No.667 奇跡のマリア姉妹会 2014.10.26

奇跡のマリア姉妹会
 
 三月十四日夜、西ドイツのマリア姉妹会のシスター・ミス・ビスタよりすばらしい証しを伺いました。その一部を左記にかかげます。(林実先生の文章による)
         ×
 マリア姉妹会を訪れる度に感じるのは、そこに満ちているイエスへの愛とアドレーションの霊である。ともすれば失いやすいイエスへの初めの愛が、姉妹たちの心の中に絶えず燃えているのである。また訪れる者に強く迫るのは、主の流された血汐によってきよめられ、日々の悔い改めを通して、光の中を歩んでいる姉妹たちのきよらかさである。私は姉妹たちと食事を共にする幸いを得たのであるが、姉妹たちの待ち受ける食堂に入ってゆく時、デービッド・ウィルカーソン師(十字架と飛び出しナイフの著者)の証しを思い出した。ウィルカーソン牧師は姉妹会に招かれてメッセージに来た際、姉妹たちの内より発するあまりのきよらかさにうたれて、思わずひざまづき、涙と共に主の憐れみを乞うたのであった。
 マザー・バジレアの隣に座って食事をしたのであるが、その食事の際、主が姉妹たちの祈りに答えて与えて下さったものが一つずつひろうされ、全員がいつくしみ深き父なる神に感謝と讃美を捧げたのであった。靴下からはじまってセロテープまで入っていたが、姉妹たちはジョージ・ミューラーのようにすべての必要を祈りによって満たされているのである。「カナン」の地には、千人以上収容できるチャペル、最新式の設備を備えた印刷所や放送スタジオ、世界中から訪ねてくる大勢のゲストのためのゲスト・ハウスが、十ヘクタールの美しい緑の中に点在しているが、これら全てが祈りのみによって与えられている。その驚くべき神の奇跡については、高橋三郎氏の訳された「神の現実」(待晨堂刊)の中にくわしく記されている。
 姉妹会のある「カナン」の中央には、「父のいつくしみ」と名づけられた噴水や、「ガリラヤ湖」と名づけた池があるが、姉妹たちが何年も祈って奇跡的に与えられたこの土地には、最初、水が一滴もなく、地質調査の結果も全く絶望的であった。しかし、神の奇跡を妨げているのは自分たちの罪であり、めいめいがその罪を告白して悔い改めるなら、主は水を与えて下さる、と信じた姉妹たちは、信仰をもって水の一滴も出ない所に「ガリラヤ湖」を造るべく土を掘り、石やセメントで湖の基礎造りを始めたのである。ヨシュアのエリコ攻略を思わずにはいられない信仰である。やがて湖底の基礎は完成した。水の一滴もない「ガリラヤ湖」……。しかしその時、生ける神は奇跡をもって姉妹たちの祈りに応え、豊かな地下水をお与えになったのである。専門家でさえ、「奇跡だ!」と叫んだのであった。
 又、姉妹会はいろいろな野菜を栽培しているが、「カナン」の農園も数年前までは世間の農園と同じように、干ばつや日照り、様々な害虫や害鳥に悩まされていたのであった。しかし、マラキ3・11のみ言を示されたマザー・バジレアは、「めいめいが罪から離れるなら、主はすべての害虫を追い払って下さるにちがいない」、と信じたのであった。そして、その通りになったのである。有害な農薬を一切使うことをやめたカナンの農園からは全ての害虫が姿を消し、それ以来、毎年農作を楽しむようになったのである。
  (1976.3.21「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-10-31 23:00 | 日岡だより
<< No.668 冒険の旅/静思 ... No.666 人間エンジン/集... >>