No.628 死を考え生を考える(1)死を考えないでおれるか 2014.1.26

死を考え生を考える(1)

死を考えないでおれるか

 私の若いときだった。四十年も前のことだ。ある長老の方と懇談する機会があった。その方が私に尋ねた。「あんた、どういうわけでクリスチャンになったの」。
 私は答えた。「人間、どうしても死ぬでしょ。この死の問題に悩みましてね。その解決を求めて聖書を読み始めたからです」。
 その人はフンと鼻先で軽く笑った。「いやぁ、僕も若い時にはそんなことを考えたよ。でも、今はもう考えないことにしている」。あたかも、そんなことを考えるのは時間のムダだよ、と後輩をたしなめるような口ぶりであった。
 「考えないことにしている」。この言葉にショックを覚えた。
 だれが予言しても当たる予言がある。「あなたはいつか必ず死にます」と言えばよい。この分かりきった自分の終末、前途不明な人生の幕切れを、考えないことにしているとは何たることだろう。また、考えないでおれる、とはどうしたことだろう、と思ったものだ。
 私の住んでいる家は大分市から佐賀関町に向かう197号線近くにある。この道をまっすぐ東に向かって佐賀関町を突っ切ると豊後水道に落ちこんでしまう。人生はこの一本道をみんな一斉に歩いたり走ったりしているに似ている。一人として逆方向に来る人はいない。
 「この先をどんどん行くと豊後水道に落ちこむんだそうですね」というと、人生の先輩たちは物知り顔に「ああ、そうだよ」と答えてくれる。「なぜ、あなたはこの道をゆくんですか」と聞くと、多分「さあ、よく分からないが、みんなが行くからわしも行くんだよ。あまり難しいことは聞かんでくれ」と答えるであろう。少なくとも、最初にのべた四十年前はそんなふうであった。そんな厄介なことを考えるのは、まあ、葬儀の式場に行った時だけであったろう。
 しかし、最近は様子が変わってきた。大分市ではまだそれほどでないようだが、ある人が東京の本屋では、「死と生」に関するコーナーにずらりと本をならべてあったのを見たという。気をつけて見ると新聞や雑誌で、終末医療(ターミナル・ケア)、脳死、死と老、こうした記事に目を触れぬことは珍しい。最近は特に天皇様のことで日本中の人々が尊厳にして悲しき告別のことを考えざるを得なくなった。
 死は万人にとって深刻で重大、かつ何にもまさってその人自身の問題であるのである。
 
(1988.10.6~19大分合同新聞で連載。全10回)
[PR]
by hioka-wahaha | 2014-01-29 16:12 | 日岡だより
<< No.629 死を考え生を考え... No.627 須佐男命(すさの... >>