(石や鉄ではなくてゴムや水や有機質のような)つよい信仰があります。こういう、不信という対極をふまえてつねに我が内なる神への不信、反逆を問いなおし見つめつつ、それに逆らって信じ得る信仰の原点は、神より啓(ひら)かれるキリストの意識のみです。
 多くの人は信仰を誤解しています。それを自己暗示風の信念や、天国への入門証のように思っています。幼児が、いつまでも自意識にめざめませんと、未発達人として取り残されてしまいます。人間は心理的自我意識に目ざめた時に似て、もう一度キリストの意識に震われて目ざめる必要があります。そして一を一と知り、赤を赤として事実を認識するように霊的存在である自分とこの神の現実を直観的に認識する必要があります。それが「新生」ですし、又「信仰」です。
(1976.8.15「キリストの福音」より)


にせもの
 
 金持ちの旧家が倒れかけて、代々の書画骨董を売ろうとしたら、にせものが多くて、大して金にならなかった。そういう話を時折聞きます。目のない金のある人は、だまされるのです。宗教界でも金があったり地位があったりして、教祖さんや牧師さんから、チヤホヤされている人は注意を要します。にせものの信仰では、人生の関所はわたれません。ほんものを求めなさい。
(1976.8.15「キリストの福音」より)



[PR]
by hioka-wahaha | 2015-03-31 23:00 | 日岡だより
<< No.690 永遠の射程に、視... No.688 生きる術は?/完... >>