No.614 ケロリ!前進!するがいい 2013.10.20

旅する手紙 第2号(1961.3.7)
 
ケロリ!前進!するがいい
 
         ☆

 イソップ物語ですかナ、又はほかの寓話ですかナ。こんな話があります。
 あるバカな親子がありました。ロバを連れて旅に出る事になりました。はじめ子供がロバの背に乗り父の方はタズナを取って歩いていました。すると通りすがりの人の曰く
「なんて親不孝な子だろう。自分はロバに乗ってラクチンしながら親だけを歩かせるなんて」
 これを聞いて
「おとうさん、おとうさん、聞いたかい、ぼく親不孝らしいよ。ぼくもうおりるよ」
「そうだな、お前が親不孝者といわれちゃ可哀そうだ」
 というわけで、今度は父親の方がロバに乗り息子がタズナを取って歩いていますと
「オヤオヤ、なんてひどい親もあるものじゃないか。自分だけがロバの背に乗って子供を一人歩かせているよ。あれじゃ子供が可哀そうじゃないか」
 と街の人が言います。二人は困ってしまって考えたあげく今度は二人いっしょにロバに乗っていると、「あれじゃロバが可哀そうだ」といわれ「なる程」と遂にロバの足を棒にくくりつけて二人でかついで行くと、橋があって、その上でロバがあばれだし川の水に落ちてしまいました。
 「ですから、自分自身の定見を持たず人の噂や意見ばかり気にしていては何もできませんヨ」という訓話ですね。

         ☆

 でも僕はこのバカな親子が好きです。自分で一度も川の水に落ち込んでみずに「定見」などというものを持っている人は天才かバカです。たいていの人がいう「定見」とは親や先輩(あゝさまざまの先輩のある事よ)から教わったこの世についての戒めにすぎません。そして習った事を一度も実際にやってもみずに一応の常識として持っている……。ところで、このバカな親子たちは人々が無責任にいう一つ一つの言葉に彼の全行為をかけて答えています。そして最後に失敗です。でも、この失敗は大きな収穫だと思います。
         
        ☆

 インテリの特長は何でも見たり聞いたりする時、何と批評しようかと身構えているという心のタイプ。新刊の小説をよみ始める第一頁の時から読後感の文章を考えているというようなあり方。映画を見ながら、泣きたくなっても自分は泣くのをこらえていて、トナリのおかみさんが泣いているところと画面をにらみ合わせて「母もの映画はなぜうけるか」という批評をねっているという具合。実は長い間ぼくもそんなふうだったのです。そして、これが一番ぼくの魂の発育をおくらせていた事に気づきました。
 以前は、本を読む時でも、できるだけその本に巻き込まれないように、影響をうけないようにと、一歩身を退けつつ読んでいました。それでもなおかつ、引き込まれてしまうような本が多くありましたがね。今は、できるだけ影響うけるように心をひろげて、トップリその本に浸ってしまうようにしてよみます。私の心の弦の全領域を開放して、どの糸でもかき鳴らしてもらうようにしておくのです。
 これは、①ずいぶんラクですしね、②それに世間ばなれせんですみます。浪曲をきく時も熊さんや八さんといっしょに夢中になってきく事ができ、会社の同僚と連れだってストリップを見にいっても同じようにヨダレたらして見ておれます。③そういうふうにズボラにやっていても魂に必要なものは何処かで摂取しているし不要のものはハネのけているし、そんな調子で魂が栄養失調になりません。④ただ一つ注意すべき事は、新しい刺激をうけると、古い刺激からの影響はすっかり忘れてしまってケロリと前進できる柔軟さです。
 意地をはらぬ事です。平気で針路を変更してマイ進する事です。その度にテンプクしたり大負傷したりするかもしれませんが、得る処は多大、ホントウに生きる喜びを味わうには近道であります。

         ☆

 さき程の「親子とロバ」の話、比喩として受け取るなら、例えば、人間の魂を父親、心を子、肉体をロバとしたらどうでしょうか。何だか、意味ありげにきく事ができます。さァ、これ以後の事はみなさんにおまかせします。
 悪筆失礼! さようなら。
 
(「旅する手紙」・・・1961年2月から3月にかけて、回覧誌のような形で書いたもの。肉筆の複写版。未発表。)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-10-31 23:10 | 日岡だより
<< No.615 自分で自分を苦し... No.613 旅する手紙 第1... >>