No.645 「勿体ない」  2014.5.25

「勿体ない」 
 
 山腹の寺院の一角に、こんこんと泉がわいている。その水を一人の修業僧が杓子で水をくんで一口のんだ。そして残った水を何気なくその辺りに捨てた。それを見て師は叱って言う。
 「一杯の水も、イノチあるもの、天の恵みぞ。なぜ残った水なら、そばの木にでもそそいでやらぬ。勿体ない事を……」
 天は我々に無償のおくりものを豊かに注いでくれている。光を、空気を、水を、大地を。それをありがたいとも思わず、無暗やたらとらん費して文明の終末状況を呈しはじめたのが現代である。現代人は「勿体ない」という言葉を忘れた。百円を捨てるのも勿体ないのだが、それ以上にタダの水を捨てる事の方がさらに本質的に勿体ないことなのだ―――この感覚が現代人には失せている。
 大分駅前の「地の塩の箱」に、額に汗して得た金を投じる事を「勿体ない」と思う人も多かろう。しかしそれ以上に、あの「地の塩の箱」より、幾らかの金をつかみ出して、近くのパチンコ屋に行ってパチンコ玉を買う事の方が更に「勿体ない」事なのだ。
 「地の塩の箱」の金は何に浪費されようとらん費されようと、悪用されようと、それについて何一つさしでがましく指図しない無償の金であるのだから、それを取り何に使おうとも、背信でも罪でもない。さきの修行僧が残りの水を地べたに捨てるのと同じ事である。しかし、それは折角の無償の提供であるおくりものを無駄にするので無償提供者に対して、「申しわけない」というような一種の心にチクリとさすものを覚えるだろう。これが「勿体ない」心だ。法律的犯罪とはちがう良心の深い痛みだ。
 イエス・キリストの生命は、神より人類への無償のおくりものだ。これを、受け取るか、捨ててしまうかは、私たちの自由な選びにまかされている。もし捨ててしまうなら、「勿体ない」ではすまされないことと思うのだが………。
          
 今度、大分駅の付近に行ったら、あの「地の塩の箱」に百円玉一つでも入れてごらんなさい。コトンと、中でころがる音がして、それきりですが、その時無償の行為のすがすがしさの幾分かは味わえます。そして、このような心の無限大の倍率のかなたに、神の愛をかいまみることができます。
(1975.10.19「集会だより」より)

 
祈りの家
 
 エルサレムの神殿において、イエスは売り買いするものや両替人どもを追い出して言われた。「わが父の家は祈りの家ととなえられるべきではないか。それだのにお前たちはここを強盗の巣、商売の家にしている。」
 今も、私達は神様に祝福をゆすったり、なにがしかの犠牲や礼拝を捧げて恩寵を引きかえに頂こうとしている。正しく、これ強盗の巣、商売の家にしているのではないか。
 まず、私達はもう一度本当の祈りとは何であるか、それを学びたい。それは神学書でも、信仰の啓発書でも分らない。祈りは、祈りによってでしか分らない。そこで、祈ることを、この集会の今後しばらくの目標にしたい。この集会を「祈りの教会」としよう。私ども一人一人「祈りの人」になろう。私どもの生活を、「祈りの生活」としよう。
 時間をかけて祈ること、毎日継続する祈り、とりなしの祈り、協同の祈り、叫ぶ祈り、無言の祈り、異言の祈り、霊唱の祈り、断食の祈り等々いろいろな祈りを体得すべきだ。
 私自身の自戒として、ここしばらく「祈り」を第一とする。事を始めるに祈り、為すに祈り、終わって祈る。祈ることにより、能率を悪くしようと、損をしようとかまわない。まず祈る事を第一の道とする。他の事は、祈りの次だ。
 祈りは信仰生活の根だ。この根をしっかりはって、神の流れのほとりに住みさえすれば、神の生命は必ず私どもの上に実をみのらせる。(詩一・3)
(1975.10.19「集会だより」より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-05-28 16:08 | 日岡だより
<< No.646 瓦と鏡 2014... No.644 真の救済者 20... >>