No.601 卓話寸言(1972.6.24「大分通信」No.5より) 2013.7.21

卓話寸言(1972.6.24「大分通信」No.5より)
 
 私の文章は、思ったほどのことを、忘れぬ内に書きのこしておこうとするだけの事で、文章が名文になろうと迷文になろうと、その点おかまいなしである。前号に書いたことと、次の号に書いたことが、一見(いや何べん見ても)矛盾していようが、その点も、おかまいなしである。初信の人を迷わせたり、旧参の人を憤らせたり、そういうことも多かろうと思うが、それもおかまいなしである。
         ×
 私は既に五十才という年配に達してしまって、ややセッカチになっているのだ。少しでも遺産をのこして死んでいきたい。財産目録を丁寧に作っていると、書類づくりに追われて肝心の財産そのもののかくし場処を忘れてしまっては困るので、バラバラのまま手当りしだいに文章に残しておこうと思う。
         ×
 ちょっと、ぜんそくがおこっているので、日常の仕事をサボって、冷房のきいた社長室に休憩している。良心に痛みなく休めるのでありがたい。賀川豊彦はよく疲れると風邪をひいて、これを天与の休息静養の時間として喜んだ。私も同様に喜ぼう。
         ×
 朝鮮の安女史の「たといそうでなくても」を読む。一読(と言っても長文なので普通の人はやや時間がかかるようだが)して、鮮烈なる感動と迫害への畏怖、驚嘆で頭の中がいっぱいになる。戦時中、神社参拝を拒否して獄に投じられたかよわい一朝鮮女性の獄中記である。私は少々似た経験を持っているから、身につまされて読んだ。
 かくまでの迫害を受けさせ、亦耐えさせるキリスト教信仰の特質について、私も思いまどう。
 私はああいう、頑固なまでの非寛容な信仰について、ヘキエキする。しかし、少しでも寛容であると、いつしか清濁あわせのみ、クソもミソも一緒にし、神仏混合して、けろりとしている日本人の体液に呑みこまれて融かされてしまいそうで心配になる。戦争中の多くの思想家、宗教家がマジメに考え、マジメに祈って、「絶対矛盾的自己同一」とか何とか言って神がかり的戦争完遂論になだれ込んでしまった、ああいう体液が日本人の思想母体に流れているように思う。これが日本人のいい処、これが日本人のあいまいモコ性。
 安女史を読んで、感動もするし、ヘキエキもするこの私、まさしく一個の日本人! 遠藤周作の「沈黙」を生む風土と同じ風土なのだろう。
         ×
 今日、用事があって山一證券に行った。室内にもうもうと「金ほしや」の妄気がたちこめて息苦しい。
 何もせずに、投機だけで、あぶく銭をもうけようというのだから、顔面が何者かで引きつったような人相をしている。哀れなことだ。
 こういう場所に投機聖人があらわれないか。そんな事を夢想した。
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-07-24 03:10 | 日岡だより
<< No.602 富に仕えず 20... No.600 日々新生(六月二... >>