No.676 母の祈り 2014.12.28

母の祈り
 
 賀川豊彦は、日本人のクリスチャンとしては最も世界にその名を知られた人であったでしょう。彼は、四国の徳島県の有名な政治家の妾腹に生れた。戦前、彼が荷揚町の旧教育会館で講演した時、あまりに芸者や淪落の女の話をするので、一人の壮士風の男が立って、彼が高尚な宗教道徳の話でなく、くだらぬ酒や女の話ばかりするとなじったことがある。すると、彼は涙で頬をぬらしながら、
 「私は、私の母を愛します。
  私の母は可哀そうな職業の人で、一生男の喰いものにされ、
  人にさげすまれてくらしました。
  私は母を思うとき、同じような境遇の婦人方のために語り、
  弁護し、また運動する事をやめるわけにはいきません。」
 その時、会場は一瞬シュンとして、しわぶき一つ聞こえなかった事を覚えています。
 賀川豊彦は、神の別名が旧約聖書で「乳房をもつ神」と呼ばれている事を発見して、喜んで「永遠の乳房」という言語を造語して、詩にしました。彼は、日本最初のストライキ指導や、非戦活動の為にしばしば投獄されましたが、その獄中で「ひざの中に頭をつっこんで祈った」経験を語っています。獄の壁にむかって、背を曲げ、ひざの中に頭をつっこんで祈る時、彼は永遠の乳房の神にふれたのであります。
 
 祈りとは上品な宗教行事ではなくて、しばしば神と相撲をとり、また神の前に打ち伏し、あるいは、ひざの中に頭をつっこむ(例・ヤボクの渡りのヤコブ、ゲッセマネのイエス、ホレプの山のエリヤ)はげしい戦いでありますが、賀川豊彦はそこで永遠の母なる神にふれたと言えます。
 
 先週の日曜日は母の日でありました。説教もそれにちなんだのか、ユダヤ民族の始祖アブラハムの妻サラについて、大牟田教会溝口牧師の説教を拝聴しました。サラとは多くの国民の母という意味であります。母は、子を生み、子を育て、多くの国民の母となるものです。
 世界最大の教派となったメソジスト教会の創立者ジョン・ウェスレーの母スザンナ・ウェスレーは、十人の子供を育て、毎日六時間の教育を家事と共に行った。この多忙な主婦の生活の秘訣は祈りにあった。母スザンナが一時間の密室祈祷に入る時、幼い子供らはみな袖をひきあって
 「お母さんのお祈りの時間だよ」
 と言って静かにしたそうである。この祈りにこそ、スザンナの子女教育の秘訣があったと言って過言であるまい。のちに、スザンナが、メソジストの母とよばれたのも無理はない。彼女もまた、多くの国民の母であったのであります。
 
 日本における教会音楽の泰斗中田羽後師は人も知る大正期のホーリネス運動第一人者中田重治師の長男です。父君の重治師が、表面だって活躍し、その妻のお母さんは家事雑用(神学生の世話)におわれて、いわゆる熱心な信徒らには俗っぽい女に見えたらしい。そういう批難も数々加えられたらしい。それに対して、中田羽後師は言う。
 「わたしは覚えている。毎晩、母がわたしの枕元(まくらもと)に来て祈りを捧げてくれたのを。わたしの最初の祈りは、母から教えてもらった祈りである。わたしが今でも、夜ねる時に祈る祈りは、小さい時に母に教えてもらった祈りと、その型は大体同じである。わたしが今、いささかなりとも神に仕えていられるのは、母の祈りが応(こた)えられたのである。母がわたしに口真似(まね)させて祈った祈りはこうである。
 『天の神様。
  今日も一日守って下さいまして有難うございます。
  今日、もしお心にかなわない事をしましたら、お許し下さい。
  今晩、もし死んでも、おそばに行けるようにして下さい。
  大きくなってから、あなたの御用をする者として下さい。
  イエス様の御名を通してお願い致します。
   アーメン』
 わたしは、大分「大きくなって」からもこの祈りを捧げ、あとでおかしくなった事がある。読者の中で、祈る母をもっていた人は何人ありますか。もしなければ、自分こそ、祈る母、祈る父となろうと決心して頂きたい。わたしは、この証詞(あかし)を、アメリカで何十遍したか分からない。そして、ほとんど例外なく、聴衆が涙を流すのを見た。(聖歌の友一九七六・四号より)」
 
(1976.5.16「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-12-31 15:29 | 日岡だより
<< No.677 祈りとは/祈祷会... No.675 最もいやな言葉 ... >>