No.624 昨日・今日の祈り(1) 2013.12.29

旅する手紙 第14号(1961.3.22)
 
昨日・今日の祈り

         一
 近いうち「祈りについて」などをプリントしますといったら早速沢山のお申込みがありましたが、例により次から次へと仕事が湧いてきてなかなかプリントできません。それに大阪の中島さんがタイプ・オフセットしてくれるというので、もう少し原稿をまとめて読みごたえのあるものにしようなどと欲ができましてネ。
 そこで今日は少々プリントがおくれるおわびに、何かかにか気づく事を書いておとどけしようと思います。
         二
 昨夜、おじいちゃんが
「明日、釣りに行くかな」
 おじいちゃんは竿一本かついで全国の川をめぐりあるいた事もある釣りのカミサマ、ロマン・ロラン爺さんです。
「そりゃいいですね」
「あしたの天気どうかな、新聞の天気予報みてくれませんか」
「ホイきた………、ダメやな、じいちゃん、明日は雨や」
「そうかい、そうやろうな、このようすじゃなァ」
 と御老人は窓ごしに空を見る。そばから妻が
「そンなら、天気にして貰いましょうヨ。でないと都合が悪いもン」
 という。御老人に川魚を釣って来てもらって明後日の、私達夫婦が旅に出る際のおみやげにするという話があったからである。おみやげを昔「お土産」と書いたが、実際こういう土地の香りたかいおみやげが一番だと思うから、私もさんせいしていたのです。
「そやかて、アンタ天気の事じゃもン」
 と御老人。おっかぶせるように
「大丈夫よ、じいちゃん。私、かみさまにお祈りするわ。あしたきっと晴れよ。ね、きっと」
 と家内はなかなか強引です。
 いつもこんなふうではないのですが、この時は不思議に家内、気が強い。私は笑ってみていましたがね。
「いくら神様でも、天気はねェ」
 と御老人は苦笑して昨夜のオコタ談話はチョン。
         三
 今朝おきてみると、空は晴れています。ロマン・ロラン爺さんは勇んで釣りに出かけて行きました。妻は買物に出、子供は庭であそび、私は居間で勉強。ひるからは、益々上天気で雲ひとつなし。どこかでウグイスが鳴いています。誰も昨夜の会話を思いだす人もない、まことに自然法爾の世界。
 いつでもそうです、力んで意気ごんでやる祈りには、どことなくムリがある。ゆったりと甘えきって祈る祈りにはムリがない。応答がすこぶる自然です。(つづく)


(「旅する手紙」・・・1961年2月から3月にかけて、回覧誌のような形で書いたもの。肉筆の複写版。原文縦書き)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-12-31 23:22 | 日岡だより
<< No.625 昨日・今日の祈り... No.623 神との会話 20... >>