No.654 福音の源泉に帰れ 2014.7.27

福音の源泉に帰れ 
  
    一、今は暗黒の支配

「私は世の光である。私に従うものは暗き中を歩まず、生命の光を得べし」
 とイエスは言われた。しかし、イエスが死んでしまわれると、弟子たちはまことに、「はなむこに死なれた、はなむこの友」のように嘆き悲しまざるを得ない。かつて、イエスが
「バプテスマのヨハネ。あの人はあたかも燃えてかがやくあかりであった。みんなはその光の中で、しばし喜んだのだ。しかし、私にはヨハネの証言よりも、更に大きい証言がある。」
 と言われたお言葉はいつわりであったか。
 事実、主はこうも言われている。
「光のある間に歩いて、やみに追いつかれぬようにせよ。」
 けれども、主御自身やみに追いつかれ、やみの力に負けていたかに見える。実に、
「今は汝らの時、今は暗黒の支配なり」
 と言われたのは主御自身であった。
  
    二、再生の原理
 
 神の原理は二枚腰の原理である。明るさに向かう「けれども」の原理である。回復の原理である。死より生に甦える再生の原理である。
 イエスの死によって、無力と恐怖と罪責のどん底に陥っていた弟子たちを、生き返らせたペンテコステの原理である。
 イエスと共にあった生命の光は、一度はサタンに屈服してかがやきを消したかに見えたかもしれないが、今やあらためて暗黒の支配をくつがえし、光の支配の到来を世に示したのである。
 あのペンテコステの日、弟子たちの上に、それぞれ炎のごときものの舌が分れてとどまり、かれらは異言を語りはじめた。その時暗黒の支配を裂き、霊風をまきおこし、神の証言をあらためて、弟子たちの口より、語らせはじめた。新しい息づきの時がきたのである。
    
    三、神の証言
 
 神の証言とは「われは有りて有るものなり」という、神の自己宣言である。それは、はじめよりあり、神と共にあり、凡てのものを造った「ことば」であるのである。私の意思と私とが一つであるように、「ことば」と神とは一つなのである。
 ことばは、語られ伝えられ、形成されていく。
 詩篇第十九篇をみよ。神の言葉は、声なく響きもないが、全天地にみちわたる。被創造物の一切は、神の証言である。その知識のことばは日に夜に語り継がれる。即ち宇宙と世界の歴史の一切が神の証言である。神の言葉は、モーセに、十戒の石板に、ヘブルの民族の歴史に、預言者の言葉に、そして聖書に、次々と形をあらわしていく。そして、遂に、ことばは肉体を取ってあらわれ、主イエスの御生涯となる。
 故に聖書がみことばであるというのは、それが言語でしるされた本であるという故ではなくて、聖書を聖書たらしめている神の証言の故である。イエスの伝記を福音というのは、イエスの人格そのものが、神のことばであるからである。(つづく)
   (1975.12.14「キリストの福音」より)


[PR]
by hioka-wahaha | 2014-07-31 23:00 | 日岡だより
<< No.655 福音の源泉に帰れ... No.653 信仰短言、母の祈... >>