No.659 水戸黄門と周恩来 2014.8.31

水戸黄門と周恩来
 
 昨年の暮まで、テレビの人気番組だった、東野英次郎主演の、水戸黄門。実に、面白いのですね。筋はもう、分りきっているんです。正直ものがいて、正義漢がいて、分らずやがいて、可愛い娘がいて、悪家老や、悪徳商人がいて、危機一髪の処で、黄門さまが出て、悪人どもが退治される。黄門さまが「ウォッ、ホ、ホ」と笑う。ナレーションが荘重に人生訓を語って、毎週よみきりの一篇。まことに、面白くて、タメになる。正直言って、私も、しばしば見とれてしまって、時間の無くなるのに舌打した程でした。
 
 人生が現実に、ああいう風にうまく回転するかというと、そうは行かない。そうは、うまく問屋がおろさぬ事を知っているから、一般庶民は、ああいうテレビ・ドラマを喜んで見るのです。
 
 善い事をすれば、よい報いがある。
 善人は必ず、栄える。
 悪い事をすれば、悪い報いがある。
 悪人は必ず、ほろびる。
 
 これは、庶民の、素朴な信仰です。
 現実の世界を、ぐるりと見まわすと、必ずしも、そうではない。正直ものが損をし、ウソつきの方が金をもうけ、益々善人を困らせている。
 その現実を見れば見る程、家に帰ってテレビを見る時は、その現実にはない理想の世界を見たくなるのです。
 テレビは、今や庶民の宗教です。
 人生を、冷静に、つき放して見ると、人間は、世界の中に、いとも不安定に、不条理に、無目的に、放置されているように、見えます。そういう、人間の状況を、レアルに描写し、その実存をつきつめる書き方をすると、批評家はほめてくれるが、一般庶民はソッポをむきますね。一般庶民は、やはり、水戸黄門が好きです。
 
 善悪ともに、それぞれ善悪を以てむくわれる。善人は栄え、悪人はほろびる。
 これは真実であります。
 現実、これに相反する事がおこって、いかにも残念でありますが、(旧約聖書のヨブ記は善人に何故患難がおそってくるかという、理解しがたい人生の不条理にいどんだ、世界最古の文学であります)、然も、この信念をもちつづける処に、庶民の魂を貫いて神が示し給う真理があると思います。
 
 会社は、経営を停止し解散しようとする時、必ず決算をします。損益の精算をつけない法人はありません。
 同様に人間は、
 「一度だけ死ぬことと、死んだ後、裁きをうけることは、人間に定まっている」(新約聖書ヘブル人への手紙九・27)
 のであります。つまり、人間は人間としての決算をつけるのです。つけざるを得ないのです。人間は、本能的にそれを知っています。そこで、いかに現実面と食い違う処があっても、正義は栄え悪は亡びるという水戸黄門を喜ぶのです。
 
 先日、中共の周恩来氏が亡くなりました。その弔問式に、毛沢東氏の文字があって、
 「人民的英雄永遠不朽」
 とあったそうです。
 無神論唯物論の国の人でさえ、すぐれた人物、愛する人物を、永遠に生きよ!とたたえずにはいられないのです。
 死後の生命、死後の決算を、今の私たちは唯物論的合理主義で実証する事はできません。しかし、一般庶民が水戸黄門を愛するのも、中国人民が周恩来氏を永遠不朽とたたえるのも、同じ心、同じ希望から出ているのではないでしょうか。
 
 「一度だけ死ぬことと、死んだ後、裁きをうけることは、人間に定まっている」
 これが、もし真理だとすれば、私たちの人生は、目の前の幸不幸、運不運、職業や結婚や財産や家族、その他人生百般のことで一喜一憂する以上に、考えなおす観点が別にあるという事になります。
 「永遠の相の下に」もう一度、わが人生を見なおしましょう。ウエストミンスター寺院の信仰問答にいわく―――
 「人生の目的は何ですか」
 「人生の目的は、神の栄光をあらわすこと、これです」
 ―――!
     (1976.1.25「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-08-31 23:00 | 日岡だより
<< No.660 現金と証書/おな... No.658 「信仰短言」「聖... >>